「Vienna」タグアーカイブ

やっぱり話しかけられやすいタイプなのか

そりゃここは赤の他人でも普通に話しかけてくるお国柄ではありますが,ヨーロッパでも何故かたまに知らない人が話しかけてきます.アジア人にいきなり英語で話しかけてきて,普通に返事が返ってくるとでも思ってるのでしょうか.

そんな体験の中でも,一番変だったもの.それは,ほろ酔い気分でウィーンのホテルに戻ってきた時のこと.

ホテルに入ろうとした瞬間,ドア横でスマホで話す男性と目が会いました.見た目30台ってとこか.

スマホ男,僕の方にぐいっとスマホを突き出すと,

「これ,俺の彼女

スマホの画面には,ラテン系の美女.

思わず彼女に向かって,「は〜い,はろー,はぅわゆ〜」なんて手を振っちゃいましたよ.彼女も笑顔で返事.

...って,一体全体なんなんだ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

どうせ泡で見えないんだし

spa

2週間前の写真になりますが,ホテルにexercise roomがあったので使ってきました.屋内プールは無かったものの,スパ(ジャグジー)があったので,お目当てはそちら.

受付に行くと,更衣室はあっちと右手奥を指差しています.言われた通りの方向へ行くも,男女別のサインは見当たりません.変だなと先へ進んだら,唐突にロッカーが数個.

えっと...これってあれですかね,男女共用?

幸い他に客は居ない.ささっと水着に着替えました.

ご覧の通り,スパの周辺はちょっとばかりリゾート風.ファッション雑誌なんか置いてあったりして,僕の存在が浮いておりますが,ま,貸し切りだし.

貸し切りなんだから,水着無くても良かったのかなと思ったり.昔,ドイツで入ったサウナは男女混浴皆素っ裸でした.

Beethoven
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ダッキーは見えないiPhoneの顔認識

Mozart

Mozartのチョコ,Mozartkugelnの写真を撮ろうとiPhoneのカメラを向けたら,しっかり顔認識.300年前の顔だって理解するのか.変なカツラしてるのに.

どんな顔でもいいのかな.試してみよう.

scuba ducky

うーむ,これはダメか.ピントが後ろのキーボードに合ってしまいました.

くまモン

こっちもダメ,顔の位置を認識しません.わざわざ照明まで用意したのに.

試しに新聞にカメラを向けてみると,一面に小さく出ていた犯罪者の顔写真をしっかり認識.人間じゃないとだめなのかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

旅をするMajorana

旅をする本

ことの発端は,ある学会誌に掲載された「マヨラナ 消えた天才物理学者を追う」の書評.これは是非とも読みたいと焚き付けられ,書評の著者に… とまあボカして書くこともなくてGonneko先生に,次回帰国したら絶対にこの本を買って帰りますとメールしました.

もともとも英語の本を和訳したものなので,原文で読んでも良いのですが,そこほら,やっぱ日本語で読む方が楽.

そしたら,帰国したときに差し上げます,とのびっくりの返事が来たのです.ありがたく本を東京で受け取り,春のCaliforniaのバーで読みつつ,先週この本はウィーンへと旅立っていきました.

日本→アメリカ→ヨーロッパ,次はまた日本の物理関係の誰かに手渡されるのかもしれません.そうなると世界一周した本,まさに旅をする本なので,ウィーンへのお土産には「旅をする木」も添えておきました.

ところで他にも数冊文庫本や新書を持参したのですが,その中の一冊だけ,

これは家に持って帰れません!

と,職場オフィスに隠している本があるようです.なんかやばい本でも入ってたのかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーン,ワイン,シュパーゲル

Schilcher Frizante

長いような短いようなウィーンの一週間の仕事が終わりました.今日の夕方はウィーン現地委員さんのご招待で,まずは赤葡萄で作るスパークリングワイン.かなり辛口ですが,夏の午後にぴったりな爽やかさです.これはかなり危険.ビールのようにぐびぐびやったら,絶対にその場で熟睡です.

spargel

そして出てきたのが,この季節の代表株,白アスパラガス Spargel

これもう大好きなんです.でも時期的にちょっと遅いかと思っていたのでレストランで探すことも無かったのですが,まさか最後の最後で出会えるとは.

spargel

極太の白アスパラ.まさにこちらの風物詩.根元まで柔らかく茹でてあり,思わず何本も食べてしまいました.

kirsche

さくらんぼのなる庭でのワインと白アスパラガスのひと時,それに現地委員さん奥様の手料理.一週間の緊張もほぐれ,疲れも吹っ飛び,まだまだウィーンに滞在し続けたいと思うひと時でした.本当にありがとうございます.次回来るときは,アメリカ土産をがっぽりと持ってきます.

...要らない?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

時差に慣れてくるのは三日目

海外出張で一番きつい3日目の仕事が終わりました.ウィーン到着してすぐは,旅の疲れのせいもあり,比較的良く眠れます.時差ぼけが来るのが3日目の朝.

頑張って夜中遅くまで起きていようと思っても,(酒のせいで)早めにダウン.早朝目が覚めたらもう二度寝できない.まあ睡眠時間はそれなりにあるからいいか.

St. Stephanにほど近い庶民的居酒屋Kolarで夕食.こういうサンドイッチ状の物が出てきます.ちょっとQuesadillaに似てるかも.

でも開いてみると,トマトやら具がぎっしり.このサイズでお値段700円程.かなりお腹を充実させてくれます.

早朝目覚めたせいでちょっと眠たいにも関わらず,友人らと二軒目の梯子.

ここは以前来たことがある居酒屋.そろそろウィーンの主だった店は行き尽くしたのかもしれません.

新規店舗開拓よろしく > 現地委員の方.

店の看板までワインで居座り,ほろ酔い気分でホテルへ歩いて戻りました.おかげで朝までぐっすり熟睡.朝シャンして,ドライヤーで髪を乾かしたら,頭がぶわんと膨れて大変なことになっています.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail