「CD」タグアーカイブ

そろそろ本棚の拡張が必要

何ヶ月か前に買ったものの,居間の隅の書類の山に埋もれ,ずっと忘れていたCD,Keith JarrettのLa Fenice。ようやくCDプレーヤーへと入ったものの,ケースを開くときに無理な力が入ったか,爪を折ってしまい半泣き状態です。

そろそろCDの終焉が近づいていると勝手に解釈し,暫く増えてなかったCDが最近また増加傾向にあります。今買っておかないと手に入らないかもという自己解釈の元に。

実際CDが完全に無くなるにはまだ時間がかかると思いますが,普通のカジュアルな音楽ファンはネットダウンロードで十分だろうし,音質に拘らなければYouTubeとかを探せば,いくらでも好きな曲が見つかります。

CDが売れない時代,メーカー側も最後の大サービスとばかりに,セット物を大量に出すようになりました。そういうのに釣られてしまう良いカモがここにおります。

CouperinのCD,10枚組。買ってしまいましたよ。先日のRameauは楽譜のみでCDは昔から持っていました。でもラモーとくればクープラン,こっちも極めておかないと。

ちなみに10枚入って$24ちょい,一枚250円くらいなもんですから,お得というのか,有り難みが薄いというのか。

ちなみにちなみに,クープランのCDを10枚続けて聴くのはかなり苦痛です。だってどれも同じにしか聞こえない。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Grimaud三昧でCDが増加傾向

Helene Grimaud,読みにくいフランス名ですが,エレーヌ・グリモー。彼女のピアノ演奏CDが6枚も入ってたったの$25,買うしかありません。BrahmsやBeethovenのお得意ドイツものから,Ravel,そしてなんと Gershwinのピアノ協奏曲まで。

以前,楽友協会で生演奏を聴いて依頼,ちょいファンなんですが,とくにBrahmsの演奏がよいです。でもまさかGershwinがあったとは驚きました。美しい演奏だし圧倒的な技術ですが,なんかちょっと真面目すぎるかも。

ところでこの手の格安ボックスCDがやたらと出回ってるような気がします。やはりCDそのものを買う人が減ってきているので,売れるうちに売っとけという戦略でしょうか。本棚が既に満杯なので,ここ数年CDの購入数は減っていたのですが,お買い得感に釣られて,最近また次第にCDが増加傾向にあります。

今じゃ音楽はネットで聴くのが普通になってるんでしょう。ちょっとしたお金で音楽聴き放題になるので,そりゃCDも廃れます。Amazonでも欲しいCDが探しにくくなってきてるような気がします。買うなら今のうちかも。

ちなみに6枚入りと申しておりますが,写真のとおり7枚あります。はい,一枚こっそり追加しておきました。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

小ネタあれこれ

● 見ず知らずの人から,質問があるから会いたいというメール。仕事上の話題とは言え,何だか億劫です。そもそも誰が僕のメールを教えたんだ。

● Amazonで面白そうなCDがあったので,カートに入れておきました。購入する前にふと本棚に並んだCDを眺めてたら,全く同じものを発見。危なかった。

● 風邪気味で喉と鼻をやられました。なんか出張に出かけるたびに,そういうのをお土産にしてるっぽい。飛行機のせいでしょうか。

● 出張と言えば,唐突にまた会議へのご案内。参加登録しようと思ったら,ミドルネームを入れないと先に進めない仕組みです。なんか適当に入れたろうか,(ΦωΦ)みたいなの。

● 大学受験合格発表の季節。友人と発表を見に行った日のことが忘れられません。自分で番号を発見する前に「おまえのあるよ,じゃ,帰ろうか」

● そういや,体育会系クラブが発表掲示板前でやってる胴上げ,あれって今もやるのかな。

● 大学二次試験の前日,ピアノのレッスンに行ったら,先生が呆れた声で「ピアノなんてしてていいの?」。前日にジタバタしても仕方ないし〜

● そんなピアノの先生,深夜にテレビでやってる合格発表速報を見てたらしい。

● 昨晩からずっと雨が降り続いております。まさかとは思いますが,明日朝は雪景色だったりして。

● ストックの日常ワインが底をついてしまったので,ワンランク上から一本出してきました。日本で買えばおそらく4000円くらいの一本。日本で買えば,ですよ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Haydnのあけぼのは春

ここ数日,Mozartの室内楽曲をよく聴いています。昨晩からは弦楽四重奏曲。と言っても手持ちのCDはHaydnセットと呼ばれる14番から19番,プロシア王セットと呼ばれる21番から最後の23番。それに「飛び地」のHoffmeister 四重奏曲第20番の計10曲,CD5枚。

Haydnセットは実際にHaydnの作品に倣ってMozartが作曲したものですが,その最初を飾る14番 K.387は「春」というニックネームが付いています。春をイメージして書かれた曲ではないでしょうが,そう呼ばれるに相応しい明るさに満ちた曲です。

第4楽章はフーガを用いた凝った作りで,Jupiter交響曲の終楽章のようにフーガの主題が駆け回ります。

学生時代,クラヲタ友人が

「MozartはKöchel番号400以後しか聞かない」

と言って憚らず,僕も大体この意見に賛成なのですが,この14番K.387の四重奏曲は,四捨五入して400ということで例外の一曲です。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

マタイ受難曲をピアノで弾いてみる

Jadassohn版
Bagge版

週末ながらも溜まった仕事を片付けようと,昼間からずっとパソコンで和文英文の作文しています。こういうときのBGMに便利なのは長い曲。CD一枚で終わると,次を選択するたびに,仕事が一旦中断しますので,数枚組の何か。今日選んだのはJ.S. BachのMatthäus-Passionマタイ受難曲。

正座して聴くような高尚な曲をBGMにしてよいのかというのはさて措き,うっかりスコアを開いたもんだから仕事中断どころじゃなくなった。3時間以上,楽譜とにらめっこ。そのうちスコアだけでは飽き足らず,ピアノ編曲版をネットから落としてきてしまい,もう仕事になりません

マタイ全曲を編曲したものに,Peters出版のJadassohn編曲と,Breitkopf出版のBagge編曲がありました。但し,Jadassohn版はレチタティーヴォが全て省かれていますので,かなり短くなっています。一方Bagge版は完全全曲版,さらに歌詞も書かれていますので,弾き語りできないこともない。

編曲そのものは,Jadassohn版のほうが弾きやすく書かれています。上の合唱の部分のように,Bagge版には指が届かない10度音程が出てきますが,Jadassohn版はテノールをオクターブ上げてこれを解消。

さらに全体的にBaggeは派手。終結合唱,Jadassohnに比べてBaggeは音量も増強され,劇的に曲を結びます。

Jadassohn版
Bagge

あれ,Jadassohn版,3小節目の和音が違ってる。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ケースを交換

今日配達されたAmazon箱から出てきたのは,空のCDケース,10枚入り。壊れたケースをこれと交換します。

壊れたケース,新品のケース,それぞれバラします。CDケースの裏に入ったジャケットの印刷を取り出します。これが無いと雰囲気半減,いや1/100減くらい。透明ケースを買ったのも,このためです。

無事入れ替え完了。爪折れも無く,これでCDがしっかりと固定されました。さて,他の壊れたCDケースを探しましょう。やり方は簡単,本棚から取り出して,しゃかしゃか振ってみるだけ。カラカラしたら壊れてます。でも傷つくかな。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail