「論文」タグアーカイブ

そんなに意地が悪かったのか

あまり付き合いの無い出版社から論文査読依頼がきました。普段なら,いま忙しいからとか理由を付けてお断りすることが多いのですが,今回は引き受けることに。

最近は何でもオンラインなので,Web上での作業です。昨晩レポートをパソコン上で書き上げ,一晩寝かした後に再度推敲し,今朝出版社のサイトの自分のアカウントにログインしてコピペ,送信ボタンぽちっ。さて終了と思ったら,そこで表示された画面に「なんだこれ」。

過去の自分の査読結果一覧が表示されているのです。付き合い薄い出版社なのでほんの数件ですが,その査読判定結果が軒並みReject。

そこまで厳しく査読した覚えがないので,一瞬なんかの間違いかと思いましたよ。そもそもそこに表示された論文原稿タイトル,全く覚えがありません。

自分ってこんなに酷い奴だったんだと,改めて自分が書いた過去のレポートを読み返し,微かな記憶が蘇ってきました。確かにどれもこれも問題ある論文ばかり。なんでこんなのばっかりが自分に回ってくるんだと。確かそれでお断りすることが多くなったんだけ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだあった変なアクセント記号

アルファベットってたったの26個,ひらがな・カタカナ・漢字あまたの日本語に比べれば簡単なものです。そう思っていた私がおりました。

アルファベットの鬼門,それはアクセント記号。

ドイツ語のウムラウトUmlaut,フランス語のヒゲ,セディーユCedille,そういうのはちょこちょこと使うので,どうやって出力するのかはすぐに分かります。でも諸国の個人名に出てくる変な記号は,もう斎藤とか渡辺の変異体組み合わせの世界。

今日も不思議な文字に遭遇しました。aの下にセディーユみたいなヒゲ。なんだこれ?

おそらくは東欧の名前の一部,ポーランドとあたりを付け,ポーランド人の友人に「この記号,どうやって出力するの?」と聞いたところ,

「ああ,それは難しいんだ。あーしてこーして...でもしダメだったら,

ポーランド語キーボードをMacにインストールして...」

それは解決になってるのか?

調べてみると,これはオゴネク,ポーランド鉤と呼ばれてるそうな。それが分かったところで出力できないんですけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

消すのも貢献

いま同僚らと準備している書きかけ論文が数本あります。驚いたことに,偶然にもそのうちの3本は女性が筆頭著者つまりFirst Author。しかもつい最近出版した論文も女性が筆頭。驚くこと自体が男女の〜ってなりそうですが,相対的に女性が少ない業界なので仕方ない。

著者順序をどうするかは色々流儀がありますが,普通はFirst Authorがその仕事の中心人物,それに続く名前は貢献度の順とか。面倒なときは,最初の人だけ固定しておいて,あとはアルファベット順というのが簡単です。分野によっては全著者をアルファベット順にすることもあり,僕もこれを採用したことがあります。Aで始まる姓は得です。

さて,作業中の原稿の一つはABC順ではなく,ほぼ仕事貢献度順です。いや,でした。前の方に真の貢献者が並び,残りの烏合の衆はABC順。僕もその塊の中に入っておりました。それが何故かいつのまにやら先頭集団に抜擢されていたのです。

貢献って一般的には文章の一部を分担して執筆したということ。でも僕がやったのは,原稿に赤線を引っ張って,大量に削除したこと。これって負の貢献ですよねえ。烏合の衆に戻してもらおう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

図が語るお人柄

プロジェクトの進捗報告のため,あちこち散らばってる人達に,最近の仕事をスライドにまとめて送ってもらいました。人それぞれ使う作図ソフトが違うので,まとまりないプレゼンになってしまいましたが,それはまあしゃあない。

作図から,その人が実験系なのか理論系なのか,ちょっと見えてきます。ポンチ絵というか概略図に凝るのは実験系。でもデータ表示はなんだか雑。データ表示に拘るのは理論系。でもそれ以外は手抜きが多い。

なんで図のクォリティが低いのか。それはもうMS-Excelで作るからに他なりません。サイエンスにビジネスソフト使って悪い訳じゃないけど,ちょっとあれはねえ。

ちなみに僕に回ってきた査読論文で,文章はMS-Word,図はExcelってのがあからさまなのは,経験的にもうそれだけで負のバイアスかかります。あくまでうちの業界の場合の話です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

変顔通信教育

このご時世,ネットを使った教室が花盛りのようで,英会話はもとより,オンラインで楽器を教えてくれる教室があれこれあるようです。在宅が増えたので,楽器を始めてみようという人も増えてるとかで,電子ピアノの売れ行き好調なんだとか。

ピアノ教室って近場で生徒さんを探すのが普通でしょうから,逆にオンラインが増えて恩恵をこうむっているのでは。極端な話,海外から教えてもいいんですもんね。

さて,僕が通信教育できることと言えば教育関係ですが,最近ちょっと便利だと感じてるのが論文校正です。ネット会議を設定し,こっちからあれこれ指示して,あっちで文章修正する。あちらのパソコン画面を共有しておけば,文字入力を目の前で確認できます。

こりゃ便利だと本気で共同作業してたときのこと,ふと気づいたのです。こっちの顔があっちに見えてる。

パソコン画面を注視しつつ「んー,そやなあ,どう書いたらいいかなあ」とか唸ってる顔がそのままネット越しに転送されてたわけです。

そんなに変な顔はしてないと自分では思ってるのですが,こればかりは自分では分からない。考えてるときに顔に手やる癖もあるようだし,時々指を咥えて考えてる癖もあるっぽい。爪は噛まないけど,指を突っ込む。なんでですかね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

面倒なことは避けましょう

職場同僚が書いている論文というのか解説記事の原稿がメールされてきました。あらかた本人が書き終えており,あとは作業分担。この部分は誰それが書いてね〜と指示があり,僕も2ページほど担当。

でもその直後に小炎上。

何か気に入らないところがあったらしく,一人が噛み付いてきたのです。長々としたメールのラリーが続き,そこに別の人も参戦。ちらりと会話内容は読んでみたものの,サイエンスの話とはかけ離れた,良く言えば哲学的,有り体に言えば趣味の問題。

その原稿の締め切りは2週間後です。メイン著者である同僚に「なんかわぁわぁやってるけど,僕は放置するから」と,自分の部分のみ昨晩ささっと書き上げて送りました。なんか気に入らないんなら,共著から外れたらいいのにねえ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail