「Vienna」タグアーカイブ

12月のウィーンから,寒さにも負けず散歩

夕方6時前にウィーンに到着しました.夕方とは言っても,もう真っ暗です.

まずはホテルにチェックインし,軽く夕食してシャワー.それだけ済ませてもまだ寝るにはちと早い.でも眠い.でも眠ったら深夜に目覚めて時差ボケに悶えるのは畢竟.クリスマスシーズンです.電飾に煌めく町中を見に行っちゃえと,脱ぎ散らかした服を再び着ました.

中心街のKaerntnerとGrabenを端から端まで,一人とぼとぼと歩いただけですが,さすがに空気が冷たい.ちらほら見かけるGluehweinのスタンドの誘惑をかわしつつ,再びホテルへと戻ってきました.ホテルのバーで「ホットワイン頂戴」って言ってみようかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

仕事が二日間でもチケットは一週間

ざっと数えて,のべ30回はウィーンに出張しています.各回1週間滞在として210日.積算すれば一年の半分以上というのだから,中々なもんです.ウィーンのことなら何でもござれと言いたいところですが,滞在先・仕事先が固定されている関係上,ウィーン知識は偏っております.

来週は水曜日にウィーン到着し,木曜と金曜の二日間のみ仕事.そこで悩んでいるのが,電車のチケット.あちらの電車って結構お高くって,一回の乗車運賃が300円ほど.毎回切符買ってたら結構なお値段になります.なので回数券やら一日券,二日券,三日券,一週間券と揃っており,お客様の様々なニーズにお答えして...

と言いたいところですが,ほぼ確実に一週間券がお得です.値段は2200円くらい.8回乗れば元をとりますので,仕事場とホテルを往復するだけなら4日間,夜遊びにもう一往復追加なら,二日で元を取っちゃう.

夜遊び無しで仕事に専念するなら回数券という手もありそうですが,そちらは割引ありません.毎回切符を買う手間が省けるだけ.なのでウィーン市内の交通機関,何も考えずに一週間券を買うというのが決まり.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

旅する酒たち

ウィーンからやってきた一本のGruener Veltliner.Austriaでメジャーな,軽い白ワインです.ウィーンでは,まずはビール,じゃなくてまずはこれ.冷たく冷やした白ワインは仕事後の疲れをふっ飛ばしてくれます.

でもそれはウィーンで飲んでこそ,と長年思っていました.実際,ウィーンから買って帰ったこともあるのですが,こちらで飲んでがっかりしたこともあったので.

でもこれはまさにウィーンの味.夏にぴったりです.以前の体験は,買った種類が悪かったのか.

そしてこちらは,奈良の日本酒,春鹿.お客さんが奈良出身なので,これを出すしかありません.世界中の酒が,このNew Mexicoの片田舎で消費されていく不思議.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ワインゼリー再び

以前もお土産に買ったらしいのですが,それをすっかり忘れて再びウィーンで買ってきたワインゼリー.こっちでは手に入らない(と思う)から,何度買っても良いのです.

思えば,ヨーロッパからお土産に買って帰るものって食品関連ばかり.楽譜もあるけど.色んな種類の蜂蜜やフルーツジャム,なんか変なスパイス等.根性があれば少々値の張るワインを持ち帰ったりしますが,普段はもっぱら固形もしくは半固形物.

すぐに使い切ってしまうものでもないし,しばらくは欧州の旅の余韻にひたれるのもよいところ.なんせこっちの食生活には華がない.

パンやクラッカーにチーズを乗せ,その上から蜂蜜やワインジャム.カロリーにさえ目をつぶれば,これがもう最高に旨いワインのお供.このワインゼリーが無くなる頃に,再びヨーロッパ出張を入れられないかと画策中.

...なんてことはしませんよ.仕事は仕事です.と言っておこう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

瓶入りコーヒーゼリー

Kaffeegelee

ウィーンで見つけたコーヒーゼリー.瓶詰めだったので,ゼリーと書いてあるものの,きっとコーヒーのジャムみたいなのかと思ったのですが,開けてみたらそのまんまコーヒーゼリー.

とは言え,おやつのコーヒーゼリーとは違って,やはりジャムっぽいです.かなり甘いのですがコーヒーの風味たっぷり.パンやチップスにつけて食べると美味しい.バニラアイスに乗せるのもよいです.お湯をかけたらそのままコーヒーになります(嘘).

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

不便なウィーン国際空港

Vienna Airport

ウィーン国際空港VIEは比較的小ぢんまりとして便利の良い空港だったのですが,近年の改築で次第に意味不明な構造になってきました.第3ターミナルは写真のように上下二層に分かれているのですが,どこで登り降りすればよいのか簡単には見つかりません.

日本の空港なら真ん中あたりに大きなエスカレータが鎮座しているのですが,何故かそれが壁の内側で見えない構造.デザインを優先したのか知りませんが,初めてここを訪れる人は迷うと思います.僕だって数度のウィーン訪問を経てようやくエスカレータの位置を把握したほど.

普段利用している第1ターミナルも,内部はかなり変です.まず搭乗券だけ見せて入るのは免税品店街.そこから一旦階段を降りて手荷物検査場.再び階を上がると出発ゲートが並びます.この変な動線はどう考えても継ぎ足し増築の影響か設計ミス.

おまけにラウンジが手荷物検査より手前にあるもんだから,検査での行列のことを考えると,出発ぎりぎりまでのんびりできない.ばたばたと朝食をすませ,あたふたと出発ゲートに進み,そこでぼーっと待つ.

この空港をハブにしているAustrian AirlinesがStar Allianceなので,その他の会社であるKLMとかAir Franceが虐げられてるのかもしれないけど,それにしても,もうちょっとなんとかならないのかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱり使えなかったAMEX

Milano Centrale

American Expressはヨーロッパではちょっと弱い,そんな噂は以前から耳にしていました.でもメインに使ってるホテル系カードが強制的にVisaからAmexへ変更されたので,背に腹は代えられない.念の為に別のVisaを用意した上でItaly-Austriaへの旅に出たのですが,これは正解だった.

もちろんAmexが全く使えなかったわけではありません.ホテルは全てOK.商店も観光地なら大丈夫.電車の切符も自販機でなければ問題なし.

ウィーンの地下鉄切符は,なんやら意味不明なメッセージが出て先へ進めませんでした.レストランや小さな店では何度か支払い不可を言い渡されました.ウィーンの某有名高級スーパーマーケットでも駄目と言われたのですが,あの時はAmexが問題だったのか,カード支払い全般にたまたま問題があったのかよくわかりません.

大雑把に言って,勝率7割といったところか.ヨーロッパ旅行にAmexだけは心許ないということは確認できました.絶対にバックアップ用のVisaかMaster,それに現金が必要です.

ところで現金と言えば,海外のコインに慣れない人が多いもの.支払いレジで時々見かけるのは,手持ちのコイン全部手に乗せて,店の人に取ってもらう方法.先日もそんな光景をウィーンのカフェで見かけました.

ポケットから大量の硬貨をじゃらじゃらと出したかと思うと,店のおばちゃんにぐいっと突き出す.コーヒーの金額分だけ取ってくれってことなんですが,そこに盛られた硬貨をじっと睨んだおばちゃん,

これはダメ

と幾つかコインを弾き出した.どうやらメキシコのコインが混じっていたらしい.おばちゃん,勝ち誇ったように,

わたしはね,こういうのすっごく得意なの

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail