「Paris」タグアーカイブ

ちょっと怖い思い出話を少々

先日の話題の続き.亡くなられた大学教授に関して何か思い出話は無いかと聞かれ,故人のセレモニーの席では憚られたものの,友人らと話したことを幾つか.

話題はパリに飛びます.パリ市街ど真ん中にアパートを持っておられます.とは言え,滅多に使うことは無いらしい.一度そこへ案内してもらったときのこと.建物に入るには暗証番号が必要なのですが,どうやらその番号が変わっており,先生,それをご存知無かったらしい.

建物の真下まで来たものの,中を見ることはできません.残念だなとその場を立ち去ろうとしたら,丁度中から人が出てきました.先生その人に,

「この暗証番号は何番だ?」

いや,いくら何でも見ず知らずの他人に暗証番号教えるはずが...

「それなら,1234だよ」

って.教えるんかい!

無事建物内に入れたのですが,防犯は大丈夫なんだろうか.

この先生,車の運転が好きで,海外でも必ずレンタカーを使われます.パリ出張時,仕事先からホテルに戻るのに僕はバスを使うのですが,先生が「乗せていってやる」というので,便乗することにしました.

ちなみに一緒にいた友人は,何故かこの申し出を辞退,自分はバスで帰るとのこと.

夕方のラッシュアワーです,助手席で一人音楽を聞いてるわけにもいかず,話題は自ずと物理.専門ともなれば,次第に話題に熱が入ってきます.気がつけば,先生,僕の方を見ながら喋ってる...

「先生,前,前を...」
「ちゃんと見てる.大丈夫だ」

その瞬間,パリ方面は右車線という標識が流れていきました.

「あの...このままだとパリから離れていきますけど...」

お前が喋ってるせいだ!

なんで友人が固辞したのか,やっと理由判明.どうやら彼,先生の運転を知ってたらしい.

なんかまだいっぱいあるんですが,あまり書くとヤバそうなので,この辺で.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

再び呪われた旅程,ようやくウィーン到着

CDG Lounge

機材トラブルのために予定外のParis CDGに到着.乗り継ぎ便まで5時間以上あります.とりあえずラウンジへ行って一休み.長椅子で二時間ほど横になりました.もちろんiPhoneのアラームをセットして.

ウィーン行き出発1時間前,離発着案内を見たら,

出発は20分遅れます

もうやだ...

なんでこんなに飛行機運が悪いんだろう.

その遅れがさらに拡大かと危惧したものの,どうせもうパリまで来てるんです.いざとなりゃここで一泊してもいいやと開き直り気分で居たら,予想に反して20分遅れで飛びました.

僕の座席が変わっていたらしく,搭乗口でゴタつきましたけど.

そしてやっとVienna, Wien, ウィーン.ホテル到着したのは夜の9時.なのにまだこの明るさ.

食事に行くのも面倒くさい.ホテルにあったポテチとコーヒーで夕食代わり.明日の朝食をしっかり食べればいいや.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

CDG空港,あっちいけこっちいけ

CDG terminal F
CDG terminal F

かつて乗り継ぎの面倒さで悪評高かったParis Charles-de-Gaulle(CDG)空港ですが,ここ数年欧州内都市への乗り継ぎは劇的に改善され,セキュリティエリアを出ずに他のターミナルまで行けるようになりました.但しかなり長距離を歩くのと,非常に分かりにくいのは相変わらず.乗り換えじゃなくてそのまま出口に行ってしまう人もいるようです(何を隠そう僕です).

今回も注意深く乗り換え案内に従って進んでいたのですが,空港職員が前方をとおせんぼしています.セキュリティレベルが上がっているせいか,突然の安全検査が入ったとかで,全乗客に階下の出口へ向かうように指示していました.

でもここで外に出されたらたまらない.また長蛇の列に並ぶ必要があります.ウィーン行きに乗り換えなんだけどと係員に食い下がるも,

階段を降りて,一旦出て

取り付く島もない.

やむなく階段を降り,でも諦めきれずに階下に居た別の職員にウィーンに乗り継ぎだと言うと,

じゃあ,その階段から上にあがって

降りてきた階段の正面にある登り階段.分かりますか?元に戻るわけです.しかもその階段入口には進入禁止マーク

CDG terminal F
CDG terminal F

でもあっち行けって言うんだから,しめたもの.一方通行を逆行して元のフロアに戻ると,さっきのとうせんぼ職員を迂回する形で乗り継ぎ通路へ戻っちゃいました.

あとはもうさっさと行く.後ろで乗客をブロックしてるわけだから,僕以外には乗り継ぎ方面に進む乗客はいません.手持ち無沙汰そうな入国審査官にパスポートを提示,貸切状態の金属探知機を通りぬけ,あっという間に別ターミナルに到着.

楽に乗り継ぎできて良かったと思う反面,セキュリティの都合で全乗客を一旦外に出そうとしたんだよな〜,こんな裏道があっていいのかな〜,なんて思うところも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

迷惑な酔っぱらいは万国共通

エビスビール
エビスビール

学生の頃の友人で,下宿に意味不明なコレクションしてるのがおりました.コレクションと言っても,本人に記憶があるわけでなく,飲み会で酔っ払っては道端にあるものを持って帰っちゃうという迷惑な奴.

工事中のポールや店の看板,おまえそれヤバイだろう,すぐに返して来いってやつです.流石に店の看板は,夜中にこっそり返しに行ってたみたいですけど.

さて店の看板の話.パリの小さなレストランで,深夜まで友人と呑んだくれてた時のこと(と言うか,いつものことですけど).支払いを済ませて店を出ようとしたら,もう既に店仕舞い中です.どうやら僕らが店内に居座っていたので,片付けができずに困ってたらしい.

店員が外の看板を店内に持ち込むのを見て,友人に「なんであんなの,わざわざ店の中に入れてるの?」と聞いたら,

「だって盗まれるじゃん

誰があんなもん持っていくんだよと思ったものの,何でも持って帰っちゃう友人のことを思い出して,それ以上突っ込むのはやめておきました.

でも実際は酔っぱらいのイタズラでは無くて,本当に盗難に合うんだとか.そんなもん盗んでどうするんだろう.どっちかと言えば,迷惑な酔っぱらいってのは,呑んだくれて長っ尻の客だった僕らの事かも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

紙は我らを見放した

世界の車窓から朝日
世界の車窓から朝日

ヨーロッパではよく見かけるのですが,先週会議が行われたビルの男性用トイレが全部が個室タイプになっていました.そのずらりと並んだ個室へ出掛けて行った友人が言うに「紙が無い」.どの部屋にも無いんだそうな(調べたのか?).

僕はbig businessが無かったので気づかなかったのですが,その後にじっくりと調べるに,紙どころじゃない.本来トイレットペーパーがあるべき壁にはネジ穴の空虚が残るのみ.ペーパーホルダーが撤去されたらしい.

会議室に戻ってその話をしたら,別の友人が

「障害者用トイレにいけばいいのに.そっちのほうが近いし,紙,あるよ」

どうやら彼はほんの少し歩くのを節約するために,ちょっと手前にある障害者用トイレをずっと使ってたらしい.その発想は無かった.

試しにそっちに入ってみると,確かに紙はありました.壁のホルダーに,では無く,無造作にロールが放置されてます.やっぱり壁のペーパーホルダーは取り外されていました.それどころか,水を流すためのボタンも無い.壁の穴から突き出た棒を押せば,水は流れるようです.

何となく理解しました.こりゃどうやらフロアのトイレ全体を一気に改修してるらしい.工事の人は見かけなかったので,何らかの理由で途中で放置か.

工事してるのなら,下の階のトイレを使ってくださいとか,そんな張り紙しときゃいいのに.あるいはせめて,普通に使える個室を一つくらい残しておくとか.さすがベルサイユ宮殿にトイレを作らなかったお国柄.そっちには無頓着.

ちなみに,ペーパーレス個室問題を友人がどう解決したのか,そこは聞かないでおきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっと珍しい瓶詰めパリ土産

フランスみやげ
フランスみやげ

マカロンで有名なLadureeラデュレですが,ジャムや蜂蜜も売られています.あまりに崩れ易いマカロンは,大西洋を飛び越えた後,往々にして悲惨な状況になってますので,こういう瓶詰めを買うことが多いです.こっちじゃ手に入りませんから.

右側のはLadureeでは無く,普通の食品店で見つけたレモンカード.Siciliaの名前に,レモンの本場もんやんと買ったのですが,実は Made in UK でした.レモンだけ輸入してるのかな.

真ん中のは蜂蜜.Mielが蜂蜜なのは知ってましたが,何の花の蜂蜜なのかは分からない.今調べてみたら,chataigne は栗でした.つまり栗の花の蜂蜜?

栗の花の香りと言えば… まあそのアレで有名ですけど,食べてみたら全く癖は無くて,結晶してしまった蜂蜜そのまんま.

そして左のも珍しい.バラの花びらのConfit,コンフィつまり砂糖漬けって,要するにジャム.

バラの花弁のコンフィ
バラの花弁のコンフィ

ちゃんと花びらが入っています.食感はちょっと硬めのゼリー.香りがすごいです.もうほんとバラそのものと言うか,香水というか,入浴剤?… あ,いえいえ,なんでもありません.

そのままパンに乗せて食べると,ちょっと香りが強すぎるので,紅茶とかヨーグルトに入れて食べると良いかも.お風呂に入れても良いかも(まだ言う).

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

パリのプリペイドカードNavigo,続き

バーの中に信号機
バーの中に信号機

昨日も話題にしたパリ交通機関のプリペイドカードですが,その続き.

1年前にカード購入したときは,カード本体のデポジットが5Euro,それプラス一週間乗り放題が35Euroと記憶していました.ところが今回そのカードをリチャージするときに表示された金額は20Euro,これは何か間違っている.きっと間違ったゾーンの切符を買ったに違いない.市内専用とかね.

でも駅員に聞いても要領を得ません.仕事ではパリ郊外に出ます.ま,なんとかなるさとそのまま使っていたら,珍しいことに,列車内で検札に遭遇.正しい切符を持ってないと,とんでもない罰金を取られます.

うまく考えたもので,乗客が逃げられないように,車両の前後から同時に複数人が乗り込んできます.

恐る恐るカードを差し出すと機械でチェックされ,そのまま Merci で終わってしまいました.どうやら20Euroで間違いは無かったらしい.

それにしても変です.一年前は倍の料金を払ったのに.

ちょっとカオスなバー
ちょっとカオスなバー

パリ在住の友人に聞いて疑問が氷解.昨年このカード料金が劇的に下がり,ゾーン制も無くなったんだとか.一週間券の始まりが月曜日ということと,裏に貼る小さな写真が必要なことさえ忘れなければ,パリ滞在には相当にお得なカードです.

ちなみに僕は写真を忘れたため,Salt Lake Cityの空港のラウンジにあったプリンタで大慌てで印刷しました.検札では,写真が貼られていることもしっかりとチェックしておりました.危ない危ない.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail