「酒」タグアーカイブ

Bathtub Rowで一人飲み

Bathtub Row Brewing

徒歩圏内にあるので,たまに飲みに行くBathtub Row Brewing Co-op,夕方友人と待ち合わせていたのですが,いつまでたってもやってこない.先に飲んどこうと,一杯貰ってきました.これはPilsner.

生協の一部なので会員なら割引がありますが,生憎会員にはなっていません.とは言っても一杯$5,6程度.カウンターで注文してその場で払うcash on delivery方式.食べ物はポテチくらいしか置いておらず,基本は飲むだけ.

バーで一人で飲むのに勇気が必要かと思いきや,一人飲みしてる人はぽちぽちおります.右隣のおじさんはビールの泡が消えるのも気にせずスマホいじり.

左のテーブルにどかっと座ったおじさん,おもむろのビニール袋からチーズたっぷりのタコスを出してきました.どっかで買ってきた夕食らしい.この店は食べ物持ち込みOKです.

30分ほど遅れて友人到着.その頃は店内も満員.Los Alamosではスタバに次いで人気スポットかも.

二杯目は友人の奢りでHoppenheimer IPA.もちろんOppenheimerのダジャレですが,よくありがちなホップ効きすぎIPAと比べてちょっとマイルド.ビールを買って帰ることもできます.そこそこ利用するなら生協会員になってもいいんだけど,まあ夏の間だけでしょうね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

飲んでる人は置き去りにされます

Santa Feでの会合のために,毎朝早起きして車で1時間ほどの距離を通勤しています.まだ車を持たない新しいポスドク弟子君がLos Alamosに住んでいるので,毎朝彼をアパート前で拾い,夜再び送り届ける日々.

国際会議です.海外から遠路はるばるやってきた友人もいるので,ちょっとくらい飲みに行きたいところですが,なんせこちらは車.ホテルに泊まる手もあるけど,それだけの目的のために宿泊っていうのもねぇ.さすがに出張扱いにはしてくれません.

さて今夜は国際会議では定番のディナー.そんなに鯱張った晩餐会じゃありませんが,当然酒はでる.でも回りのペースで飲んでちゃ帰れなくなるので,食前酒を一杯だけもらって後はずっと水で我慢しました.

さてさて食後のコーヒーを飲み干し,さて帰るかと弟子の姿を探すも見当たらない.

どこ行ったんだと見回し,発見した場所はバー.このやろう,人が飲めないでいるのに...

放置して,ひとりさっさとLos Alamosへ帰ってきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

コップにコーヒー,コップでワイン

レストランでよく見かける普段用グラス.2つだけ買ったのですが,この形に何か特別な名前があるんでしょうか.サイズ的に便利なので,どうせなら4個セットで買っておけばよかった.

夜,こうやってコップ酒でちょい飲みしながら仕事します.片方は赤ワイン,でももう一方はアイスコーヒー.グラスに入れておくと見た目そっくり.赤ワインのつもりで口に含んだ瞬間アイスコーヒーだったら,かなり混乱します.

ワインをワイングラスに入れておけば間違わないんですが,コップ酒の方が気楽です.そもそもアイスコーヒーをワインと同時に飲んでるのが変なんですけどね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

無言のディナーを回避する

ご自宅での夕食のお誘い.ご夫婦の家庭で,客は僕一人だけです.大変ありがたいながらも,少々緊張するし,そもそもどんな会話をすればよいのか.沈黙の瞬間がちと怖い.

大きなお宅です.玄関の呼び鈴を鳴らして広大な居間へ案内されると,その片隅にあったのがグランドピアノ!

しめた!と思いましたよ.これで間が持つ.

「どなたか,ピアノを弾かれるんですか」
「このピアノは家内の母親が持ってたもので,彼女はピアノ教師だったんだ」

奥様もピアノは習ったそうですが,今は弾いてないとか.奥様の母親のピアノです.製造から100年近く経ってるかも.聞いたこともないメーカーでした.写真を撮り忘れたのが残念.

「ちょっと触ってもいいですか」
「ピアノ,弾けるの?」

E. Grieg

ちょっと触ってみたら,調律はそんなに酷くは狂っていません.でもアクションそのものにかなりガタがきています.なんとか弾けそうだったので,パソコンをピアノの上に置いて,楽譜を表示.

Chopinの前奏曲を弾き始めると,実はご主人,クラシック音楽好きだったらしく,「ああ,その曲,大好きなんだ」.

請われるままに Chopin, Bach, Schubert, Brahms...夕食前に小一時間弾いてすっかり緊張感が解れ,その後のディナーも会話がはずみました.やれやれ,なんとか乗り切ったようだ.

ホテルまで車で送ってもらい,冷蔵庫で冷やしておいた白ワインで一人晩酌.いや〜,うまい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

高級ウィスキーが台無しに

Honoluluのホテルのバーで軽く晩酌,シングルモルトのScotch.こういう良いウィスキーは,ロックかストレートで飲むに限ります.この夜も

「Macallanをストレートで」

と,はーどぼいるどに注文.二杯飲んだらボトル一本買える値段だなとか,そういう無粋な事は言いっこなし.

しかしウェイトレスがテーブルに置いたMacallanは,何故かしゅわしゅわと泡.

「なにこれ?」

「マッカラン・スプライトよ」

スプライト?
すぷ...らいと?
すぷ..れいと?
ストレート?

スプライトを混ぜられてしまったマッカラン,そんなんもっと安いウィスキーでええやん,とかそういう話では無い.注文したのはStraight,Spriteにはお引き取り願いました.「どうせ捨てるんでしょ,なら頂戴」とは流石に言えません.

ちなみに,バーでほんとにストレートが飲みたいときはNeatと言いますが,肉入りウィスキーが出てくるかもしれません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

キュウリの衝撃

Cucumber Sour

またこんな物を買ってしまった.キュウリのビール,Cucumber Crush

口の中に広がる衝撃の味は,まさにキュウリ.なぜキュウリのビールなのか,なぜキュウリである必要があるのか,ナマコじゃだめなのか,一体誰が買うのか.

子供の頃,夏の縁側で食べた冷たいスイカ.でも欲張りすぎて白色層までうっかり齧ってしまい,その瓜味にがっかりした思い出が頭を過ります.

でも驚いたことに,幾つかのビール評価サイトでこのビールが高得点をマークしているのです.彼らはスイカを食べるとき,きっと好んで白色層を食べているのでしょう.うちのばあちゃんは,あそこを漬物にしてましたけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

注目に値するワインラベル

notable

スーパーマーケットで売られてるワインの質は値段とほぼ比例してると思ってるので,$10程度のものを選んでおけば間違いないはず.でもそこはあの手この手で消費者の購買意欲をそそろうとするワインのエチケット.ついデザインに釣られて買ってしまうこともしばしば.

このワイン,まず名前が凝ってます.Notable,つまり注目に値すると主張してるのがすごい.

そんでもって,note(音符)-able(できる)だから,風味を♪で表現.ハ長調だと仮定すれば,この楽譜もGコードからCコードへちゃんと解決してます.

もっともこんな選び方してたら,ワイン会社の思う壺ですね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail