「散歩」タグアーカイブ

ちょっとキツめの散歩道だったはず

かなりきついコースと解説されていた山中のハイクコース。とは言え距離は往復6km程度なのでチャレンジしてきました。

森を抜けて歩くコースは,少々起伏はあるものの,きついとは程遠い。なんでこれが上級者向けなんだろうと不思議に思っていたら,景色が開けて分かりました。

崖っぷち沿いの道。どうやらこれを谷底まで歩くらしい。

さらに向こう岸に見えるジグザグ道。こりゃ正真正銘上級者向けです。崖を降りるのはやめておきました。だって降りたら登らないといけない。

予想外の反応に対応すること

夕方散歩中,見知らぬ人とすれ違いました。知らぬ相手とはいえ軽く挨拶するのがアメリカ流。

How are you?

Good, thank you. How’s going?

Pretty well. thanks

まあこんな感じの定番会話。「どう?」「いいよ」みたいな意味はほぼありません。声をかけることが目的みたいな会話です。

普通なら一期一会の会話もこれでお終い。でもこの日は続きがあって油断していました。突然,

Have a nice evening!

これを咄嗟に乗り切ってこそアメリカ生活の達人です。

You too!

これが瞬間的に出てきた自分を褒めてあげたいと思います。ちなみにこの会話時点で二人はすでにすれ違い完了し,お互い背面会話状態となってました。

夏は短し歩けよ毎週

これと言って楽しみも無い田舎生活です。おまけに出張というものが全く無くなってしまったこの一年半,週末散歩が恒例です。

車をちょっと走らせてトレイルヘッドへ。せいぜい10分の距離です。そこから1〜2時間程歩くのが定番。幸い散歩道には事欠かない土地柄です。おまけにどこへ行っても奇岩織りなす大自然のど真ん中。車を使わずとも,徒歩圏内にも散歩コースが幾つもあります。

8月に入って午後の嵐も少し落ち着いてきたっぽい。気温も下がってきて散歩日和です。ちょっと困るのは蚊が出てきたこと。水が溜まったところがあれば,蚊に要注意です。

それ以上に要注意なのは,もちろん野生動物。昨日は小さな蛇を踏みそうになりました。ring-nacked snakeという無害な蛇だったようですが,あの長い奴に出会うとやっぱりビビリます。

クマさんも出没します。2日前の深夜,家の前でガサガサ音がしてたかと思うとバーンと何か倒れる音。

玄関からそっと様子を見たら,クマさんが向かいの家のゴミ箱をぶっ倒して漁ってました。やばい。

その後,ガサガサバーンは何度か続くも,次第に遠くのゴミ箱へと移動したらしく,うちの玄関をノックすることは無かったようです。

草花を探しながら歩こう

小さな草花が咲き始める季節です。注意して歩かないと見過ごしてしまうような花ですが,よくよく見るとそこかしこに。

黄色が多いかな。地表がごつごつした岩肌なので,目立たないのかも。人間に目立っても仕方ないですね。お呼びがあるのは虫たちです。

黄色い花畑の中にピンクの野ばら。トゲトゲなので,近づいて写真撮るのはちょっと大変。

そしてこの季節のハイライトはサボテンの花。野ばらに勝るトゲトゲですが,こんな和紙のような可憐な花を咲かせます。

再び散歩の季節がやってきました

6月になり,ようやく山歩きの季節となりました。山の雪も消え,少々標高の高いところを歩いても寒くない。というか,既にもう暑いです。寒い日々から唐突に暑い日々に切り替わる土地柄。

かつて週末はしばしば出張の移動に潰れました。それが全く出張が無い在宅ワークの日々になったわけです。休日ってこんなにあったんだと小感動したほど。

とは言え週末にすることもないので,結局仕事するか散歩です。Los Alamosのトレイルを歩き回り,かなり散歩の達人になりました。

日曜の散歩も裏山。崖っぷち沿いに「これ,道?」ってのが続いてます。何度かトレイルを見失いつつ,無事帰ってきました。まあ迷子になったら,この崖を降りれば街のどっかに戻るはず。怪我だらけになりそうだけど。

冬戻り

三連休でしたが,残念ながら天候不順。雨が降ったり雷鳴が轟いたり,挙句の果てに雹。散歩に出かけても,雲行きが怪しくなって慌てて戻る始末。

嵐が来そうになると,明らかに温度が低い風が空気に混じり始めます。ひんやりした空気に,ゴロゴロと遠雷,そして大粒の雨が定番メニュー。

今日も午後からずっと雨です。することもないので昼寝。気づいたら連休も終わりです。なんか休日を無駄にしてしまったような気もしますが,どうせ在宅ワークだし,いっか。ちなみに現在の気温は7℃。あと数時間で6月ですよ。