「Los Alamos」タグアーカイブ

トライアスロンのため車両通行止め

Road Closure

金曜夕方,こんな紙切れが近所に配られました.土曜・日曜はトライアスロンのため,一部道路が半日車両通行止め.

家の真ん前の道と言う訳では無いのですが,その道路を通らないことには何処にも行けないという,それなりに生活に支障をきたす封鎖.

毎年恒例のLos Alamosトライアスロンですが,こんなお知らせが予め配られたのは初めてだと思います.昨年,トライアスロンのことを知らずに買い物に出かけ,家に戻れない羽目になりました.

トライアスロンのルートに繋がる路地は,軒並みバリケードで封鎖.特に大きな交差点には警察が陣取って,侵入しようとする車全てを回れ右させています.例外なく,僕にもどっか他所に回れとの指示.他所って言われても,僕の家はこの道路の向こう側なんですけど...

やむなく警備の手薄そうな細い道路に入り,そこの交通整理をしていたボランティアらしきお兄さんに,「ちょーっとだけそのゲート開けてくんない? 向こう側に行きたいだけだから」ともちかけ,交渉成立.

こんな紙切れを事前に配ったということは,昨年の突然の通行止めで,かなり苦情が出てたんじゃないのかな.取り敢えず何でも苦情だけは言う国だし.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

しっぽ (閲覧注意)

rattle snake tail

これなーんだ...

とやろうと思ってたんですが,あまりに簡単すぎ?

Rattlesnake,つまりガラガラヘビのガラガラ部分です.この辺りにも普通に生息しているとは聞いていましたが,実物を見たのは初めて.

晴れた週末の午後,家の前の歩道でヘビのガラ太は死んでいました.ニューメキシコの山奥,クゥのシッポがキラキラ揺れてる午後でした.

さて死因なんですが,どうも分からない.うちのドライブウェイの出口だったんですよね.もしかして,僕が轢いた? ヘビのガラ太は向こう見ず,スバルに試合を挑んで負けたのさ...

流石に玄関前に放置するのも嫌なので,裏庭の岩の上に置いたところ,翌朝には綺麗サッパリ消滅.コヨーテ葬? ヘビのガラ太は死んだのさ, いつもと変わらぬ朝でした.

ところであのシッポのガラガラですが,死んでいても,シッポを揺らすとカラカラと鳴るんですよ.亡骸を持ち上げたときに音がして,一瞬びくっとしてしまいました.

一応,体全体の写真を載せるのは避けたのですが(シッポだけでも悲鳴上げた人,手をあげて),どーーーーしても全体を見たいというマニアな方はこちらの写真をどーぞ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

オフィス窓の外のバードフィーダー,その後の後

Bird seeds

職場の窓の外に吊るしたフィーダーですが,相変わらずやってくるのはHouse FinchとWhite-Breasted Nuthatchの二種類のみ.週末,辺りの人気が無くなったら,盗人リスに食われてしまいますので(涙),写真の餌パッケージが一週間分.運良くリスに勝ったら,二週間分.

間近でフィーダーから餌を啄む写真を撮りたいのですが,残念ながらカメラ持ち込み禁止.

House Finchの雌はスズメそのまんまです.雄はちょっとオレンジが入っています.White-Breasted Nuthatch(ムナジロゴジュウカラ)は,リンク先の写真をどうぞ.ゴジュウカラって漢字で書くと五十雀?要するにどっちも雀やね.

今日もハウスフィンチが何羽もやってきていたのですが,よく見るとどうやら大人一羽子供二羽…って,なんか電車の切符買ってるみたいだけど.

まだ羽毛が残ったフィンチ達は,自分で直接餌をつつこうとはせず,お母さん鳥の嘴から貰ってました.巣の中で餌を待つ雛なら分かるけど,もう飛べるようになってもまだこんなことやってるんだな.

鳥の世界も過保護やな,と窓をぼーっと見ていると,子供二人が満足したのか,どこかに飛び去って行きました.

そしてその後,お父さんフィンチがやって来て,一人寂しく食事.残業から帰ってきたら,ちゃぶ台の上に冷え切った晩ご飯が置いてあるの図.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

日の本の国は夏休みらしいので,手抜きのあれこれ

昨日,このサイトへのアクセス数がガクンと落ちていました.考えるに,日本は夏休みで帰省や旅行する人が多いということでしょうか.

というわけで(?),今日は手抜きしてツブヤキモード.

Bach, well-tempered

● 久々にSanta Feの書店Bordersで買い物.CDコーナーがかなり縮小されています.売れないんだろうなー.

● 一方で,日本のマンガコーナーの充実と言ったら…レジ横にはどーもくんのフィギュア,ハローキティのお菓子,Narutoのジュース.

● Friedrich Gulda の演奏する J.S.Bach 平均律Klavier曲集があったので買いました.名盤として知られていたものですが,もう40年も前の録音なんだな,これ.

● 文房具店で,なぜか「原宿」と書かれた小さな手帳を発見.表紙はかわいい系女の子のマンガ.Santa Feで見かけたCool Japan.

● ローカル新聞に,anti-nuke protest,つまり反核抗議運動で8人逮捕と出ています.8月6日の抗議行動なんですが,原爆投下時間ってアメリカだと8月5日夕方なんだけどなー,と思ったり...

● 新聞からもう一件,教会が牧師を解雇.理由は児童ポルノの所持と配布.世も末だ.

● この牧師さん,すでにブタ箱入り(behind bars)だそうですが,もし有罪判決が出れば最高で40年間ムショ暮らし,罰金二千万円.アメリカは児童ポルノにはとても厳しい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

同乗者がiPadを持っていると運転しにくい

Tracking, from Los Alamos to Ski Hill

昼食はお客さんとスキー場に行こうという話になりました.オフィスから車で15分,Los Alamos のスキー場のカフェテリアは夏も営業していて,手軽に高原のランチを楽しめます.もっともハンバーガー程度のものしかないので,僕はあまり気が乗らなかったんだけど.

一人のお客さん,僕の車の助手席に乗り込むなり,iPadのスイッチをオン.GPSで目的地を見ています.場所確認と言うより,現在位置をマップ上で見るのを楽しんでる風.だってスキー場なんて,すぐそこだし.

現在位置だけならいいんですが,iPadのGPS,他にも色々と教えてくれます.

「今までの平均時速は...」
「現在の標高は...」
「ここの制限速度は45mph」

あーもう,うるさい!

食事から戻ってくると,往復行程の詳細なレポートがメールで送られてきました.スキー場までは8.7km,ふむふむ.標高最低点は2250m,これは職場の位置での標高ね.最高点は2810n,山頂が3000mくらいだから,カフェテリアあたりはそんなもんかな.

“走行時最高スピード 55mph”

だからそれはもうええっちゅうに!

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

夏の夜,月明かりに思う

candle and wine

未だに不思議なのですが,無風の夜,ふっと停電することがあります.それもほんの一部の地域のみ.運悪く,その一部地域に我が家が含まれることがしばしば.

停電してもノートパソコンはしばらく使えるのですが,当然Internetは不通です.これが一番つまらない.キャンドルの灯りでは本も読めない.蛍の光窓の雪で文字が読めるもんなら読んでみろと言いたい.

そのうち復旧するだろうと,ワイングラス片手に庭に出ました.停電していると,雲間から射す微かな月光すら明るいと感じます.

デッキの階段に腰かけ,しばし夜風にあたりながら飲んでいると,クゥが体を摺り寄せてきました.突然家の灯りが消えて心配になったのかな.真夜中のパートナーとしてはちょっと毛深いけど,ま,いいや.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

英語,通じたらそれでいいじゃん,でいいのかな

rainbow

まだ日本で勤めていた頃の記憶.全く日本語を知らずにやってきた留学生,最初の1,2年で驚くほど日本語が上達し,普段の生活での会話には全く困らないようになりました.

大したもんだなと感心したものの,その後彼の日本語は完全に停滞.実用レベルに達っすると,それ以上あえて努力する必要無いということか.

同じような例ですが,渡米数十年という日本人の方を知っています.さぞや流暢な英語を話されると思いきや,典型的なじゃぱんぐりっしゅ

「あい しんく,でぃすいず あ ぷろぶれむ」

みたいな感じ.誇張してるわけじゃなくて,本当にこういう喋り方なのです.そして不思議なことに,これが完璧に通じている.もちろん相手のNative Englishを聞くのは完璧です.コミュニケーションできるならそれでいいやん,の典型例.

で,自分を顧みてみると,ここ数年英語力が停滞しているのを痛いほど感じます.

もちろん語彙は増えるから,英作文は楽になりました.映画を観ればヒアリングが上達してるのも実感できる.そういう環境に身を置いていますからね.でも,発音が長期スランプなのです.

こういう場合,同僚と会話しているだけじゃだめ.彼らは僕の英語の発音に慣れてしまっており,少々怪しい英語でも雰囲気で理解してしまいます.

知らない人との英会話が最後の難関.僕が何か言ったときExcuse me ?を食らわないこと,これが当面の目標.

海外から人が多く集まって来る職場なので,通じりゃええやん英語が飛び交っていますが,アジア系留学生の英語発音がとても良くなっていると感じます.顔はアジア,発音アメリカンみたいな.そういう若い連中の英語を聞くと,むむっとなってしまいます.もちろん顔には出しませんけどね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail