「通勤」タグアーカイブ

原油安の恩恵は今の所無し

今日久しぶりにSanta Feまで車を走らせました。このほぼ三ヶ月,ほとんど車を出すことが無かったので忘れていたのですが,Santa Fe往復するにはガソリンが厳しそう。まずはスタンドに寄って給油です。

ガソリンを入れ終え,表示された値段にちょっと驚きました。たったの$15。リッターあたり50円もしないくらい?

もともとアメリカのガソリンは安いんですが,それでもかつてはガロン当たり$3弱くらい,リッターに直すと80円くらいでしょうか。

4月に原油価格がマイナスになったという衝撃的なニュースが飛び込んできました。その後次第に上昇していますが,まだその恩恵なんでしょうね。もっとも車を滅多に使わない在宅勤務の今日此頃じゃ,お金の節約になってるんだか良く分かりません。

ちなみにこちらの職場では大体半分がSanta Feから通勤しております。彼らは生活の便利さと引き換えに毎週のガソリン満タン代を「税金」として支払っております。

もっとも僕としてはガソリン代がかかるよりも,毎日の通勤時間のほうが勿体無いと思うんですよね。ここなら通勤時間10分未満だし。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

立ったまま眠れるようなら一人前

花びら

電車内,さほど混んでなかったのに間近に立っていたOLのバッグが僕の肘を直撃.どうやらパソコンが入っていたらしく,激痛です.バッグが凶器になるなんて,女性を怒らせてハンドバッグでぶん殴られて眼鏡が吹っ飛ぶというシチュエーションしか想像できません.やられたことは無いですよ.

凶器バッグと言えば,あれは満員電車での出来事.ぎゅうぎゅう詰めなので自分の足なんて全く見えませんが,太腿に何やら尖ったものが当たるのです.人口密度が増加するにつれ,その圧力が増す.もう痛いのなんのって.

なんとか当たらないように体を動かそうとするものの,自由度は殆どありません.次の駅に停車するまでひたすら我慢でした.

電車のドアが開いて隙間ができ,その突き刺していたものがハンドバッグの角だと分かりました.こんなハンドバッグ攻撃もあったとは.

ツツジ

夜,帰りの電車では,背後に立つ年配お疲れサラリーマンが,定期的に僕の背中にぶつかってきます.その周期約10秒.

うぜえなあと後ろを振り返ると,吊革にぶら下がったサラさん,大きな周期でぐわんぐわんとスウィングしています.酔っ払って立ったまま居眠り寸前らしい.ぶらサラさん,器用なもんだ.スウィングしなけりゃ意味がない.

スウィング周期を見計らって,またコチラ側に振れてきた瞬間,さっと避けてやりました.ぶらサラさん,ぶっこけそうになりました.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

スペースが倍必要でも同料金

つくしんぼ

既に手垢が付きすぎた感のある満員電車ネタですが,再度おつきあいを.

とある朝のこと.おそらく横幅が日本人平均の倍はあろうかという男性が,僕に背を向けて立っておりました.この人が降りたら二人分空くなと,誰しもが考えていたことでしょう.でもそこは大人の世界.皆無言です.

丁度目の前に彼の後頭部.すごく太った人ってのは,後頭部に肉の波ができるんですねぇ.しかもそこに汗が溜まってる.俺に触れるなよ〜,触るなよ〜.

地下鉄が駅に止まると,大量の降車客に紛れて彼も降りていきました.これで二人分確保したなと,誰しもが安堵の吐息ついたことでしょう.でも彼は再び横綱の土俵入りの如く乗車してきたのです.ふぅ...

さて別の朝のこと.これまた全体サイズが日本人女性の1.5倍はありそうな中年女性が,ドア横に陣取って微動だにしない.その姿は臼杵の磨崖仏.

大量の人が降りて乗る,駅に到着するたびに繰り返されるこの大流動を物ともせず,露骨に嫌な顔をする客も何処吹く風,じっと立ったまま.しかも何だか顔が怒ってる.

てっきりすぐ次の駅で降りるからドア横をキープしてるのかと思ったのですが,結構長い間立ち尽くしておりました.通勤客に恨みでもあったんでしょうか.それとも痴漢対策か.

痴漢対策と言えば,東西線通勤プロの従姉妹から「女性の近くに立っちゃだめ,冤罪になるから」と口を酸っぱくして言われています.でも今朝は四方が女性.四面楚歌を打開するにはどうすればいいんでしょ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

大音量で音楽が鳴り響くバス

これが最後,消火栓
これが最後,消火栓

天気次第,仕事の堆積状況次第ではありますが,バス通勤しています.折角の無料バス,使わなけりゃ将来無くなってしまうかもしれません.たかだか5分のバスの旅ですが,日本の路線バスと大きく異るのは,その「ゆるさ」.

客が少ないもんだから,客と運転手がずっと無駄話してたりします.貸切状態なんて普通.そんな時は運転手の趣味に合わせて,バス内でガンガン音楽が鳴ってたりします.ロックが多いのですが,この日の運転手さんの趣味はちと変わっていた.

管弦楽曲.おそらく比較的初期のロマン派.強いて言うならMendelssohnあたり.でもさっぱりわからない.CDとかだったら運転手さんに聞けば分かるんだけど,どうやらラジオです.バス通勤時間はたったの5分なので,曲名のアナウンスを聞き逃したままの下車となりました.

これってねー,かなり欲求不満溜まりますよ.何だったんだろう,あの曲は.今度同じ運転手さんに遭遇したら,じっくりと音楽を語り合おうと思います.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail