「雲」タグアーカイブ

彩雲,いいことあるかも

夕方の空,太陽に雲がかかってちょっと肌寒いなと見上げたら,雲の端が色づいてます。彩雲です。ここで見かけるのはちょっとめずらしいと思うのですが,注意して見てないだけかも。

画像処理してるようにも見えますが,そんなとこありません。まさにこのまま。

拡大したのがこちら。

印象派の絵のような彩雲,何かいいことあるかもしれません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

広がるひらぺった雲

むくむくと山裾一箇所から立ち上ってきた入道雲が,葉っぱのように広がっていきました。不安が過ります。山の向こうから昇ってくる一筋の雲とくれば,山火事の煙と相場が決まっています。

山火事は常時どっかで起こっています。問題はそれが近いか遠いか。自宅に戻ってネットでNew Mexicoの山火事状況をチェックしました。

西の山の裏側で落雷による山火事は起こっているようです。でも方角がこの雲とはちょっとずれてそう。やはり普通の雲なんでしょうか。

こんなに薄く広がっていく雲は初めてです。葉脈みたいなものまであって,なんだか生きてるよう。雲の世界も多様ですね。

雲の研究を生業にすればよかったと思います。野原に寝転んでのんびり雲を眺める。さぼってるんじゃないよ,仕事だよ。そのうちウトウト。居眠りじゃないよ,熟考してるんだよ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

午後の雨が近づく

iPhoneのタイムラプスを使って,Los Alamosの空に雨雲が広がってくる様子を撮影してみました.30秒ほどの動画ですが,実際はウッドデッキのテーブルの上にiPhoneを1時間放置して撮影しています.

撮ってる間も遠雷がゴロゴロ.最後は雨がぽつぽつと降ってきたので,室内へと引き上げました.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

くもくもくもく

飛行機に搭乗すると,客室乗務員が救命胴衣の使用方法を説明してくれます.あれ,いつも不思議に思うのですが,救命胴衣って水に落ちたときに役に立つんですよね.北米大陸上空を飛ぶフライトで救命胴衣はどうやって使うんだろう.もしかしてパラシュートになる?

年がら年中晴天のNew Mexico,ここからのほとんどのフライトは全く雲も無く赤茶けた大地がひたすら続きます.でも東海岸あたりまでくると,ようやく雲がダイナミックに広がる風景を眺めることができます.こんなの日本じゃ普通だったような気もするんですが,最近は逆に新鮮.

もし窓が開くなら,雲の中に手を突っ込んでみたい.ふわふわしてそうです.


FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail