「Los Alamos」タグアーカイブ

かなりグロいので写真自粛

どうしても見たいと言われれば再考いたしますが,今年はどうやら蛾が大量発生の予感です。木にもやもやと糸がからまり,中でケムケムがもぞもぞしております。これが全部羽化したらとぞわっとしていたら,どうやら来たようです。

リビングのライトがちらつき,LEDなのにもう寿命と思っていたら,飛ぶ蛾が光を横切ってました。これはかなり苛つきます。ハエ叩きで,べしっ。

そして今日,ガラス窓と網戸の隙間に蛾が10匹ほど閉じ込められているのを発見。おそるおそる窓を開け,蛾を全部出したものの,一体全体どうやってそこに入ってきたのか。考えたくないけど考えられるのは,そこにケムケムの巣があったとか。

夕方の突然の雨に,デッキに出していた靴を取り込もうと思ったら,ドアのガラスの向こう側でお客さんがバタバタ,入れてくれろと大騒ぎしております。

こりゃやばいと,まずは室内の電灯を消し,「なんだ今日は休業か」と団体客が去るのを待ってドアをそっと開けました。

危うく室内での蛾の運動会を許すところでした。何年か前にも蛾の大量発生があり,うっかりドアを開けようものなら,そりゃもうハエ叩き騒動です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

折角の春真っ盛りの花も

春の,と書き始めて,果たしてまだ春なのか。日本ならGWの頃はもう初夏です。でもこちらはまだまだ朝晩は冷え込みます。とは言え恒例の夕方ジョギングでは汗が流れるほどになってきました。曇りのち晴れじゃなくて,春のち夏が一日であるような感じでしょうか。

町中の街路樹は花盛りですが,残念ながらそれを見る人影もまばらです。夕方になると散歩やジョギングする人達がちらほら現れてきますが,それでも普段とは比べものにならないほど閑散としています。

ところで普通にジョギングしている最中のこと。つば飲み込みに失敗したのか,咳き込みそうになったのです。普段なら走りながらでも,ちょっと咳払いすれば良いだけのこと。でも今の時期はちとまずい。

運悪く,たまたま付近に通行人がいたのです。絶対に咳はできない。

必死に我慢しましたよ。もう苦しいのなんのって。咳しながら走ってたら絶対に白い目で見られますよね。いや通報されかねない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

廃材にわくわく

こういうコンクリートの廃材が無造作に捨てられていると,どういう所で使われていたんだろうと,なんだかわくわくします。新しいものなのか,古いものなのか。古いと言ってもこの土地柄,せいぜい80年前くらいか。

コンクリートの古さを,表面に浮かんできた砂利から推定するというのをどっかで聞いたと思うのですが,もしかしたら日本限定なのかもしれません。これもかなり表面がザラザラしており,かなり風雪に耐えてきた感があります。

コの字型のブロック,水路だったのか,建築物の一部か。「さっぱりわかんねえ」ですけど,妄想するのは自由です。こういう20世紀の遺跡を求めて,ぶらぶら探検してみますかね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

三密無縁な日曜日

こちらに帰国して4週間目となります。自宅待機命令も,最小限度の運動ならよいことになってますので,少々外の空気を吸いにいくのはOK。3月末に戻ってきたときは,まったく人気の無い町に変わり果てていたLos Alamosですが,気候もよくなり,散歩する人々もそこそこ見かけるようになりました。

とは言え,広大な大自然にぽつんと存在する町です。密閉,密集,密接とは全くの無縁。たまに犬の散歩する人とすれ違う程度。

で,真っ昼間からビール。退廃的午後にストレスも消え去ります。さて昼寝するか〜

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

凍ったバブルを覗いてみる

何度かやりましたが,じっと見てみる自然観察シリーズ。凍っては融けを繰り返して,気泡がたくさん取り込まれた道端の氷です。水たまり観察を自然観察と呼ぶかは微妙ですが。

小さな宇宙のよう。

不思議なパターンが延々と続き,それが面白くてずっと地面の写真を撮っていたのですが,通り過ぎていく車の人たち,なんか変な奴がいるなと思ったことでしょう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

乱高下する気温と小変動する気分

かなり強い風が吹いています。木枯らしではなく,どことなく温もりを含んだ風。日本ならさしずめ春一番ということになるんでしょうが,まるで油断ならない気温の乱高下が続きます。

昨日はジョギング日和の11℃,走っていると汗ばむほど。それが今夜は軽く雪の予報で,明日の最低気温はマイナス11℃。極端すぎます。三寒四温どころか,一寒一温。

さてそんな風の強い朝,いつものようにゲートで身分証を見せて通勤。警備員の数は限られているし,Good Morning, how are you? の挨拶は欠かさないことにしているので次第に顔見知りになってきます。

とても丁寧に挨拶を返してくれる人,にっこり笑ってくれる人,こういう人に当たるとその日一日は何となく気分が良いもの。逆に何時も仏頂面で返事すらしない人だと,ああまたこいつかと,朝からエネルギーを浪費した気分になります。

早朝のほんの数秒のことですが,その日の気分に結構響きます。もちろん昼ご飯時までにはすっかり忘れてますけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail