「昔話」タグアーカイブ

冠禍での日本滞在,ロプノールピアノ

小学生の頃にピアノを始め,まともにレッスンを受けていたのは大学時代まで。その間,引っ越しもありピアノもそれに合わせて移動してきました。

このピアノは元々同居していた祖母のものですので,僕が生まれるより前のもの。それを練習に使い始めました。

僕は中学時代に近くの町に引っ越し,でも暫くはピアノの置かれた祖母の家まで通って練習していたものの,やはり不便だからと自宅へ運送しました。後から聞いた話ですが,祖母はたいそう悲しんだんだとか。

時は流れて僕も大学卒業。もう誰も弾くことが無くなったピアノは,再び祖母の元へ。でも彼女がピアノに触っていた形跡もなく,東京の従姉妹と僕が弾く賛美歌「主よ御元に近づかん」を最後にしばし沈黙したようです。

その後,本家を守る叔父が亡くなった後,うちの母が再びピアノを自宅へと運搬したようです。でも僕は渡米,調律されることもなく,随分と酷いコンディションのまま10年の歳月。

そして先週,実家の整理をしながら,もうこのピアノは処分するほかないなと親戚と話していたら,従姉妹が「ピアノの練習したい」と言うじゃないですか。

古いピアノなので,運搬,修理,調律,全部で20万円の見積もりとなりました。正直,新しい電子ピアノを買ったほうが良いと思うのですが,思い出のピアノを温存してくれるというのだから嬉しい限りです。せめてあと10年,このピアノが音楽を奏で続けられたらと思います。

ところでピアノの上に置かれた青い本は,子供のピアノ練習で定番のソナチネアルバム。僕が子供の頃に使ったものですが,開いてみると自分の書き込みがありました。高校か大学時代,ソナタ形式と和声の勉強のために書き込んだもの。ソナチネは構造が単純で定形通りに書かれたものが多いので,音楽の勉強にはもってこいです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,鉄分の記憶

ブログ更新滞り気味ですが,まだ実家の片付けを行っております。さらに出てきたのが子供の頃に国鉄であちこちを彷徨っていた頃の入場券コレクション。全部で50枚以上はあったでしょうか。鹿児島本線の全駅を制覇しようとしていた形跡もありました。

廃線に伴って消滅した駅の入場券もあり,もしかしたらコレクターズアイテムかも。ちょっとマニアックすぎますかね。

こちらは西鉄バスの回数券。初乗りが140円の時代なのかな。全く記憶にないのですが,それほど古くは無いと思いますので,もしかしたらまだ使えるのかも。

そして,最も「金目のもの」,現金。

100円札は,叔母の「入学祝い」と書かれた封筒に入っておりましたので,小学校の入学祝いでしょうか。古銭として買い取ってもらったら,数百円くらいになるかもしれませんが,そこまでの交通費でちゃらですね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,理系の元

実家でのお宝発掘中。ご存知でしょうか。ペナントと呼ばれる古代の旗です。観光地では定番お土産だったペナントもすっかり絶滅し,もしかしたらプレミアが付いてるかも。

裏に叔父の名が入っているものが多かったので,おそらく彼が小学生の僕にお土産に買ってきてくれたのでしょう。自分で買ったものもあると思いますが,記憶がすっぽりと抜け落ちております。

そして,昔懐かしいチロリアンの缶に入っていたのが,こちら。

真空管です。小学生の頃,大型ゴミ出し日に捨てられていたテレビやオーディオから抜いてきたもの。簡単な回路を組んで使ったこともありますが,電源とか面倒だった思い出が。

こちらは小型の三極管,五極管とかだと思います。フィラメントだけなら乾電池で点灯させることができます。ぼーっと光る真空管に理系心が芽生えた瞬間だったのかもしれません。まあ,そんなことやってる時点で,普通の小学生じゃないかもしれないけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,まだ出てくる

実家のガラクタ処分の続きです。自分でもびっくりな高校生時代の世界史のノートが出てきました。なんでこんなに細かく地図を描いたのか,さっぱり覚えてませんが,なんか拘りあったのでしょう。

ノートというのか,研究レポートみたいです。地図をトレースしたようにも見えず,鉛筆で下書きした後,ペンで清書したっぽい。全然覚えてませんが,なんか暇人。

ノート類は,高校のみのならず,小学校高学年のものまで出てきました。さすがにそっちは雑然としておりました。面白いと思ったものの,そんなものを保存しておいては末代までの恥,通信簿と共に古紙回収へとまわしました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,いろいろ出てくる

日本の自宅に帰国後,自分が残したガラクタの処分をしています。小中高時代のノートは出てくるわ,大学卒業証書が発見されるわ,挙句の果てには通信簿まで出てきて冷や汗しきりです。すでに自分の物は何も残ってないと思っていたのですが。

そんなかつての自分の部屋に何気なく置かれていた2つのブラスチックケース。開けてみて驚きました。一つは古い硬貨やら古銭ががらがら。確かに自分が子供のころに集めていたものです。そんな写真はまあおいおい紹介するとして,問題はもう一方のケース。

これ,地方限定だと思うので分からないかもしれませんが,西鉄バスの整理券です。バスに乗るときにこのチケットを取り,下りるときに番号に応じた料金を支払うシステム。色が違うのは,おそらく別のバスで取った整理券をこっそり使ってズルするのを防止するため。

そんな整理券がどうしてこんなに残っているのか。白状しますと,高校生時代に悪友らと変な遊びが流行ったのです。それは整理券の長さ競争。

整理券の長さなんて,どれも同じです。でもそれは普通に整理券を取った場合のこと。整理券が出てくる瞬間を狙って取ると,わずかに長さが伸びることがあるのです。それを競うわけ。

アホなことをやってたものですが,ほんの数mmの差に破れし者の行く末が,このプラスチックケースだったわけ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

地上の円盤

Albuquerqueから西へ飛ぶとゴツゴツした岩山と水無川の荒野が広がり,東へ飛ぶとまっ平らな平原です。農地として使えそうなところには丸い畑が行儀よく並び,暫くは窓からの眺めを楽しめますが,そのうち飽きてきます。どこまで行ってもLP … いやいやCDばかり並んでるなあと。

小学校だか中学だかの社会科で習ったアメリカ大陸での農業,広大な土地をざっくりと使った農業,つまり粗放農業。この粗放という響きが子供らに受け,先生が「アメリカの農業は?」と聞くと,生徒が一斉に

そほーのーぎょー

では日本の農業は?

しゅーやくのーぎょー

今もそんな呼び方をするのかどうかは知りませんが,空から円盤を見ながら小さな声で「そほーのーぎょー」と呟いてみました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail