「MacBook」タグアーカイブ

南の島のノートパソコンを目指して

普段,ノートパソコンはリュックの専用ポケットにそのまま入れているのですが,Macbookって表面がつるつるしているので,うっかり落としそうになります。

というか,はい,以前落としました。空港の手荷物検査場で。

その轍を踏まぬべく,Macbook用のバッグを買おうとAmazonで “macbook bag” で検索すると,かなりごっついバッグが出てきます。そんなんじゃないんだ,もっとシンプルなカバーを,と検索すると,今度はプラスチック製ケース。

正しい答えは Sleeve。袖の意味のほか,レコードジャケットもそう呼びますが,ノートパソコン入れもそうらしい。ちなみに日本のアマゾンで調べてみると,スリーブケースとなっておりました。これもよく分からない。

それはともかく,注文したものは写真左のシンプルなものです。

でも届いたのは右のトロピカル柄のプラケース。おまけにこれ,Macbook Air用。僕のはMacbook Proで,サイズすら合いません。

なんで間違ったのか分からぬまま,Amazonに交換の連絡を入れ,今日到着予定のテキストメッセージが入っていました。でもそこに書かれてたのは,

Macbook Air 13 inch case

いやいや,それじゃないんだって。どうなってんだこれ。

また違う商品が届けられたら,もうキャンセルして両方返品しようと思っていたら,なんと正しい物が届きました。どうなってんだこれ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

聞くが早いか引くが早いか

「辞書を引く」あたりまえの表現ですが,じゃあなんで引いてるんだろう。気になると調べなくては落ち着かない性分なので,あれこれ調べ,さらにはパソコン付属の辞書も引き,結局良くわかりませんでした。

「くじを引く」と同じように,なにか一つを選ぶときの引く,あるいは「引用」のように文中に何かを引いてくる,そんなところから来てるんじゃないかと。

さて,書籍の辞書を引く機会は,もう全くありません。MacBookに付属する,国語,英和,仏英,独英,類義語,こんなのでほぼ事足ります。あるいはネットでちょいちょいっと検索すりゃ,答えはそこにあります。便利になった反面,この横着さは堕落への急降下じゃないのかという危惧も。

かつて一番良く使った印刷された辞書はもちろん英和辞典ですが,その次に活躍したもの,それは僕の場合は音楽辞典です。Internetなんてなかった高校生時代,音楽関連の用語を調べるのに重宝しました。特にイタリア語での表記など。

なにか一つの音楽用語を調べたら,そのついでに前後の部分も読んでしまったりと,ムダ知識の蓄積にも役立ったはずです。ネットでちゃちゃっと調べておしまいな時代だと,なかなかそうはいきません。だって何か調べたついでに,ちょっとニュースでも読もうかとか,無関係な誘惑が強すぎますもん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

May the 4th のお買い物

今日は5/4,May the 4th be with you,つまりStar Warsの日ですが,Golden Weekとも無縁なこちらでは通常営業在宅ワーク。すっかり慣れたとは言え,やはり不便なのは仕事環境です。仕事を全てノートパソコン(Macbook)でやってる関係上,重たい計算には時間がかかります。

昼夜問わずパソコンをぶん回していたせいか,何だか変な音が出ることが増えました。多分冷却ファンが過労状態。以前からちょっと気にはなっていたものの,悪化したっぽい。

すでにこの機種も4年使っています。こりゃある日突然止まるなと,Macbookの新型が出るのはいつだろうとネットを調べてみたら,なんと偶然,本日発売ですよ。

安い買い物ではないのでちょっと迷ったものの,今注文すれば月半ばには配達されるらしい。ためらってたら注文が増えて配達時期も遅れそうです。思い切って衝動買い。

一通りデータ入力を終え,ついに購入ボタンをポチ。よしこれで10日もすれば環境改善と喜んだのも束の間,届いた注文確認メールには,

月末配送

え? 購入手続きしてた10分の間に延びた?

パソコンさん,あと一ヶ月なんとか耐えてね。まあそれ以前に職場に復帰できるとは思うんですけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ボルテージは問題なくとも形が問題

海外出張を重ねると次第に消失していく物の代表格が電源変換アダプタです.人に貸したり,ホテルに置き忘れたり,数年に一個のペースで減っていき,ついに最後の一個になってしまったので,補充しました.

日本・アメリカで使われているAタイプのコンセントから,ヨーロッパのCタイプへ変換するもの.空港で売られていますが,あれはゴッツイうえに高額です.コンセント形状だけ変えてくれればいいので,Amazonで安いやつを買い足しました.

ついでに見つけたのが,MacBookの電源アダプタのプラグ部分だけを交換するもの.変換アダプタが必要な状況のほぼ100%がパソコン電源なので,これさえあればほぼ十分です.

ところで先日失くした変換アダプタですが,どこに置き忘れたのか全く覚えがありません.気づいたのは,空港でパソコンを充電しようとしたときのこと.

僕はホテルをチェックアウトするときは,忘れ物が無いか,最後に一通り部屋の中を確認することにしています.そこで気づかなかったんだから,ホテルでは無いはず.

とは言え,他の場所で置き忘れることもないっぽい.考えられるのは,iPhoneを充電した後,変換アダプタを壁のコンセントに残したまま,ケーブルを引っこ抜いたのかも.さすがにそこまではチェックしてません.次回からは捜索範囲を広げよう.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだまだ不要な写真を削除中

かつてフィルムカメラを使っていた頃は,このシャッターに数十円かかるとばかり,一球入魂の気合で切ったものです.と言う程大袈裟なもんじゃなくですが,年間撮影枚数は,せいぜい数百枚くらいなもの.それ以上撮ってたら破産します.

それが今じゃ,いくら撮ってもタダ.おまけにこちらのiPhoneはシャッター音を消せるので盗撮し放題(しませんよ).パソコンに蓄積する画像ファイルがばかにならず,現在ほぼ10000枚.これじゃいかんと,デジタル断捨離進行中です.

大量に溜まっているのは,子犬の写真,食べ物の写真,そして意味不明写真.ちなみに人間が写った写真は何故か少ない.

意味不明写真,実はこれがディスク容量を圧迫してます.この写真,どっかの空港ですが,なんで撮ったのかさっぱり思い出せない.多分がら〜んとしてるからとか,そんな理由だと思います.

この手の写真が大量にあります.変な看板とか,道端の変な草とか,変な形の雲とか,自分の足とか.

気にはなるものの,保存しておいても意味不明なまま.削除ボタンをぽちっと押しました.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

パソコンのデジタルダイエットは道半ば

MacBookに保存されている写真が増えすぎです.残り容量を圧迫しているわけでは無いのですが,なんせ貧乏性,無意味写真が存在するというだけで落ち着きません.

という訳で,折に触れて不要な写真を削除しています.削除基準ですが,まず全く意味わかんないものは有無を言わさず削除.上の写真は,おそらくうっかりシャッターを切ってしまったもの.何が写ってるのやら,さっぱり分かりません.レール?

何度か撮り直して似たような写真が数枚残るときは,一番良さげなものを残して後は削除.どれも甲乙付けがたいときは,一番最後のを選びます.

それ以上の基準は特に無く,ほぼ直感断捨離.要らないかなと思ったら消す.

大量の写真があるので,デジタル断捨離はまだ道半ばですが,ざっと2割ほど消してるっぽい.それってつまり容量削減にはさほど貢献してないということで,それってつまり無駄な時間を費やしているだけっぽい.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail