「Internet」タグアーカイブ

祝5000投稿記念

この記事でちょうど5000投稿となりました。ほぼ20年間,毎日ではないとは言え,日々の雑感を綴りつつ,よくまあ続いたものです。

実を申しますと5000で一旦休憩しようと考えておりました。そのため昨年末ちょっとタイミングを図って年明けに5000行くようにしてみたり。

ネタが尽きたというわけではなく,理由はハードウェアの問題。お手軽自宅サーバを使ってるため,それがいつまで持つか少々心許ないところがあります。商用サーバに引っ越せばいいんですが,そのためには現在溜まってる大量の写真と共に引っ越す必要があります。ファイル転送はおそらく数日かかり。

あとはもう世の中の流れ。あちこちの無料Blogサービスが終了しております。時代的に,Blogじゃ誰にも読まれない記事が蓄積していくのみ。

とは言え唐突に終了するのもなんですので,5000記事を一旦ゴールと思い,もう少し先まで慣性で続けるかなと考え中。

意図せぬデジタルデトックス

先週土曜日,突然ネットに繋がらなくなりました。停電ならよくあること,よくあっても困るけど。でも家のInternet回線のみならず,スマホまでも通じなくなったのは初めてです。停電してても,スマホだけはなんとか生き延びますので。

これはどこか根本的な場所での技術トラブルに違いない。多くの人が困ってるだろうから,そのうち回復するだろうと高を括り,静かな土曜深夜を過ごしました。

翌朝,残念ながらネット不通のまま。原因を調べようにもネットがなければどうしようもない。

とそこに,突然テキストメッセージが飛び込んできたのです。町全体が通信トラブル中とのこと。これがどうやって送信されたのか未だに分かりませんが,もしかしたら緊急回線みたいなのがあるのかも。

結局日曜日ずっとネット無し。なんか仕事を片付けようにも,ネットが無いってのは滅法不便だと改めて気付かされました。何も調べることができません。

スマホもネット無ければただの文鎮,まあ電卓とカメラくらいは使えましたけど。

月曜朝になってやっとネットが復旧しました。原因はLos AlamosとSanta Fe間の光ファイバーケーブルの断線。これって以前もあったんですが,なんでそんなことが起こる?

パソコンやスマホを閉じ,電子世界から距離を置くのをデジダルデトックスと呼ぶそうです。ネット絶ち,実際に体験してみると,いかに日々生活がネット漬けだったかを思い知らされました。と同時に,いかにここが田舎なのかも再認識。いまさらですけど。

日本でスマホのRoaming

日本帰国時のスマホやInternetをどうするかに,いつも頭を悩ませます。と言うか,悩ませていました。

一番安い手段をあれこれ試してきました。日本国内で使えるSIMを買えば,日本のケータイそのものになりますが,電話番号が変わってしまいます。

パソコン中心に使うならレンタルWiFiが便利。スマホもWiFi接続でネットに繋がります。ただこの場合も電話は使えません。それとモバイルWiFiは電池消耗が早いのと,余分に持ち歩く荷物が増えるのが欠点。

Verizonの海外ローミングサービスは2種類。利用した日のみ$10課金されるプラン,それに一ヶ月均一プラン。1週間程度の滞在なら$10プランの方がお得ですが,データ制限とか考えると月プランのほうが便利です。

なので去年今年の帰国は月プランを利用。ほとんど国内と変わらない感覚でスマホを持ち歩けます。もちろん日本国内での電話も国際電話扱いになりますけど。

ちょっと困ったのがローミング先の通信キャリアの選択。そのままだと自動でdocomoかauかsoftbankのどれかになるのですが,何かのタイミングで接続が3Gになってしまい,昔のケータイ速度。

色々と試してみて,どうやらdocomoに接続してるときにこれが起こると突き止めました。キャリア選択を手動でKDDIにすればLTEか5Gになって,この問題は避けられるようです。日本に住む人には全く役に立たない情報ですけど。

コロナ禍の日本帰国,福岡へ飛ぶ

自主隔離期間,11日目の0時かと思ってたら,なんと翌朝「解除しました」の案内。どこまでしぶといんだ。ともあれようやく公共交通機関を利用できます。羽田空港国際ターミナルへ行き,そこでモバイルWiFiをレンタル。相変わらずターミナルはガランとしており,Informationには人間すらいない。

モバイルWiFiは今どきの除菌済み。

さて国内線へ移動しようとして,ふと思いました。循環バス,走ってるのかな。

海外から戻ってきた人は,即座に国内線へ移動することはありません。というかできません。とにかくバス乗り場へ行くと,普通に運行していました。乗ってる人みたら,空港職員も利用してるらしい。でも旅行者らしき人も。どういうこと?

僕が羽田から福岡に飛ぶ場合,国際線乗り継ぎとなるのですが,こちらも普通に受付が開いておりました。無事手続きをすませ,福岡行きANA便に搭乗。

博多駅では梅が枝餅。太宰府名物ながら,ずっと昔から駅でも売られております。場所はちょっと移動しておりましたけど。買う時は「お餅ひとつ」と言うのが正しい注文方法。

オンライン起床時間に翻弄

ヨーロッパの人が会議主催すると,どうしてもこっちは早朝になります。一応気を使ってはくれるものの,あっちの夕方4時がこちらは朝8時。あっちで4時過ぎると,やれ子供の世話が〜とか言われるので妥協せざるをえません。

東海岸人が会議主催。これはまだ余裕ありますが,あっち午前10時ならこっちは8時で同じ。西海岸組を考慮して11時以後にすればいいのに。

そして同僚。これなら9時から5時まで,勤務時間内なので安心です。

と思ったら,朝8時半に会議。理由は忙しくてそれ以外の時間が取れないから。

いやもうね,無理にオンライン会議しなくていいと思うんですよ。時間外手当無いんだから。

ちなみに朝8時半会議は,開始直前にドタキャンされました。理由は出張から戻って来られなかったから。

えっと,出張してても会議できるのがオンラインの利点なんじゃ??

最新版に混乱

数人で文章書いたりプレゼン資料作るとき,最近ではネットでファイル共有し,全員が寄ってたかって書き込むというのをやります。これが超高効率。瞬く間に全員が納得するものが完成します。

でもこの手法が有効なのは,全員がそういうのに慣れてる場合のみ。残念ながらそうでないグループの場合は伝統芸能,すなわちメールに頼らざるを得ません。

プレゼン資料を用意し,これでいいかとグループ全員にメールしたのが一昨日のこと。昨日,数人から修正版が送られてきました。でもどこを変更したのかは書かれておりません。

ファイルを比較しながら全員の書き換え部分を確認し,ようやく全部をまとめ,第二版を再び全員に送信。その後返信がなかったので,全員納得したと判断し,そのまま提出しておきました。

そしたら今日,また二人から細かな修正が。もういいやこれと放置してたら,今度は別の人が第二版を修正し,それを直接提出。もーわけわからん。