「Amazon」タグアーカイブ

Mahler,こんなにあったっけ

音楽愛好家って,演奏の違いを楽しむタイプと曲重視タイプに分かれます。前者は同じ曲でも違った演奏をあれこれ集め,後者は違う曲を集める。

僕の勝手な分類ですが,まあそんなもんではないかと。僕は後者だと思ってました。あまり演奏家には拘らず,多くの曲を広く聴く。

と思ってたものの,先程MahlerのCDを探してて,ちょっとびっくり。

こんなにあったっけ。

1番の交響曲,Walter, Levine, Muti, Solti, 小沢指揮の5枚。

5番はKarajan, Levine, Inval,あと音源だけでBernstein

9番,Barbirolli, Karajan, Giulini, 小沢

大地の歌,Walter, Giulini, Boulez

6,7番がそれぞれ2枚ずつ。残りの2, 3, 4, 8,10は一枚のみ。 全部で… いや合計するのはやめておこう。金額もそれなりになりそう。

2番3番はAbbado。これしかないのは,この演奏が気に入ってるから。4番は癖の強いMaazel。8番はTennstedt,この大曲をそうそう頻繁に聴くことはないので1枚で十分。

というわけで,次に補充すべきは4番ですかねえ。さてAmazon行ってこよう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まとめ買いがお得とは言え

IMSLPのMussorgskyのページをつらつら見ていたら,聞いたことのないピアノ小品の楽譜が幾つかアップされています。「展覧会の絵」がダントツに有名な人ですが,この人の音楽はぶっとんでるところがあって面白く,1つ2つダウンロードしてみました。

そのときに気づいたのが,この楽譜,元々は版権の切れた本を廉価版で出してるDoverのもの。だったらそっち買った方が早いかも。PDFをダウンロードして印刷するのと,Amazonで$20出して買うの,コスト的に大して変わらないでしょう。

とまあ言い訳して購入ボタンをポチッ。

ちなみにAmazonで売られている安売り楽譜には,もっと凄まじいものもあります。例えばSchirmer社のBach全集で$38,総ページ数648。Chopinの全作品集に至っては700ページ以上あって,お手頃価格の$30。

それにしても昨今のCDとかのまとめ買いのお買い得感と言うのか,投げ売りというのか,加速度的に進行しているようです。単品のCD買うより,Boxシリーズ買ったほうがお得なんてザラ。

ちなみにちなみに,この手の安い楽譜は昔の出版物をそのまま印刷していますので,間違いがてんこ盛りなことも。それを覚悟の上での購入となります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

押さえておければ何でもOK

このかわいい楽譜押さえを幾つか持っていたのですが,昨日またひとつバネが折れて,これが最後の一個となってしまいました。どうも強度に問題あるらしい。デザイン優先ということでしょうか。

譜面を押さえるだけなら洗濯バサミでいいのですが,あれは口がちょっと狭い。薄手の譜面には使えるものの,Beethovenのソナタ集みたいな電話帳には無理です。今どき電話帳なんて無いんでしたっけ。

Amazonでなにか似たのは無いかと探したら,タオルクリップなるものを発見。わざわざタオル洗濯専用かと思ったら,そうでは無くて,ビーチタオルをサマーチェアからずれないように押さえておくものなんだそうです。

タオル挟み,試しに買ってみるかと思ったら,長男が「似たようなのあるよ」

お星さま☆でした。

いや実際サイズ的には丁度良いんですが,何故か Freddie Mercury が We Will Rock You! って歌ってるのがちらつくんですけど。どんどんパッ,どんどんパッ!

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

果たして自分は人間と話してるのだろうか

先日の続きですが,間違って配達されて返品することになったMacBookのカバー。最寄りのUPSストアへ包装無しで持って行き,メールで送られてきたQRコードを見せるだけという手軽さです。今日,Los Alamos町中のUPS代理店へ持って行ったところ,

返品,うちではやってないのよねえ。Santa Feに持って行って

が〜ん

あっち(Amazon)が間違って送ってきたのに,Santa Feまでドライブしろというのは理不尽です。なんとか別の返品方法がないかと探していたら,どうやらUPSピックアップというのがあるらしい。

でもそれは返品手続きのときに選ばないとだめっぽい。そこはAmazon,返品方法の変更なんてどこにも書かれていません。意地になってカスタマーサポートのページを探しだし,そこにあったチャットを選択。でも「ハロ〜」とやってきたのは,

これ,絶対にAIだろ

ほんとに機械的な慇懃対応をされたのち,すでに何度も見たページを表示されて

問題は解決した?

してねーよ

さらにねばって,ようやく本当に人間らしき相手が出てきて,返品方法を変更してくれました。でも本当に人間だったのかは不明。もしかしたら僕が駄々をこねるので,さらに高性能のAIに代わっただけかも。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

小さいけどちと大きいUSB変換アダプター

ノートパソコンの外部接続端子がすっかりUSB-C化してしまった今日でも,外付けデバイスは相変わらず古いUSBばかりです。変換ケーブルを一つだけ持っていたのですが,たま〜に複数欲しくなる状況があり,予備を買うか悩んでいました。

悩みの理由は,Apple純正部品のお高さ。数年前は変換ケーブルの選択肢もあまり無く,こおまけにの手の部品って安物を買うとうまく繋がらないこともままあって,一本きりだったのです。でも流石に今は状況が全く変わっておりました。

この幅1cmほどの超小型アダプター,2つ入ってお値段$10。Amazonの口コミも上々だったので買うことにしました。もっとも,これ使ったら壊れたなんていう怖い意見もございましたが。

問題なく使えるようです。一度,何故かこれを刺すとWiFiが切れるという謎の現象が起こりましたけど。

問題はサイズ。ご覧のとおり,横幅が普通のUSB幅なので,2つ並べて使えません。上の白い変換ケーブルはApple純正で,このタイプなら2つ刺せたということ。

それはさておき,極小アダプタの問題。これ絶対にどっかで落として失くしますね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

南の島のノートパソコンを目指して

普段,ノートパソコンはリュックの専用ポケットにそのまま入れているのですが,Macbookって表面がつるつるしているので,うっかり落としそうになります。

というか,はい,以前落としました。空港の手荷物検査場で。

その轍を踏まぬべく,Macbook用のバッグを買おうとAmazonで “macbook bag” で検索すると,かなりごっついバッグが出てきます。そんなんじゃないんだ,もっとシンプルなカバーを,と検索すると,今度はプラスチック製ケース。

正しい答えは Sleeve。袖の意味のほか,レコードジャケットもそう呼びますが,ノートパソコン入れもそうらしい。ちなみに日本のアマゾンで調べてみると,スリーブケースとなっておりました。これもよく分からない。

それはともかく,注文したものは写真左のシンプルなものです。

でも届いたのは右のトロピカル柄のプラケース。おまけにこれ,Macbook Air用。僕のはMacbook Proで,サイズすら合いません。

なんで間違ったのか分からぬまま,Amazonに交換の連絡を入れ,今日到着予定のテキストメッセージが入っていました。でもそこに書かれてたのは,

Macbook Air 13 inch case

いやいや,それじゃないんだって。どうなってんだこれ。

また違う商品が届けられたら,もうキャンセルして両方返品しようと思っていたら,なんと正しい物が届きました。どうなってんだこれ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail