「酒」タグアーカイブ

iPhoneでシネマグラフを作る

Champagne movie

iPhoneで写真撮影するとき,Live Photosをオンにするとシャッターを押した瞬間前後を動画で保存します.正直言ってあまり使い道無いんですが,写真がぐにゅっと動くのが面白くて,いつもオンにしています.写真容量が増えるのが難点ですけど.

Googleのアプリ,Motion Stillsを使うと,Live PhotosをGIFアニメに変換できます.カメラをしっかり固定し,一部だけ動く風景を撮影すれば,こんなシネマグラフ風の動画も画像編集に苦労せず作れます.

Motion Stillsってかなりスムーズな動画を作ってくれる反面,結構コマ数を多く取り込むようです.blogに置くにはファイルサイズが大きめだったので,Gimpでコマ数を減らし,フレームのタイミングを調整し...ってやってたら,結局手作業でGIF作るのと変わらないか.

なんか面白いなこれ.他になにか作れないかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

バーの酒をお持ち帰り

wine

部屋にミニバーも無ければ,廊下にビール自販機もないアメリカのホテルです.風呂上がりに一杯というのができない.わざわざ着替えてバーに行くのも面倒です.

でも大抵のホテルのバーではお持ち帰りができます.一応,グラスを部屋に持って帰って良いか,バーのおっちゃんに聞いてみると,

Of course!

グラスをどんとカウンターに置くと,ワインをどぼどぼ...

どぼどぼ...

どぼどぼどぼ....

ちょ,ちょい,もういいから.溢れるから.

おっちゃん,表面張力に挑戦するかのように注いだですよ.部屋に持って帰るってんのに,

ちびちび飲みながらなんとか部屋まで持って帰りましたけど,部屋に持って戻るって言うんだからちと考えてほしかった.おっきなグラスに入れるとか.

でもこぼれないようにしてくれって頼んだら,ボトルごとくれたりして.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

缶に囲まれてビールを飲む

ビール

Californiaに来ております.すごく暑いんじゃないかと危惧していたのですが,全くの肩透かしで,朝晩は寒いくらいです.ジャケットを持ってきててよかった.もっとも朝晩の冷え込みを予想して持ってきたわけではなく,アメリカの会議室で定番の強冷房対策.真夏は寒い.

初日の会議を終え,天気も良いし,夕日に当たりながらレストランFirst Street Ale Houseの中庭で夕食.

ratatouille

夕食はラタトゥイユRatatouille,でっかいチキンが乗ってなくてもいいんだけど,それがCA流なのか.すでに陽が傾き,皿の上にパラソルの影を落としています.

ビールを飲んでた頃はまだ良かったものの,陽が落ちてからはもう寒いのなんのって.耐えきれずに,会計を済ませました.

缶ビールコレクション

小さくて見えにくいですが,これ全部ビール缶です.全米一の缶コレクションなんだとか.但しパブリックな場所では,との条件付き.6000本あるそうですが,全部飲んだのかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーン,ワイン,シュパーゲル

Schilcher Frizante

長いような短いようなウィーンの一週間の仕事が終わりました.今日の夕方はウィーン現地委員さんのご招待で,まずは赤葡萄で作るスパークリングワイン.かなり辛口ですが,夏の午後にぴったりな爽やかさです.これはかなり危険.ビールのようにぐびぐびやったら,絶対にその場で熟睡です.

spargel

そして出てきたのが,この季節の代表株,白アスパラガス Spargel

これもう大好きなんです.でも時期的にちょっと遅いかと思っていたのでレストランで探すことも無かったのですが,まさか最後の最後で出会えるとは.

spargel

極太の白アスパラ.まさにこちらの風物詩.根元まで柔らかく茹でてあり,思わず何本も食べてしまいました.

kirsche

さくらんぼのなる庭でのワインと白アスパラガスのひと時,それに現地委員さん奥様の手料理.一週間の緊張もほぐれ,疲れも吹っ飛び,まだまだウィーンに滞在し続けたいと思うひと時でした.本当にありがとうございます.次回来るときは,アメリカ土産をがっぽりと持ってきます.

...要らない?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

時差に慣れてくるのは三日目

海外出張で一番きつい3日目の仕事が終わりました.ウィーン到着してすぐは,旅の疲れのせいもあり,比較的良く眠れます.時差ぼけが来るのが3日目の朝.

頑張って夜中遅くまで起きていようと思っても,(酒のせいで)早めにダウン.早朝目が覚めたらもう二度寝できない.まあ睡眠時間はそれなりにあるからいいか.

St. Stephanにほど近い庶民的居酒屋Kolarで夕食.こういうサンドイッチ状の物が出てきます.ちょっとQuesadillaに似てるかも.

でも開いてみると,トマトやら具がぎっしり.このサイズでお値段700円程.かなりお腹を充実させてくれます.

早朝目覚めたせいでちょっと眠たいにも関わらず,友人らと二軒目の梯子.

ここは以前来たことがある居酒屋.そろそろウィーンの主だった店は行き尽くしたのかもしれません.

新規店舗開拓よろしく > 現地委員の方.

店の看板までワインで居座り,ほろ酔い気分でホテルへ歩いて戻りました.おかげで朝までぐっすり熟睡.朝シャンして,ドライヤーで髪を乾かしたら,頭がぶわんと膨れて大変なことになっています.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーン,暑かったり寒かったり

Schnitzel

かなり湿度があり,ワイシャツの袖捲りして仕事していたウィーンです.夕食は友人らとAustrianなレストランで,これまた観光客丸出しなWiener Schnitzelを早速頂きましたが,レストラン内部は暑い.

暑さに耐性のない僕が真っ先に音を上げて,外で飲める店へと移動しました.

Weisswein

ウィーンではもうほとんど行きつけにになってる店で,今度は白ワインをぐびぐび.

日が落ちると,今度は雨.一気に気温が下がり,リュックに丸めて入れてあった上着を取り出しました.

夏の寒さを楽しみつつホテルへ戻り,風呂入ってコーヒー飲んで,気づいたらベッドで寝てました.ま,初日はこんなもんか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱりIslay whisky

以前,と言っても10年以上前まだ日本に住んでいた時代ですが,良く行っていたバーに,大学時代の友人を連れて行きました.まだ営業しているかどうか少々不安だったものの,昔と同じ場所で昔と同じ雰囲気のままやっていたのは嬉しいものです.

このバーで友人に勧めたのが,島系Scotch,Islay Whisky,アイレイとかアイラとか呼ばれますが,そのLaphroaig.今じゃLaphroaigもBowmoreもオーナーはサントリーですが,アイラが手軽に入手できるようになった功績には感謝しておこう.

かなり癖のあるウィスキーで,好き嫌い別れるのですが,友人はかなり気に入ったようで,自宅に戻って早速ボトルを買ってきたそうです.

バーで飲むときはロック.大きな透明の氷のかたまりで出してくれます.ゆっくりとけるので,ウィスキーが水っぽくならないのが良い.

家で飲むときはもっぱらストレート.この方が味がはっきり...とカッコつけたいところですが,冷蔵庫でから氷を出してくるのが面倒なだけ.

ところでSanta FeのTrader Joe’sで売られているFinlagganというIslayが安くて美味しいのでよく買うのですが,これがちょっと謎.

と言うのもアイラ島にはウィスキー醸造所が8つしかなく,そこにFinlagganと言う名前は見当たらないのです.

どうやらその内のどこかがこの名前で出荷しているようなのですが,表向きには名前が出てこない.8つのブランド全部買い込んで,味の比較してみたら面白いかも.LaphroaigとBowmoreそれにArdbegは絶対に違うと思うので,実質5種類か.やれないことは無いな...

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail