「電車」タグアーカイブ

Deutsche Bahnの乗車券をオンラインで購入

アジアから戻ってきたばかりですが,今度は欧州出張です.
BerlinのTegel国際空港経由でDresdenへ
.電車を使うことにしました.

駅でチケットを買うと行列に並ばないといけないので,予めオンラインで購入.

適当に質問に答えて行けば,クレジットカードで購入できます.チケットはメールで送られてくるので,それを印刷して持っていけばOK.便利な世の中になりました.

さて,そんなオンライン購入手続き中に出てきた質問に
「BahnCardはお持ちですか?」
というのが出てきます.BahnCard(バーンカード)はDeutsche Bahn(ドイツ鉄道)が発行している割引カード.これ,昔持ってたのを思い出しました.

乗車券をon-lineで購入
乗車券をon-lineで購入

このカードを持っていると,乗車券が半額になります.一人1枚必要なので,当時まだ0歳だった長女の分のカードも購入しました.一回でも長距離旅行の予定があれば確実に元が取れるというスグレモノ(今のシステムがどうなってるのかは知りません).

引き出しを探したら,当時のカードがまだ残っていました.これ持って行って,駅員さんに見せてみようかな.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

意外にも我慢強いパリ市民

RER-C
RER-C

過去にも何度かパリの電車のトラブルに巻き込まれたことはあるのですが,今回もご多分に漏れずやってくれました.

会合が終わり,パリのローカル線RERで市内のホテルへの帰路でのこと.名も知らぬ小さな駅で停車したかと思ったら,そのまま出発する気配がありません.暫くして車内アナウンス.当然フランス語ですが,運良くフランス人同僚が一人だけいました.

彼が英訳してくれた車内放送,それは,

わからない

はい?

放送が聞き取れないとかじゃないんです.本当に「何が起こったか分からない」と放送してるんだって.この駅で下車しても,辺りにタクシーなんか無さそう.とにかく待つことにしました.

ややあって,また車内放送.今度はもうちょっと情報があった.どうやら前方で「複数」のトラブルがあった(何の解決にもなってない).なので,この駅で暫く停車する.停車時間は5分から50分(何の解決にもなってない).

流石にこれじゃ埒が明かないので,下車してタクシーを探すことにしました.でも驚いたのが他の乗客.皆何事も無かったの如く,静かに座席で待ってるのです.パリジャンって我慢強いんだ.駅員に詰めよるなんていう光景は見られません.

その駅員がプラットフォームに居たので,仏人友人(ほとけの友人か?)が状況を尋ねたら,なんとすぐに発車するとか.慌てて間近のドアから電車に飛び乗りましたよ.

でも当然のことながら,物事はうまく運ばない.別の駅で再び停車し,さらには目的地一つ手前の駅で運転終了を言い渡されました.乗客全員が無言のまま地下鉄駅へと歩いていきます.観光客なのか,何が起こったのか分からず,僕に「フランス語は話せる?」と尋ねてきたのもおります.自慢じゃありませんが,「フランス語は話せません」というフランス語は言えます.

Armagnac
Armagnac

結局2時間以上かかってホテルへと戻ってきました.夕食はまだでしたが,友人数人はもう疲れたからとサンドイッチを買って部屋へ戻りました.僕はなんか景気付けが欲しくて,有志数人とカフェで軽食を突きつつアルコール消毒.

それにしてもパリ市民の我慢強さには驚いた,なんて話をしてたのですが,
考えてみたらこういうのが日常茶飯時なもんだから,慣れちゃってるんでしょうね.

翌日,また電車が突然止まりました.車内放送が言うには,前方で飛び込み自殺...

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

便利なパリの交通機関プリペイドカード, Navigo Decouverte

先程Paris出張から戻って参りました.今回の出張では,同じ職場の同僚数人とずっと一緒だったのですが,そう言うのって便利・不便が混在します.

同僚の一人はフランス人なので,ツアーコンダクターを完璧にこなしてくれます.Charles-de-Gaulle空港に到着後,普段なら自販機でRER(電車)の切符を買って市内へ出るのですが,彼は「もっとお得な一週間券があるはず」とのたまう.

切符売り場窓口で交渉すること数分,60Euro程度の一週間券の他に,Navigo Decouverteナヴィゴデクーベルトというパスがあることが判明.こちらは40Euro.

Navigo Decouverte
Navigo Decouverte

空港から市内までの運賃に加え,Paris市内メトロと郊外会議場までの電車がこれ1枚でカバーされます.これはお得だとばかり,皆で購入しました.

パスには写真を貼るのですが,切符売り場では写真の面倒は見てくれません.そこんとこはツーリストにはあまり優しくないシステムです.

さて,同僚との出張が不便なことの例.まあ色々あるんですが,僕としては注意散漫になる所だと思います.何か喋りながら歩いていて,うっかり道を間違えるとかそういう話です.

自分一人なら帰国便の時間や行き先は何度も確認します.でも同僚と一緒だと,彼がそう言ってるんだからそうなんだろと注意を怠ることがしばしば.逆もまた真なりで,僕の勘違いしたのがそのまんま皆に伝わってしまうことも.

今朝のParis発アメリカ行き.全く理由は分からないのですが,何故か自分はAtlantaに飛ぶものとばかり思ってたのです.空港のチェックインカウンターでAtlanta行きに搭乗すると伝え,おまえの名前は搭乗者の中に無いと言われてめちゃくちゃ焦りました.予約に手落ちがあったか,もしかして帰国日を間違ったか.

あたふたと旅程表を調べ直したら,なんとSaltlake City行きでした.一人旅だったら絶対にありえないポカに,自分のことながら開いた口が塞がらない状態でした.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail