「Los Angeles」タグアーカイブ

暗闇でチェックイン

早朝5時,Albuquerque空港に到着したら様子が変です。普段は単に通過するだけの大広間が大量の人々で埋め尽くされています。エスカレーターも止まっています。しかも何だか暗い。なんと空港全体が停電です。

コンピュータも全てダウン。フライトは7時なので余裕があったはずなのに,全く動き出す気配がありません。伝え聞く情報によると,地域の変電設備でトラブルが起こったらしい。かろうじて明るい部分は,自家発電装置で何とかしているらしい。でも何もアナウンスが無いので,さっぱり分かりません。

予定していたフライトは8時発となり,10時となり,そして12時。LAXでの乗り継ぎは絶望。電気が戻ったのが9時くらいだったでしょうか。それから空港職員が大量の乗客をさばき,僕のフライトも予定より1時間早く離陸。と言っても4時間の遅れです。

LAXに到着すると,既に乗り継ぎ便が再予約されています。でもそれは翌朝の便。何とか今日中に乗り継げないかと思うものの,春休みシーズンのせいか,全て満席だそうです。

空席が出るのを期待して,まずは午後3時の便のゲート前で待ちましたが,非情にも満席の表示のままドアは閉まりました。

次のチャンスは夕方7時。これを書いているのが5時。今の所それも満席だそうですが,もし7時の便に乗れるなら,今日中に目的地に到着できます。ダメならLAX付近のホテルで無駄な夜を過ごします。

目的地はHonolulu。さて到着できるんでしょうか。乞うご期待。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

蓋を開けたら先客がありました

昨日,LAX経由で日本へ戻ってきました. 昨晩は猛烈な睡魔とともに9時に意識を失い,熟睡したと思って時計をみたらまだ早朝4時です.7時間寝たから,まあいいか.

航空券の手配が遅かったせいで,座席に選択肢が無かったものの,非常口シートが一つ空いておりました.足が伸ばせる,トイレに行くのに隣の人の邪魔にならないという利点はあるものの,この座席の問題が一つ.それは荷物入れ.手荷物を必ず上の荷物入れに収納する必要がありますが,昨今の航空機における荷物スペース争奪戦の激化に対処するためには,真っ先に搭乗して場所確保する必要があります.

1時間前に搭乗口へと向かい,搭乗順序のアナウンスに耳をそばだてます.LAX発羽田行き便だと,まず英語でアナウンスがあり,その後,日本語があります.英語で順番発表された瞬間に,他の日本人乗客を差し置いてゲートへと突進.

運良く乗り込んだ時点でエコノミー側はほぼ無人.これで確実に荷物スペースを確保できました.とりあえず自分の座席にリュックを置き,荷物棚を開けると,あれ?既にスーツケースが占拠?

えー,誰だよこれー,と思わず声(日本語)を出してしまったら,近くにいたお爺ちゃん客室乗務員さん,「あぁ,それ,わたしのです」.

さらに立て続けに「も〜」とぶぅたれたら,お爺ちゃん,スーツケースを隣の箱に移動してくれました.今度は後ろの座席の人たちが,もう場所がないと諦めるのかな.僕は争奪戦勝者だから,まあいいか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail