「飲み物」タグアーカイブ

ようやくここまで到達したTrader Joe’sの抹茶商品

Matcha at Trader Joe’s

抹茶・緑茶がアメリカでもポピュラーになってます...というニュースはよく聞くものの,まだ実感が無い悲しい田舎生活.でもやっとこちらにも抹茶ウェーブが到達したようです.

Santa FeのTrader Joe’sにあった「お茶缶」と抹茶クッキー.

お茶の方は,Matcha Green Teaとは書かれているものの,まあ普通の緑茶.日本で買えるPETボトルの緑茶クォリティにはまだまだのようです.

抹茶クッキー

こちらは,はっきり言って緑茶オレオ.クッキーに挟まれたクリームが,抹茶アイスっぽい.

どちらの商品も抹茶と書かれていますが,正直言って普通に緑茶です.もしかしたら,すでに勘違いカルチャーが始まっているのかも.緑茶のことを,十把一絡げに抹茶と呼んでるとか.しかも発音がまちゃぁとか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

それを炭酸入りにする? スパークリングマテ茶

スパークリングマテ茶

スパークリングコーヒーだの,スパークリング日本酒だの,緑茶だの,それをシュワらせてどーするという飲み物をあれこれ体験してきました.そして今日,マテ茶に辿り着きました.

スパークリングマテ茶,名前を見ただけで,もうショッピングカートへ商品を入れてる自分がいます.

一口飲んで口に広がる甘み,マテ茶では無くて,何かのフルーツジュースのよう.その甘味が引いていくと,口に残るのはまごうかたなきマテ茶の苦味と渋み.炭酸にする意味は...なんかわかんない.

かなり不思議な味です.原材料を見てみると,柑橘系ジュース,濃縮プルーンジュース,ライム,タマリンド,生姜.

確かにこの甘さはタマリンドかも.それに生姜の味はかなりしっかりと分かります.言われれば,ですけど.

初夏の雪

ところでこちらの写真は先週の雪.5月後半になって雪が積もるとは.

でも明日の最高気温は25℃の予報.ようやく夏らしくなりますが,変化が激しすぎます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

手を上げて横断歩道で招き猫

豪徳寺の招き猫

早いもので,4ヶ月の日本滞在も残り2日となってしまいました.当初は4ヶ月の東京生活に耐えられるのかなんて思っていましたが,なんとか乗り切ったようです.満員電車だけは,最後まで慣れることはありませんでしたけど.

書き残したことは数々あれど,日本生活の断面を思うままに書き連ねてみると…

● 完璧に守られる横断信号.全く車が来てなくとも,誰も横断歩道を渡らない.横断歩道,皆で止まればより安全.

● コンビニレジでの待ち行列.床に「ここでお待ち下さい」な指示がしてあるんですね.あんなの昔はありませんでした.

● ポイントカード.どこでも必ず聞かれます.持ってないっちゅうに.クリーニング店で半ば強制的に作られてしまいましたが,クリーニングのポイントカード作るのに誕生日を聞く理由がわかりません.

● クレジットカード払い時の店員の印鑑.昔から思ってはいたのですが,どうしてサインしたレシートに店員さんの印鑑捺すのでしょう.

● ホットですか,それともアイス? アイスコーヒーの美味しい季節になりましがけど,真冬にアイスコーヒー注文する人は少ないんじゃないのかな.某コーヒーショップでアイスカフェラテ注文すると,激速で出てきます.どうやらアイス注文用にエスプレッソを作り置きしてるっぽい.

● 多言語対応コンビニATM.アメリカのキャッシュカード入れると言語選択画面が出て,英語モードに切り替わります.さすがです.日本語を選択しても英語になっちゃいます.困ります.

● ちょっと怖いタクシー運転手の独り言.「ちっ,こっちも工事中か」.後部座席まで聞こえるような独り言,やめてください.もっともアメリカのタクシーで,運転中ずーっと携帯で喋ってた人もいましたけど.

● 変わりそうな信号を突破する深夜タクシー.そりゃより早く到着すれば客も助かるんだと思います.でも前方に黄信号が見えるたびに急加速するのは落ち着かないです.

● 歩道を高速で走る電動アシスト自転車.しかも子供三人乗せて,みたいな.あれ,結構怖いです.

● どんなに混雑していても絶対に衝突しない人々.朝,通勤時間帯に地下鉄駅あちこちで発生する極小スクランブル交差点.皆さん,ものの見事にすり抜けて行かれます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

太平の眠りを覚ます90円

90円から

でかでかと得意げに表示されたサイン,

90円〜

自販機にしては安いもんだと思ったものの,並んだボタンを見てがっかりです.90円の商品はたった一つだけ.

そりゃまあ看板に偽りは無いですよ.でも何て言うのかなあ,たった一種類の目玉商品がたったの10円安いだけって,なんか納得できない.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

コート一枚脱ぐほどの暖かさ

大講義室

3月に入って,次第に春めいてきました.まだ寒いけど,防寒着一枚減った感じ.通勤地下鉄に乗る前には上着のボタンを外しておきます.

昨日の会合の会場はあまりに暑くて,暖房を切ってくれと頼んだほど.実際,シャツ一枚になったうえに,腕まくり状態でした.これで扇子持ってたら,夏の会議のおっさんです.

でも実は会議室後方,つまり部屋上部に座っていたのが問題だったらしい.今度は前方席から「寒い」との苦情.まさかそんなに高低差温度差があるとは思わなかった.我儘言ってすんません.

少々硬い内容の会合だったので,さすがに見渡す限りのスーツ姿です.僕も念のためにネクタイしていきましたが,案の定「ネクタイ,持ってたの?」攻撃の嵐.だから,ネクタイくらいは持ってますって.滅多に付けないだけで.

春スタバ

薄手のコートも持ち歩いていましたが,結局使わずじまい.でもそのポケットには重要な書類が入っていたので,これだけは忘れてはならじと,どんなに酔っ払ってもしっかりと持ち歩きました.

堅苦しい服装だった分,持ち物は極力軽量にと,カバンも持たずに会合に出かけていったのが良くなかったんですけどね.ま,酔っ払ってカバン忘れる可能性だってあるし.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

久々に米会話じゃなく英会話

にしんそば

London南にあるSurrey大学の教授がこちらに滞在されており,今日の午後,しばし歓談してきました.ほぼ3週間ぶりのたのしい英語の時間です.もっともアチラは本物の英語,こちとらコテコテの米語ですけど.

最初,コーヒーショップにでも入ろうかと思ったのですが,生憎満席.その時彼が言ったのが

「ティールームは無いのか?」

紅茶店のことではありません.大英帝国の伝統ある大学には,お茶室があるのです.まあそう呼ばれてるだけで,実際には単なる休憩室,そこで紅茶をたしなみつつアカデミックな雑談するわけ.もっとも最近の学生は紅茶よりもコーヒーらしいけど.

残念ながら慢性スペース不足の大学に,そんな悠長な部屋は普通ありません.異業種交流の場としては良いと思うんですけどね.

それはともかく,大学キャンパス内で適当なテーブルを見つけ,そこで1時間半ほど喋ってきました.物理の話が1時間,残りは「ハンコ」の話.彼も日本の書類至上主義に負けて自分用のカタカナ印鑑を作ったそうです.

彼との談話の後,きっと僕の英語は紳士的なOxbridge風になっていたことでしょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

シュワっと学者のフィジシスト

The Fizzicist
The Fizzicist

先日までこちらに滞在していた日本人研究者の置き土産.

名前が笑えます.物理学者Physicistならぬしゅわしゅわ大好きFizzicist.ビールやスパークリングワインを傾けつつノートに数式を書き続けるタイプの物理学者,それがFizzicist.

さてお味です.ぷしゅっと開けたときに漂ってきた,なんだか懐かしい香り.

一口飲んで,脳内の回路が大昔の体験に接続されました.

Dr. Pepper !

あの強烈な味のジュース,どくたぁぺっぱぁっすよ.同じ博士でも,これはちょっと苦手.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail