「雪」タグアーカイブ

氷の世界をもっと覗いてみる

小さな氷の世界の続きです。積み上げられた雪の中に小さな小さな氷柱や氷筍ができてます。そんなのを見つけるのが楽しい。

気温はまだまだ低いながら,晴天続きです。もう一回くらい雪が来ないかな。東海岸のほうはかなり雪が降ってるようですが,こちらは全くなし。この様子だと雪の結晶の写真は次の冬に持ち越しかも。

氷の世界を覗いてみる

氷の中に閉じ込められた気泡。午後の散歩がてら,マクロレンズを装着したiPhoneで氷の世界を撮ってきました。本当なら雪の結晶を撮りたいがために買ったマクロレンズですが,残念ながら雪が降ったのは昨年末とのこと。除雪で積み上げられた雪が日中少しとけ,夜間再び凍結し,不思議な世界を見せてくれます。

面白い風景を探して,際限なく写真撮ってしまいました。マクロレンズなのでフォーカスが合う部分が狭く,そこをさらに拡大して切り取っています。どんな写真が撮れてるかは,パソコン画面に広げてみないと分からない。

長旅のあとの仕事リハビリ中

今回のどたばたで二ヶ月フルに休暇を取りました。間に感謝祭とクリスマス休暇を挟んでるので,実質一ヶ月ちょっとですが,それでもかなりの間,仕事を放り出していたのも事実。この一週間はもとのペースを取り戻すリハビリ週間。

最初の頃,日本でも仕事メールは読んでいたのですが,読めば何かしないといけない。やがて放置してしまったので,数百通のメールが蓄積しておりました。実際に重要なのは10-20%くらいなので,残り全部削除。

その他,緊急の書類を用意したり電話したり。

運動不足ですっかり鈍った体をなんとかせねばと,ジョギング再開。気温は東京より低いものの全然寒くないので,昼間なら短パンでOK。さすがに上はパーカー着てます。

広い空に雄大な山々。これまた長らくご無沙汰だったもの。こういう日々を取り戻すのもリハビリの一種でしょうか。最も取り戻さないといけないのは日本帰国前の体重なんですが,まだ恐ろしくて体重計に乗ってません。

コロナ禍の日本帰国,東京雪景色

渋谷Bunkamuraで開催中のフィンランド・デザイン展にふらりと立ち寄り,外にでたらこの状況。天気予報で雪になるとは聞いていましたが,まさか都心で積もるとは。

これはやばそうだと渋谷駅まで走り,地下鉄へと「上り」ました。変な駅。

家に戻ってきたときにはもう雪景色。東京は雪で大混乱。ニュースでは転倒した車や滑って怪我した人のニュースなどなど。これくらいの雪で?とは思うものの,慣れてないんだからしゃあない。

雪の夜はぬくぬく炬燵でお抹茶。アメリカ帰国後,しばらく体重計には乗らない決心。

コロナ禍の日本帰国,再び久住へ

前日みぞれ混じりの雨だったので高原はチェーン規制かもと心配していたのですが,ほぼ大丈夫でした。問題はここから牧ノ戸峠へ登ること。下からは真っ白に見えます。

でも上から普通に車は降りてくるので,道路は大丈夫そう。登りましょう。

木々は霧氷で真っ白,美しい。

流石に牧ノ戸まで来ると駐車場は真っ白。気温は氷点下です。そろりそろりと駐車。

/

山を降りる途中のお食事処で遅めの昼食。温かいお蕎麦で一息つきました。

手遅れであったか

先週,アスペン黄葉を見に山を散歩しましたが,おそらくピークは今週末。ということで最高の黄色いトンネルを体験しに,満を持して再び山へ入りました。

ところがアスペンの葉はすでに灰色がかって落ち始めています。黄色のトンネルはすかすかで青空が眩しいほど。

今週一度気温がぐっと下がり町中は雨,そして山が雪だったのが理由でしょうか。なんとまだ雪が残ってました。

なんとか黄色が眩しい場所を見つけて,証拠写真をパチリ。でもほとんどのアスペンは黄葉を終えたか,その前に枯れかけてます。今年は運が悪かったっぽい。