「電車」タグアーカイブ

東京の電車で見かけたブルーメン

八重桜

電車で向かい側に座っていた男性を,思わず注視してしまいました.上から下まで真っ青です.

青い服,青いパンツ,青い靴に青いバッグを抱え,手には青いカバーのかかったスマホ.きっと下着も青に違いない.

もしかしてラッキーカラーが青なので,青で統一しているのでしょうか.

もしかしたら近くに赤とか緑の人もいて,人類の危機には5人チームで戦ってくれるのでしょうか.

統一色コーディネートと言えば,知り合いの某欧州人,襟がピンと立ったワインレッドのシャツをオシャレに着こなしていました.でも翌日も同じ色.その翌日も同じ色.

気になって注意してみていると,同じ色どころか,全く同じシャツらしい.

まさか毎日同じシャツで着たきり雀とは思えないし,可能性としては全く同じシャツを何枚も持っているということか.いやもしかしたら,それしか無いのかも.

そんな変な奴もいたなぁと一人思い出しつつ,ふと自分を省みたら青いジーンズ青いサマージャケット.自分も同じだった.でも下着は青では無かった,と思う.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

現ナマを積んでますよと宣伝中

花びら

東京は公共交通機関が充実し,何処でも簡単に行ける便利な都市だと思っていました.でもそれはどうやら中心付近のみの話のようです.

四方八方へ伸びる線路,それに沿った移動は簡単だけど,その中間に行くすべが無い.いや無い訳じゃないんですが,路線バスの旅だったりと少々面倒.

つつじ

滞在先の大学(目黒郊外)から別の東京郊外の研究所や大学を訪問するのに,Google Mapで路線を検索すると,かなりショッキングなルートが出てきます.

一旦山手線まで戻ってそこをちょいと回り,なんたら線に乗り換えろと.直線距離にすれば大したことは無い筈なのに,どう考えても三角形の二辺を辿る遠回りです.

明日の目的地も,直線距離は15kmくらいの移動なのに,電車だと倍以上ありそう.それでも信号機だらけの都会,車で移動するよりは電車の方が早いんだろうけど.

ちょっと違うんだけど,平塚にある東海大学湘南キャンパスへ行く方法をGoogleで調べたら,まず新幹線で小田原まで行って,そこから小田急で戻るっていう壮絶なルートが出てきました.

面白そうなのでやっちゃいましたが,新幹線の隣の席に座っていたビジネスマンの,早朝だと言うのに深川めしにビールという強烈な誘惑に晒されることになりました.

さて今日の一枚.

移動式ATM

銀行強盗に襲撃してくださいと言ってるようなバス.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

コンビニのワインで軽く車中盃

電車でワイン

東京駅のコンビニ,さて缶ビールでも買って新幹線に乗り込むかと思って商品棚をみたら,ワインがあります.ビールは腹が膨れるので,ワインで軽くいっぱいやるか.

その証拠写真を撮ってみたのですが,サイズ比較対象が無いとまるでフルボトルを電車内でひとり飲みしてるみたいですね.さすがにそんなお行儀悪いこと,したことありません(と思います).

ボトルはおそらく250ml.プラスチックコップはおちょこサイズ.ちゃんとコップも付けてくれるんですね.ラッパ飲みしようかと思ってましたが,ワインボトルをラッパ飲みなんてそんなお行儀悪いこと...あるな,これは.

缶ワインなんてのがあれば,こんな侘びしいプラスチックのコップは不要なのですが,どうなんでしょ.あるのかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

夏の北イタリアから,放置されたスーツケース

EC
EC

先々週日本からアメリカに戻ったばかりですが,今度は北イタリアのTrentoという町に来ています.過去に一度訪問した土地ですが,それは20年くら前のこと.すっかりさっぱり忘却の彼方です.

前回はMilanoから電車に乗って辿り着いたのですが,こういう時に便利なのが多彩な外国人顔ぶれの職場.とあるイタリアンに聞いたら,Muenchenミュンヘン,英語綴りだと何故かMunich,まあいいけど,とにかくドイツに飛んでそこから高速鉄道がベストだとのこと.

First Class 指定席
First Class 指定席

ミュンヘンならアメリカから直行便があります.そこからEuroCityで4時間でTrento着.時間はかかりますが,イタリア国内での乗り継ぎが無いのが良い.指定席を予めネットで予約しておけば,スーツケース引き回しながら空席探しする手間も省けます.

イタリアの会議なのにドイツに飛ぶなんて普通は思いつかない… と思ったら,実は全く同じ方法に行き着いたアメリカ人二人と同じ車両内で遭遇.同じ会議への参加です.

電車の旅
電車の旅

南ドイツからイタリアへ,チロルの山々を車窓から眺める旅も格別.コンパートメント内では他の乗客が居眠りしていたので,雑談もしにくい.三人連れ立って隣の食堂車に移動.

最初はコンパートメントに放置してきたスーツケースが気になったのですが,食堂車でビール・ワインのグラスが進むうちに,どうでも良くなってきました.

結局4時間の列車の旅のうち,3時間を食堂車で飲んでたんだから,何のために座席指定取ったのか良く分からない.

Trento
Trento

ほろ酔い気分でTrento駅に到着間際,ようやく自分の座席に戻ると,スーツケースはそのままちゃんとありましたよ.まあ盗んでも何の得にならないものしか入ってないのは,泥棒さんも知ってるんでしょう.

一年ぶりの北イタリアです.昨年はComoでしたが,今回はもうちょっと山の中.パスタとピザの日々が始まります.ワインとビールの日々かも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Suica,海外からの日本旅行者にすごく便利

公衆電話
公衆電話

昨年10月に同僚数人と日本出張した際,全員にSuicaを買わせて毎日の電車に使っていました.毎回切符を買うからいらないと言っていた奴も,ラッシュアワーの駅改札口に恐れをなして改心したようです.

アメリカ帰国後,もう使わないからと全員のSuicaを回収し,それを今回日本で使っております.どれに幾ら残っているのか分からない面倒はありましたが,改めてプリペイドカードの便利さを再確認しました.

とりあえず全部使いきった後,一枚を残してみどりの窓口でデポジットの払い戻し.残した一枚をアメリカのクレジットカードを使って再チャージ.これで余計な transaction fee は一度で済むはず.細かな買い物は全部Suicaで済ませるので,小銭蓄積問題も解決.

問題があるとすれば,簡単なのでつい使いすぎちゃうことか.スタバにふらりと入ってラテを注文.もし現金払いだったら,財布の中身と相談してほんのちょっとだけブレーキがかかりそうな気もします.経済発展に貢献してるんだと思うことにしましょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

パリのプリペイドカードNavigo,続き

バーの中に信号機
バーの中に信号機

昨日も話題にしたパリ交通機関のプリペイドカードですが,その続き.

1年前にカード購入したときは,カード本体のデポジットが5Euro,それプラス一週間乗り放題が35Euroと記憶していました.ところが今回そのカードをリチャージするときに表示された金額は20Euro,これは何か間違っている.きっと間違ったゾーンの切符を買ったに違いない.市内専用とかね.

でも駅員に聞いても要領を得ません.仕事ではパリ郊外に出ます.ま,なんとかなるさとそのまま使っていたら,珍しいことに,列車内で検札に遭遇.正しい切符を持ってないと,とんでもない罰金を取られます.

うまく考えたもので,乗客が逃げられないように,車両の前後から同時に複数人が乗り込んできます.

恐る恐るカードを差し出すと機械でチェックされ,そのまま Merci で終わってしまいました.どうやら20Euroで間違いは無かったらしい.

それにしても変です.一年前は倍の料金を払ったのに.

ちょっとカオスなバー
ちょっとカオスなバー

パリ在住の友人に聞いて疑問が氷解.昨年このカード料金が劇的に下がり,ゾーン制も無くなったんだとか.一週間券の始まりが月曜日ということと,裏に貼る小さな写真が必要なことさえ忘れなければ,パリ滞在には相当にお得なカードです.

ちなみに僕は写真を忘れたため,Salt Lake Cityの空港のラウンジにあったプリンタで大慌てで印刷しました.検札では,写真が貼られていることもしっかりとチェックしておりました.危ない危ない.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

自動改札機に負けない人々

Decouverte
Decouverte

以前購入していたパリ交通機関のプリペイドカード,CDG空港到着と同時に自動券売機を使ってリチャージしました.一週間乗り放題で20ユーロなのでお得です.

そのカードでバリケードのようなパリの鉄道の自動改札機を通ろうとすると,何故かゲートが開かない.リチャージ失敗したかと切符売り場に持っていくと,月曜日から一週間有効なんだとか.到着日は日曜日なので,その翌日から.已む無く市内までの切符を別途購入しましたが,それが10ユーロ.なんか解せない.

それはそうと,昨年10月に東京へとやってきたフランス人友人,しっかりスイカを活用しておったそうです.でも日本の鉄道のシステムに大きな疑問があると言います.

「あの自動改札機,誰も乗り越えないの?

運賃踏み倒すのに,改札を乗り越えちゃう.昔そんな光景をパリのあちこちで見かけました.今はバリケードでがっちりブロックされてるので,早々簡単にはできない.それでもやってるらしいけど.

空港で朝ごはん
空港で朝ごはん

田舎の駅ならそのまんま出て行けちゃうけど,自動改札機を乗り越える人は見たこと無いなあ,と答えたら

なんでやらないの?

なんでって言われても…

ところでフランス版プリペイドカードなんですが,駅で出ようとした時,どうやらうっかり二度スキャンさせてしまったらしく,ゲートが閉じて立ち往生してしまいました.だからフランス人は乗り越える技を身に着けているのか,何て言ってる暇は無い.後ろから次々と人がやってくるのに,出るに出られない.

困ってると,学生さんみたいなのが「ついてこい」って言ってます.なんだろと思ったら,自分の定期券でゲート開けるから,一緒に出ちゃえと.フランス流,も一つ身に付けました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail