「Santa Fe」タグアーカイブ

深夜の交差点のど真ん中

深夜のSanta Fe,片側二車線の道路が交わり,おまけに踏切まである大きな交差点です。タイミング悪く信号が変わり,僕は交差点手前で停車。でも前の車,交差点に入ってしまったかと思ったら,

ど真ん中で停車しました!

停止線が見えなかったのか。それとも線路の手前に引かれた線を勘違いしたのか。

深夜とは言え,まだまだ交通量があります。両側の車が動き始めると,案の定,クラクションの嵐です。みんな大回りして何とかこの車を避けていましたが,見ていてひやひやもんです。

それにしてもあの状況になってしまったら,赤信号とは言え突っ切って進むのが一番じゃないかと思うのですが,どうなんでしょう。目前で車が大衝突の瞬間なんて見たくないです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

三度重ねてサンドイッチ

日本のコンビニで買うランチ,たまごサンドとおにぎり,それに濃い緑茶を買ってオシマイというのが定番でした。そのたまごサンドが,なんとSanta Feに登場です。その名も,

Tamago Sando Sandwich

うーん,何か間違っているような気がする。

カツサンドもありましたが,そちらはカツマゴ,つまりカツとたまご。おそらくそんな日本語は無いと思うのですが,略し方が見事に日本風です。

ちなみに,トンカツじゃなくて,フライドチキンでしたけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

青いけど灰色なタコス

秋晴れのSanta Fe。仕事さえなければ最高なのですが,そこは観光モードになるのをぐっと我慢。でも会議最終日くらいはと,友人らと夕食へ出かけてきました。Blue Corn Cafe,Santa Feのカジュアルなレストランです。

ブルーコーンタコスという,ここらではよくある小粒のとうもろこしで作ったタコスなんですが,後で写真を見たらほとんどサラダに埋もれてますね。

ざっくりした味で,これを使ったドーナツも名物です。

盛りだくさんなプレートですが,実はお手頃お値段で,これだけ乗って1000円ほど。もちろん豆と米を全部食べてたら,大変なことになります。ついでながら,このソースもつけ過ぎ注意,かなり辛いです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだ早かったSanta Feの黄葉

今日の夕方,まだ陽があったので,数人のお客さんをSanta Feの山へとご案内しました。麓から見るとアスペンが少し黄葉しているようにも見えたのですが,登ってみたらご覧の通り。まだまだ早すぎました。

せっかく登ってきたので,終点のスキー場まで車を走らせました。この辺りですでに標高3000m。さすがにここまで来ると,木々は色づき始めています。

かなりきれいに黄葉しているアスペンの木立もちらほら。でも全体的にはまだまだです。日当たり具合によって,色づきがかなり変わります。あと数週間で見頃というところでしょうか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

久しぶりにSanta Feランチ

Santa Feの会議でてんてこ舞いしております。実際には会議そのもののせいでは無く,ほぼ同時にやってきたあれこれ。締め切りが昨日までなんて,聞いてないよー,な状況ですが,聞いてないんだから,まあしゃあない。

会議のランチタイムを別の仕事に割り当てているので昼食抜きですが,コーヒータイムに出てくる糖分過多クッキーとかで凌いでおります。

とは言えちょっとくらい余裕はあるので,一回だけ会議場のホテルのレストランでランチ。ハンバーガーがあればそれと決めているので,何も考えずに注文したものの …

写真じゃ分かりにくいですが,ちとでかい。いや,かなりでかい。

これ一個で成人男性が一日に必要なカロリーを摂取,というよりオーバーしてますね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

看板に偽りあったグミ

スーパーマーケットで買い物していて危険なのは,レジ付近の商品。列に並んでいるとき,ふと目が止まって手にしてしまったのが運の尽き。これくらいならいいかなとカートへ入れてしまいがちです。

Whole Foodsで見つけたのが,このシャンパーニュ風味のグミ。白とロゼのくまさん,オシャレでかわいいじゃないですか。しかもシャンパーニュですよ。大人が買っても恥ずかしくない。少々お値段しましたけど,つい手を出してしまいました。

きっときめ細やかな泡がクマグミの中に閉じ込められ,透明な体に光を透かしてみると泡がキラキラと輝くに違いない。そんな期待を胸に,袋を開けてみると,

なにこれ

シャンパーニュ色でなかったことには目をつぶりましょう。細かな泡もきっと技術的な問題でしょう。でもそもそも

これ,クマか?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail