「海外」タグアーカイブ

トントン拍子で出張決定

本年度は出張を極力減らして経費節減せよと言う,お上のお達しが出ております.そんな状況にも関わらず,パリでの会議に一緒に来て欲しいと仕事仲間から誘われました.

でもこの緊縮財政状況,許可されるとは思いません.一人で行くならともかく,「一緒に行く」ですもん.「どうして一人じゃダメなんですか?」って仕分けされるに決まってます.

取り敢えずgroup leaderに相談したところ,やっぱり渋い顔です.言われたのは「division leaderに直訴せよ」.

そこまでしてまで行く必要あるのかと挫けつつ,division leaderさんにメールで海外出張許可願を出しました.もちろん普通は,こんな事やりません.

いっそダメって言ってくれた方が楽なんだけどなと変な期待をしていたら,彼からの返事は一言.

Approved

ありゃ,あっさり許可出ちゃったよ.

その許可メールを秘書にコピーしてたもんだから,秘書さんの方から「出張手続き書類をすぐに出せ」とのメール.まだ自分の気持ちも固まっていないのに.

大慌てでパリ行きフライトとホテルをチェックし,出張目的やら旅程やらなんやらかんやらの情報を秘書さんに連絡しました.

折り返し,海外出張システムに情報を打ち込んでいた秘書さんから電話.

「パリに何しに行くの?」

何ってあーた,観光じゃないんだから.

ミラノ空港から中央駅までは簡単には行けない

Varenna station

ミラノMalpensa空港から中央駅までの交通手段,以前バスが普通でしたが,現在は鉄道が開通しています.Como湖行きは中央駅から出ていますので,通しで切符を買えるメリットもあり,先月の出張では鉄道を利用しました.その顛末記.

なんせイタリアですから,楽しいことが起こります.まずは空港に隣接した駅での出来事.

切符売り場の窓口は一つだけ,そこに5人ほど並んでいます.まず最初にぶったまげたこと.窓口の駅員と客が口喧嘩しているんです.

列一番前の客と,じゃないんですよ.列一番後ろのオヤジとなんです.4人頭越しにイタリア語で怒鳴り合ってる.もう何がなんやら.

喧嘩オヤジが去り,ようやく自分の順番になって,「ミラノ中央駅経由で,Como湖までの切符を」と言ったら....

「あ~,中央駅に行くんだったら,バスの方が早いよ.あっちあっち」

おいっ... (-_-メ) やる気あんのか,おまえ.

とにかく電車で行きたいんだからとごね,切符を売ってもらいました.でも何か嫌な予感.予め自分で調べていた値段よりずっと安いのです.貰った切符をよくよく見ると,それは中央駅までのもの.

あのな~,行き先,ちゃんと言っただろう.ほんとやる気あるのかな.

3年ぶりのComo湖だより,事後報告のハイキング

Varenna Ferry

先週のイタリア出張中に半日だけあった自由時間,フェリーに乗って対岸のMenaggioという小さな町へ渡りました.目的はハイキング.



Menaggio San Martino

崖の中腹にある教会が見えるでしょうか.San Martino教会.ここまで登っていきます.



Menaggio hike

登山道へと入ります.まだまだ足取りは軽い.



Menaggio ナデシコ

ナデシコ(の一種)が咲いていました.他にも草花がちらりほらり.でも汗たらたら状態で,写真を撮ってる余裕なし.



Menaggio San hike

ずんずん登ると,岩山が近づいてきました.この岩山の中腹に沿って登山道が続きます.

登山道,というか教会への道だから参道かな.中途半端に敷石がされ,正直言って歩きにくい.登りはともかく,下りはかなり膝にきます.



Menaggio San Martino

ようやく教会に到着.残念ながら中に入ることはできませんでした.

それにしても,どうしてこんな山の上に教会を建てたんでしょう.



Menaggio San Martino

高台から眺めるComo.写真右側の町は観光地として有名なBellagioです.同じ名前の高級ホテルがLas Vegasにありますね.



wine

2時間のハイクを終え,再び水面レベルへと降りてきました.まずは運動後の水分補給です. 水分ですよ,水分.水分なんだったら.

壊されたスーツケース

壊れたスーツケース

数年前に買ったSamsoniteのキャリーバッグですが,今回のイタリア出張で完全に破壊されてしまいました.写真ではちょっと判りづらいのですが,フレームが完全に歪み,取っ手部分のプラスチックが折れています.

ミラノのMalpensa空港でチェックインし,Atlanta空港のターンテーブルから出てきた時点でこうなっていました.イタリアで乱暴に扱われたのか,はたまた横綱級スーツケースの下敷きになっていたのか.

Atlantaからの乗り継ぎ便で完全崩壊し,中身をぶちまけてしまう恐れもあります.航空会社の手荷物窓口に出向き,どうすれば良いか相談したら,ビニールテープとハサミを手渡されてしまいましたよ.つまりテープでぐるぐる巻きにしろってこと.カウンターに用意してある所を見ると,こういうのはよくあるんでしょう.手慣れたもんです.

Albuquerqueに到着後,もう一度手荷物係へと案内され,そこであれこれと質問を受けました.購入したのはいつかとか,その時の値段は,とか.

さすがに正確な値段なんて覚えていませんでしたが,大体$150だったと答えたら,じゃあ全額賠償するとのこと.なんとびっくり.減価償却費分,丸儲けですよ.新品スーツケースが買えます.

2,3週間後に小切手が送られてくるとのこと.もし小切手が届かなかったら,どこそこへ連絡しろとのこと.

なんか最後の一言で,まだまだ油断できない状況を悟ったのでした.

3年ぶりのComo湖だより,中間報告その3

中間報告とは言いつつ,既に帰宅しております.イタリア田舎でのネット事情が悪くて更新ままならず,イタ飯ネタお持ち帰りとなりました.

今日のお題は「魚」.目の前に湖が広がる環境ですので,川魚料理が名物.ソテーされたものが多いのですが,レストランの写真とセットでお送りします.ついでにイタリアならではの「困難さ」も.



Villa Cipressi

ここは僕が宿泊していたホテルのガーデンレストラン.ちょっと高級ですが,この風景を眺めながらの料理なので,財布の口も緩みがち.このホテルでは夏の間中,結婚披露宴が頻繁に行われているようです.



魚料理

軽くソテーした感じの魚.鱒のようだけど,イタリア語名だったので,何か分かりません.

コースだったので最後のコーヒーもメニューに含まれている筈だったんだけど,完全に無視されてしまいました.文句言うのも面倒だし時間も無かったので,コーヒー無しで昼食終了.



フェリー着き場すぐ横の,気軽に入れる魚料理レストラン.さほど凝った料理じゃないけど,軽く食べるのに丁度良いです.



魚料理

料理はこんな感じ.昼間っから魚を肴にPinot Grigioをあおり,午後の会議のことは頭の中からすっかり抜け落ちています.

途中から知り合いがレストランに一人でやって来たので,同じテーブルに来ないかと誘ったのですが,店員さんから「会計が面倒になるから,しないでくれ」と言われました.いまだに意味不明です.



狭い路地にあるレストラン.狭かろうが住宅に挟まれていようが,外にテーブルを出しての食事がヨーロッパ流.イタリア語飛び交う店内がうるさいっていうのもある.



魚料理

ここのレストランではパリパリのアーモンドが乗った魚料理.付け合せは米ですが,今回食べた料理の中では,これが一番美味しかったかな.



tiramisu

デザートのティラミス.まさかこのサイズで出てくるとは思わなかった.かなり苦しかったです.



Espresso

さて食後は勿論 Espresso.同僚は Cafe Lungo つまり普通サイズの薄めのコーヒーを注文しました.

出てきたのは,Espressoと「お湯」.つまり自分で好きなように薄めろということらしい.

3年ぶりのComo湖だより,中間報告その2

紫陽花

Como湖に来て数日間は雨続きで寒い日々が続きましたが,ようやく気持ちよく晴れ間が広がってきました.あちこちに紫陽花が咲いています.



水辺

仕事がメインの出張です.楽しみと言えば,飲み食いくらいなもの.でもこんな風景を眺めながらの夕食は,昼間の疲れを吹き飛ばしてくれるというもの.

なんてことは無い田舎町なんですが,何故かゆったりとした気分に浸ることができます.



ナスとトマト

この日は軽く,ナスとトマト.前菜みたいなもんですが,これにパンと白ワインがあれば十分です.お腹がすいたらジェラートで補給すればいいんだし.

ちなみにジェラートは巨大です.軽く食事一回分ありますので注意.



chinese martini

バーにて.メニューに Chinese Martini,中華マティーニなるものを発見.これはもう注文するしかない.

驚いたことに,これ,まるでホットティーのように暖かいんです.見た目もそのまま.

味は激甘で,一体全体何が入ってるのかさっぱり分かりません.紹興酒にしては,あの独特の癖は無いし,ラム酒かな,これ.