「楽譜」タグアーカイブ

Berkeleyで出会ったWagner

学生街には古本屋がよくありますが,Berkeleyで見つけたのは大きな中古CD,DVDの店.日本のDVD,それもかなりマニアックなものが大量にあり,それはそれで楽しげなネタになりそうなのですが,店内で写真撮るわけにもいかず,かと言ってネタ目的で買って帰るわけにもいかず.

でも僕がこういった店に入る目的はDVDでは無くて,楽譜です.たまに中古の楽譜を置いてあることがあるのです.案の定,この店にも音楽関連の本が少々おいてありまして...

そこで見つけたのが,WagnerのLohengrinのピアノ伴奏譜.このオペラを通しで見たこともないし,そもそもさほどWangerは好きでもないのですが,由緒正しきBreitkopf,買うしかない.$5なり.

このオペラで有名なのは第三幕への前奏曲,そしてそれに続く婚礼の合唱,つまり結婚行進曲.この超有名な結婚行進曲がWagnerの作だと知ってる人は,巷では少ないでしょう.

ちなみにこのBerkeleyの店,Vinylと入り口に書かれている通り,地下は大量のLPです.フランス人研究者の一人は歓喜して地下へと突進し,嬉々としてLP選び.店から全く出てこないので,放置してビール飲みにいきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

J.S. Bachの前奏曲の中にあるSchwencke小節

LilyPondでフルートの楽譜を作ってみる,の続き.ベタではありますが,Gounodの Ave Mariaを打ち込んで見ます.この曲の伴奏は,J.S. Bachの平均律Kravier曲集のC durの前奏曲が使われているので,Bachの楽譜も並べてみました.でもBachの前奏曲全くそのままではなく,上の色で囲んだ部分が追加されています.

ピアノを習う子供の定番教則本Sonatineアルバム,その中にオマケのように収録されているBachの前奏曲にも余分な小節があり,そこに書かれた「これはSchwenckeが挿入したもの」という脚注がずっと昔から気になっていました(全音楽譜出版さん,Schwenckeの綴が間違ってますよ).

Christian Schwenckeという人は知らないのですが,18世紀後半の音楽家のようです.小節を追加した理由は定かではありませんが,おそらくこの部分のBachのコード進行があまり滑らかでないと考えたのでしょう.挿入部分によってバスがF, Fis, G, Asと半音ずつ上がっていく形になります.また全体が36小節となり,4小節毎の構造がはっきりします.

Czerny版平均律にもSchwencke小節が含まれているのですが,Carl CzernyはSchwenkeより四半世紀ほど後の人なので,おそらく彼はSchwencke版を見ていたっぽいです.もしかするとCzernyも,ここはBachが間違ってると思ったのかも.Czerny大先生の編集が出てしまったら,もう取り返しがつかない.もちろん現在売られている原典版ではSchwencke小節は省かれています.

GounodがAve Mariaの歌を乗せたのは1859年,Schwencke小節込みの版なので,原典版の前奏曲を伴奏にAve Mariaを歌ったら途中でずれてしまいます.

Schwencke小節が有るのと無いのでは,どれくらい聞こえ方が変わるのか試してみました.まずは原曲.そしてSchwencke版

うーん,あんまり変わらんような気がする.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

フルート独奏用の楽譜をLilyPondで作ってみる

以前日本の楽譜店で,フルート独奏曲の楽譜を探していました.有名どころの旋律ばかりを集めたようなものです.そんな楽譜をぱらぱらとめくりつつ,これだったら手持ちのピアノ譜やスコアから適当に旋律だけ読めばよさそう.

とはいえ,余分なパートがある分,譜めくりが頻繁になります.しかもピアノ譜って往々にして重たいので,譜面台に乗せるのは面倒.なら旋律だけ抜き出しちゃえと,LilyPondを使って旋律だけの楽譜を作ってみました.

SchumannのTraeumerei,この楽譜をLilyPondに打ち込むのに要した時間は1時間ほど.さてこの作業を続けるかどうか.それにしても我ながら暇だね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

G. Leonhardt編曲 Bach無伴奏Sonata, Partita

こんな楽譜がありますよとのタレコミに,真っ先にAmazonでチェックするも見つからず,結局出版社
(Baerenreiter)で直接注文
.ドイツから航空便でやってきました.J.S. Bachの無伴奏Violn, CelloのためのSonataとPartitaの数曲を,Gustav Leonhardtがチェンバロ用に編曲したものです.

全曲無いのが残念ですが,耳慣れたあの曲をピアノで弾けるのがありがたい.Partita Nr.2, BWV1004の有名なChaconne,ト短調に移調されていますが,両手使って弾いていいですね! 左手だけで弾かなくてもいいんですね!

元は独奏Violin, Celloなので,そのまま鍵盤楽器で演奏すると音が薄いのですが,そこはうまく補強されています.Leonhardtの編曲は,まるでBachが元々チェンバロ用に作曲した曲のよう.全く違和感ありません.

ざざっと弾いてみましたが,技術レベル的にはPartitaと同じくらいか.結構難しいです.Bachでは出てこない(と思う)10度音程が稀に出てきて,そこはやはり編曲物っぽい.指が届かないんですよね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

環境音楽は他人任せが良い

Los Alamosの図書館にある古書店で楽譜を買ってきました.一冊50セント,全部で$1.5ぽっち也.

J.S.BachのConcerto, d-moll BWV1052,同じくBachの「音楽の捧げもの Das Musikalische Opfer」,それにポピュラーピアノっぽいもの.

「音楽の捧げもの」は,3声のリチェルカーレRicercarだけはそのまま鍵盤楽器で演奏できますが,他の曲は二段譜になってないので自分には無理.6声のリチェルカーレが三段譜面に整理されたものも掲載されており,これならなんとかなるかも.

さてNew Age Pianoという一冊.Eddie Jobson, John Jarvis, Susanne Ciani, Jim Chaooell, Yanniの作品を集めたもの.大昔ちょっと流行った(?)ニューエイジ・ミュージック,ミニマルっぽくもあり,Jazzっぽくもあり,ポップスっぽくもあり,所謂癒し系音楽.

全曲ぶっ通して弾いてみました.まあ面白いっちゃ面白い.でも次第に退屈になるのも事実.誰かがバーでBGM弾いてるのを環境音楽に自分は酒飲むってのなら良さそうです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ピアノの上で広がっていく混沌

グランドピアノは手前の屋根を開かないと譜面台が出てきません.でも開いた状態だと,かなりの音量で少々うるさい.卓上譜面台をピアノの上に置けば,屋根を閉じたままで演奏でき,音量も抑えられて便利です.目線が少々高くなるのが難点ですが.

閉じたままでよいとなると,次第に怠惰が広がってきます.ピアノの上に楽譜を山積み(これだけはやりたくなかった).天井のライトのスイッチが遠いので,専用のLEDライトをAmazonで購入.

このライト,USBが着いているので,スマホの充電もできます.

ドリンク用スタンドも身近に置いておきたいところ.ついでにウィスキーボトルも常備するか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

注目に値するワインラベル

notable

スーパーマーケットで売られてるワインの質は値段とほぼ比例してると思ってるので,$10程度のものを選んでおけば間違いないはず.でもそこはあの手この手で消費者の購買意欲をそそろうとするワインのエチケット.ついデザインに釣られて買ってしまうこともしばしば.

このワイン,まず名前が凝ってます.Notable,つまり注目に値すると主張してるのがすごい.

そんでもって,note(音符)-able(できる)だから,風味を♪で表現.ハ長調だと仮定すれば,この楽譜もGコードからCコードへちゃんと解決してます.

もっともこんな選び方してたら,ワイン会社の思う壺ですね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail