「風呂」タグアーカイブ

隠すのがルールだったと思う

ウィーンで定宿にしているホテルにはジャグジーとサウナがあり,出張時には水着を必ず持参します。仕事を終え,文庫本片手にまずはジャグジー。しばらくプチ温泉気分を味わいつつ読書。

他の泊り客も時々やってきますが,大体は年配の方々です。みなさん何不自由無い体格にぴっちぴちの水着をつけて入ってきます。

ぴちぴち水着のわがまま体型おばちゃん二人とほどよくジャグジーを堪能し,こちらは一足先にサウナへ移動。さすがに本は持ち込まない。

既に中年男性の先客が二人。サウナも水着を着用です。汗がたらりたらりとしてきた頃に,別の中年男性が入ってきました。それも素っ裸で。

いや別にいいんだけど。男ばかりだし。

と,そこへもう二人,さっきジャグジーに入っていたおばちゃん二人。全く躊躇することなくスッポンポン男性の隣に腰掛けました。おぉ,と思わず声が出そうになったものの,おばちゃんら,素知らぬ顔でひたすらサウナを我慢する風情。こっちは気になって仕方ありません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

体重計の上に乗ってるもの

Los Alamosの郵便局に置いてあったこの天秤ばかり.アンティークでも展示してるのかと思ったら,現役です.電気も要らないし,壊れないんでしょうね.

健康診断で体重測定がありますが,こちらの体重計もレトロです.天秤の重りを動かして量るタイプで,100年前から使ってるんじゃないのかと思うほど.これまた構造がシンプルなので壊れないんでしょう.

体重計といえば,日本の銭湯にでっかいのが置いてあったのを思い出します.上に乗ると針がくるくる回るタイプ.実はあれちょっと苦手でした.

自分の体重を知るのが怖いとかいう理由じゃなくて,まあそれもあるけど,いやとにかく理由は別で,裸足で上に乗るのがだめ.

見知らぬおっちゃんが一風呂浴びた後,すっぽんぽんで体重計に乗ってます.その足の裏,もしや白癬菌が生息してるのではと思うのです.おっちゃん水虫菌は体重計へと乗り移り,次のおっちゃんの足の裏へと生息地を広げて行くのではと思うのです.

まあ考え過ぎでしょうけど,そういう想像してしまうと,裸足で体重計に乗るなんて無理となるわけです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ブサイクになるシャワー

シャワーヘッド

シャワーを浴びていたら,突然シャワーヘッドの前面部がぱかっと外れ,ホースからお湯どぼどぼ状態になってしまいました.軸が折れてます.こりゃ寿命だと新しいものをAmazonにて購入.たかがシャワーヘッド,深く考えずにAmazonが売れてるよと言ってるものをポチったのがこちら.

取り立てて変わったところの無いシャワーヘッドです.でもこの銀色鏡面が曲者.

凸に曲がった曲面は,お風呂でのすっぴん顔を,それはそれは不細工に映してくれます.結構笑えます.元から笑える顔だったとかはさておき.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

桜の香りの入浴剤

桜の香りの入浴剤
桜の香りの入浴剤

こんな入浴剤,ありました.Japanese Cherry Blossom.お風呂でほんわか花見気分.

でもお風呂に入れる前に,香りチェックしてみました.そこはアメリカンプロダクト,日本風と書かれているからと言って,僕らが想像する日本風とはねじれの位置の関係です.

蓋を開けて,くんくん...

これはあれだな,うん,洗剤の香り.

アメリカの風呂場で,遠く日本の桜を夢見つつの入浴タイム,ふと目を閉じて瞼の裏に浮かぶのは,洗濯機に放り込まれた自分自身.うーん今日の渦潮はちと速いぜ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail