「Como」タグアーカイブ

ウィーンの水辺にて,海を越えてきた笛

この記事コメント欄から始まった「フルート買います」の話は着々と進展し,かつてGonneko先生が使われていたフルートをComo湖畔のカフェで無事受け取りました.ダッキーのおまけ付き.

フルート作りで世界的に有名なムラマツ製です.アマチュアの自分に不相応なのは百も承知ですが,憧れの銀製のフルートを吹ける,それだけで頬が緩みます.

M100という型番で35年前のものだとか.本体は銀製,キーが洋銀らしい.年季の入った渋い色が良いです.僕が受け取る前にムラマツへオーバーホールに出して頂きました.おかげでキーの動,音程,どれもしっかりしています.

軽く吹いてみたら,やはり音の出し方が違うみたい.最初鳴らすのに少々苦労しました.

イタリアで受け取ったムラマツフルートはその後ウィーンへと運ばれ,ウィーンの森であたりの小動物を追い払う超音波を撒き散らします.ウィーンでフルートを吹いた,それだけ聞いたら,まるでプロのようじゃありませんか.

そして現地委員さん宅にて,チェンバロカラオケ大会.僕が適当にメロディーを吹いたら,彼が巧みな伴奏を付ける.さすがバロック音楽のプロです.白髪のクセ毛が二人並んでおりますな.

ところでチェンバロは現代の楽器より半音ほど低く調律されます.それに合わせようと思ったら,フルートの頭の部分を抜いて全長を伸ばす必要があります.

もうこれ以上抜けないというぎりぎりまで伸ばしていたので,なんだか腕の感覚が変.とは言えワイン飲みながらだったので,すぐにそんなこと気にならなくなります.それより,フルートが少々酒臭くなっちゃったかも.本当のプロなら絶対にこんなことやりませんね.Gonneko先生,すみません,今後はもっと大事に扱います.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

また3年ぶりのComo湖だより,風景あれこれ

一週間のComo湖滞在を終えました.今回の旅ではあまり写真を撮らなかったのですが,その中からここの魅力が伝わりそうなものを選んで見ました.

湖上から眺めるVarennaの町.色とりどりの壁の建物が小さな土地に密集し,そこへ教会の塔が突き出しています.こういう風景の小さな町がComo湖周辺に点在しています.

湖畔の小さな植物園と庭園.のんびりと散歩していたくなる風景です.

湖にたつ小さな波を眺めながらの夕食.やがて夕日が向こう岸彼方の山へ落ち,夕焼けを湖面へ映します.

Como湖の旅も終わり.次回この地を訪れるのは,また3年後です.イタリアを後にし,陸路ウィーンへと向かいます.今回は3つの会議が連続し,しばし欧州滞在が続きます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

また3年ぶりのComo湖だより,船上の高級車

会議の合間,ちょっと時間があったので向こう岸の高級リゾートBellagioへフェリーで渡りました.フェリーを待つ車が並んでいるんですが,なにやら異様な雰囲気.何事ですか,この高級車の数々.

Bellagioで高級車の展示会でもあるんでしょうか.FerrariやLamborghiniがぎちぎちに積み込まれています.ぶつかったらやばそう.横に居たポスドク君は「貨物の方が船の値段そのものより上だ」とか言ってます.

Bellagioには何度か来たことがあるのですが,どこがリゾートなのかいまだによく分かりません.高そうなショップやホテルは並んでいるのですが.

こういう小道に沿って土産物屋が並びます.地元のワインを一本だけ買って帰りました.

ふたたび波止場でフェリーを待ちます.どことなくのどかな雰囲気.あの高級車たちは何処へ行ってしまったんだろう.

ところで,会議参加者の数名が同じ小旅行を考えていたとみえ,フェリー付き場でなんとなく合流,そのまま旅は道連れ.一人はうちのポスドク,他の二人はよく知った仲.でも他の一人は名前を知ってる程度,最後の一人に至っては最後まで名前すら分かりません.変なグループです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

また3年ぶりのComo湖だより,軽イタ飯

Como湖での出張仕事初日.会議が始まってしまうと,楽しみは自ずと食事に限られてきます.Italyならイタ飯.他に選択の余地の無い土地柄です.ピッツァとパスタの日々の始まりです.

イタリア風の薄い生地のピッツァは大好きなのですが,こればかりじゃさすがに飽きる.今日のお昼はリゾット.これ,一人分だけだと注文を受け付けてもらえないので,同調してくれる友人と共に食事.

黄色はサフラン,味はかなりチーズ.え? 左上に何か見えるって?

夜は定番の湖の魚料理のレストラン.かなり小骨が多くて苦労したんですが,以前もこうだったっけな.一緒に食事に行った日本の方は割り箸を持参しており,きれいさっぱりに皿を平らげておりました.すごい.

夕暮れの小道,船着き場からほろ酔い加減でホテルへと戻りました.極楽.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

また3年ぶりのComo湖だより,現地到着

前回のComo訪問から早3年,すっかり定番になってしまいましたが,再びComo湖だよりの季節が巡ってまいりました.同じ村,同じホテル,同じ道程,そして同じ季節.

取り敢えずは到着しただけです.細々したおもしろいことはありましたけど,まずはご報告まで.今夜は軽い夕食を終えて,のんびり湖畔の小道を散歩.明日から本格的に仕事です.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

とりあえずかっこ良く

コモ湖
コモ湖

昨晩遅く10日間の海外出張から戻って来ました.一週間超過の出張は少々疲れます.旅の思い出数々あれど,そこは小出しでネタ温存.

コモ湖での会議では,ランチタイムをたっぷり二時間取っています.のんびりした土地柄です.30分でさっさと食事して会議に戻るなんてことはできません.その日も湖畔のレストランで友人等と昼食しつつ飲んでたら,アジア人おばちゃんと思しき一団が水辺にやってきました.

僕達のテーブルのすぐ横,レストラン脇のコンクリートに腰を下ろしたおばちゃん達,なんと会話が日本語です.

「この辺りにしましょうかね」
「そうですね」

などと話しつつ,バッグから取り出したのは画材.思わず声をかけてしまいました.

「スケッチされるんですか?」
「絵手紙なんですよ」

絵手紙を描きつつのイタリアの旅らしい.有名観光スポットを駆け足で巡るより,ずっと旅らしい旅です.こんな小さな村で日本人に会って驚いたおばちゃんからも,こちらへ質問.

「お仕事なんですか?」
「ええ,三年に一度,ここで会議してるんですよ」
かっこいいですね〜

さて問題です.かっこいいのは,(a)海外で仕事してる姿,(b)湖畔のカフェでビール飲んでる姿,(c)わたくしそのもの,のどれでしょうか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail