「Los Alamos」タグアーカイブ

あまりに暑いので焼け石に強制換気

窓ファン

今年の最高気温記録を更新し続ける日々が続いています.お隣の州では50℃近くまで上がったとか.どんな気温なのか想像もつきません.もっとも某大統領によれば地球温暖化は嘘らしいので,きっと温度計が壊れてたのでしょう.

冷房が無くてもなんとかなる標高2000mのLos Alamosの夏ですが,さすがにこの時期は暑い.特にキッチンは冷蔵庫があるせいで,熱がこもります.写真のような窓に取り付ける扇風機と言うのか,換気扇と言うのか,そういうものをAmazonで買ってみました.

構造は超シンプル.室内の空気を外に出すか,外気を入れるか,二つしかありません.たったの2000円だし.

ちなみにファンを逆回転できる訳じゃない.風向きを反対にしたいときは,この扇風機全体を裏返して取り付けます.

なんともローテクですが,少しくらい室内気温が下がるかな.あまり期待持てない気がするんだけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

財布が減らない生活

夕焼け

車が無いのでバス通勤しています.「巡回」バスなので一方通行.朝仕事に出るときは10分ほどで到着するものの,帰りは極端に遠回り.仕方なく途中で下車して歩きます.徒歩15分くらいなもんですが,Los Alamosは今一番暑い時期,夕方ながらも刺すような日差しです.

市内バスは無料.以前はそれ程遠回りしなかったので時々利用していたのですが,路線変更になって以後は滅多に使わなくなりました.ただでさえ利用者の少ないバス,僕を失った後は閑古鳥かと思ってたら,そうでもなかった.

今日の帰りのバスは乗客6人.今日はすごく多いなと一瞬考えたものの,東京の交通機関の人間密度を思い出して考えを改めました.やっぱこれでも閑古鳥.無料なのに.

バスを降り,てくてく歩きつつ考えました.こちらの生活はお金使いません.東京では毎週のようにスイカをチャージしていました.地下鉄代のみならず,コンビニの支払いにも使っていたため.それがこっちじゃそもそもお金使う誘惑がない.

Starbucks, Los Alamos

強いて言うなら,このスタバが唯一の誘惑.ここでカフェイン補給して,ちびちび飲みながら歩いて帰ります.ほんとなら缶ビール片手に歩きたいところですが,残念ながらアメリカではそれは禁止.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Los Alamos高校卒業式とその後に待つもの

今日の午前中は長男の高校卒業式.卒業生が一人ひとり名前を呼ばれるたびに,家族親戚友人グループがひゅーひゅー騒いだり,大声で子の名前を叫ぶスタイルはいかにもアメリカン.たまに会場の拍手が小さな生徒もいて気の毒なので,頑張って全生徒に気持ちだけの拍手してたら,最後,手が痛くなりました.

この夏から長男も大学生です.上の娘もすでに大学生.学費二人分をがっぽりと持っていかれます.総額幾らになるのかは,まだ怖くて計算していません.

ちなみにCaliforniaの某有名大学に見学に行った同僚の話では,そこの学費(寮費含む)は年間700万円だって.うちはそこまでは無い...はず.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

予算大幅増はイリュージョン

芋きん

おまえの来年度予算,大幅に増えてるよ

耳を疑うProgram Manager(PM)の言葉.と言うのも,あの科学嫌いの大統領が先週出してきた来年度予算はもうガタガタ.僕が関連する分野は25%削減となっていたから.アメリカの予算削減は人件費込みなので,インパクト甚大です.もし本当にこの予算が議会を通ったら,真っ先に被害を被るのは若いポスドクら.

それがPM氏が曰うには,僕の予算は削減どころか倍増だとか.もしかして僕の研究はあの大統領に気に入られていたのか.

そんなわきゃありません.予算増は単なるillusion.話は昨年に遡ります.

同僚の一人が突然退職し,一般企業に再就職したのです.それは別に良いのですが,問題は彼が研究費管理にあまりに無頓着だったこと.使いきれなかったお金が,なんと3千万円.

形式上,彼は僕のプロジェクトで働いていることになっていたので,その落とし前をつける必要があります.政府からの通達,今年はお前の予算ざっくり削るから,足りない分は使い残しの3千万を使い切れ.

つまり実質予算は変わらないものの,額面的にはざっくり削られたわけ.

来年度は元に戻るから,見た目はがっぽり予算が増えたように見えるわけ.

この数字のマジック(?)に1日踊らされました.倍増した予算に,あと二人ポスドク雇うかとかなんて,捕らぬ狸の皮算用してしまいました.現実は25%削減...かも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

あなたの人生の物語に出てくるLos Alamos

Sheep Thrills

アメリカ帰国して二度目の週末,ようやくこちらの生活リズムを取り戻した気がします.この週末にすべきこと,庭の草刈り,衣替え,そして犬を洗うこと.取り敢えず逆向きに犬洗から始めました.いやはや老犬クゥの抜け毛が凄い.

そのまま自分もシャワー浴びて一息ついたところで映画.日本で「メッセージ」という映画が話題になっていたのですが,Amazonで探すも出てこない.それもその筈,元々のタイトルは Arrival.全然違うじゃん.ちなみに原作のタイトルは「Story of Your Life あなたの人生の物語」.さらに違うし.

主人公Louiseは言語学者という設定ですが,別の男性科学者Ianが紹介されたときは爆笑しました.だってLos Alamosから来た理論物理学者という設定.見たことないなー,そんな奴(笑).

でも日本語Wikipediaの解説では,Ianは数学者となっています.Los Angeles Timesの記事でもしっかりLos Alamosと書かれているので,聞き間違いではないはず.Wikipediaの間違いかな.

それにしても,世間が持つLos Alamosに対するステレオタイプ的イメージを垣間見た気がしました.変な科学者の巣窟?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

アメリカの仕事のリズムを取り戻す

久しぶりに本来の職場に出勤してきました.車で渋滞無しの5分,駐車場からオフィスまで100mってところか.東京生活と比べ,いかに常日頃歩いてないかを実感します.

自分のオフィスを4ヶ月間放置したわけですが,その間時間が止まっていたかというとそうではない.不在の間は訪問客に使わせてよいというのが,職場の暗黙の了解です.

僕のオフィスも誰かが使った形跡あり.ホワイトボードに何やら走り書きがあり,それが完璧に乾燥して消せません.専用のクリーナーを使ってごしごし.

昨今郵便物は少なくなったとはいえ,学会誌みたいな定期刊行誌は送られてきます.それで郵便ボックスがぎっしり.入りきらない書類がボックス前に放置されておりました.

おかき

職場のメールは日本滞在時に読んではいたのですが,最後の2週間程,あまりに慌ただしくなって放置.放置すれば未読数は増えるので,さらに放置.

でもこれって問題の先送りなんですよね.今日,意を決して(?)全てのメールを削除,あ,いやいや「対応」しました.「至急」の文字がメールタイトルにちらちら見えたような気がしましたけど,気のせいでしょう.

オフィスのドアを開けていると,ようやく帰ってきたのかと,次々と同僚らがやってきます.Welcome backな挨拶だけならまだしも,いきなり仕事の話を持ってくるのは止めて欲しい.そりゃメール放置したのが悪いのはわかってるんだけど.

同僚どころか,グループリーダーもやってきて
「帰ってきてくれて嬉しいよ」
どう反応したらよいのか悩みます.

挙句の果てに部長までやってきて,「日本滞在の詳細を聞きたいから時間あるときに来て」だそうな.なんかちょっと恐いんですけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ここかなと当たりをつけて墓参り

Guaje Pines Cemetery

今回の短い滞米中にやっておきたかったことの一つが,お墓参り.2週間前,かつてお世話になった方の訃報を東京で聞き,埋葬はLos Alamosとのことなので花を手向けに墓地へやってきました.

大雑把な場所は聞いていました.それに小さな墓地です.葬儀してすぐなので花もあるだろうから簡単に見つかるだろうと思ったら甘かった.

その大雑把な説明「入口を入って右に進んだ先」というから,そちらを探すも,全くそれらしき墓標(grave marker)が見つかりません.あちこちに置かれた花はプラスチック製で,いつから置いてあるのやら分からない.風吹きすさぶ氷点下の墓地,おまけに花を置くだけだからと薄着.

一旦は諦めかけたものの,もう一度場所を確認しようと別の友人に電話.そしたら「入って左の奥」...って全然逆じゃん.って言うか,こっちの説明も大雑把.

そちら側の全部の墓標を見て回ったけど,やっぱりそれらしき名前は見つからない.実は電話した友人も,探したけど見つからなかったと言います.つまり「入って左の奥」は伝言で,彼も本当の場所は知らない.これは無理だなと諦めようと思ったときのこと.

枯れた芝が四角く掘り返された形跡があり,その上に枯れた花が置かれています.名前は無い.

ここ?

ここかな.花の枯れ具合も,1,2週間のように見えるし.

きっとまだ墓標ができてないんでしょう.ここにしとこう.寒いし.

安らかにお眠りください.もし場所が間違ってても,夜中に伝えに来なくていいですから.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail