「Paris」タグアーカイブ

下を向いて歩こう

横断歩道やタイル,足元に続く一定パターンがあると,歩調がそれで乱されます.枠から足が出ないように歩幅を調整してしまう.程よい間隔であればよいのですが,ちょこまかになったり,大股になったり,歩きにくいったらありゃしない.

いやべつに合わせなくてもいいんですけど,ついつい揃えてしまうのです.子供の頃,近所の商店街でタイルに合わせて歩いてたのが,染み付いてしまったのかもしれません.

もちろんそういう歩き方をするのは,30cm四方くらいのタイルとかの場合だけですよ.ヨーロッパの古い町に残る石畳でそれをやってたら大変です.歩幅ばらばら,進路ぐねぐね,酔っぱらいにしか見えません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっとParis,ちょっと散歩

パリ到着翌日,こちらの学生の学位審査会も滞りなく終了しました.滞りは無かったものの,なんだかよく分からない書類手続きはありましたけど.

大学側に提出する書類があれこれあり,それにサインする必要があります.その中の数枚はほぼ同一の内容.これは別々にサインしないといけないのか,それともなんか古いフォームが混じってしまったのか.

大学側の人も結局分からず仕舞いで,取り敢えず全部にサインして,書類オシマイ.こういう事務手続きって,何処の国でもよく分からないものです.

ホテルへと戻り,とりたててすることもなく,夜のパリを散歩.ラーメンを食べに行くのはさすがにやめておきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっとParis,ちょっと上まで登ってみる

一日だけのパリ仕事に来ています.仕事-移動時間比がアホらしいくらいに悪い出張ですが,そこんとこは飲み食いご褒美でカバーするとしましょう.

CDG空港に到着し,そのままRERの駅へと降りて行きます.もう慣れたもの.何度目のパリだろう.

ホテルにチェックインしたのは午後4時.いつもならSorbonne付近の静かなエリア(但し,学生の奇声がたまに聞こえる)に宿を取るのですが,今回はSaint-Lazareにあるホテルです.サン・ラザール,あるいはサラザールみたいに聞こえる,繁華街のど真ん中.付近にはPrintempsやLafayetteといった有名デパートが並びます.

あいにく天気はあまりよくなかったので,散歩がてらLafayetteに入ってみました.この有名な吹き抜けのドームは,上から眺めることができて,

屋上にあがると,こんな風.なんかちょっと拍子抜け.

実はLafayetteの屋上は,知る人ぞ知る展望スポット.なんて大袈裟に言うほど高くはないのですが,真正面にオペラ,彼方にはEiffel塔を眺めることができます.

もっと眺望をのぞみたいならすぐ裏のSacré-Cœurの丘へ登ることもできますが,如何せん天気が悪い.そそくさとホテルへ戻ってきて,パリ初日終了.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

できなかったパリ弾丸ツアー

フランス人学生の学位審査のため,来月短期間でパリ往復します.予め旅費の上限は伝えられており,まあそれくらなら航空券もなんとか探せると思ってたら,そうは問屋が卸さない.

とにかく滞在期間が最短になるよう旅程をたてようと思ったのです.学位審査の前日にパリ到着,一日仕事して翌日に帰るという4泊2日のパリの旅.JALパック探しても見つかりやせんぜ(多分).

ところが航空券を検索してびっくり.最低でも$4,000ですよ.ビジネスじゃなくて,エコノミークラスで.これはさすがに買えません.気を取り直して日程を再調整すると,どうやら一泊余分に宿泊すれば,価格は$2,000へと半減します.

それでもちょっと高めだけど,一度行くと言ったからには,高いからやめとくとも言えない.空席があるうちに購入ボタンをポチりました.

さて,意味もなくパリの休日ができてしまうようです.さりとて,これと言った用事もない.

なんてことをあちら側に言おうもんなら,じゃあ研究所に来いと言われそうなので黙っとこう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

系列が変わったらお値段倍

先日パリで宿泊したホテルは,以前も利用したことがある場所で,Best Westernの系列です.とくに会員とかでは無いのですが...あれ,会員だったっけ.ま,いいや.ヨーロッパでは☆☆☆クラスのお値段お手頃,安心して泊まれるので,欧州出張時はよく利用します(アメリカ国内のは利用しない).

このホテルもBW系列だったはずなのに,今回その気配がすっかり消え失せ,全く普通のホテルになっておりました.それはそれで別に構わないのですが,驚いたのがお値段.

以前宿泊したのは丁度2年前.多分一泊€120くらいだったと記憶し,同じホテルの予約を職場のトラベルオフィスにお願いしておいたのです.そして送られてきた旅程表の金額を見て,目ン玉飛び出ました.€240!!.日本円で32000円くらい?

系列で無くなったために,宿代が跳ね上がったのでしょうか.そんなルームレートを物ともせず予約しちゃうトラベルオフィスって...

ところで前回泊まったのは内側にある806号室.今回は804号室.2年越しのパリ滞在でしたが,偶然にも同じポイントに戻ってきてたようです.2年後は805号室かも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

地下鉄改札とうりゃんせ

地下鉄の駅に到着したら,改札が段ボール箱にすっぽり隠されています.なんだこれは,アートか?

と思ったら,その奥に普通の改札機がありました.この箱は新品改札機で,据え付けたばかりなんでしょうか.調整終わったら,古い方を引っこ抜いて作業終わりなのかな.

それはそうとパリの地下鉄,この隙間が狭いのです.スーツケースを引き摺ってるとすごく通りにくい.手荷物が無くても,アメリカにお住まいの一部の方々は通過できないんじゃないでしょうか.

その点,東京のJRと地下鉄の改札機は横幅に余裕があって,スーツケースを持っていても問題ありません.でもそこを通過できたとしても,電車内に持ち込むのが無理.かつて車内ですごく肩身の狭い思いをしたことがあり,以来大きな荷物があるときは贅沢タクシーとなっております.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やる気のないパリの鉄道職員

ちょっとばかり話は戻って一週間前.以前購入した交通機関のプリペイドカードNavigo Decouverteをリチャージしておこうと,CDGにある駅の切符売り場へ向かったときのこと.

切符売り場のにいちゃん,13Euroと言うから,そんなに安いはず無いだろう,何か間違ってんじゃないかと確認すると.

「Thirteenと言ったら Thirteenだ」
「いや,それはおかしい.一週間分だよ?」
「だから,Thirtyと言ってるだろ!」

てめ〜〜〜…英語,間違ってんじゃん.

続いてパリが初めてのM君の番.彼はカードそのものも購入する必要があります.カードと一週間分のチャージをしてくれと頼むと,

「あ〜,もうカード無いんだ.全部売り切れて,無い無い」

さすがにプリペイドカードが空港と接続する駅で売り切れなんて信じられません.念のため列に並び直し,隣の窓口の職員に聞くと,あっさり出てきました!

最初のにいちゃん,全く仕事する気ないらしい.

ま,パリなので,そんなこともあります.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail