「Internet」タグアーカイブ

マストドンが出てくるくらい昔の日本のネットの話

U. Michigan, museum

アメリカの大学の実力というのか財力をまざまざ見せつけられるのが,その施設の充実度です.大学内に美術館や博物館,コンサートホール等など.

そりゃ日本の大学に無いこともないのですが,サイズが違う.維持費もかかるだろうに.日本の大学だと,そんなのに金使うくらいなら,研究費をもっとよこせと言ってくるに違いありません.

思い出すのが受益者負担という言葉.Internet黎明期のこと.大学大型計算機センター間がようやくネットで接続され始め,自分の居た大学キャンパスも何とかその恩恵を受けようかという時代です.

でも問題はNTTに払う専用回線への支払いが少々お高いということ.Internetがいかに便利であるのか説明するも,回線費用は研究室数の頭割り,当然「そんなの受益者負担だろう」とおっしゃる方がでてくるわけです.自分のとこはInternetなんていらない.電話とFAXがあればよいと.

Mastodon

絶対に有益だからと力説するも,こればっかりは使ってない人には伝わらない.そんなとき,最終手段として「こんなモノも無料で見られるんですよ!」とパソコン画面に...あ,この話はやめておこう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

自分の名前を検索してみると

堅あげポテト
堅あげポテト

ちょっと疎遠な親戚,彼は今何をしてるんだろねーっという話題になりました.そんなん名前を検索してみりゃいいじゃんって僕が言うと,いとこ達から

出るわけないじゃん,普通の人だよ

の大合唱.僕の名前検索すりゃ色々と出てくるよと言ったら,火に油を注いだようです.あんたは普通と違うと.

そんなもんなんですかね.僕の名前を日本語で検索すると,主に同姓同名の他者が引っかかります.僕本人もちょっと出てきます.一応日本のInternetの黎明期からネットに関わってきたのでそれなりに名前は出てたと思うのですが,いまじゃ日本での知名度は下がる一方らしい.

ローマ字で検索すればそれなりに色々と出てきますが,画像検索はあまり引っかからないっぽい.自分の写真がネット上に少ないせいでしょうね.

試しに大学時代のかなり珍しい名前の友人を検索してみると,特許関連で出てきました.ちゃんと仕事してるっぽい.

定番の人名検索は元カレ元カノ,あるいはかつての憧れのあの人.卒業アルバムのあの人は〜,もう中年デブだったとか.思い出は美しいままにとどめておきたいものです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ネット切断されました

CD birds

今日の午後,突然自宅のネットが不通になりました.先日より,近所で道路工事が始まっていたので,もしやと携帯から自宅の電話にかけてみると不通.さては電話線を無慈悲にぶった切ったな.

案の定,電話会社の車が工事現場に来ています.もー,どうして注意深く作業しないんだ.工事作業のとばっちりで近隣一帯が停電したこともあるし(但し状況証拠のみ,確証無し).

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Emailちょっと昔話

snow in Los Alamos

日本の大学の大型計算機センター同士が,ようやくネットワーク接続された頃の話です.計算機センターでバイトのような事をやっていたので,その恩恵には早くから預かっていたのですが,電子メールを使うのにセンターまで出向くのが面倒.自分の居る建物にLANを敷設して計算機センターまで専用回線を引いて欲しいと駄々をこねておりました.

当時,ネットは特権階級のもので,そもそも電子メールって何だ?という時代です.LANがあれば便利になる,いくらそう力説しても,使ったことの無い人達がそれを理解するのは難しい.

「電子メール? FAXでいいじゃん」

何度この言葉を聞いたことやら.人が送ってきた文書を再利用できるんですよ,なんて言っても「切り貼りすりゃいい」だし,NTTに支払う専用回線費用を考えると,とても「メールはただですよ」とも言えない.

なんとか説得してInternetはやってきたものの,今度はそれをどう使うかを考える番.

コンピュータがメールをどうやって送受信してるか知ってますか? コンピュータ同士がまるで人間のように

「ハロー,おいら〇〇」
「こんにちは,〇〇」
「今からSmithさん宛のメール送るからね」
「そんな人,いないよ~」

と会話します.にわかネット管理者になった後,こんなのを手探り状態で勉強してたわけです.おかげで当時のネットワーク技術にはかなり詳しかったのですが,仕事の役には立ってませんね.

技術も比較的シンプルだったことから,トラブル時も問題点を見つけやすかったと思います.

「メールが届かない」.こんなトラブルは日常茶飯事.そんな時は,僕自身がコンピュータのふりして,「ハロー」と別のコンピュータに話しかけるわけです.

実を言うと,現在でも基本的にはこの方式です.でも今時こんなことやってたら,怪しい侵入者とみなされるでしょうね.ちょっと昔話してみました.つまんなかったらすんません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

よく思いつくもんだ

beer

ブログを自宅で運営していると,セキュリティの穴を探す攻撃が必ずやってきます.全部記録されますが,それをつらつらと眺めているとおもしろい.

大量のファイルをパソコンからサーバへアップロードするとき,全部ひと塊にして送り込むのが手っ取り早い.しかしながら往々にしてその塊を置き忘れる人がいる訳です.それを丸ごとゲットして中を調べ,パスワードとかを盗み出そうという魂胆なんでしょう.

でもそのファイル塊の名前は分からない.なので総当たり攻撃します.どんなファイルを探しているかと言うと,

  • web.rar, web.zip
  • www.rar, www.zip
  • wwwroot.rar, wwwroot.zip

この辺はまあ分かります.僕だってWebのファイルをひとまとめにするなら,www.tarとかにする.

よくわからないは,aogdweb.rar, afhgwww.rar,hwwtwww.zip, zltywwwroot.rar…のような意味不明なファイル名.何かのソフトを使って「ホームページ」を作ると,こういうファイル名で書き出されるんでしょうか.

他にも,2012.rar, 2012.zip, diy, bbs, temp, save, data….等々

2012なんてファイル名,良く思いつくものだと感心しました.確かに一年分まとめてアップロードするとき,年をそのままファイル名にしてしまいそうです.

ちなみにサーバへアタックしてくる国はほぼ決まっています.あの面積だけはやたらでかい国とか,人口のやたら多い国とか...あちらさんからのアクセスは全遮断しようかなって本気で考えてしまいます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

メール受信のトラブル発生

cottonwood

昨日のモス家の写真を出した直後ですので,またかとギョッとされた方もおられるかと思います.ご安心を.これはどこからか飛んできた綿毛が木に積もったもので,多分ポプラ(cottonwood)の綿毛.

さて昨日のこと.外から自宅に送ったメールが送信エラーで戻ってきて,自宅のメール受信がストップしていたことに気づきました.サーバのログを調べると,どうやら一週間ほど止まっていたようです.

自宅サーバからだと送信できないトラブルはよくあって,うちでもちょっとした対策を講じているのですが,受信のトラブルは初めてです.



cottonwood

昔だったらこういう場合,どっか他所のサーバに入り,そこから自分のコンピュータと直接お話しすることで原因は簡単に突き止められました.でも最近じゃそういう手は使えない.

あれこれ調べてようやく分かったのが,どうやらInternet接続に契約しているCenturyLink という会社で,メール受信が遮断されているらしい.

カスタマーサポートに電話したり(あ~やだやだ),CenturyLink の Webページでアカウント情報をあれこれ操作して,ようやくメール受信が復旧しました.ちなみにサポートの電話は全く役に立ちませんでしたけど.

原因は CenturyLink の Port 25 Filtering.本来はSpam拡散を防いでくれるありがたいものですが,ここ aspenmesa.com の様に自宅でメールサーバを立ちあげている場合,ここを塞がれたらメールが全く入って来ません.ありがた迷惑以外の何者でもない.個人宅ドメインの運営,ますます厳しくなってきてます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

思い切って古いメールを削除しました

昔のメール,どうしてますか?

読み返すことは無いけれど,何となく勿体無い,懐かしい,縁が切れてしまいそう,残して置く必要は無いけれど消す理由も無い,等々.

パソコンのファイルの整理をしていたら,1998年からのメールが全て保存されてました.実際に自分の机の上から電子メールが使えるようになったのはそれより5年ほど前だったのですが,1998年当時は職場のネットワーク管理を任されていた関係で,テストメールが沢山残されてます.

From: LiLA@localhost
Subject: test

test

こんなメールをこっちのワークステーションからあっちのワークステーションに送っては,ちゃんと送信できてるか確認してたわけ.まあ懐かしいメールではありますが,保存してても仕方ない.

green

残っているメールをぱらぱらと眺めていると,結構懐かしい名前が出てきます.もうリタイアしてしまった人,ずっとご無沙汰の人,中には若くして鬼籍に入られた方からのメールも(あの世から来たメールという意味では無い).

暫く躊躇した後,全て削除しました.老後の楽しみにもなりそうにないし,有用な情報も殆ど無い.ここは古い日記帳を燃やす覚悟で.

別に人に見られてヤバいことなんて何も無いんだけど...と思うんだけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail