「野生動物」タグアーカイブ

ここを通ろうってのかい

歩きながらスマホで時間確認し,ふと顔を見上げたら,真横におりましたよ。普通は攻撃してくることはないでしょうが,この角見せられたらビビリます。

町中で鹿が出没するエリアはだいたい決まってるのですが,この付近だと道路反対側が定番。なのでちょっと油断しておりました。

鹿さんとすれ違うと,彼らだいたいこっちをじーーーっと見つめています。そして一度だけ,ずんずんこっちへ向かってきたことがあります。

なので目をあわさないよう歩き去る。もしくは鹿せんべいを常備。

小さく大きな生命力

キャニオンへ降りると,雨のシーズンだけ水が流れる川が底を通っています。そんな時期は蚊も出るので水場は避けるのですが,気温も下がってきたので久しぶりに散歩してきました。

木陰にはまだ水たまりがちょっとだけ残っています。そこを覗き込んでびっくり,なんとオタマジャクシ。

そもそもここでカエルを見かけたことは一度もありません。オタマジャクシが泳いでるということは,カエルも生息しているということ。あまり水分が必要無い種類なんでしょうか。

ここしばらく雨が降っていません。この小さな水たまりも,彼らが成長するまえに干からびるんじゃないか,そんな心配もあり,週末に少し水を補給してきました。今夜は雨の予報なので,もうちょっと水位が上がるかな。

森のじょーーーず

色んなワイルドライフ見てきましたが,こんなのは生まれて初めて。野生動物の骨は何度か山で見かけました。でも下顎が木にぶら下がってるなんて。

おそらくは鹿の顎。木に登ってそのまま宙づりで死んだというわけでもないでしょうから,誰かがイタズラで落ちてた骨を引っ掛けたんでしょう。あるいは呪いの儀式か。

さすがに持って帰るには不気味なのでそのまま通過。やがて彼方から何か声が聞こえます。

まるで子供が叫んでるような声。呪いが悪魔を召喚か。

と,すぐ近くから人の声

「あれはエルクじゃよ」

近くの岩で休んでいた年配のハイカーが話しかけてきました。警告の声なのか,はたまた発情期なのか,あんな声を出すんだとか。呪いの儀式も不吉ながら,おじさん,もしかして森の妖精?

お部屋にびっくり珍客

オフィスで同僚と議論してて,んーー,どうなのかなあと両手を頭の後ろに回し虚空を凝視してると,天井近くの壁に毛玉っぽい異物。

でっかい蛾が繭でも作ったのかと思ったら,そうじゃないみたい。

コウモリ?!

紛うかたなきバット,ひっくり返って壁にくっついてます。どっから入ってきたんだ?

追い出すにも,バタバタと飛び回ったら嫌です。多分夜間どっかに飛んでいくだろうと放置してたら,翌朝はもういませんでした。

そのうち近くの部屋から誰かの悲鳴が聞こえてくるかも。

お客様,1名様ご案内

アプリコットの季節なので,お客さんもやってきます。まだ子熊かな。

リスが落としたアプリコットの実をむしゃむしゃやってたので,こっそり撮ってたら気づかれました。

お互いにびっくり。大急ぎで家の中に戻り,ドアに鍵。

クマさんの方も木の陰に逃げ込んだようですが,しばらくそこでうろうろ。こりゃ今日は外には出られない。

夜,地元のニュースサイトにもクマ出没ニュースが出ていました。おそらく同じクマ,でもちょっと離れた場所だったので,僕に驚いて逃げていったのかな。

水分増えてきました

先週まで晴天続きだったのに,急に天気が悪くなってきました。今週は毎日雨の予報。とは言ってもどっかで降るかもという程度の雨ですが。

雲が広がれば夕焼けも。夜8時くらいにほんの10分程度見られる,ダイナミックな夏の夕焼けです。

大地に水分も補給されたせいか,トレイルの散歩禁止もようやく解除。これからは週末散歩の行動範囲も広がりそうです。

そういえばつい先日,職場で警報メールが流れてきました。どっかにクマさんが出たので注意とのこと。水を求めて麓まで降りてきたんですかね。