「New York」タグアーカイブ

トルコ料理の全部乗せ

トルコ料理コンボ

New York出張中に再びトルコ料理レストランへ行こうという話になりました.以前も行ったレストランです.でもなぜこの小さなレストランなのか.それは酒が持ち込めるから.その分,お安くなるわけ.

でも料理の量が多いのは,前回経験済み.まあ小さめのプレートを何か探せばいいか.

と思っていたら,夕食会の人数が多すぎるから個々の注文には対応できない,全員セットメニューにしてくれというレストラン側からのお願い.多いと言っても,たかだか16人ですよ.なんせ小さな店なもんで.

結果,出てきたのがこのプレートですよ.トルコ料理全部乗せ.肉,肉,肉...

味は良いのですが,如何せん量が問題.なんとか1/3くらい食べてギブアップしそうになった頃,ふと向かいに座っていたアメリカ人の皿を見たら,綺麗さっぱり平らげてます.この分量の料理が,いまあいつの胃袋に入ってるのかと思うと,余計に苦しくなっちゃった.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ターミナルが間違っていても気にしない

日曜日からNew Yorkへ出張で,夕方,JFKから戻る便で,昨晩遅く戻って参りました.友人と空港に向かったのですが,彼のフライトはAtlanta行き,こちらはSalt Lake経由です.でもまあ似たような出発時間なので,じゃあ空港のラウンジでタダ酒を一杯やろうと言うことになりました.

でもここで問題発生.同じDeltaながらも,出発ターミナルが異なっていたのです.ターミナル4でセキュリティゲートをくぐって,ターミナル2へ行ってもよいのだろうか.ちなみに内部に連絡バスはあるらしい.

セキュリティゲートで搭乗券をチェックされます.もしそこで「あなたのフライトはここじゃないよ」と言われたらそれまで.イチかバチか入ってみよう.

そう言いつつ友人とセキュリティに向かったら,なんのお咎めもなし.すんなり通してくれました.

そしてラウンジ,僕のフライトはターミナル2から出発ですが,ここはターミナル4.なんか言われるかなと思ったら,ここも何にもなし.間違って別のターミナルに来てしまったアホと思われただけなのかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

都会で運転するNew Mexicoドライバー

先週のNew York出張では,同僚4人とほぼ行動を共にしておりました.少々窮屈だけど,レンタカー代を節約できます.こういう時,誰が運転するかは重要な課題.なんせ夕食時の酒がかかっております.

一人の女性は昨年Los Alamosで運転免許証を取ったばかり.よく今まで運転せずに生活できたもんです.聞けば実技試験はLos Alamosの町中.普段の運転も,この町中のみっぽい.当然のことながら,満場一致で運転手候補者から外されました.

もう一人もアメリカの田舎での運転経験のみ.こちらも候補脱落.

結局,土地勘があるという理由で,僕が毎日運転してました.ホテルから仕事先までのフリーウェイ,もちろん制限速度はありますが,そこはNew Yorkですので,まあそのごにょごにょ,他の車の流れに乗って運転.大型車が車線を塞いでたら,さっさと追い抜く.福岡じゃ普通の運転です.

でもどうやらこれが New Mexican Driverらに少々恐怖心を与えていたらしい.

一日だけ運転手を交代したときのこと.アメリカの田舎運転に長けた彼,車に乗り込むなり,

制限速度以下で走るかもしれないけど,ごめんね

なんか僕に言いたいことがあるんでしょうか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

出張中に焼きを入れる

なんともいかつい装置ですが,

自分で焼くワッフルメーカー.ホテルのロゴが入るところを見ると,特注なんでしょうか.かなりふわふわです.もうちょっとパリっとしてるほうが好きなんですが.

やっとNew Yorkでの仕事が終わりました.明日早朝,空港へ向かいます.折角の祭日だと言うのに移動に消えてしまう理不尽さ.日本だったら出張の移動なんてすぐなのに.

それにしても,どうしてこんなに出張が多いんだろう.職場の同僚には,出張なんて滅多に無いと言う人もいます.思い返すに,日本の職場でも僕は不在がちで連絡を取りづらいことで知られてたらしい.こういうのは個人の仕事のやり方で決まるのかもしれません.

さて今日の会議中,来年夏に開催されるらしいワークショップの話題が出ていてたのですが,その講演者リストに僕の名前が...

聞いてないよ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

食後のコーヒー占い

lamb shish kebab

出張時は外食続きになるのは仕方ないところですが,ちょっとした楽しみでもあります.トルコ料理へ行こうという声があがって友人らとやってきたのは,かなり@Home度の高いレストラン.実際,外見は普通の家にしか見えません.

注文したのはShish kebab,シシカバブなのか,シシュケバブなのか,シシケバブなのかよく分かりませんが,そういうもの.昔,獅子樺ブなのかと漠然と想像してたやつです.見た目何とも無愛想なプレートですが,美味しかったです.

Turkish coffee

トルコ料理ですので,食後はトルココーヒー.かなり濃いと噂には聞いていたものの,なるほど沈殿物が凄い.スプーンでかき混ぜようとしたら,これは上澄みだけを飲むんだとか.

カップ底の沈泥はどうするか.まずカップを伏せます.

待つこと10分.水分が十分に切れたところで元に戻し,その底に残ったコーヒーで運勢を占います.

残りはこんな厚ぼったい唇型になりましたが,はてさて運命はいかに!?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

赤けりゃどれも同じなんだろう

ワインでも飲もうと,フランス人とホテルのバーへ.顔中髭に覆われた熊風貌の巨漢ウェイターに赤ワインを注文しました.でも熊風貌君にとって少々災難だったのは,友人の注文がMerlot,僕がPinot Noir,別の種類だったということ.

しばらくして,片手に二つのワイングラスを軽々と持って,熊貌が戻ってきました.その様子を見た瞬間,思わず友人と顔を見合わせた.

無造作にグラス一つを友人の前,もう一つを僕の前に置いたで,念の為に聞いてみました.

「こっちがPinot Noirだよね」

その瞬間,熊が豆鉄砲喰らったような顔を僕たちは見逃さなかった.でも彼はすぐに平常運転時の熊風貌を取り戻し,自信満々言い放った.

「そう,そっちがPinot Noir」

そう言って去っていったけど,僕たちはもう信じちゃいない.友人と二人,ニマニマしながら赤ワインの色合い,香りをチェック.この二種類,かなり個性が違います.

友人と同時に出した結論は,

逆だな

適当なこと言いやがって.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

夕日を追いかけて東から西へ

Long Isand, NY

昨日,午後4時JFK発の便でNew Yorkから帰ってきました.Salt Lake Cityまで,国内線だというのに5時間のフライト.機内での時間潰しは,寝るか読書ですが,お金を払えばWiFiも使えます.

切羽詰まって仕事してるときはメール読むためにMacbookをネットにつなぐこともありますが,ネットがあると仕事サボっちゃう法則.お金もかかるしInternetはパスしとこうと思ったら,

Delta機内でこんなサービス.メッセージアプリに限って,WiFi利用無料だそうです.WhatsAppもFacebookも利用してないので,自分には何のメリットも無い.

と思ったら,LINEは使えました.

えっと...メッセージ送る相手がいない.

やっぱり寝て時間潰しが一番です.ぐびっと一杯.

Salt Lake City

目覚めたら夕暮れのSalt Lake.5時間飛んで,時差の2時間逆戻り,到着は7時.そこから1時間のフライトでAlbuquerque.さらに2時間弱の運転でようやく帰宅.ほとんど深夜です.摩天楼は遠くなりにけり.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail