「洋食」タグアーカイブ

発音が完璧過ぎると逆に通じない

French Onion Soup

今日はSanta Feのホテルで会議.ホテル内のレストランで贅沢ランチしてもよかったのですが,散歩がてらFrench Pastry Shopへと向かいました.お目当てはこちらのオニオンスープ.もう何度ここへ足を運んだことやら.

一緒に食事していた一人は生粋のフランス人.彼はcroque-madameを食べてましたが,そこはフランスの伝統に則り,食後のデザートも欠かしません.ショーケースに並んだケーキの中から,シュークリームをチョイス.

ちなみにシュークリームという呼び方は日本流.こちらでシュークリームと言うと靴磨きになっちゃいます.正式名称は,Chou a la Creme シュー・ア・ラ・クレーム.英語が少々覚束ない彼は,これを完璧なフランス流発音でウェイトレスさんに注文したのです.

“Chou a la Creme”
“What?”
Chou a la Creme!
「シュガー?」
“...oh Yes!”

イエスじゃねえだろ

聞き間違いの応酬してどーする.僕が横から「cream puffだよ」と伝えると,ようやく理解されたらしい.

でもショーケースにはちゃんとChou a la Cremeと書かれてたんだって.となると「発音が悪かった」と言わざるをえない.アメリカなんだから,フランス語の名前でも英語風に発音しないと.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

使用済みのコーヒーと紅茶の謎

出張先での食事,友人らと何処かに食べに行くのでなければ,ホテル内のバー兼レストランで簡単に済ませてしまいます.日本だとホテルのレストランって高級なイメージがありますが,普通こちらではカジュアル.一杯やってそのまま部屋へ戻れるのが良い.

もっとも選択肢は限られ,定番はステーキ,ハンバーガー,フィッシュ&チップス,シーザーサラダ,パスタってところ.僕は深く考えずにハンバーガーばかり食べております.

さすがにバーで深酒することもなく,早々に部屋へ引きこもり,口寂しさを紛らわすためにコーヒー.

と思ったけど,紅茶と書かれたパッケージが目に留まり,たまには紅茶もいいかとそれをコーヒーメーカーにセットしてスイッチを入れ,待つこと数分,出来上がった紅茶を一口啜ってみて,

あれ? これってもしかしてコーヒー?

ゴミ箱に捨てたパッケージの袋をつまみ上げて,しげしげと眺めてみると...

なんだこれ? コーヒー紅茶?

茶葉が入ったコーヒーなんでしょうか.さっぱり分かりません.

ちなみにこのパッケージを見て,使用済みの何かを想像したあなた,心が汚れています.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

軽い昼食が見つからない

コーヒーショップで昼食.見た目美味しそうだったシナモンロールですが,激甘だった.しかもでかい.半分食べて限界.

Baltimore空港にて.レストランで普通に昼食する気分でもなく,ビールだけでいいやと思ってバーに入ったら,メニューに Light Bites Menuの文字を見つけました.ビールとつまみで昼ご飯にしちゃおう.

フィッシュタコスをオーダーしたのですが,なんかワイルドなのが出てきました.

めっちゃ食べにくいです.ソフトタコスだったので持ち上げるのはほぼ不可能.試してみたら,ぼろぼろと具が落ちていきます.已む無くトッピングだけをフォークでつつく.最後に残ったペラペラの皮だけを虚しく口に運び,ビールで流しこむ.そこそこ Heavy Bitesです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Feveが当たったので,軽く目玉焼きマダム

feve

仕事先のカフェテリアで,もう一月も終わりだというのにデザートに出たgalette des roisガレット・デ・ロワ,なんとFeveフェーヴが当たっちゃいましたよ.サッカーボールデザインです.当たった人は王様になれます.おまけに幸運が一年続きます.何か良いことあるかな〜

ようやくパリでの仕事も終わり,大量の水が流れるセーヌ川も見納めです.なんだかさらに水嵩が増してるような.

C線のみならず空港へ向かうB線も危ないんじゃないかと思ったのですが,あれはさらに地下深い所を走ってるので大丈夫なんだとか.でも何かあったら嫌だし,明日はタクシーで空港へ行くか.

フランス料理続きで,さすがに胃がお疲れさんです.今夜は軽く済ませようということで,近所のカフェでcroque madameとビール.なんかランチみたいですが,もう普通のレストランでの食事は無理.重すぎます.

軽食とは言っても,こんなにフレンチフライがあったらかなりの分量です.普段なら,食べ過ぎになりそうなときはスーパーマーケットでサンドイッチでも買って夕食にしちゃうのですが,今回は単独行動では無いのでそうもいかない.

逆に一人で出張のときは,レストランに入り辛い.アメリカならホテルのバーで軽食取れるのですが,ヨーロッパだと一人で食べるのは勇気要ります.

難しいところですが,でも出張は一人が気楽でいいかな.ちなみにモテない男の特徴の一つに,一人が好きな奴ってのがあるそうです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

電車が無ければバスがあるようなので,今夜はラム

Seine

水嵩の増したセーヌ川を見てきました.まだ壁のほうがずっと高いものの,地下を走る電車や地下鉄にかなり水が流れ込んでいるようです.仕事帰り,写真を撮ってきました.

川に沿って歩道があるのですが,そこがすっかり水没しています.水の流れも速く,こりゃ落ちたら溺れるな.C路線は閉鎖,結局仕事場までバスで行くことで事なきを得たのですが,この状況は数日続きそうです.

セーヌ川洪水を僕が憂いても仕方ないので,ディナーはSorbonne近くにあるLa Petite Perigourdineというレストラン.元弟子のM君,それにウィーンから来た友人夫婦の4人です.

ウェイターのおっちゃん,いきなりこのボードをドーンと置くと,フランス語でべらべらべら〜っと何やら説明.彼が去った後,全員で出した結論は,きっとさっき言ってた料理は(メニューには書かれてるけど)今日は無いと言ってたのだろう.

とにかく,微々たるフランス語知識を総動員し,今夜はラムの温野菜添えに決定.

デザートは止めておくはずだったのに,その場の空気に流されました.

こりゃカロリー取りすぎです.今週末帰国したら,毎日ジョギングしなくては.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

結局緊急帰国は無いので,巨大舌平目と千枚シート

合衆国政府予算関係のゴタゴタが一段落したおかげで,海外出張の途中打ち切りという最悪の事態は免れました.でも問題を先送りにしただけ.また来月同じゴタゴタが繰り返されるのでしょう.

アメリカの問題が片付いたと思ったら,今度はパリ.長く続く雨のせいでセーヌ川が氾濫寸前なんだとか.そう言えば駅のプラットフォームに水が溢れていました.そして今日,無慈悲なアナウンス,明日から一部区間で電車運転見合わせ.その一部区間がもろに自分の乗ってる場所にヒットしてます.

仕事に行けなくなるかな.ま,でもとりあえず僕の嘗てのポスドク(フランス弟子)が夕食行こうと言うので,面倒なことは忘れてフレンチディナー.

パリの問題はカロリー過多になりがちなことです.アメリカに戻ってから10kmほどジョギングして消費しないといけません.

到着したのはすごく小さなレストラン,しかも知らなければ絶対に分からないような路地にあります.英語のメニューなんてなく,料理の説明も全てホトケ言葉.

それでも頑張ってメニューを読んでると,店主と弟子が何やら話しています.豚肉は食えるか?

Jambon de Paris

何だろうと思ったら,パリで作ったハムとのこと.気を利かせて全員分注文したのかと思ったら,なんと何もしてない,店主が勝手に持ってきたんだって.サービスかな.

そしてさらに何やらスペシャルがあるらしい.それは舌平目.でも驚いたことに,4人で分け合っても良いなんて言ってます.どんなサイズなんだと聞いたら,実物持って来ましたよ.

巨大! 写真を撮り忘れたのが返す返す残念ですが,全長かるく50cmは越えています.もう今夜はこれに決定.

sole

サーブされる前に厨房で切り分けられてしまったので,元のサイズは想像は想像しにくいのですが,これで1/8サイズ.溶かしバターをかけて召し上がります.

舌平目で十分な量だったのですが,パリのレストランとなるとやっぱりデザートが出る.パリレストランは初めてのM君が隣のテーブルを指差し「あれは何?」

そしたらそのテーブルのおっちゃんら,英語で返してきましたよ.「これは千枚シートだ」

mille-feuille

おわかりでしょうか.ミルフィーユです.元の意味は1000枚葉っぱだったと思うのですが,そのおっちゃん,猛烈にこれを勧めてくるのです.この店のデザートはこれだって.

いや確かにこのミルフィーユは美味しかった.しっかり全部食べてしまいました.帰国後のジョギングが20kmへと延長された瞬間でした.

フランス弟子に「よくこんな良い店知ってたね」と聞いたら,「自分も初めて来たんですよ.ネットの評判良かったから」

パリに住んでるからと言って,パリを知り尽くしてる訳じゃない.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Madame と Monsieurの違いは目玉焼き

croque-madame

Croque MonsieurとCroque Madame,ハムとチーズが乗ったホットサンドですが,軽い食事に丁度よい量で値段も安いので,フランス出張の時に重宝しています.

カフェに入ってこれとビールかワイン,ディナーにするにはちょっと少なめですが,どうせカロリー過多になりがちなあちらの食事,こんなので調整することも必要.

croqueは英語で言えばcrunch,ようするにカリカリトースト.でもなんでMr.パリパリ,Mrs.カリカリなのかはよくわかりません.

MonsieurとMadameの違いは,目玉焼きのトッピングのみ.なぜ目玉焼きが乗ってるとMadameになるのか諸説あるようですが,目玉焼きが女性の帽子に似てるからという説も.

Monsieur,Madameとくれば,Mademoiselleもどうやらあるらしいのですが,実物を見たことはありません.野菜が入ってるという噂も.ただ最近はpolitical correctnessに少々煩いご時世,Mademoiselleに出会うことは無いかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail