「飛行機」タグアーカイブ

Amsterdam空港のスクリーンに自分の名前を見つける

ウィーン,朝焼け

朝5時にホテルをチェックアウトしてウィーンの空港に向かいました.Amsterdam行きKLM便は定刻通りの離陸,幸先良さそうです.乗り継ぎの便利さからAMS経由便をよく利用するのですが,あそこも次第にややこしくなってきています.

AMSからAtlanta行きDelta便はDターミナルから出るのですが,まずゲート番号が分かりません.全てのDelta便の乗客は,最初にD1の行列に並び,security briefingとでも言うのか,「今日はどこから来たのか」とか「不審な荷物を預からなかったか」とか聞かれ,その時に貰う紙切れに本当のゲート番号が書かれているという流れ.

掲示板にはゲート番号が出ていませんので,この紙切れが全て.でも書かれていた番号D53に行ったら何だかおかしい.行き先が何故かMinneapolis.係員に聞くと,Atlanta行きのゲートがD47に変わったんだとか.

慌ててD47に向うと,搭乗口のスクリーンに大量の名前が表示されています.そこに名前が出てる人は,デスクまで来いとのこと.嫌な予感.

そして案の定,僕の名前も表示されています.さらに嫌な予感.

ゲートが変更され,緊急に乗客を呼び出すってなりゃ,機材に変更があった可能性あり.座席変更か.

恐る恐る係員に尋ねたら,

I’m sorry but your seat was changed.

が〜ん...まさか,三人座席の真ん中とか.

と思ったら,なんとビジネスにしてくれたようです.そりゃあ来るときだって散々な目に遭ったんだから,ここで酷い席にされたらブログにボロクソに書きます.日本語で書いても意味ないけど.

って言うか,I’m sorryとかで脅かすなよ.

おかげさまで快適な帰路となりました.楽しいことを期待してた皆さん,残念でございました.ロゼワイン,美味しいです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

再び呪われた旅程,ようやくウィーン到着

CDG Lounge

機材トラブルのために予定外のParis CDGに到着.乗り継ぎ便まで5時間以上あります.とりあえずラウンジへ行って一休み.長椅子で二時間ほど横になりました.もちろんiPhoneのアラームをセットして.

ウィーン行き出発1時間前,離発着案内を見たら,

出発は20分遅れます

もうやだ...

なんでこんなに飛行機運が悪いんだろう.

その遅れがさらに拡大かと危惧したものの,どうせもうパリまで来てるんです.いざとなりゃここで一泊してもいいやと開き直り気分で居たら,予想に反して20分遅れで飛びました.

僕の座席が変わっていたらしく,搭乗口でゴタつきましたけど.

そしてやっとVienna, Wien, ウィーン.ホテル到着したのは夜の9時.なのにまだこの明るさ.

食事に行くのも面倒くさい.ホテルにあったポテチとコーヒーで夕食代わり.明日の朝食をしっかり食べればいいや.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

再び呪われた旅程,やはりお祓いが必要かも

午後3時,Salt Lake Cityにて.

Salt Lake Cityに定刻通り到着し,乗り継ぎのAmsterdam行きのゲート案内を見ると,30分遅れと出ています.それくらいの遅れは旅程に織り込み済み.AMSでたっぷりと乗り継ぎ時間を取っておりますので,全く動じない.

ラウンジのバーで軽くいっぱいやって,さてそろそろ出発だ思った矢先のアナウンス.

「AMS行き出発はさらに2時間遅れます

さすがにそんなに遅れたら乗り継げない.こういう時の旅程変更は早い者勝ちです.即サービスデスクへ向かい,代替手段を検討.

とりあえず今のままAMSへ飛んで,そこからウィーン行きの遅い便に変更するか,あるいは全く別の便にするか.念のため遅延の理由を聞くと機材のトラブルらしい.つまりキャンセルの可能性だってある.迷わず全く別の便に変更しました.

新しい旅程では,パリで6時間待ち.長いけど,何時になったら出発するのか分からないのよりマシ.

追記あるかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

旅の延長は不要です

Hilton Narita

JR成田線トラブルのとばっちりで,無駄な一夜(自腹)を成田で過ごした翌日,ようやく機上の人となりました.広めの座席を予約してたのに,急な旅程変更でそれも雲散霧消.超標準なエコノミー席での9時間です.

Portland, Salt Lake Cityと,アメリカ国内で二度の乗り継ぎ.田舎暮らしも楽じゃない.夜8時半,ようやく最後のセグメント,Salt Lake – Albuquerque便に乗り込み,さてシートベルト.

つながらないシートベルト

あれ? 繋がらない.

隣の座席のを間違って引っ張ってきたかと思ったのですが,そうでもない.なんだ,これ.

extension

しばし悩んで,ようやく状況が飲み込めました.俗に言うextension,つまり延長ベルトです.どうやら同じ座席に座ってた人は,それなりのサイズの方だったらしい.

なんだそういうことかと独りごちながらエクステンションを外してたら,隣に座ってたお姉さんから「あなたには要らないわね〜」と言われました.こういうシーンはとてもアメリカン.ついでながら彼女に「あなたは必要かもね」とは決して申しませんでした.

夜10時半,Albuquerque着.Salt Lake Cityからの便の荷物は4番のターンテーブルに出ますと表示されていますが,しっかり5番から出てくるところもアメリカン.

渋滞するターンテーブル

スーツケースがどんなに積み重なっていようが,お構いなしに次のが吐き出されるのもアメリカン.帰国したことを実感した瞬間でした.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

日本語のアナウンスに困る客

成田エクスプレス

正午過ぎ,成田エクスプレスで東京駅から成田空港へと向かいました.これで東京生活も最後.かなり余裕を持っての出発で,空港でお昼しようと思ってます.ラーメンかうどんか,はたまた最後のざるそばか.

そんな妄想しつつ,あと少しで成田駅という所で急停車しました.車内は真っ暗.停電?

電気無ければタダの客車

何かトラブルがあったそうです.電気はすぐに戻ったものの,安全点検が終了するまでは動けないらしい.

何度も「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」なアナウンスがあるものの,全て日本語.これ,成田エクスプレスですよ.乗客の多くは外人さんですよ.

回りの客達は何があったんだとソワソワし始めたので,アナウンスを通訳してあげました.とは言え,自分の席の回りの人のみですが.

ブレーキがはずれなくて警告灯が点灯しているとかで,二度ほど再起動を試みるも,効果なし.

1時間経ち,技術者が到着するも,結果は同じ.隣の客はもう乗り継げないと絶望の顔.

僕は余裕ありますが,それでもあと1時間したらやばい.

やがて新たなアナウンス.修理できないので,次の成田駅まで一方の動力だけ使って移動します

って....動くんかい!

成田駅で後続の快速に乗り換えろ,到着は1番ホーム,快速は3番ホーム,エスカレータは前方よりとのこと.そのアナウンスも全て日本語のみ.回りの乗客に通訳しましたけど,ほんとにこの国はオリンピックやる気があるんですか.日本の玄関でしょ.

故障しているので成田駅までは徐行運転.もう飛行機に乗るのは諦めました.動くんだったら,さっさと成田駅まで動かしときゃ,間に合ったのに.

カレー

空港に到着し,まだPortland行きは出発してなかったものの,時刻を過ぎているために乗せてもらえません.翌日の便を再予約し,空港で昼食.と言うか,もう晩御飯の時間です.

ホテル

空港近くのホテルに予約を入れ,今夜は無駄な一泊です.さっさと寝て明日の長距離フライトに備えるか.やれやれだよ,まったくもう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

こうですか こうちがいますか そうですか

水面の花びら

ちょっと長い日本語文章を書いていたとき,滅多に使わない敬語部分に悩み,その表現で正しいのかをGoogleで検索していました.丁寧語の使い方を丁寧に解説してくれていれ,ありがたいものです.

そんなこんなでふと思い出したのが,Delta航空成田行きの客室乗務員が食事のときに放っていた,摩訶不思議な日本語.

水をあげますか?

僕があげるですか.

スープは欲しいですか?

はい,頂けるのであれば欲しいです.

キッシュ or シリアル ですか?

なぜそこに英語を混ぜる?

中途半端に日本語を覚えてしまったのでしょうか.よく「英会話なんて,相手に伝わりゃいいんだよ」と豪語される方もおられます.僕も言いますけど.

でも逆の立場で「日本語なんて,伝わりゃいいんだよ」だとこういう変な空気になるんですねぇ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

夕食に添えるグラスは別料金

食事中

日本へ帰国すると言うべきか,アメリカから海外出張と言うべきか,熊コヨーテも眠る丑三つ時にLos Alamosを出発し,朝6時Albuquerque発のDelta便に搭乗しました.Salt Lake City (SLC)まで1時間半,まずはひと眠りと思ったものの,一向に離陸する気配がありません.嫌な予感.

やがて機内放送,装置の一部が動作不良,整備士が来るので降りて待てとの指示です.この時点でSLCでの乗り継ぎが絶望的になりました.でも翌日のフライトを予約し直せば意味無くAlbuquerqueに一泊,それは避けたい.

修理は終わったものの,何だかんだで出発時間は6時間後.もう帰国は不可能です.とにかく行ける所まで行く作戦に出ました.SLCからPortland行きの乗り継ぎは空席があるそうなので,そこまで行って一泊することに決定.

Delta側のトラブルなので,宿泊費と夕食代はアチラ持ちです.と言っても食事代は$15まで.さすがにワイン代までは出ない.酒を注文する方が悪いと言われれば,言い返せない.

雨のPortland空港近くのホテルに,着替えも持たずに一泊.風呂入って寝て起きたらまた空港です.かなり消耗して東京に戻って参りました.それにしてもこういうトラブルに焦りもせず,まあしゃあないと達観する自分,つくづく大人になったものです.うんうん.

無沙紫菜

乾燥された海藻...なんだろう? dried seaweedって,かなりざっくりした英訳.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail