「雑誌」タグアーカイブ

8ヶ月遅れの雑誌

仕事柄,学会なるものに入っています。日米合わせて3つも入っているので,年会費もそれなりに。日本の方はもう辞めてもよいとは思うのですが,何となく義理で続けています。

学会に入っていると,何か良いことがあるのかと言われると,たいしたことはありません。研究会参加費が割引になるとか,毎月学会誌が送られてくるとか。でもこの学会誌が少々困りものなのです。

何でもオンラインで読める時代になってるのに,未だに日本から印刷物を送ってきます。それも船便なので,届くのは2ヶ月遅れです。おまけに海外発送の追加料金を取られます。学会誌不要というオプションは無いらしく,已む無く毎年少々高い会費を納入。

昨日,職場のメールボックスを見ると,そんな学会誌が届いていました。タイミング的に昨年の11月号が届いたのかなと思ったら,なんと昨年の4月号!?

ぱらぱら眺めて見ましたが,どの記事にも見覚えありません。いくらここが田舎だからって,さすがに郵便が8ヶ月もかかることは無いでしょう。送り忘れてたのを,今になって事務局が気づいたんでしょうか。

でもそれが届いてないことに自分も気づかなかったってことは,要するに真面目に読んで無いってこと。面白い記事でも載ってれば,しっかり読むんですけどね。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

雑誌色々読めます

ipad screenshot
ipad screenshot

NTTドコモのサービス,dマガジン,月々たったの400円でたくさんの雑誌をタブレットで読むことができます.とは言っても,大雑把に言って大体全部の記事.削除されてる記事があるのと,写真に関しては超うるさい某アイドル事務所所属のタレントの写真は消されております.海外からの契約については,まあそのゴニョゴニョですが,アクセスについては何の問題も無し.

僕自身,いわゆる週刊誌は滅多に読みませんでした.帰国時に週刊アスキーを買っていましたが,昨年紙媒体が無くなってしまい,楽しみが一つ減って落ちこんでいたところ.やむなく帰国時に成田空港で週刊新潮とか文春を買い,機内でぱらぱらと斜め読み.しかし政治・芸能・スポーツの話題はつまんないなので,読む部分は少ない.

dマガジンで週刊アスキーを読めるようになったものの,電脳なをさんがすでに無くなっていたことに再びショック.これを楽しみにしてたのに.

それはそうとアプリにずらりと並んだ雑誌,見たことも読んだこともないものがたくさんあって,ついついあれこれと開いてしまいます.まずは情報系雑誌,そんで週刊誌,ついには女性ファッション誌まで.いやーいろいろあるもんだ.ファッション小物のおしゃれなコーディネイト,自分の人生でこれほど役に立たない記事があっただろうか.

雑誌一ページ分がiPadの画面に縮小されるわけですから,それなりに文字は小さくなります.もちろん拡大はできますが,紙媒体の便利さにはあと一歩か.

もちろん電子版ならではの優れた点も多くあります.大量の本がiPad一つに入るのはもちろん,雑誌をダウンロードしてしまえばオフラインでも読むことができます.つまり機内にiPadを持ち込んで読めるわけ.MacbookにAndroidのエミュレータを入れて,その上でdマガジンのアプリを動かすなんてのもできそうです.そうすればiPadも持ち歩かなくていいかも.暇人だねって言われそうだけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Consumer Reportsを無料年間購読

Consumer Reports

友人からConsumer Rerpots誌の無料年間購読をギフトとして頂き,その1月号が送られてきました.発行しているのは,売られているモノやサービスを比較調査してレポートする非営利団体で,公正を期すために広告は載せないそうです.暮しの手帖にちょっと似てるかも.

この雑誌のことは知っていましたが,実物を読むのは初めてです.Wikipedidaの記事によれば,購読者は730万人(Web版を含む)に及ぶそうだから驚きです.友人もこの雑誌の熱心な購読者で,何かにつけて「コンシューマーレポートによれば...」とこれを引き合いに出します.

今月号の記事をざっと読んでみましたが,結構おもしろい.掲載されている対象物は,冷凍食品,ワイン,携帯電話のサービス,スマートフォン,パソコンのモニタ,食器洗い機から車と,広範囲に及びます.その他,安全なパスワードやジュースに含まれるヒ素など,消費者の安全に関わるもの記事など.

ただ昨年話題にもなりましたが,アンテナ問題のために非推薦となったiPhone4のように,行列をなしてでも新製品を手に入れたい消費者とは随分と遠い関係にあるようです.

今回のワインの記事,$3から$37までの39種類のワインをテストし,そこから15本を推薦するという記事はしっかりとチェックしました.おそらく普通に買えるワインをテストしたんだと思いますが,そこに挙げられているChateau Ste. MichelleColumbia Crestは僕もコストパフォーマンスが高いワインとしてよく買います.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

日本一薄い和菓子

from Japan

日本からのお土産です.週間アスキーが二冊,肩たたき付き孫の手,ソフトバンクホークスのバンダナ「今年はやらんといかんばい!」,それに熊本銘菓「松風」.

この和菓子は,福岡のわんこさんからの頂き物です.どうもありがとうございます.一生大事にします.

「今年はやらんといかんばい!」バンダナは何に使いますかね.クゥの首に巻く? 黒い犬でもいいのかな.ホークス応援には逆効果か.



松風

この「松風」という和菓子,昔からよく食べており,懐かしいです.薄焼きせんべいなんですが,日本一薄いとは知りませんでした(あまり薄さを張り合うことは無いと思いますが).

逆に日本一長い和菓子とか,日本一厚いとかあるんですかね.茶の席で出されたら面白いかも.

にじり口から日本一長い和菓子を差し込んでると,お客さんに突き刺さるとか.

日本一厚い和菓子を供し,「三口で食べるのが決まりです」とか.

日本一のハワイ菓子かと思って頂いたら,実は日本一速い菓子で,舌を噛んだとか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

海を越えてやってきた週刊アスキー

weekley ascii

先日,日本からやってきた友人が「はい,お土産」とくれたのが,週刊アスキー.思わず
週アスかよ!
と声が出ちまったい.

以前,出張時,飛行機や電車に乗るときによく買っていて,読み終わったものを彼に押し付けたりしてたので,その復讐,じゃない,仕返し,じゃなかった,お返しでしょうか.電気モノ系は好きなんで,いいんですけど.

この雑誌,安い割りには読む部分もそれなりにあって,今でも日本に戻った際には,成田空港の本屋で買い,帰りの飛行機の中で読んだりします.

しっかし,こういう雑誌に並ぶ煌びやかな日本の電化製品を眺めていると,アメリカですっかり枯れ果ててしまった物欲が沸々とわき起こってきます.こっちじゃ,欲しいと思えるようなパソコンなんて全く見かけません.A社好きには天国かもしれませんけどね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail