「Pajarito」タグアーカイブ

水分はもうすぐやってきます

先週末より少しずつ雨が降り始め,ようやくトレイル散歩が解禁となりました。日曜午後,久しぶりにメサの上の岩場を歩いてみました。

かなり柔らかい堆積岩。カルデラの外輪山に広がった岩が侵食され,こんな不思議な形を見せています。

ゴツゴツ岩が小さな山になったところ。ちょっと怖いけれど,ここをよじ登ります。その向こう側はまた平らな台地。遠くSanta Feの山々を望む。

背後にはPajaritoの山々。あちらから次第に雲が広がってきています。雨になる前に早々撤退。

それにしてもこのトレイル,昨晩雨が降ったはずなのに,その痕跡は全くありません。またたく間に染み込んだのか,谷へと流れてしまったのか。午後の雨が降るのをここで眺めているのもおもしろいかも。谷に降りなければ,水に溺れることもないでしょう。

今年のアスペンはこれで見納め

先週紹介した通り,今年のアスペンの黄葉は突然の寒波で残念な結果に終わってしまったのですが,頑張って木々を選べばまだまだ映える写真が撮れそうです。裏山を散歩してきました。

かなりエリアをセレクトしてのアスペン黄葉でしたが,もう見納め。来週末にはすっかり葉を落としてるでしょう。Los Alamos秋の最大のイヴェント,今年もなんとかクリアしました。

手遅れであったか

先週,アスペン黄葉を見に山を散歩しましたが,おそらくピークは今週末。ということで最高の黄色いトンネルを体験しに,満を持して再び山へ入りました。

ところがアスペンの葉はすでに灰色がかって落ち始めています。黄色のトンネルはすかすかで青空が眩しいほど。

今週一度気温がぐっと下がり町中は雨,そして山が雪だったのが理由でしょうか。なんとまだ雪が残ってました。

なんとか黄色が眩しい場所を見つけて,証拠写真をパチリ。でもほとんどのアスペンは黄葉を終えたか,その前に枯れかけてます。今年は運が悪かったっぽい。

今年もAspenの季節になりました

10月のメインイヴェント,アスペンの黄葉。今年もこの豪華黄金色の季節がやってきました。例年通りLos Alamos裏のPajario山へ,と思ったらなんと週末はバイクレースとかで一般客お断り。

誰の権限で山を封鎖してるんだとプンプンしたものの,仕方ありません。外輪山を越えた向こう側のカルデラへ。あちら側はアスペンは少ないと思っていたのですが,絶好のスポットを発見しました。

この小さな丘,山火事で焼けた後にぼうぼうと若いアスペンが茂っております。燃えた松がまだ針のむしろのように残っており,倒木危険のサインも。

上に登るにつれ,カルデラの草原全貌が広がってきます。全貌と言っても実は見えてる部分はまだ一部。巨大な休火山です。

丘の頂上は標高3000m弱ですが,とくにピークの名前は無いようです。そんな山頂だらけの土地なので。2時間のハイクで距離7km。きれいなアスペンの林をくぐりつつ軽い運動にもなり大満足。

絶景ポイントCerro Grande登山

土曜日午後,この辺りでは高い山の一つCerro Grandeに登ってきました。Cerroは山頂の意味らしいので,単なる大山? 標高は3100mほどありますが,トレイル入り口の時点で2700mまで車で登るので,実質400m程の軽登山。

山頂は緩やかな丘陵地になっています。こういう山登りにありがちなのが,登れば登るほど山頂が遠ざかっていくという過酷な現実。もうすぐゴールかと思いきや,その先がだらだらと続いていくのです。九重だと涌蓋山がそれ。

一枚目の写真は東のSanta Fe方面。二枚目は南のAlbuquerque方向。うっすらと見えているのはSandia山で,あちらもかなり高い。

そして西にはカルデラの草原が広がります。ここは外輪山の一部です。360度見渡せる絶景パノラマが広がり,登山の疲れも吹っ飛びます。

パノラマモードで撮ってみたけど,このスケール感はあまり出ませんね。