「日本」タグアーカイブ

冠禍での日本滞在,いろいろ出てくる

日本の自宅に帰国後,自分が残したガラクタの処分をしています。小中高時代のノートは出てくるわ,大学卒業証書が発見されるわ,挙句の果てには通信簿まで出てきて冷や汗しきりです。すでに自分の物は何も残ってないと思っていたのですが。

そんなかつての自分の部屋に何気なく置かれていた2つのブラスチックケース。開けてみて驚きました。一つは古い硬貨やら古銭ががらがら。確かに自分が子供のころに集めていたものです。そんな写真はまあおいおい紹介するとして,問題はもう一方のケース。

これ,地方限定だと思うので分からないかもしれませんが,西鉄バスの整理券です。バスに乗るときにこのチケットを取り,下りるときに番号に応じた料金を支払うシステム。色が違うのは,おそらく別のバスで取った整理券をこっそり使ってズルするのを防止するため。

そんな整理券がどうしてこんなに残っているのか。白状しますと,高校生時代に悪友らと変な遊びが流行ったのです。それは整理券の長さ競争。

整理券の長さなんて,どれも同じです。でもそれは普通に整理券を取った場合のこと。整理券が出てくる瞬間を狙って取ると,わずかに長さが伸びることがあるのです。それを競うわけ。

アホなことをやってたものですが,ほんの数mmの差に破れし者の行く末が,このプラスチックケースだったわけ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

仕事始めに小障害

こちらでは2日から通常営業です。でも日本に帰国していた関係上,2,3日は年休を入れて,昨日ようやく初出勤しました。実際同僚らも今週から出勤している人が多いようです。

実は先週末締め切りという報告書があったのですが,こっちに戻ってみたらまだ他研究所からの分が集まってません。まだ提出できないからもう一日待ってもらえるかと問い合わせをするも,返答なし。これはつまりあれですね。こっちの都合良く解釈してよいと。

さて仕事初めにする儀式の一つ,それは新しいルーズリーフノートをおろすこと。まずは一番最初のまっさらページに2020と書き込みます。それから昨年のノートから一部必要なリーフを抜き,新しいものへ差し込みます。

買うタイプは特に決めてはいません。毎年帰国の際に適当に一冊買って帰ります。今年のは綴じ部分が柔らかく開きやすいのが売りらしく,確かにこれは便利そうです。

中央部を開き,ノートを差し込もうとして,

あれ? 穴のピッチが違う。

ルーズリーフなんてどれも規格は同じかと思ったら,今回買ったものは穴の数が微妙に多い。強度を増やすため?

こればかりはどうにもなりません。正しいサイズのは次回帰国するとに買うとして,しばらくは昨年のノートに追加して使い続けるしかないようです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

数年ぶりの初詣

元日午後,酔い醒ましを兼ねて実家の近所を散歩してきました。正確に言うと中学生時代まで住んでいた家の近所であって,今の家からは少々離れております。ちょっとした散歩コース。

近所の小さな神社,折角なので初詣。小さなところなので参拝客もちらりほらり。そもそも何の神様なのかよく知らないのですが,まあいいや。

もう時効なので白状しますけど,小学生の頃,ここで少々悪そうしておりました。床下に潜り込み,友人らと秘密基地。そこで生まれた初めてアリジゴクを見ました。すり鉢状の穴を掘って蟻が落ちてくるのを待ってるやつ。

そんなのがあれば,もう蟻を落としてみるしかない。蟻を捕まえて入れてみたら,あっという間に脱出されてがっかり。

そんな床下への側面はコンクリートで固められ,今ではもう入れなくなっています。「近所のガキが入ってきて悪さするから」という理由ではないと信じたいんですが。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

明けましておめでとうございます

皆様,あけましておめでとうございます。

数年ぶりに日本での年越しです。とくに何もすることもなく,書店で本を物色したり,和食っぽいものを食べたり,だらだらとテレビを見たり(これは本当につまらない)。

近所を散歩していたら高校の同級生から「もしかして歩いてた?」とメールがきたり,ショッピングモールで小さな子が何故か突然立ち止まって僕に手を振り始めて母親から不審がられたり,お釣りの30円をそこにあった募金箱に入れといてくださいと言うと「本当にいいんですか」と確認されたり,なんたらかんたらポイントカードお持ちですかにNoを言い続けたり。

というわけで,新年が明けたついでに缶ビールをもう一本ぶしゅっと開けて,Life in Los Alamos,今年もよろしくお願いいたします。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Santa Feに出現した妖怪

Santa Feの Museum of International Folk Artで日本の妖怪展が開催中と聞き,行ってきました。この博物館そのものも,色々と面白いところがあったのですが,そのまずは一つ目妖怪のお出迎え。

妖怪とくればこの方ですが,幽霊,般若,カッパ,天狗,なまはげ,信楽焼たぬき,貞子,トトロにポケモン,なんでもありっぽい。

宇和島市の牛鬼。御札にはちゃんとサンタフェ市と書かれています。

おなじみ,「なぐごはいねか」の人。これは妖怪かな。

正直言うとあまり期待していなかったのですが,なかなかポイントを押さえた展示となっていて楽しめました。会場内にはちょっとしたお化け屋敷も作られており,それなりにびっくりする仕掛けもありました。お客さんもそれなりに入っており,ポケモンのルーツはこれだったかと皆さん納得したはず(いいのか?)。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

薄くちまちまと食べます

福岡の千鳥饅頭のお菓子,チロリアン。子供の頃からず〜〜〜〜っとあるんですが,バニラ,ストロベリー,チョコ,コーヒーの4種類が基本。僕はもっぱらコーヒー味を攻めていた記憶があります。

そんなチロリアンの九州版。もともと九州銘菓なのに,さらに九州版というのもよく分かりませんが,博多あまおう,宮崎マンゴー,それに八女の玉露味の詰め合わせです。

どれも味濃い目,なかでもあまおうはかなり来ます。その後に食べたマンゴーの味が分からないくらい。

ところで記憶が確かなら,チロリアンの筒状部分を薄く剥ぎながら食べていたような。最後クリームだけになったら,どうしてたんでしょうね。薄く剥ぎながらと言えば,ヨックモックもそんな食べ方していました。チョココロネも,渦巻を解きながら食べていました。ドーナツも周りから食べると,最後に虚無だけが残ります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail