「野生動物」タグアーカイブ

庭の片隅の狩りの時間

散歩してたときのこと。家の前庭にカラスが立っています。別に珍しくもありません。僕がある程度近づけば飛び立って逃げるのが常です。そう考えながらカラスの前を通り過ぎようとしたときのこと。

なかなか逃げません。飛び立つのではなく,とんとんと地表をジャンプしてちょっと避けるのみ。あれ,なんか変だな。もしかして飛べないのかな。

と思った直後,ぱたぱたと飛び上がりました。でも数mで着地。やはり飛べないようです。怪我してるのか,弱ってるのか。かわいそうに。

ふと,さっきカラスが立っていた先をみると,なんとそこにウサギ。どうやらこのカラス,ウサギを狙ってたらしい。弱りつつも獲物を狙う,なんとも過酷な自然です。

ウサギはその場にうずくまっているように見えましたが,多分余裕で逃げることができたんでしょう。その後カラスは小さくジャンプしながら去っていきました。

Bear Festivalで貰ったクマ避け鈴

先週Los Alamos Nature Centerで熊にちなんだ催し物があり,お土産がもらえるとかで行ってきました。BearだからBeerも出るというのに釣られたというのはさておき。

Bear Festivalと名はついているものの,そこは小さな町。野生動物の生態の展示が幾つか出ている程度です。それなりに興味深い展示ではありました。

お土産はスポンサー銀行の名前が入った小さなクマさんと,熊よけ鈴。鈴は早速ハイキング時のリュックへ取り付けました。せこいながらAmazonで定価を調べたら$7ほどします。クマのヌイグルミもそれくらいはしそうです。なんとも太っ腹。

その鈴の商品紹介でのQ&Aにあったやり取りがちょっと可笑しい。

「もしクマに襲われたらお金返してくれる?」

「まずはクマにインタビューし,どうして攻撃したのかその動機を確認のうえ,払い戻しするかどうかを決定いたします。あなた自身が手続きできない場合に備え,遺族の方が領収書の場所を分かるようにしておいてください」

簡単危険な登山しよう

見た目簡単に登れそうだと,先々月チャレンジしてガラガラヘビに遭遇したMt. Los Alamos。どうやら登山方法を間違ってたと反省し,正しそうな登山道を探しました。

地図をみると,どうやら裏側の尾根伝いに登るっぽい。まずは山を横に眺めながらぐるりと裏側へまわると,なるほど整備されたトレイルがありました。

前回は這いつくばって岩登りしたのに,裏側はこんなに楽な道です。頂上までもうすぐ。

そんな場所に誰かさんのぽっとん落とし物。かなりでかいう○ち,間違いなくクマさんです。それもかなりフレッシュ。数時間前にここで用を足して行ったに違いない。鈴を鳴らしながら頂上に向かいます。

さほど高い山ではありませんが,頂上からの眺めは絶景です。遠くSanta FeやAlbuquerqueまで遠望できます。かなたの雲の下は嵐。

標高は2500mほど。とはいえ登山口の時点ですでに2350m。登って降りて1時間程度の楽な登山です。クマとかガラガラヘビが出ないなら,また行こうかな。

しかでしか

やたらと鹿を見かけます。今までも町中に普通に出没しておりましたが,彼らの行動範囲はかなり広がったようです。やはりコロナ禍で人通りが減った影響でしょうか。

かつて出没地帯は住宅が少ない道路脇とかにほぼ固定されていました。ジョギングコースでもあったし,テニスコートの横だったりしたので,ピンポイントで鹿さんに遭遇するのは普通でした。うちの家も谷に面しているので,鹿が庭にいてもさほど違和感ありません。いやあるけど。

それが今年になると,住宅街ど真ん中を悠々と歩いております。あちこちの花壇に入り込んでるので,多分花をむしゃむしゃやってるっぽい。

いつの間にやら立派な角を生やした鹿。あれに遭遇するとちょっとびびります。怒らせたら突いてきそう。そしてついにはバンビが走り回るのを目撃。こりゃ繁殖してますな。町中が鹿公園になる日は近い。いまのうちに鹿せんべいのライセンス契約を結んでおこう。

夏は短し歩けよ毎週

これと言って楽しみも無い田舎生活です。おまけに出張というものが全く無くなってしまったこの一年半,週末散歩が恒例です。

車をちょっと走らせてトレイルヘッドへ。せいぜい10分の距離です。そこから1〜2時間程歩くのが定番。幸い散歩道には事欠かない土地柄です。おまけにどこへ行っても奇岩織りなす大自然のど真ん中。車を使わずとも,徒歩圏内にも散歩コースが幾つもあります。

8月に入って午後の嵐も少し落ち着いてきたっぽい。気温も下がってきて散歩日和です。ちょっと困るのは蚊が出てきたこと。水が溜まったところがあれば,蚊に要注意です。

それ以上に要注意なのは,もちろん野生動物。昨日は小さな蛇を踏みそうになりました。ring-nacked snakeという無害な蛇だったようですが,あの長い奴に出会うとやっぱりビビリます。

クマさんも出没します。2日前の深夜,家の前でガサガサ音がしてたかと思うとバーンと何か倒れる音。

玄関からそっと様子を見たら,クマさんが向かいの家のゴミ箱をぶっ倒して漁ってました。やばい。

その後,ガサガサバーンは何度か続くも,次第に遠くのゴミ箱へと移動したらしく,うちの玄関をノックすることは無かったようです。

出没回数多めな年かも

週末の山散歩,実はクマさんに遭遇しました。とは言っても帰り車中なのでギリセーフ。見かけた瞬間にスマホに手を伸ばしたくらいの余裕です。慣れてちゃやばいけど。

クマさんが普通に出没するエリアなので珍しくもないのですが,今年の目撃頻度は多めかもしれません。例年ならゴミ出し日の早朝がクマさん出勤日の筈なのに,今年はコロナ禍のせいか連中もカレンダーを忘れがちとか。

山火事が広がって山に食べ物が少ないときは人里まで降りてきますが,今年は近隣の火事も(まだ)無く,山は緑に溢れています。一体どうしたことやら。

それにしても,車に乗った後でのクマ遭遇でよかったです。森の中,クマさんに出会ったら,そらもうスタコラサッサ逃げるしかありません。いや逃げてたら追っかけてくるんだっけ。