「昔話」タグアーカイブ

すっかり使わなくなった表現

flowers

古い小説を読んでいて,そう言えばもう死語になってしまったなと気付いたもの,「テープを巻き戻す

こういう使われたくなってしまう表現って,テクノロジー関係のものが必然的に多くなります.

チャンネルを回す
絶滅表現の最たるものでしょうか.今時の若者に言っても,おそらく通じないでしょうね.昔のテレビのチャンネルはダイヤル式で,CMになる度にそれをガチャポンのように回してました.どこまわしても,NHK以外は同じタイミングCMやってたりするんですが.

チャンネル権
かつてテレビは一家に一台.どの番組にチャンネルを回すのかは一家の一大事.

ダイヤルを回す
もう一方のレッドブック掲載品種,ダイヤル式黒電話.じーこじーことダイヤルを指で回して電話をかけてました.

テープを裏返す
A面/B面があるカセットテープやレコードを裏返す.そもそもカセットそのものを見なくなってしまいました.同じ面をもう一度聞きたければ「テープを巻き戻す」わけです.これはビデオテープで辛うじて残っているかも.

ツメを折る
昔のテープには,誤消去防止ツメなるものがあり,ここをポキンと折っておくと重ねて録音できないようになっていました.これもビデオテープにありますね.似たようなものに,3.5inディスクの書き込み禁止用のスライド,5inフロッピーディスクには貼るシールが添付されていました.

A面/B面
レコードの表と裏面.DVDにも2面になったものが稀にありますけどね.考えてみれば,A面/B面って変な表現です.B面に収録された曲って,なんとなくおまけのイメージでした.

切符に鋏を入れる
その昔,駅の改札を通過するとき,切符に鋏を入れられ(実際にはパンチみたいなもの),使用済みにされました.そのパンチの形が■だったりM型だったりと薀蓄があるわけですが,それはまあおいといて,駅員さん,手にした鋏をカチカチカチカチ,まるでパーカッションのように鳴らし続けておりました.

ネジを巻く
気持ちを引き締めるってことですが,そもそも巻かないといけないゼンマイ仕掛けの物って,まだなにかあるのかな.