「英語」タグアーカイブ

Something Catchyですべる

研究成果報告,あるいは新規プロジェクトの提案書等,お硬いイメージがありますが,そこはアメリカ,Sense of Humorを仕込んでくる輩が必ずいます.日本だったらふざけてるんじゃないと一括されそうな一文を書き込んだり,へんてこなacronymを捻り出したり.

先日もそんな提案書を読んでいて,にんまりしつつも,なんかちょっと鼻白む気分になったものです.これなんだいと聞くと,

I want something catchy

どんな場に於いてもユーモアを含める必要ありと,子供の頃から教えられてるのかもしれませんけど,日本流に言えば「すべってる」.

個人的な意見ですが,そういうのって,どこか読者を煙に巻こうとしてるような気がしてなりません.内容が薄いのをカムフラージュしてるんじゃないかと.

とは言え,自分もやらないことはない.何年か前,お役所での報告会で「考古学」なる単語を使ったところ,その場に居合わせた別の研究者にえらく受け,あろうことか,その後の彼の発表でも考古学を使い始めました.そのせいで,本来物理学者なのに,こちらの業界では考古学者に認定されちゃった人もいるようです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Don’t let me down, the Beagles

秋の山

三単現のS,中学英語の基本です.三人称現在単数の場合はSを付ける,理由は聞くな,そんなもんだ,暗記しろと.

「ワイをアイに変えてイーアール」.easyの比較級はeasier.これも暗記するほど何度も唱えました.愛は猥に変わるんだ,いや猥が愛になるんだと,くだらないことを言っていた中学生時代.

The Peanuts(双子じゃないほう)で,Charlie Brownがスペリングコンテスト(spelling bee)に出る話があります.英単語のスペリングルールをひたすら丸暗記しているシーンがあり,アメリカでもそういう呪文あるんだと.「IはEの前」とか.Believeみたいに.でも例外はCの後.Receiptみたいに.

Charlieは順調に競技を勝ち進み,そこで出された問題「ビーグル」で誰しもがCharlieの勝利を確信します.だってSnoopyは,二本足歩行ながらもビーグル犬.

でもこのBeagleを間違えてしまうのです.ここ一番に弱いのが我らのCharlie Brown.

Beegleで検索してみると,かなりの数がヒットします.そういう姓があるらしい.Beatlesの綴もうっかり間違えそうです.昆虫はbeetle.ビートルズのほうはBEATが効いております.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

せめてスライドくらいは英語で

先日,国際色豊かな職場環境にちょっと触れましたが,今日もそんな話.

最近パリからやってきた新人ポスドク君,パソコンにかじりついて発表用スライドをひたすら修正しています.理由はそれがフランス語で作られていたから.こっちでそれを見せられても理解できる人は少ないので,英訳作業です.

勿論いまどき「スライド」は使いません.コンピュータでのプレゼンですが,まあそこは慣用としてスライド.

日本の学会に参加するときいつも思うのは,やっぱりスライドは日本語なんだなというと.そりゃ観客はほぼ全員日本人です.でも海外の人もぽつぽつといることもあるし,せめてスライドくらいは英語で作っといたほうが親切だと僕は昔から言っておるのです.

そんな話をずっと昔,日本の大学の某右傾センセイに言ったときのこと.子曰わく,英語を世界共通語と考えるのは英米の傲慢である.日本人の研究成果を理解したいなら,日本語を勉強するのが常識である.

まあ日本の学会ならそうかもだけど,最初から英語でスライド作っておけば,国際会議に参加したときに,再利用できるんだけどな.科学技術界隈では実質的に英語中心になってるんだから仕方ない.あのセンセイだったら,海外での発表でも日本語を貫き通すかもだけど.

「頑張って英語でスライドを用意しても,英語が間違ってたら恥ずかしい」なんて言う人もいました.間違ったら恥ずかしい.なんか典型的な...って感じもしますが,スライドに書かれた日本語が間違ってることだってざらにあるのに.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

第一言語が英語とは限らない

ポスドクを採用するにあたって,あれこれ注意事項を言い渡されます.ごく一般的な話ではありますが,仕事をしやすい環境を提供しようとか,コミュニケーションは大事にしようとか,事故には気をつけようとか.そんな中で出てきた話.

国際的な環境です.新たに採用されたポスドクの第一言語が英語とは限らない.普段どおりにペラペラ喋るんじゃなくて,彼ら彼女らがちゃんと理解しているのか,はっきり分かるようなコミュニケーションを心がけましょう.

僕も数か国のポスドクや学生を指導してきました.でも僕の場合は全く逆の立場.ポスドクがNativeだったら,彼ら彼女らが何を言わんとするのか,こっちが理解しなくちゃいけない.逆にこちらが言いたいことがはっきり伝わるように英会話する必要もあり.

まあ普段は何の問題もないのですが,たま〜にすごく砕けた英語を喋る奴(男とは限らない)もいて,あれは困ります.

「こういう計算やったらどう?」
Cool!

オヤジギャクに「さむ!」って言われ気分ですが,こんなのは普通.slang連発されたり,超短縮されたりすると,会話続ける気力を失いがちです.朝,会った瞬間に

はずごー?

ちゃんと日本語喋れよって言いたくなります.日本語じゃないか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

こんなもので日食が見える

木漏れ日の日食

今日,かなり広範囲で見られた皆既日食ですが,ここLos Alamosでは部分食.しかも運の悪いことに曇り空.晴天が売り物のNew Mexicoのはずなのに.

それでも雲の向こう側にはうっすらと欠けた太陽が見えています.時折雲間から差す光は,ご覧の通り,木漏れ日に三日月を投影しています.

なんとか見えそうだと急遽何か黒いものを探すも,すぐには見つかりません.不透明のクリアフォルダ,わんこの黒いウンチ袋,色々試したものの,透かした光はぼやけて形にならない.

そこでふと思い出したものが,この虹色の物.肉眼でははっきりと細い太陽が透けて見えます.iPhoneでもなんとか撮影できました.

日食

何を使ったか分かります?

これ,CDなんです.銀色に輝くCDは不透明に見えますが,薄いアルミニウムの蒸着膜は透けて向こう側が見えます.もちろん表面に何も印刷されてない場合.

1994年,Tennesseeのホテル玄関前で友人らと話していた時のこと.ふと足元の木漏れ日を見ると,どれもCheshire Catのニタニタ笑いになっています.誰かが Solar eclipse! と叫び,それで日食の英単語を覚え(国鉄の食堂車ではない),ちょっとだけ賢くなった瞬間でした.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

こういう受ける英語の話し方もある

この夏こちらに滞在していた学生,ちょっとラテンっぽい名前だし,外国人用のバッジを付けていたので留学生なんだろうと漠然と思っていたのですが,その割に普通にAmerican Englishを話します.立ち話する機会があったので,出身国を聞いてみてびっくり.フランスなんだとか.

あちこちの国から人が来る職場なので,英語を聞けば出身地域は大体分かるもんです.でもこの学生のホトケ訛りは全く分からなかった.アメリカでの学生生活が長くて,さほど強いフレンチアクセントは無くなったのかも.

「お国訛り,すっかり無くなってるよね」と彼に言うと,いかにもあの国的な反応が返ってきた.

「最近は逆に,意識的にフランス語風に話すようにしてるんだよね〜.だってそっちの方が女の子にモテるから」

まったく...

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

居ない間にミスられたらしい

おろしそば

朝から強烈な日差しの埼玉県.駅を降り,さて炎天下の徒歩15分を覚悟したら,タクシー乗り場に知り合いの姿.この距離をタクシーに乗るんかいと思ったものの,割り勘で行きましょうのお誘いにホイホイ乗ってしまいました.

根が貧乏性なもので,短距離にタクシーを使うのはやはり怖気づきます.でも朝っぱらから汗たらたらにならないのは良かった.これからはもっとタクシー使っちゃおうかなと思いつつ,蓄積した暑さと湿度で体がヘロヘロになったままアメリカへ戻っています.

一週間閉まったままのオフィスのドアに,ポストイットが一枚.

I missed you

I miss youかと思って,一瞬ぎくっとしました.「寂しいわ,はうん」職場で公開告白か.

問題は誰が書いたかなのですが,そのサイン部分が読めない.分かるのは,名前の最初の文字がSということだけ.

不在中誰が訪ねてきたのか同僚らに聞くも,誰にも分かりません.一応そのサインを見せたのですが,これまた誰にも読めません.

誰だったんだろう.やっぱり「寂しかったのよ」な人だったのか.取り敢えず今は蕎麦が恋しいです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail