「文房具」タグアーカイブ

やっぱり日本の文房具

タイトルに沿った手頃な写真が無かったので,近所の半飼い猫が勝手にうちにやってきて勝手にソファで寝てる図ですが,話題は日本の文具。

黒縁メガネの学生さんが手書きでメモってるのを見て,ふとそのペンに目が留まりました。ラベルシールに漢字が見えます。

なんと無印良品のゲルインキペン。書き味滑らかで,僕も愛用しているペンで,帰国するたびに調達してくるもの。ほんとは長女から教えてもらったんですが。

メガネの彼女は生粋のアメリカンですが,このペンが無いと生きていけないと言います。いや言ってないけど。アメリカの無印良品で買ったのかと聞いたら,Amazonで売ってるんだって。調べてみると,日本価格よりちょっと高い程度。

メガネちゃん,文具は絶対に日本製がよいとのこと。もちろんですとも。アメリカにも日本製文具の凄さが分かる人が出てきたようです。後はもっと手軽に手に入るように無印さんに頑張ってもらわないと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

くくはちじゅう,くらい

この歳になっても暗算はします。電卓,正確にはスマホの電卓アプリを起動する誘惑に駆られながら暗算するのは,少しくらい頭使っとかないとどんどん劣化するから。

でも九九をやるからといって,正確かどうかは二の次。その2の段。

2×2=4と来たら,次は8, 16, 32, 64, 128 … となっていくのは,ある種の職業病。

難関の7の段。しちにじゅうし,しちさん … えっと,24?

こういうとき,14+7を計算して21とするか,さんしちにじゅういちと掛け算の交換法則をこっそり利用します。

9の段。簡単な方法があります。9 x 3 を計算するとき,十の位は 3より一個少ない2,一の位は10から3引いて7,つまり27。

普通に九九やったほうが早い?


FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

おっきな小学生かと思った

Mosaic Promise

「すまん,遅くなった」と言いながら同僚がオフィスへやってきたのは午前11時ちょっとすぎ.

「早すぎないよ.ミーティングは11時半から」

どうやら時間を間違っていたらしい.だからと言って予定時刻までの30分を雑談モードにされるのも困るなと危惧してたら,じゃあその間に別の用件を片付けてくるからと去って行きました.リュックサックだけ置いて.

朝,出勤時に仕事場へと向う人々をそれとなく観察していますが,手ぶら派というのも少なからずおります.仕事は一切持ち帰らないし,弁当も持たない,そういうきっぱりとした姿勢は楽そう.でも残念ながら僕は家に持ち帰って仕事を続けてしまう性格です.文具やパソコンを抱えて通勤するにはリュックが一番.

リュックと言うかDaypackを使ってる人は多いです.僕が普段使ってるのは,短期出張にも使える少々大きめの物ですが,一日分だけ持ち運べるデイパックの方が通勤には便利.そんな中,ちょっとびっくりしたのが,目の前を歩いていた女性の背中.

ランドセル...

いやもしかするとあんなデザインのリュックなのかも.どこで買ったのか,気になります.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ようやく近代化した文具

何ヶ月も日本に滞在するんだから,しっかり物資補給しておこうと思っていたのに,こちらに戻ってきてからあれこれ買い忘れに気づきます.特に文房具.渋谷のロフトにも行ったのに.

アメリカで売られているものは質が悪いので,文具は必ず日本で買うのですが,もっと買い込んでおけばよかったと思うものばかり.

B5のルーズリーフ,仕事はこのサイズで統一しています.ホッチキスの芯,これは日本サイズが絶対に必要.ペンシルの0.5mm芯,これも日本サイズじゃないと使えない.無印良品のジェルインクボールペン,おすすめです.などなど.

でも結局買ってきたのはルーズリーフとペンのみ.次回帰国するときは,ショッピングリストを作っておかないと.

あと,帰国直前に買いだめしておこうと思って,やっぱり忘れてしまったのがMINTIAのカテキンミント.お気に入りなんです.

でもこうやって並べてみると,あってもなくても良さそうなものばかりですね.ちなみにペンシルだけは忘れずに買ってきました.書いているうちに芯が回転して,常に細い線が書けるという優れもの.なんせ小中学校の頃のシャーペンを未だに使ってたくらいなので,これは画期的です.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

無印良品のゲルインキボールペン

無印良品のペン
無印良品のペン

文具にはちと拘ってます.つまり日本製.つまり帰国時に必ず買う最重要調達品.そんな日本製文具で最近お気に入りなのが,無印良品のペンです.滑らかに均一の線が書けるので重宝しています.

特に細かい文字が多くなる数式.ペンシルでそんな細かい数式を書くと,間違いなく書いた本人ですら読めません.手書き文字が汚いとか,そういう問題はさておき.

ところが以前買っていた一本のインクが残りあと僅か.次回の帰国まで持ちそうにないなと思っていたら,長女が「いっぱい持ってる」

ほんとにいっぱい持ってたので,二本ふんだくりました.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

日本製ノート万歳

loose leaf

朝,職場に来て最初にすること,それはノートを開いて日付を書くこと.5年くらい前からずっとこのスタイルです.

メールを開き,会議の予定等や仕事上のちょっとした事を,その日付の下にメモっておきます.その後は,仕事様にあれこれ数式を書いたり,メモ用紙代わりに使ったり,計算結果のグラフを貼り付けたり,とにかく何でもそのノートに書くようにしています.要するに仕事のログノートな訳です.

このスタイルにした理由は,年に一度の業績評価に便利なため.別に業績上げようとか,そういう野望はありません.この一年間,何をやったのかを聞かれたとき,ログノートがあると頗る楽なのです.

さてそのログノートですが,lce2さんが紹介されていた合衆国標準ノートを一年間だけ使いました.でもこれがとても使いづらいんです.紙の質の問題だと思うのですが.

結局,昔から使っている和製ルーズリーフに戻りました.ペンシルの滑りもよく,水性ペンを使っても滲まない.一年分きっかりのページを用意できるので,無駄もありません.

B5サイズなのでUSレターサイズの紙を挟むとはみ出すとか,リフィルを帰国時に調達しないといけないとか,バインダ部分にうっかり指を挟むと痛いとか,それなりに問題はあるのですが,やっぱり文具は日本製に限ります.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail