「CD」タグアーカイブ

ちょっと苦手なViolin Sonata

今日も自宅で仕事しつつ,パソコンに入れてあるCDから適当に選んでBGM。今日はBeethovenのViolin Sonataの有名な二曲,5番の「春」と9番の「Kreutzer」。でもこの手のCDはこれ一枚きりです。どうやら僕はViolin Sonataにあまり興味ないらしい。

手持ちのCDで他の作曲家だと,

  • Bach, Violin Soanata 1 – 6
  • Bartok, Soanata for Solo Violin, Violin Sonata 1, 2
  • Brahms, Violin Sonata 1 – 3
  • Faure, Violin Sonata 1, 2
  • Prokofiev, Violin Sonata 1, 2
  • Schumann, Violin Sonata 1 – 3
  • Shostakovich, Violin Sonata

多分これだけ。Beethovenは9番Kreutzerの10年後にぽつんと10番を作曲しているのですが,とくに聴きたくなることもなし。Mozartも30曲以上(?)作曲していますが,ヴァイオリンはピアノの添え物的扱いの曲が多く,あまりおもしろいとは思いません。

こちらはMozartの晩年の作,36番のヴァイオリン・ソナタ KV547。比較的易しく書かれているのですが,なんとこれ,

ピアノ・ソナタ KV547aにちゃっかり流用されております。つまりピアノパートだけでもええんちゃうってことか。

このソナタ,子供が練習用に使うソナタアルバムにも収録されているのですが,Mozartのピアノ・ソナタ全集には入っていません。それもその筈,元はヴァイオリン・ソナタ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

小ネタあれこれ

● コロナ禍で行動範囲が極端に狭くなった今日此頃,息抜きと言えば散歩のみです。こういうとき,自然環境間近な生活に有難みを感じます。

● ジョギング中,進行方向に鹿。こちらが近づくと,あちらは遠ざかる。しばし鹿とのソーシャルディスタンシング。

● 逆にあちらから人がやってくるのも困りものです。すれ違いざま,お互いに気まずそうに距離を取ります。

● よく雑誌で山田太郎さん(仮名,60歳)なんてのを見かけますが,あれってどうやって名前を選んでるんでしょう。絶対どこかに同姓同名が存在すると思うんだけど。適当に友人の名前を拝借とか。

● 自分で好きな名前を選んでいいのなら,何にしますかね。名字は膝栗毛にしよう。報道の取材来ないかな。

● 海外から人を集めての会議が難しいから,多分オンラインでやるという連絡。何時間もビデオ会議に参加するのは苦痛だし,そもそもあっちの時間に合わせると,こっちは深夜です。時差ちゃんと考えてるのかな。

● 今日の昼,アジア方面へ仕事のメールしたら,速攻で返事きました。あちらは朝の5時。こちらからも速攻で,早朝からメール読んでるんじゃないよと返事。

● ここ数ヶ月でCDが数枚増えました。増加ペースとしては大したことないのですが,問題は本棚がパンク状態だということ。500枚くらいまで確認しましたが,その後は未確認。

● ちなみにAmazonから送られてきたCDは,小型段ボール箱にぽつんと一枚,緩衝材もなし。まさに空気の配達。

● その虚ろな空間を見て思ったんですよ,あと数枚買っちゃえばよかったと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ぱらぱらやってくる

家に居てすることもないから,でもないのですが,この数週間オンラインショッピングが増えています。もちろんメインはAmazonで,50%くらいは必要あっての買い物。残り半分は,まあゴニョゴニョ。

コンピュータ関連用品とか,家の壊れた金具の交換とか,草刈り機の交換パーツとか,そういう細かいものがぱらぱらと配達されてきます。でもAmazonさん,大は小を兼ねる主義ですので,時々とんでもないサイズのダンボールが届きます。

この箱,長さ60cmくらいあるでしょうか。でも中身はこのグシャグシャの紙の下に隠れた,さらに小さな箱。容積の8割は空洞。

おまけに配達員さん,ピンポンしてくれません。玄関前に放置です。一応「本日配達」のテキストメッセージが来るので,家の前にUPSが止まるのを物陰から確認し,車が去ると同時に室内へ入れます。まあ治安の良い土地柄なので,盗難とかはまず無いんですけど。

あれこれ注文してると,何を買ったのかよく覚えてないのも事実。配達されてから,ああこんなのも買ったんだったとなることもあります。そんな中,Amazonから配送遅れのお詫びのメール。

CDなんですが,実は買ったことすら忘れてました。1週間以上前に注文したようです。で,配達予定がなんと 6/10から6/25の間。飛脚が配達かも

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

遠くから来るもんだ

Amazonで注文していたCD,配達に数日かかるので在庫が無かったかと思ったら,なんと海外からの配達でした。わざわざ英国から発送されていたとは。

でも考えてみたら,日本から発送されたインスタントラーメンもありましたし,中国から直送もありました。送料なんて,国内で大規模な倉庫に商品用意するのに比べたら大したことないんでしょうね。

それはそうと,このケース割れてるんですけど。

中身に問題無いので,予備のケースに入れ替えればいいんですが,なんとなく悔しい。でも送り返す先は再び英国。交換はめんどくさいので諦めました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Deliusを大人買い

F. Delius ディーリアスは19世紀末から20世紀初頭の英国の作曲家ですが,一風変わった音楽を残しています。英国と言っても,ほとんどをParis南部のGrez-sur-Loingで過ごしていますが。

当時のWagner, Mahler, R.Straussの音楽がどーんと迫ってくる油絵なら,この人の音楽は田園の水彩画,あるいは印象派風。僕は好きな作曲家なのですが,持っていたCDを誰かに貸したままになってるらしく,ずっとunDeliusな年月が過ぎ去っていきました。

それが先日,Amazonで格安ボックス・セットを見つけたので,これ幸いとポチっ。でもまさか18枚セットだったとは。

この人の曲の隠れファンは多いと思うのですが,さほど頻繁に演奏されることはありません。「ディーリアス」でググってみても,たったの5ページ止まり。「春初めてのカッコウの声を聴いて」や「夏の庭で」,「楽園への道」あたりの管弦楽曲はそこそこ取り上げられ,YouTubeにも幾つか動画があります。

全体にあまりくっきりした旋律というものが印象に残らず,移ろいゆく音の色が印象に残る感じの作品です。極端な起伏も少なく爆発力もない。でもそこが魅力です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

深夜の音楽鑑賞の序破急

ちょっとAmazonで買い物したついでに,一枚忍びこませておきました。Hilary HahnのヴァイオリンでBrahmsとStravinskyの協奏曲。珍しい組み合わせですが,それ以上に真っ黒なCDというのも珍しい。

さて深夜になれば音楽鑑賞タイム。その時の気分,と言うか面倒レベルによって3つの形態があります。

まずじっくりゆっくりと音楽を楽しみたいとき。これはもうCD棚とにらめっこした後,やおらオーディオのスイッチを入れ,部屋に広がる楽器の音を堪能します。

立ち上がるのが面倒なとき。手元のパソコンから遠方のBluetoothスピーカへ音を飛ばして,パソコンに取り込んだCDを再生。音の広がりは無くなりますが,さほど悪くはない。それに大概の曲はパソコンに入っています。

曲を選ぶのすらメンドクサイ時。手元にあるリモコンでTVオン。YouTubeへ行っておすすめされるがままに再生。さほど好きでも無い曲も流れますが,気にしない。唐突にタモリ倶楽部が始まりますが,気にしない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail