「散歩」タグアーカイブ

まだ出てくる廃棄コンクリート塊

ぽっきり折れてます。かなり太い古いパイプです。現在は使われていないと思いたいのですが,雰囲気的には町に降った雨水を谷へ流す排水管のよう。となると,雷雨があったら,ここらへんから自然の滝になるのかも。

そしてまた何かの構造材の残骸,そこに古いバケツがぽつん。

そしてコンクリート製の土管。これは谷へ落ちていく斜面の途中に埋まっていたので,上から落とされたのかもしれません。

Los Alamos廃材シリーズ,だいぶ溜まってきました。もうちょっとコレクションが増えたら,一纏めの写真集にしましょうかね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まさかこんな所にインカの遺跡が

Los Alamosの森を散策していて,この不思議な石を発見しました。古代の遺跡ですが,炭素同位体による年代法では,15世紀のもの。デザインにインカ文明の影響が濃く見られます。

何らかの宗教儀式に用いられたものと考えられます。このパズルのような形状から,専門家たちは「これはおそらくテトリスの原型であろう」と語っています。

付近に存在するのは,この階段状の岩。明らかにインカ文明のピラミッドを模したものと考えられています。大陸を超えたインカ帝国が,この地までその勢力を及ぼしていた証拠となっています。

手前の階段部分は正確に南を向いており,夏至の日だけ全体の影がミレニアム・ファルコン号の形として浮かび上がります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

廃材にわくわく

こういうコンクリートの廃材が無造作に捨てられていると,どういう所で使われていたんだろうと,なんだかわくわくします。新しいものなのか,古いものなのか。古いと言ってもこの土地柄,せいぜい80年前くらいか。

コンクリートの古さを,表面に浮かんできた砂利から推定するというのをどっかで聞いたと思うのですが,もしかしたら日本限定なのかもしれません。これもかなり表面がザラザラしており,かなり風雪に耐えてきた感があります。

コの字型のブロック,水路だったのか,建築物の一部か。「さっぱりわかんねえ」ですけど,妄想するのは自由です。こういう20世紀の遺跡を求めて,ぶらぶら探検してみますかね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

三密無縁な日曜日

こちらに帰国して4週間目となります。自宅待機命令も,最小限度の運動ならよいことになってますので,少々外の空気を吸いにいくのはOK。3月末に戻ってきたときは,まったく人気の無い町に変わり果てていたLos Alamosですが,気候もよくなり,散歩する人々もそこそこ見かけるようになりました。

とは言え,広大な大自然にぽつんと存在する町です。密閉,密集,密接とは全くの無縁。たまに犬の散歩する人とすれ違う程度。

で,真っ昼間からビール。退廃的午後にストレスも消え去ります。さて昼寝するか〜

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

数年ぶりの初詣

元日午後,酔い醒ましを兼ねて実家の近所を散歩してきました。正確に言うと中学生時代まで住んでいた家の近所であって,今の家からは少々離れております。ちょっとした散歩コース。

近所の小さな神社,折角なので初詣。小さなところなので参拝客もちらりほらり。そもそも何の神様なのかよく知らないのですが,まあいいや。

もう時効なので白状しますけど,小学生の頃,ここで少々悪そうしておりました。床下に潜り込み,友人らと秘密基地。そこで生まれた初めてアリジゴクを見ました。すり鉢状の穴を掘って蟻が落ちてくるのを待ってるやつ。

そんなのがあれば,もう蟻を落としてみるしかない。蟻を捕まえて入れてみたら,あっという間に脱出されてがっかり。

そんな床下への側面はコンクリートで固められ,今ではもう入れなくなっています。「近所のガキが入ってきて悪さするから」という理由ではないと信じたいんですが。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

今年のアスペン黄葉は縦長で

夏から秋にかけて気温が高めだったり嵐になったりと天候不順だったせいか,今年のLos Alamosのアスペンの黄葉はいま一つです。きれいに色づいたところだけ写真にしていますが,全般に灰色っぽい黄色に色づいただけで,もう散り始めております。

ちょっと趣向を凝らして,縦方向で撮ってみました。

縦に伸びていくアスペン,天高く馬肥ゆる秋が伝わるでしょうか。晴れた日のお散歩日和に見えますが,実は気温ほぼ0℃,強風吹く中の黄葉撮影でございました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail