「論文」タグアーカイブ

時代が追いついた,のかな

相変わらずの雪景色ですが,昼間は暖かい日が続いています。気温はかろうじてプラスくらいながらも,この青空です。シャツの上にジャケットを羽織るだけで十分。

さて昔話モード。かれこれ18年程前に出した論文があります。計算したらこんなんなった,という程度の話なのですが,実際に実験した人はいないので言いたい放題なのが理論の良いところ。

それが昨年,職場の同僚が測定してしまったのです。技術革新ってのは怖いものです。でもラッキーなことに,結果は約20年前の計算をほぼ再現。変なことはしてなかったと胸をなでおろしてたら,

これで論文書くから,も一回計算して!

そりゃ18年前の数字なんて残って…るけど,わざわざ見直したくもない。そもそも当時何やったなんて,詳細は覚えてません。でもそんときのプログラムは残ってる。

一か八か,それを使ってみたら,なんと昔の結果を吐き出しました。我ながら驚いたものの,なにも触って無いんだから当たり前ですよね。

そう言えば昨年末,某C国の人から,僕の作ったプログラムの使い方を聞かれました。教えてあげるに吝かではないのですが,それも20年前の代物です。覚えてませんって。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

あいうえお順ではない

業界にもよりますが,論文を連名で出すとき,一番最初の著者(First Author)がその仕事の最大功労者という暗黙の了解があります。二番目三番目と進むにつれ貢献度が減ってくるのはともかく,一番最後の名前は大御所だったりするので,ちょっとややこしい。

最近は少なくなったのですが,公平を期すために著者をアルファベット順に並べることもあります。有名なものが1948年のアルファ・ベータ・ガンマ理論で,Alpher, Bethe, Gamowの三名が共著でPhysical Reviewに出した論文。AlpherとGamowが,語呂合わせするためにBetheを著者に入れてαβγにしたという曰く付きのもの。

そんな古き良き時代は去り,First Authorを取って一人前みたいな時代ですが,先日,あえてアルファベット順を採用する論文を執筆しました。著者順をどうするかという話になったとき,僕が「アルファベット順でいいよ」と提案して採用。ちなみにその順序だと僕が一番最後になりますが,大御所ではありません。

さて話変わって,日本人三名で書いた報告書。僕が取りまとめて編集さんに提出しておいたら,問い合わせが来ました。著者順序はどうなってるの?

アルファベット順でないし,あいうえお順でもない。歳の順でもなければ,身長順でも(多分)ない

かなり頑張って理由を考えたのですが,思い当たりません。じゃあどうしてその順序になったのか。

答えは「適当に並べた」。はい,なんも考えておりませんでした。日本語だし,会議レポートだし。強いて言うなら,メールアドレスがアルファベット順。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

パラボラ埋没秒読み

また雪です。何十年かぶりの大雪に見舞われたLos Alamos,とけずに残ったところは1mを超す深さとなっております。庭の雪も一時減ったのですが,再び20cm追加。柵の一部が,雪の重みで崩壊しました。

午後に雪かき汗かきし,冷蔵庫からビール一本取り出してしまったもんだから,そのまま夕方まで昼寝。書きかけ論文がパソコン画面に映し出されたままです。今夜はこれを仕上げないと。

ちなみにおのパラボラアンテナ,これじゃ衛星放送は映らないんではないかとご心配のあなた。大丈夫です。すでに契約は切っており,パラボラは単なるオブジェと化しております。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

携帯電話は居留守が基本

「火曜日は二回あるから」.とある大学教授の意味不明な言葉に,”Whats that?” が出てしまいました.30歳近く年上の方ですが,「そりゃなんだ」と聞き返したわけじゃなく,pardon? と似たような感じです.

自分のスマホの番号を知られてしまったばかりに,いつもこちらに電話がかかってきます.メールにして欲しいのですが,電話の方が手っ取り早いらしい.この日は仕事の話題の後に,二度の火曜日というのが飛び出してきたわけ.

そのこころは.なんのことはない,先週から日本の大学を訪問しており,東京を火曜日に発ってSeattleに到着するのも火曜日という意味.

で,その先があって,自分が論文の文章を書いておくから,水曜日までに図を作り直しておいてね,ということ.いや,僕の火曜日は一日だけなんだけど.

昨晩,ワインをちびちびと飲みつつパソコンで計算してたら,そのままコタツで寝てました.翌朝には何とか計算は終了,あとは図にするだけというところで,スマホが鳴り,画面に教授の名前が....ひぃ!

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

いらいらの種の論文

フランス人の書いた論文原稿を読んでいると,ちょっと珍しい英単語が出てきました.

vex

自分の英語人生でこの単語が実際に使われているのを見たのは初めてです.調べてみると,少々古い表現で,次第に使われなくなっているらしい.

単語そのものは知っていました.それはVexationsヴェクサシオンというフランス語の単語.意味は「癪の種」.Erik Satieのピアノ曲,1分ほどの短い曲なのに,それを840回繰り返せという指示のある,変な曲です.

vexは,おそらくは現Frenchで普通に使われている単語なのかもしれません.でもあんまし一般的な単語じゃないので,annoyに書き直しとき,と伝えておきました.

そしてその後,サティのヴェクサシオンがずっと頭の中で鳴り続けております.あの論文を読んだばっかりに...そろそろ800回.あと40回か...

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

気づかなかったSynchronicity

Berkeleyから女の子が夏季実習に来ています.ここでの仕事は彼女の博士論文の一部になるわけですが,日本と違って指導教官の縛りが少なく,学生の主体性に任せて学位論文を作成させるあたりはアメリカならではかもしれません.日本は大学の中での徒弟制度が根強いですからね.

Berkeley娘には僕が作ったプログラムを渡して計算させ,その結果がいかに「酷い」ものかを体験させるのが夏季実習の課題.いや,ほんとうの話.

それとは別に,今週はMichiganからの訪問客もおります.以前から知っている実験系の女の子ですが,学位論文に載せるために僕のプログラムを使って測定結果の解析を行っています.昨日,仕事が一段落して雑談モードに入っていたときのこと.Michigan娘が唐突にBerkeley娘の話を始めたので,「あれ,彼女知ってるの?」と聞いたら,

「うん,あたしの妹

え!?

そう言われて気づきました.姓が同じです.でもアメリカではよくある姓だし,そもそもFirst Nameで呼んでいたので,全く考えもしなかった(顔も全然似てないし...)

未だに女性は少ない物理の世界,そこへ姉妹揃って進学し学位を目指しているとは驚きました.理系環境で一緒に育ったのかもしれないし,別に何の不思議は無いはず.でも方や東,方や西からここLos Alamosへとやってきて,同時に僕が姉妹の研究の手助けをするというのは,やはりレアなケースかと.論文の謝辞に僕の名前を入れてくれるかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail