「時差」タグアーカイブ

再び時差あり国内国際会議

オンライン研究会が日本時間で9時から始まるということは,こちらは夕方6時です。早めに日課のジョギング,夕食と風呂を済ませ,パソコン前で待機。

小規模な研究会だと思っていたのですが,画面に表示される参加者数がどんどんと増えていくのに驚きました。海外在住の日本人の名前も見えてます。こりゃもっと余裕持って準備しておいたほうがよかったか。

僕の順番は日本の午後1時,つまりこっちの夜10時です。この日はビール飲まずに我慢。

講演は日本語だったのですが,初っ端から躓きました。僕の話とスライドがずれてると指摘されたのです。どうやら,こちらのネットが遅すぎて,画面が追随できないらしい。

さらに戸惑ったのが,いつも以上に日本語が出てこなかったこと。途中何度も

英語にしていい?

と言いたくなったのをひたすら我慢。普通の会話は問題ないのですが,専門用語の和訳が出てこないのです。

30分間,なんとか話し終えると,司会者が

遅い時間までどうもありがとうございました

いやいや,一応最後まで参加するつもりですから。

ちなみに全講演終了時間はこちらの深夜1時。その後に議論時間があったのですが,さすがに会議抜けて寝酒の一杯やりました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだ明け遣らぬうちから

今週はネット国際会議です。一週間続けてのオンライン会議は初めてですが,幸い一日当り3時間なので,なんとか生き延びています。

とは言え,開始時刻は早朝6時。となると5時には起きて準備,上半身だけですが,一応パジャマTシャツから着替えてます。ちゃぶ台にパソコン置いて,座布団広げて,コーヒー用意して,会議準備完了。

日本からの参加者は9時開始0時終了。でも夜間の方が楽でしょと聞いてみたら,なんと職場に夜間出勤して参加してるんだとか。自宅だと子供がいて面倒ということらしい。深夜の職場なんてちょっと不気味そうです。ビールも飲めないだろうし。

そんな中で,今度は日本の研究会への参加のご案内。こちらはさすが日本で,僕の都合の良い時間に合わせてくれるそうです。日本の午後最初ということなので,こっちは夜10時。缶ビール片手に … いやいや,そんなことしませんから。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

オンライン会議はカメラオフが基本

顔つき合わせた会議が一切できない現状,ネット会議に頼る他ない状況です。全てがオンライン会議化してはや5ヶ月,昨今では「これ,便利じゃね?」な意見も増えてきました。なんせ会議室まで出かけなくてよい,少々遅刻しても(参加者多ければ)バレない,パソコンだけ立ち上げといてお茶飲んでてもバレない,内職しててもバレない,バレない尽くし。

まあ内輪の会議ならそんな緩さもありかと思うのですが,外部とだとそうもいかない。それに加えて,海外からの参加者があると開催時間の設定が大変です。

今月末に計画されている会合,日中米欧の参加者があり,どこかで誰かが辛いというもの。一応主催はヨーロッパで,どうしてもあっちは勤務時間じゃないといけないと言うので(ほんまかいな),ヨーロッパが午後,こちらは朝の6時,そして日本は夜9時開始という過酷さです。

で,早朝と深夜,どっちが楽かという話になったのですが,絶対に夜だと思うのです。少々中座して(参加者が多ければ)バレないだろうし,こちらのカメラをオフにしときゃビール飲んでてもバレない,風呂に入ってきてもバレない。で,最初に戻る。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

あんまり急いで時計の針がこっつんこ

今朝起きたら,すでに正午でした.朝じゃないか.

そして明日からNew Yorkです.早朝3時に友人を拾って空港へ向かいますので,2時半起床.となると早めにベッドに入らないといけないんですが,こんなに朝寝坊して眠れるのかな.

面倒くさいことに,今夜夏時間(daylight saving time)が終わります.それが丑三つ時の深夜2時.つまり2時が1時になる.2時半に起きようと思ったら,目覚ましは3時半.でもスマホは自動的に夏時間を調整するので,2時半は2時半で...

昨年これで失敗したのです.2時半にスマホのアラームをセットしたものの,2時直前に目覚めてしまいました.あと30分しかないのに二度寝は危険と起きだしてコーヒー飲みつつ,2時を迎えた瞬間になんと1時へ逆戻り.もっと眠れたんじゃん.

明日,東海岸へと飛ぶと,今度は国内で2時間の時差です.どっちに時計の針が動くんだっけ.もうわけわかんない状況です.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

2時間時差はいつも経験しています

東京オリンピックの時期が暑すぎるかもしれないからと,またぞろサマータイム導入の噂がちらほら聞こえております.それに2時間ずらすって.

ちょうど僕が東海岸へ出張するときと同じで,たった2時間の時差とは言え,慣れないと面倒です.夜は深夜になっても眠くならないので,つい夜更かししがち.でも無情な朝だって2時間早くやってくる.旅先での一週間は睡眠不足気味です.自分が悪いんだけど.

サマータイムに切り替わった直後,これと同じことが起こるはず.1時間どころか2時間もずらすとなると,きっと仕事中に居眠りする人が続出ですよ.

悪いこと言わないから,やめといたほうがいいですって.年に2回,あちこちの時計を調整し直すのって,やっぱり面倒ですよ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

締め切り時間を先送りする方法

締め切りは今月末ですよ.世界中の同業者に呼びかけ,そう言われて1月31日の11時59分59秒まで粘る,ありがちな話です.でも深夜0時って,どこの0時?

僕がアメリカから「締切は今日ですよ」と日本に向かって叫べば,きっとここの0時,つまり日本では2/1の午後4時まで大丈夫じゃんと考える人ばかりでしょう.でも締め切りアナウンスはスイス経由で出てます.

そうなると西欧時間の0時と考えるのが普通のはず.つまり日本は朝の8時.でも誰もそんなことは気にせず,アメリカ時間に合わせてるっぽい.と言うか,地球上で2月1日が一番遅く来る地域に合わせてるのかも.ハワイあたりとか,日付変更線すぐ横のどっかとか.

とまあ,締め切りを守る努力をするだけ,まだ善良なるサイエンティストです.今日は水曜日,そんな週半ばに締め切りを設定するのは不自然だ.これはきっと週末までOKだな,これが普通のサイエンティスト.

「今日が締め切り? あいつだって締め切り守らねーじゃん.来週でいいや」

日頃の行いがこんな所で悪いサイエンティストを量産します.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail