「飲み物」タグアーカイブ

コート一枚脱ぐほどの暖かさ

大講義室

3月に入って,次第に春めいてきました.まだ寒いけど,防寒着一枚減った感じ.通勤地下鉄に乗る前には上着のボタンを外しておきます.

昨日の会合の会場はあまりに暑くて,暖房を切ってくれと頼んだほど.実際,シャツ一枚になったうえに,腕まくり状態でした.これで扇子持ってたら,夏の会議のおっさんです.

でも実は会議室後方,つまり部屋上部に座っていたのが問題だったらしい.今度は前方席から「寒い」との苦情.まさかそんなに高低差温度差があるとは思わなかった.我儘言ってすんません.

少々硬い内容の会合だったので,さすがに見渡す限りのスーツ姿です.僕も念のためにネクタイしていきましたが,案の定「ネクタイ,持ってたの?」攻撃の嵐.だから,ネクタイくらいは持ってますって.滅多に付けないだけで.

春スタバ

薄手のコートも持ち歩いていましたが,結局使わずじまい.でもそのポケットには重要な書類が入っていたので,これだけは忘れてはならじと,どんなに酔っ払ってもしっかりと持ち歩きました.

堅苦しい服装だった分,持ち物は極力軽量にと,カバンも持たずに会合に出かけていったのが良くなかったんですけどね.ま,酔っ払ってカバン忘れる可能性だってあるし.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

久々に米会話じゃなく英会話

にしんそば

London南にあるSurrey大学の教授がこちらに滞在されており,今日の午後,しばし歓談してきました.ほぼ3週間ぶりのたのしい英語の時間です.もっともアチラは本物の英語,こちとらコテコテの米語ですけど.

最初,コーヒーショップにでも入ろうかと思ったのですが,生憎満席.その時彼が言ったのが

「ティールームは無いのか?」

紅茶店のことではありません.大英帝国の伝統ある大学には,お茶室があるのです.まあそう呼ばれてるだけで,実際には単なる休憩室,そこで紅茶をたしなみつつアカデミックな雑談するわけ.もっとも最近の学生は紅茶よりもコーヒーらしいけど.

残念ながら慢性スペース不足の大学に,そんな悠長な部屋は普通ありません.異業種交流の場としては良いと思うんですけどね.

それはともかく,大学キャンパス内で適当なテーブルを見つけ,そこで1時間半ほど喋ってきました.物理の話が1時間,残りは「ハンコ」の話.彼も日本の書類至上主義に負けて自分用のカタカナ印鑑を作ったそうです.

彼との談話の後,きっと僕の英語は紳士的なOxbridge風になっていたことでしょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

シュワっと学者のフィジシスト

The Fizzicist
The Fizzicist

先日までこちらに滞在していた日本人研究者の置き土産.

名前が笑えます.物理学者Physicistならぬしゅわしゅわ大好きFizzicist.ビールやスパークリングワインを傾けつつノートに数式を書き続けるタイプの物理学者,それがFizzicist.

さてお味です.ぷしゅっと開けたときに漂ってきた,なんだか懐かしい香り.

一口飲んで,脳内の回路が大昔の体験に接続されました.

Dr. Pepper !

あの強烈な味のジュース,どくたぁぺっぱぁっすよ.同じ博士でも,これはちょっと苦手.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

地球を2/3周した九州と北海道

八女茶
八女茶

先週の旅先はBelgiumだと言うのに何故か八女茶.九州からの参加者にお土産に頂きました.

星野製茶園のインスタントティー「ほしの想い」.これは海外出張で緑茶が恋しくなったときに便利そうです.

もうひとつは,中島製茶本舗の,焼きあごだし.「あご」はトビウオを乾燥させたもので,九州ではよく使われる出汁ですが,まさか地球をぐるりと回ってアメリカへやってくるとは.税関,大丈夫かな…

北の幸
北の幸

そしてなんとこちらは北海道.あたりめ,わかめ,お菓子,スープカレーの素にカレーふりかけとくると,もう入国ではゴニョゴニョする他ありませんが,これは嬉しい.

永谷園のカレー「超」ふりかけ,さっそく白ご飯にさらさらとかけて食べました.これは旨い.そのまんまカレーですが,やっぱりふりかけという不思議.これは帰国時に補充せねば.

遠路わざわざヨーロッパまでお土産を持ってきてくださった皆様,ほんとうにありがとうございます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Trader Joe’sで見つけたもの二つ,まちゃあ

Matcha Latte Mix
Matcha Latte Mix

Santa FeのスーパーTrader Joe’sで買い物.新製品があれば手を出しておきます.ここの商品は「定番」にならないと消えちゃうもんで.

今回の発見は,抹茶ラテミックス.お湯に溶かせば出来上がり.とは言えホットミルクで作った方が美味しいです.抹茶というか緑茶っぽいですが,手軽に抹茶ラテが飲めるのは嬉しい.

それにしても,海外での緑茶ブームは本物っぽい.できればちゃんと「まっちゃ」と発音して欲しい.まちゃじゃないんだから.

Macaron
Macaron

続きましてはマカロン.以前チョコマカロンがあったのですが,そのうち商品棚から消えてしまいました.今度は6つのフレーバー入り.フランスから輸入しているようです.これも消えないうちに試食.

ちなみに緑色のはピスタチオ.フランスにはまだまちゃが到達してないらしい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

コーヒーの煙

Java Log
Java Log

コーヒーの出涸らしを固めて作った暖炉用の薪だそうです.普通はおが屑を固めて作るのですが,これもかなりエコ.燃やすとほんのりとコーヒーの香りがします.直球勝負な名前はJava Log.今時こんな名前をつけたら,コンピュータ言語のJavaの方がヒットしてしまいます.

以前からコーヒーの粉の再利用方法は無いかとあれこれ調べていたのですが,殆どが消臭剤.でもそれが燃料になるっていうんだから,これはしめたものです.

こんな薪材があるんなら,うちで使ったコーヒー豆だって暖炉で燃やせるんじゃないか.さっそく火をつけてみましたよ.燃えている薪の上に,乾燥した出涸らしコーヒーを乗せてみたんです.

でも実験は敢え無く失敗.燃えてはいるようです.でも炎が上がることはなく,気がつけば灰になってたという程度.これじゃ面白くない.早速リサーチ開始です.

調べてみると,やはり同じことを考える人は幾らでもいて,出涸らしコーヒーから暖炉の薪を作る方法が幾つか見つかりました.レシピは色々あるようなのですが,溶かしたロウソクや蜜蝋と混ぜる,さらにそこに糖蜜を加える.

面倒そうですが,最も効率よく燃やせる配合を色々と試してみたら,コーヒー粉の家庭内リサイクルにベストなレシピが見つかるんじゃないか.一儲けできるかも.

なんて思ってたら,やっぱり情熱を傾けた先人がおりました.

で,何の事はない,この写真の商品がその研究成果だった.自分で作るより買ってきた方が早いという真理にたどり着き,話題は文頭に戻ります.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

コーヒーにだって主張が必要

Santa Fe Plaza
Santa Fe Plaza

Santa Feの中心地Plaza.この季節は夜のイルミネーションが綺麗なのですが,朝は何となく寒々しい.会議のあるホテルにとぼとぼ向かう途中,スタバに立ち寄ってカフェラテを注文し,自分のができるのを待っていたら,女性が割り込んできました.

「これ,濃すぎる.もっとミルク入れて」

どうやら受け取ったラテに牛乳が足りないと言っておられる模様.店員さんがラテの蓋を開け,本来なら僕のラテに入る予定であった泡立てミルクをそっちに注ぐ.その様子を眺めながら,こういうのって日本ではあるのかなと考えていました.

全てがマニュアル化され,全てのお客さんへ金太郎飴的サービスが提供される日本の店だと,そもそもミルクが少ないなんて滅多に起きないことだろうし,よしんばあっても,皆黙って飲むんじゃないのかなと.

試しに「ミルクが多すぎる.もっと減らして」って言ってみたらどうなるだろうという疑問が頭を過ぎったものの,通報されそうなので止めておきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail