「CD」タグアーカイブ

どの曲を一番聴いているのか

仕事中のBGMにCDをプレーヤーにセットするのは面倒なので,パソコンかiPhone内に保存された音楽ファイルをそのまま鳴らしています。でないと,1時間毎に立ち上がってCDを交換しないといけないので。

万遍なくランダムに聴いてるつもりなのですが,Top25として表示されている曲を見ると結構偏ってるようです。4楽章ある交響曲は4曲と数えられるので,実際にはTop25にはなってませんが,大体こんな順位。

  1. Brahms 交響曲第4番
  2. Brahms 弦楽六重奏曲第1番
  3. Brahms 交響曲第2番
  4. Keith Jarrett, My Song
  5. Brahms 交響曲第3番
  6. Mahler 交響曲第1番
  7. Beethoven 交響曲第3番

Brahmsに偏ってるのには自分も少々びっくり。4番は一番好きな曲なので当然としても,そんなに頻繁にBrahms聴いてるっけ。

Mahlerの1番も驚きました。絶対に5番とか9番の方を多く聴いてると思うのですが,パソコン鳴らすのと実際のCD聞く回数の違いかもしれません。

そんなお硬い交響曲達に食い込んできたのが,Keith Jarrettのアルバム,My Song。わたしゃこれが好きでのう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

CDの収納方法を本格的に考えるとき

マニアの世界では上には上がおりますので,手持ちCDがそんなに大量だとは思っていませんが,それでもすでに600枚は超えてると思います。そんな事態でもBoulez指揮のMahler交響曲全集,14枚組でたったの$36を見て衝動買いしました。実は一部手持ちのものと重複してるのですが,それでもお買い得感半端ない。

Boulezの演奏は得てして頭でっかちで冷たい印象ですが,このMahlerシリーズは比較的普通です。もちろん彼特有の,全部の音がくっきり聞こえるという解剖学的音響は健在。

以前何度か書いたと思いますが,そんなこんなで本棚がパンク状態です。もうこれ以上CDは収納できないのに新たに買い込んでる訳ですから,二重駐車は当たり前。本格的に別の収納方法を考えないと。

何かアイデアはないかとネット情報を漁ってみたものの,ありきたりなものばかり。問題はプラケースを残すかどうかなんですよね。

ケースから全部出してバインダーに綴じれば,超越的に空間問題を解決します。でも表紙とか解説書を捨てる度胸は無い。薄手のケースに入れ替えるという案もありますが,これはお金と手間がかかりすぎ。

実は空間最大圧縮方法はあるのです。それはCDのデータを全部吸い出してしまうこと。今でもあらかたのCDはMP3へ変換してパソコンで聴いてますが,これだと僅かながら音質劣化します。全くそのまま取り出し,それを外付けハードディスクに入れてしまう。空いてるパソコンをアンプに繋いでおけば,どんな曲でも即座に鳴らせます。

CD一枚あたり600MBくらいですから,1000枚あっても600GB,今どきのディスクなら余裕で入ります。問題はその作業におそらく一ヶ月はかかるであろうこと。

さらに大きな問題は,そうやってデータを吸い出してしまっても,元のCDを捨てるには忍びない。結局全部残したままになりそうなこと。やっぱり全然意味ないか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Mahler,こんなにあったっけ

音楽愛好家って,演奏の違いを楽しむタイプと曲重視タイプに分かれます。前者は同じ曲でも違った演奏をあれこれ集め,後者は違う曲を集める。

僕の勝手な分類ですが,まあそんなもんではないかと。僕は後者だと思ってました。あまり演奏家には拘らず,多くの曲を広く聴く。

と思ってたものの,先程MahlerのCDを探してて,ちょっとびっくり。

こんなにあったっけ。

1番の交響曲,Walter, Levine, Muti, Solti, 小沢指揮の5枚。

5番はKarajan, Levine, Inval,あと音源だけでBernstein

9番,Barbirolli, Karajan, Giulini, 小沢

大地の歌,Walter, Giulini, Boulez

6,7番がそれぞれ2枚ずつ。残りの2, 3, 4, 8,10は一枚のみ。 全部で… いや合計するのはやめておこう。金額もそれなりになりそう。

2番3番はAbbado。これしかないのは,この演奏が気に入ってるから。4番は癖の強いMaazel。8番はTennstedt,この大曲をそうそう頻繁に聴くことはないので1枚で十分。

というわけで,次に補充すべきは4番ですかねえ。さてAmazon行ってこよう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ちょっと苦手なViolin Sonata

今日も自宅で仕事しつつ,パソコンに入れてあるCDから適当に選んでBGM。今日はBeethovenのViolin Sonataの有名な二曲,5番の「春」と9番の「Kreutzer」。でもこの手のCDはこれ一枚きりです。どうやら僕はViolin Sonataにあまり興味ないらしい。

手持ちのCDで他の作曲家だと,

  • Bach, Violin Soanata 1 – 6
  • Bartok, Soanata for Solo Violin, Violin Sonata 1, 2
  • Brahms, Violin Sonata 1 – 3
  • Faure, Violin Sonata 1, 2
  • Prokofiev, Violin Sonata 1, 2
  • Schumann, Violin Sonata 1 – 3
  • Shostakovich, Violin Sonata

多分これだけ。Beethovenは9番Kreutzerの10年後にぽつんと10番を作曲しているのですが,とくに聴きたくなることもなし。Mozartも30曲以上(?)作曲していますが,ヴァイオリンはピアノの添え物的扱いの曲が多く,あまりおもしろいとは思いません。

こちらはMozartの晩年の作,36番のヴァイオリン・ソナタ KV547。比較的易しく書かれているのですが,なんとこれ,

ピアノ・ソナタ KV547aにちゃっかり流用されております。つまりピアノパートだけでもええんちゃうってことか。

このソナタ,子供が練習用に使うソナタアルバムにも収録されているのですが,Mozartのピアノ・ソナタ全集には入っていません。それもその筈,元はヴァイオリン・ソナタ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

小ネタあれこれ

● コロナ禍で行動範囲が極端に狭くなった今日此頃,息抜きと言えば散歩のみです。こういうとき,自然環境間近な生活に有難みを感じます。

● ジョギング中,進行方向に鹿。こちらが近づくと,あちらは遠ざかる。しばし鹿とのソーシャルディスタンシング。

● 逆にあちらから人がやってくるのも困りものです。すれ違いざま,お互いに気まずそうに距離を取ります。

● よく雑誌で山田太郎さん(仮名,60歳)なんてのを見かけますが,あれってどうやって名前を選んでるんでしょう。絶対どこかに同姓同名が存在すると思うんだけど。適当に友人の名前を拝借とか。

● 自分で好きな名前を選んでいいのなら,何にしますかね。名字は膝栗毛にしよう。報道の取材来ないかな。

● 海外から人を集めての会議が難しいから,多分オンラインでやるという連絡。何時間もビデオ会議に参加するのは苦痛だし,そもそもあっちの時間に合わせると,こっちは深夜です。時差ちゃんと考えてるのかな。

● 今日の昼,アジア方面へ仕事のメールしたら,速攻で返事きました。あちらは朝の5時。こちらからも速攻で,早朝からメール読んでるんじゃないよと返事。

● ここ数ヶ月でCDが数枚増えました。増加ペースとしては大したことないのですが,問題は本棚がパンク状態だということ。500枚くらいまで確認しましたが,その後は未確認。

● ちなみにAmazonから送られてきたCDは,小型段ボール箱にぽつんと一枚,緩衝材もなし。まさに空気の配達。

● その虚ろな空間を見て思ったんですよ,あと数枚買っちゃえばよかったと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ぱらぱらやってくる

家に居てすることもないから,でもないのですが,この数週間オンラインショッピングが増えています。もちろんメインはAmazonで,50%くらいは必要あっての買い物。残り半分は,まあゴニョゴニョ。

コンピュータ関連用品とか,家の壊れた金具の交換とか,草刈り機の交換パーツとか,そういう細かいものがぱらぱらと配達されてきます。でもAmazonさん,大は小を兼ねる主義ですので,時々とんでもないサイズのダンボールが届きます。

この箱,長さ60cmくらいあるでしょうか。でも中身はこのグシャグシャの紙の下に隠れた,さらに小さな箱。容積の8割は空洞。

おまけに配達員さん,ピンポンしてくれません。玄関前に放置です。一応「本日配達」のテキストメッセージが来るので,家の前にUPSが止まるのを物陰から確認し,車が去ると同時に室内へ入れます。まあ治安の良い土地柄なので,盗難とかはまず無いんですけど。

あれこれ注文してると,何を買ったのかよく覚えてないのも事実。配達されてから,ああこんなのも買ったんだったとなることもあります。そんな中,Amazonから配送遅れのお詫びのメール。

CDなんですが,実は買ったことすら忘れてました。1週間以上前に注文したようです。で,配達予定がなんと 6/10から6/25の間。飛脚が配達かも

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail