「服」タグアーカイブ

衣料品,航空便で値段倍

Bruges Zot

明日のフライトでアメリカ帰国です.先程ようやく荷造りが終わりました.さほど荷物は増えてないと思っていたのですが,あれこれあれこれあって,結局スーツケースには入り切らない.

段ボール箱を調達してきて,クリーニングした冬物をそっちに詰め込みました.段ボール箱のまま飛行機で持って帰ることもできるのですが,流石に大荷物担いで成田へ行きたくない.郵送してしまいました.12000円なり,ふぅ〜

本当はもっと早く郵送してればよかったのですが,なんせクリーニングに時間がかかった.GW前に出したのですが,衣替え時期だったせいか時間がかかるんだとか.仕上がったのは昨日で,郵送が本日.

平将門の首塚

さて話変わって,酔い覚ましに東京駅周辺を歩いた末に辿り着いた平将門首塚.無造作にお賽銭500円玉が供えてあったので,自分の100円玉を追加して賽銭箱に入れておきました.現金そのまま放置されているって,どんだけ治安が良いんだか,どんだけ祟りが恐いんだか.

それにしてもオフィスビルが聳える大手町にぽっかりと空いた線香漂う一角.こわいよう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

試着時に変身できる宇宙人

上下の絵で違いが5箇所あります.さてどこでしょう.

before after

試着室にあった貼り紙です.2段になった絵の違いが,一瞬分かりませんでした.それに真ん中の絵,宇宙人?

実際どうやって使用するのかちょっと気になったのですが,なんせこちらはジーンズの裾上げ,パンツ姿でフェイスカバーしてたら変態宇宙人です.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

突然のMemorial Serviceで服装に悩む

Pajarito mountains
Pajarito mountains

Belgium出張の合間に同僚の訃報を伝え聞きました.彼は僕より10歳ほど年上ですが,随分前から癌の闘病生活が続いていました.その彼のMemorial Serviceが本日催されることを知ったのは今朝のことです.

Memorial Service,追悼会とでも訳すんでしょうか.出席者は親しかった友人や仕事仲間が中心ですが,困ったことにアメリカでのこういった催しに参加したことがない.何を着て行けば良いのか分からず,職場の秘書さんに助言を仰ぎました.

曰く,フォーマルである必要なし.あまりカジュアル過ぎなければ大丈夫とのこと.一旦自宅に戻り,落ち着いた色のシャツとジャケットに着替えて出席しました.他の出席者も概ね似たような服装.もっとも,仕事から駆けつけてきたような普段着からスーツ姿まで,人それぞれ.

故人を偲ぶ会ですので,職場の上司などが彼の業績や仕事ぶりを追慕するスピーチを行っていきます.当然ながら笑いを取りに来る不届き者も中にはいて,和やかな雰囲気で会は終わりました.

僕も彼に関しては笑える話が幾つかあるのですが,ここはちょっと「笑えない話」.

Santa Feのホテルで会議開催し,ロシアからの訪問グループに旅費を小切手で支払ったときのこと.帰国後に小切手を換金するのは面倒とのことで,Santa Feの銀行で現金化することにしました.旧ソビエト連邦出身の彼は当然ロシア語が話せるので,彼に「お客さん達を銀行に連れてって」と頼んでおきました.

しばらくして彼が他のロシア人達と共に血相を変えてホテルに戻ってきて,僕の顔を見るなり,

警察が来る!今日はもう絶対に外には出ない!

こっちには何のことやらさっぱり分からない.理由を尋ねたら,どうやら小切手の現金化はできないと銀行から言われたらしい.でも彼はそこで一歩も引かずに押し問答.挙句の果てに警察に電話されたんだとか.

一同,あたふたと退散し,一目散にホテルへと逃げ帰ってきたと言うわけ.もし本当に彼らを警察が探してるんなら,ホテルの中に隠れてりゃ安心なんてことも無いと思うんですが,あまり脅かさないようにしときました.冗談言える雰囲気じゃなかったので.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

身嗜みに空気読むお年ごろ

Autumn in New York
Autumn in New York

例年この時期にある東海岸出張はコートが欠かせないのですが,今年は異常な暖かさです.まさに豪華なNew Yorkの秋.紅葉した木々の間にのぞく青空が清々しい.

さて今回の仕事ですが,いつもどおりの学術的な集まりに混じって,少々堅苦しい会議があります.この歳になっても相変わらずジーンズにジャケットというラフな格好で会議に出席している自分です.でもさすがにそれじゃまずいと空気先読みし,ネクタイ締めたワンランク上の服装で臨んでいます.

残り物?
残り物?

でもそんな普段見慣れない姿,さすがに違和感あったと見えて,後からあれこれ言われました.そんな服,持ってたんだ,とか.

ところで,普段からラフな服装と思われがちなアメリカ人ですが,会議に参加される年配の方々はどういう訳か案外いつもスーツ姿だったりします.そんなご年配(おそらく70代半ば)の方から言われた一言.

老人クラブへようこそ

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

突然の秋,着るものに困る

枯葉
枯葉

午前の日差しの入るオフィスが暑くて冷房をガンガンいれ,熱気を廊下へ吐き出すために扇風機まで回していました.それが今朝の気温は10度も無いほどの寒さ.まるで今週からLos Alamosは冬ですよとカレンダーに書かれてたかのように.

週末,冬物を出そうか迷っていたのです.だって先週末まで本当に暑かったんですよ.そんな時に長袖シャツの並んだクローゼットなんて見たくもありません.

とは言え,長袖数枚を一年中クローゼットに常備しています.飛行機に乗るとき,絶対に必要だから.冷房が効きすぎて,防寒対策しておかないと風邪をひきます.どうしてアメリカ人ってあんなに耐寒能力が高いんですかね.脂肪?

取り敢えず今日は,そんな常設冬物を着て仕事へ行きました.今も雨が降り続いており,明日も引き続き寒そうです.常設冬物が底をついたら,ポロシャツ二枚重ねでいこうかと思っています.襟は立てるんでしたっけ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

三代目J Soul BrothersのツアーTシャツ

日本からのお客様が,お土産を持ってきてくださいました.どうもありがとうございます.

Blue PlanetのTシャツ.「三代目J Soul Brothers」のツアーグッズだそうです.なんと2015年のツアーじゃないですか.もしかすると,合衆国上陸第一号のTシャツかもしれません.早速,子供二人に横領されてしまいました.

こういうのに疎いもので,ブログに写真を出すにあたって J Soul Brothers とか EXILE を検索してカンニングする必要がありました.その貴重度がすぐに分からなくてすみません.

Blue Planet T-shirts
Blue Planet T-shirts

さらなるお土産.詳細はまた後日.

江戸屋
江戸屋
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

さほど古そうに見えないけど実は超古いブレザー

先月の帰国で実家に持って帰ろうと思って,結局止めたものがあります.それがこのジャケット.なんとアイビー・ブレザー.

…と言っても分かる人にしか分からないでしょうね.1960年代に流行したファッションです.このブレザーは叔父から頂いたもので,おそらくは僕が生まれる前に買われたもの.

50年前のアイビージャケット
50年前のアイビージャケット

それなりにフォーマルな場でも使えるので,僕の学生時代には愛用していました.でもそれもさすがに若いうちだけ.渡米時に持ってきたものの,クローゼットに眠ったまま10年以上経ってしまった次第.

以前長女に着せてみたことがあるのですが,やはりサイズが大きすぎ.それにもう50年以上も前のジャケットです.叔父の娘達に渡せば何かに作り直して使うかなと,帰国に合わせて実家に持って帰ろうと考えていました.

でも,埃を落として椅子にかけていたら,さほど古いようにも見えない.高校生の長男がこれを欲しいんだって.最近またアイビースタイルが見直されてるようだし,高校生ならいいかな.

さて,昨日机の引き出しを整理していたら,大昔の証明写真が出てきたのですが,なんとこのブレザーを着てます.締めているネクタイから,おそらく僕が25歳の時のもの.

洋服の物持ちの良さもさることながら,何のためにこんなもの取っておいたんだろう.ちなみに,学部生の頃の学生証も出てきました.老後に博物館でも作るか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail