「Washington」タグアーカイブ

着氷性の雨の窓

昨晩遅くWashington一泊出張から戻ってきました。なんとも慌ただしい日々です。かなり寒いのではないかと覚悟して行ったのですが,気温はそこまで低くはない。でも雨です。

天気予報では「着氷性の雨」。なんだろうと思って英語モードのスマホで見たら,freezing rain。雨氷ですね。ホテルに到着後,近くのレストランまで小雨の中を走りましたが,別に普通の雨と代わりません。

でも驚いたのが翌朝。さて仕事に出るかと車に乗り込んだら,この写真の有様です。

降った雨がその場で凍りつき,まるでラップで覆われたような不思議な景色

おぉすげぇ〜,なんて感動してる暇はありません。全く前が見えない。後ろも見えない。レンタカーに備え付けのice scraper (日本語でなんていうんだろ,氷かき?)でフロントガラスをがりがり。

苦労して氷を除去したものの,考えてみたらエンジンかけてちょっと待ってりゃ融けたんでしょうね。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

公共交通機関の難易度高め

来週再びWashington DCです。今年は1,2,3月毎月首都詣で。理由はもちろん予算関係。やれやれ。

首都と言うと大都会のイメージがありますが,Washington DCってなんだか事務所の塊のようなところです。もちろんビルは並んでるのですが,夜の活気みたいなのはあまり見えない。まあある所に行きゃあるんでしょうけど。

それでもさすがに大都市だけあって,近隣に空港が3つあります。Ronald Reagan Washington National Airportは中心部からすぐ。DullesとBaltimoreは郊外。

Reagan空港からは地下鉄が市内へと伸びているのですが,これがまあ分かりにくいことと言ったら。

まず切符の買い方が初心者には難関です。最近なんとか理解できてきたものの,先月は何度$20札を入れても受け付けてもらえず,やむなくたったの$4にクレジットカード決済。おそらくお釣りが無かったんでしょうね。

地下鉄の行き先が,これまた謎。そりゃ地名を知ってるのなら何の問題も無いんでしょうけど,空港に行きたいだけなのに,その表示はナシ。空港の先の終着駅を知ってないと,どっち方面に乗るのかすら分かりません。

東京の地下鉄の凄まじさに比べれば遥かにシンプルですが,それでも東京の方がよほど親切だと思います。

来週はBaltimoreへと飛びます。そこからはレンタカー。通勤ラッシュの渋滞覚悟です。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

極寒のち雨のWashington DC

Washington DCに到着したのが月曜午後。ちょっとだけ外を歩きましたが,気温マイナス6℃,おまけに北風ぴぃぷぅです。翌朝は放射冷却で更に冷えて,マイナス9℃。セーターを追加し,マフラーを巻き,さらに耳が痛いのでコートのフードまで動員。

気温だけなら,ここLos Alamosの方が低かったりします。でもこちらは日差しがあるのでさほど寒さは感じない。でもあっちの冬は本物の冬だった。

そして昨日,朝から雨です。ホテルをチェックアウトして外に出ると,なんか変な感じです。気温を確認して驚き。

セーターとジャケットを脱いでスーツケースに押し込み,シャツの上に薄手のコートのみ。会議場まで傘さして歩いたら汗かいてました。1月なのに14℃なんて。しかも前日との気温差の激しいこと。さすが政治の中心地。浮き沈み激しい。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

埋め込まれた過去

四角四面のビルが並ぶWashington DC,どのビルも大体同じ高さなので,おそらく高さ制限とかがあるのでしょう。そんな中に変わった建物をちらほらと見かけます。

昔からあったような3階建ての住宅。でもこれ,裏側のビルと一体化してますよね。そういうデザインで作ったとも思えず,おそらくは昔の建物を残したままビルを建てて一体化してしまったのかな。

こちらも何だか不思議です。手前の並びが旧市街風景,それを残したまま,裏に近代巨大ビルを建ててるのか。ビルと一体化してるかどうかまでは確認しませんでした。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

満腹時差ディナー

Washington D.C.のホテルに滞在しています。大手チェーンのビジネスホテル,朝食はバッフェスタイルかと思っていたら,普通のレストランでした。さすが都会です。何か軽いものをと思っても,軒並み2000円レベル。朝食にそこまで出さないといけないんだ。

シンプルにコーヒーとブルーベリーパンケーキにしたのですが,出てきたサイズに一瞬目を疑いました。これ,パンケーキですよね。お好み焼きじゃないよね。

それも二枚。そこへベーコンとスクランブルエッグも添えられています。さすがに食べきれません。1枚と20%でギブアップしました。

朝食を食べ過ぎたので,昼は抜こうと思っていたら,なんと会議主催者側がランチボックスを用意しているらしい。昼食抜きは,すなわち廃棄処分です。もったいないので箱ごとリュックに入れ,ホテルへ持って帰り,夕食に。

何種類かサンドイッチがあったのですが,適当に取ってきたのは地中海風サラダ巻き。ベジタリアンメニューだったと気づいたのは,食べ始めた後。まあいいんですけど,今日のタンパク源はベーコン二枚,あとは糖質ばっかりっぽい。

ランチがディナーへと時間差食。なんだか侘しい夕食になってしまいましたが,今夜食べなければ結局捨てる他ありません。このクッキーだけで,一日に必要なカロリーの1/3くらいありそうだな。

ところでこのナイフとフォークです。ちゃんとしたのが入ってるじゃん,もしかしてランチボックスは返さないといけなかったのかなと思ったら,なんとこれプラスチック製。金属製のふりしなくてもいいのに。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やりくり上手とは言えないようだ

雲の上の青空
雲の上の青空

仕事でWashingtonに来ています.天気予報では雪だったので,飛行機が飛ぶかと心配していたのですが,少々遅れた程度で無事に着陸しました.

レンタカーに乗り込み,駐車場出口で簡単な手続きを済ませてる最中,ふと係員に

「有料道路を自動で払うやつ,あれ,ないの?」

フロントガラスに取り付けておけば,有料道路の精算を自動でしてくれます.係員さん,車のダッシュボードに入ってるんじゃない?って言うから探すものの,見当たりません.じゃあ,と彼が言い出したのは,

「他の車に入ってるやつ,持ってくるから待ってて」

その車を借りる人が困るんじゃないかという疑問は,投げかけないでおきました.

しばらくして彼が戻ってくるも,どうやら見当たらなかったらし.彼の新たなる提案は,

「無料でワンランク上にアップグレードしてあげる.その車に付いてるから」

再び待つことしばし.別の係員がちょっと大きい車でやってきて,そっちに乗り換えろと言います.

荷物を積み直して運転席に乗り込むと,例の「自動で払うやつ」が置いてありました.無造作にダッシュボードの上に.取り付けられてるんじゃないんです.置いてあるだけ.

これってつまり,この無造作に置かれた装置を僕に直接手渡してくれれば,車を取り替えたり,乗り換えたりしなくて済んだんじゃないんですかね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail