「飛行機」タグアーカイブ

再び雪の中の出発.今回はキャンセルならず

東海岸の天気予報では,記録的な雪はすでに収まっているようで,現在は雨.先日ドタキャンとなった出張ですが,今度は大丈夫そうです.午後の便なので,10時くらいに家を出ればいいかなと,朝からのんびりしていると...

snow in Los Alamos

あれよあれよと,こっちの雪が積もり始めました.こりゃまずい.通常なら空港まで,車で2時間.でも雪道は時間がかかる.それにまず,山を降りるという雪道運転の難関があります.しかも空港に向かうフリーウェイは,雪がひどくなると封鎖されることも.悲惨な過去が頭を横切ります.あわてて空港へと出発しました.



snow in Santa Fe

案の定,Los Alamosからの下り坂は,皆,のろのろ運転.その後,天気はやや持ち直したものの,Santa Feを通り過ぎる頃から再び吹雪.さほど積もっていないのが,せめてもの救いです.でも問題はこの先.

Santa FeとAlbuquerque間のフリーウェイに大坂があるねん.なんや,すぱにっしゅで,おっきい坂ゆう意味らしいねんけど,何回聞いても,よーおぼえん.なので,大阪弁でごまかし.

とにかくその下り坂,ちょっと雪が積もるとすぐに封鎖されてしまい,空港に行くすべを断たれるのです.雪が積もる前に,そこを通過しないと.幸い車の流れは順調.でも吹雪きと,周りの車が巻き上げる水しぶきで,視界は100m程度.道路には薄く雪が広がり,その悪状況の中,みんな100km/hで飛ばしています.

いよいよその坂にさしかかろうとした矢先,前方,白く霞んだ雪の中に次々とブレーキランプが灯り始めました.

あ-やっぱり,通行止めか…と諦めかけた瞬間見えたものは,一車線を塞ぐように止まった大型RV車,そして路肩から落ちた乗用車.直前に起きた事故でした.かろうじて空いた車線をすり抜け,無事,坂を下りきりました.

かなり標高差があるのか,坂の下は雨.もうスリップの心配はありませんが,先ほどの事故,一歩間違えば自分が巻き込まれていたかもと思うと,ぞっとします.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Exit Row Seat, 座れますか

先週ドタキャンになったWashington出張,仕切りなおしです.改めてホテルと飛行機を予約し,さてこれで一安心と旅程表を眺めていると,なぜか座席指定がなされていない便があります.

予約できたのに座席が無いとは,ちょっと気持ち悪い.DELTAのサイトで確認してみると,空いている座席は残り3つ.一つは三人がけ真ん中,おでぶさんにサンドイッチされるのは嫌です.

もう二つはEXIT ROW,非常口シートですね.ここは良し悪しあって,座席足元が広い分は良いのですが,緊急時には脱出の手伝いをしないといけない.好きな人は予約時にここを狙いますけど,クルーがそれとなく(あんた英語わかんの?)みたいな感じで話しかけてくる(ような気がする)ので,普段は避けています.まあ,翼の上だからっていうのもある.

文句言っても仕方ないので,この座席をポチっとしたら,確認ウィンドウが現れ,どうやらEXIT ROWの場合は幾つかの質問に答える決まりがあるらしい.

質問といっても簡単なもの
「16才未満ですか?」...No
「ペットを連れていますか?」...No

などなど.全部「のー」で答えて「座席保存」ボタンをクリックすると

あなたは,この座席に座る資格がありません!

なんだと,このやろう.さては,外国人だから,英語が不自由かもしれないから,そそっかしい奴で緊急時になにを仕出かすか分からないからとか...むか~#

と蒸気出してても仕方ないので,最初からやり直しました.で,分かったのは,最後の質問.

「非常時に扉を操作できますか?」

勢いで「のー」って言ってしまってるし...

これはトラップだった.やっぱ,そそっかしくて,英語が不自由な奴じゃん.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Snow Stormの東海岸,それでも出かけなければならない

Snow in Canyon

数日前から東海岸は大雪,首都 Washington D.C.の機能が麻痺とニュースが繰り返しています.そんなさなかに行かねばならないのです.よりにもよってこのタイミング,おまけにWashington発着便は全てキャンセルなんて言ってます.どうすりゃいいんだ?

とりあえず仕事があるのは金曜日だけなので,Washington に飛ぶのは明日.でもこれだけ混乱していたら,明日の予約便すらどうなることやら分かりません.担当者に

「ほんとに会議,あるわけ?」と確認したものの,返事は

「今のところ Don’t Come とは言ってきてない」

というなんとも消極的な返事.それに政府機関はクローズしてるんだから,会議キャンセルをアナウンスする人も職場に来てないわけだし,どうなってんだいったい?

昨晩,別の友人から電話ですごい話を聞きました.こちらから Washington 出張していたかなりの人達が,あちらで足止めをくらっているらしい.運良く高級ホテルに連泊中の人もいるんだけど,なんと従業員がホテルまで出勤できない.シーツ・タオルの交換もなけりゃ,レストランも休業中.これは「運悪く」ですな.しかし,明日はわが身,キャンセルしてもいいのか?

ここ Los Alamos の雪はそれほどでも無いのですが,念のため今夜のうちに Albuquerque に移動して一泊することにしました.早朝の凍結した道路を走るのはやっぱり避けたい.でも,飛行場にたどり着いたところで,飛行機が飛ばないとか,会議がキャンセルされたとか,そんな悲惨な状況になったら,このホテル一泊分,経費で落としてくれるのか?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

機内では何故か白ワイン

Paso Creek

寛大になってきたアメリカのエアーライン,国際線エコノミーで再びタダ酒が飲めるようになってきました.ビールはトイレが近くなるし,こういう時は普通にワイン.さて白にするか,赤か.

普段は赤なんですが,何故か飛行機内では白を頼みます.自分でも理由は不明.おそらくは,乾燥する機内で軽くさっぱりしたものが飲みたくなるんだろうと.

機内で出てくるのは,普段スーパーでも見かける安いワインが普通.可も無く不可もなく,典型的なCaliforniaワインですが,どうせ睡眠薬代わりだし,そもそもエコノミー身分です.白ワインは当たりハズレが無いという利点も.

10年ほど前の話.そんなMile High Barで白ワインをラッパ飲みしていると,隣の日本人女性から

「機内で出されるワインって美味しいんですってね?」

別に不味くは無いけど,所詮タダ酒クラスです.
「万人受けするものを選んでいるんでしょうね」と無難に答えておいたら,

「旅行ガイドブックに『隠れた人気お土産』と書かれているんですよ」

はい?

機内で配られるワインをお土産に持って帰ると喜ばれる,ということらしい.一体どこのガイドブックだよ.で,この女性は酒を飲まないし,こっそりボトルを持ち帰るのが恥ずかしいので,客室乗務員にワインを頼みづらいということらしい.そこまでは理解した.

でもだからって,何で僕がスチュワーデスさんに「おかわり!」をお願いしないといけないんデスか!

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Minneapolis St. Paul空港の日本語

DeltaとNorthwestが合併して以来,Minneapolis経由が増えています.Northwest Airlinesは個人的に嫌いでずっと利用しなかったんですが,今は普通ですね.どっちかと言うとDeltaよりマシかも.

それはともかく,このSt. Paul空港でいつも不思議に思うのが日本語案内.空港各所にある案内板に,必ずと言ってよいほど日本語が併記されているのです.NWAのハブなので成田とかにも飛んでるんでしょうけど,Minnesotaってそんなに日本と関連の深い州なんでしょうか??そういや,Atlantaにも日本語表記あったかも.

中国語,スペイン語とかが並んでいる空港は良くあるのですが,日本語だけというのは見たことありません.でも日本便がそんなに沢山発着しているようには見えないし.

`乾杯

それはともかく,空港内の店にも日本語が.

このママさん人魚,かなりBMI値に不自由な人っぽいです.人じゃないか.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

国際線で無料アップグレード

Arigato

Atlanta空港でParis行きDelta便を待っていると,カウンターから呼び出されました.なんやねん(←なんで関西やねん)と出向くと,搭乗券をよこせと言います.これはもしかしてアップグレードか?!と期待したんですが…

改めて新しい搭乗券,但し座席はそのまんま,をくれておしまい.なんだったんだ?

その後,手洗いに行ったり店を素見したりしつつ搭乗口まで戻ってきて,小パニックになりました.搭乗券が無い!どうやらどこかで落としたらしい.戻って探すのも面倒なので,カウンターで搭乗券を無くした旨伝えました.で,新たに発券されたものが,なんとビジネスクラス.これはつまり,国際線に乗る時は,搭乗券を無くしてみろっちゅうことですな.たまたまエコノミーのキャンセル待ちでもあったんでしょうけど.

風の噂では,個人旅行しているとこういう美味しい目に会う確率が高いそうです.グループだと,全員をアップグレードするわけにはいかないということらしい.無料アップグレードの幸運に恵まれたのはこれが二度目で,前回はイタリアから日本への帰国便でした.

そのMilano発便,チケット購入は個人だったのですが,他に数人の日本人同行者がおり,偶然僕だけがアップグレード.本来なら喜んでしかるべきところですが,エコノミーに取り残されたグループの中に,東大教授が...

ええ,もちろん譲ったりしませんよ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail