「Amazon」タグアーカイブ

Grimaud三昧でCDが増加傾向

Helene Grimaud,読みにくいフランス名ですが,エレーヌ・グリモー。彼女のピアノ演奏CDが6枚も入ってたったの$25,買うしかありません。BrahmsやBeethovenのお得意ドイツものから,Ravel,そしてなんと Gershwinのピアノ協奏曲まで。

以前,楽友協会で生演奏を聴いて依頼,ちょいファンなんですが,とくにBrahmsの演奏がよいです。でもまさかGershwinがあったとは驚きました。美しい演奏だし圧倒的な技術ですが,なんかちょっと真面目すぎるかも。

ところでこの手の格安ボックスCDがやたらと出回ってるような気がします。やはりCDそのものを買う人が減ってきているので,売れるうちに売っとけという戦略でしょうか。本棚が既に満杯なので,ここ数年CDの購入数は減っていたのですが,お買い得感に釣られて,最近また次第にCDが増加傾向にあります。

今じゃ音楽はネットで聴くのが普通になってるんでしょう。ちょっとしたお金で音楽聴き放題になるので,そりゃCDも廃れます。Amazonでも欲しいCDが探しにくくなってきてるような気がします。買うなら今のうちかも。

ちなみに6枚入りと申しておりますが,写真のとおり7枚あります。はい,一枚こっそり追加しておきました。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

22日なので22番

Beethovenの交響曲は9曲,ピアノ協奏曲は5曲,何番がどんな曲はすぐに想像できます。でもMozartになると曲数も多く,しかも似たようなのが多いので混乱します。それでも,25番以後の交響曲,20番以後のピアノ協奏曲は全部CDもあり,イントロクイズ正解できると自負しておりました。昨日までは。

Mozartのピアノ協奏曲は全部で27曲ありますが,特に面白くなってくるのは20番あたりからです。珍しく激しいニ短調で書かれた20番,映画音楽に利用されて2楽章が有名な21番,そして透明な美しさに満ちた最後のピアノ協奏曲第27番と名作が続きます。

20, 21,26, 27 の4曲はピアノ譜(二台ピアノ編曲)も持っており,時々弾きます。一般的な方法ではありませんが,曲を聞きつつ(耳),楽譜を眺めつつ(目),自分で弾いてみる(指),これが曲を覚える一番の方法です。22から25番は耳からの記憶だけなので,もっと理解を深めようと22番のピアノ譜をAmazonで注文しました。

昨日届いた譜面のピアノパートを弾き始めて,変な違和感が…

この曲,知らない

衝撃でした。何十年もの間,Mozartのピアノ協奏曲は(20番以後は)すぐにわかると自負していました。その自信がガラガラと崩れていきます。

CD棚からMozartのピアノ協奏曲を片っ端から引っ張り出してきたら,やっぱり22番だけがぽっかりと抜けています。今まで生きてきて,知らない曲があったなんて。

ちなみに交響曲第37番というのも知りません。存在しませんから。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ケースを交換

今日配達されたAmazon箱から出てきたのは,空のCDケース,10枚入り。壊れたケースをこれと交換します。

壊れたケース,新品のケース,それぞれバラします。CDケースの裏に入ったジャケットの印刷を取り出します。これが無いと雰囲気半減,いや1/100減くらい。透明ケースを買ったのも,このためです。

無事入れ替え完了。爪折れも無く,これでCDがしっかりと固定されました。さて,他の壊れたCDケースを探しましょう。やり方は簡単,本棚から取り出して,しゃかしゃか振ってみるだけ。カラカラしたら壊れてます。でも傷つくかな。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

CDからから

CDケース中心部の,この爪,これが折れるとCDを固定できません。そんなCDに何度か遭遇しました。今回購入したCDも,ビニールカバーを破る前から,何やらカラカラと音がしています。これはやばいかも。

案の定,爪が折れていました。それもほぼ半分。これじゃCDケースの意味ない。

昔,日本の店でこういうCDに遭遇したことがあります。ケースとは言え,CDがぐらついたら傷つく可能性もありますので,その時は商品丸ごと交換してもらいました。で,交換してもらったCDのケースの爪も折れていて,諦めました。

どうやら爪が折れやすいタイプのプラケースがあるらしい。透明タイプの輸入盤,とくにヨーロッパ。あくまで主観ですが,そんな気がします。

Amazonで空ケースを注文しました。爪折れCDが既に数枚あります。いや,あるはずです。問題は,どのCDだったのか覚えてないこと。片っ端から開けていくしかありません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ボルテージは問題なくとも形が問題

海外出張を重ねると次第に消失していく物の代表格が電源変換アダプタです.人に貸したり,ホテルに置き忘れたり,数年に一個のペースで減っていき,ついに最後の一個になってしまったので,補充しました.

日本・アメリカで使われているAタイプのコンセントから,ヨーロッパのCタイプへ変換するもの.空港で売られていますが,あれはゴッツイうえに高額です.コンセント形状だけ変えてくれればいいので,Amazonで安いやつを買い足しました.

ついでに見つけたのが,MacBookの電源アダプタのプラグ部分だけを交換するもの.変換アダプタが必要な状況のほぼ100%がパソコン電源なので,これさえあればほぼ十分です.

ところで先日失くした変換アダプタですが,どこに置き忘れたのか全く覚えがありません.気づいたのは,空港でパソコンを充電しようとしたときのこと.

僕はホテルをチェックアウトするときは,忘れ物が無いか,最後に一通り部屋の中を確認することにしています.そこで気づかなかったんだから,ホテルでは無いはず.

とは言え,他の場所で置き忘れることもないっぽい.考えられるのは,iPhoneを充電した後,変換アダプタを壁のコンセントに残したまま,ケーブルを引っこ抜いたのかも.さすがにそこまではチェックしてません.次回からは捜索範囲を広げよう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

和風コンフォート調達しました

コンフォート,要するにベッドの掛け布団です.化繊なのでお値段たったの$25.クィーンサイズのかなり大きなもので,ほぼ正方形です.でも布団として使うわけではございません.

使いみちは,こちら.

おコタの下に敷きます.炬燵敷布団.

床の上にカーペット,その上に炬燵なので,少々下が硬い.座して仕事してるだけならそれで良いのですが,おコタと言えばやっぱりゴロ寝です.それにはふかふか敷布団が欲しい.そこで目をつけたのが,コンフォートという次第.

ほぼ正方形なので,四角い炬燵に丁度良いと思ったのですが,敷布団にするには少々薄かったです.これでもいいんだけど,ゴロ寝にはちと辛い.

そうだ,二つ折りしよう.

そしてこうなった.炬燵がはみ出してますけど,まいっか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail