「散歩」タグアーカイブ

2018年のLos Alamosのアスペン黄葉

今年もアスペンの黄葉の季節となり,裏山へと車を走らせました.

黄色だけでなく,やや赤みがかった葉もあるようです.どういう条件で色に変化が出るのか分かりませんが,日当たりとかでしょうか.

真っ黄色に染まった森を楽しめる期間は短く,あっという間に葉を落としてしまいます.山の上の方から麓へと見頃のアスペンが移っていき,あとはすっかり枯れ木の賑わい.今月末にはもう雪が降ることも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっとParis,ちょっと散歩

パリ到着翌日,こちらの学生の学位審査会も滞りなく終了しました.滞りは無かったものの,なんだかよく分からない書類手続きはありましたけど.

大学側に提出する書類があれこれあり,それにサインする必要があります.その中の数枚はほぼ同一の内容.これは別々にサインしないといけないのか,それともなんか古いフォームが混じってしまったのか.

大学側の人も結局分からず仕舞いで,取り敢えず全部にサインして,書類オシマイ.こういう事務手続きって,何処の国でもよく分からないものです.

ホテルへと戻り,とりたててすることもなく,夜のパリを散歩.ラーメンを食べに行くのはさすがにやめておきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっとParis,ちょっと上まで登ってみる

一日だけのパリ仕事に来ています.仕事-移動時間比がアホらしいくらいに悪い出張ですが,そこんとこは飲み食いご褒美でカバーするとしましょう.

CDG空港に到着し,そのままRERの駅へと降りて行きます.もう慣れたもの.何度目のパリだろう.

ホテルにチェックインしたのは午後4時.いつもならSorbonne付近の静かなエリア(但し,学生の奇声がたまに聞こえる)に宿を取るのですが,今回はSaint-Lazareにあるホテルです.サン・ラザール,あるいはサラザールみたいに聞こえる,繁華街のど真ん中.付近にはPrintempsやLafayetteといった有名デパートが並びます.

あいにく天気はあまりよくなかったので,散歩がてらLafayetteに入ってみました.この有名な吹き抜けのドームは,上から眺めることができて,

屋上にあがると,こんな風.なんかちょっと拍子抜け.

実はLafayetteの屋上は,知る人ぞ知る展望スポット.なんて大袈裟に言うほど高くはないのですが,真正面にオペラ,彼方にはEiffel塔を眺めることができます.

もっと眺望をのぞみたいならすぐ裏のSacré-Cœurの丘へ登ることもできますが,如何せん天気が悪い.そそくさとホテルへ戻ってきて,パリ初日終了.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンの水辺にて,週末の小散歩

ヨーロッパに飛んで2つの会合をこなし,二週間が経過しました.残る仕事はあと一つ.二度目の週末は移動もなく,洗濯を済ませたらそのままベッド落ち,

目覚めたら午後二時です.少々お腹もすいたので,食料獲得がてら散歩することにしました.

昨年の10月こと.王宮内に古楽器の博物館ができたという案内を見つけ,喜び勇んで建物に入ったら,なんとまだオープン直前.

今度こそはと再訪すると,博物館は確かにオープンしていました.でも「楽器」部分は今年の秋オープンなんだって.こりゃまたウィーンへ来る必要がありそうです.

已む無く自分を観光散歩モードにセットし,王宮を抜けて市街中心部へぶらぶら歩き.

何やら大きな声が聞こえると思ったら,デモ隊に遭遇.Milch ist leid,「ミルクは苦しみ」? なんだろう.

小さな町です.あっという間に中心部へ.観光散歩が目的なので教会へは入らず,その裏のお茶屋さんへ.

色んな茶が揃ってる店です.紅茶を買ってホテルへ戻ったのですが,肝心の食料調達の目的を忘れてた.近所で小さなパンを調達して,今日のランチなのかディナーなのか分からない食事はおしまい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンの水辺にて,葡萄のある風景

木曜日,ウィーンの気温は一気に上昇し真夏となりました.こんな日に仕事場に籠もっていても辛気臭い.Donau沿いレストランへランチに出かけました.

確か4年前にも来たことのあるギリシャ料理レストランです.英語メニューには安い定食が載っておらず,ドイツ語メニューから選択したのはカラマリ.またフライを食べてしまった.こりゃほんとにヤバイね.

ちなみにレストランの名前は食べるね,ソクラテス.食べたくないから.

そして夕方,ウィーンの森へ.市街を一望に見渡せるKahlenberg.この眺めを肴にビールを飲んだら,のんびりとぶどう畑の続く斜面を降りて行きます.

そして麓のホイリゲへ.冷えた白ワインと炭酸水がどんっとテーブルに置かれ,お手軽スパークリングワインが散歩後の喉を潤してくれます.

夕食は再びSchnitzel,さすがにこのサイズは一人分じゃなくて,4人で切り分けております.冷たいワインと相まって,いやはや極楽.旅の目的はなんだっけと考えてしまうほど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンの水辺にて,遅い夕暮れ

今週はWien.朝から夕方まで会議室で缶詰なので,気楽でいられるのはAfter Five.夏のウィーンの楽しみは,ちょっと涼しくなった水辺での一杯がほんとのウィーン滞在の始まりです.

ここに来たからには,まずは食べておかないといけないWiener Schnitzel.

昨晩はDonauの川岸へ.丁度サッカーゲームが盛り上がってる最中で,でっかい特設スクリーンが備え付けられ,平日だと言うのに大量のサッカー好きが集まって盛り上がっております.

レストランはサッカーのすぐ隣.特設レストランのようなところで,多分夏の間だけ開くのでしょう.

ビールのつまみにアンチョビのフライ.居酒屋メニューっぽいけど,これが一人分の料理.美味しいと感じるのは最初の5尾まで.あとはひたすら食べ続けるのみ.

夜9時,ようやく夕暮れ時となります.ドナウを渡る風に吹かれて小散歩を楽しみながらホテルへと戻りました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

また3年ぶりのComo湖だより,船上の高級車

会議の合間,ちょっと時間があったので向こう岸の高級リゾートBellagioへフェリーで渡りました.フェリーを待つ車が並んでいるんですが,なにやら異様な雰囲気.何事ですか,この高級車の数々.

Bellagioで高級車の展示会でもあるんでしょうか.FerrariやLamborghiniがぎちぎちに積み込まれています.ぶつかったらやばそう.横に居たポスドク君は「貨物の方が船の値段そのものより上だ」とか言ってます.

Bellagioには何度か来たことがあるのですが,どこがリゾートなのかいまだによく分かりません.高そうなショップやホテルは並んでいるのですが.

こういう小道に沿って土産物屋が並びます.地元のワインを一本だけ買って帰りました.

ふたたび波止場でフェリーを待ちます.どことなくのどかな雰囲気.あの高級車たちは何処へ行ってしまったんだろう.

ところで,会議参加者の数名が同じ小旅行を考えていたとみえ,フェリー付き場でなんとなく合流,そのまま旅は道連れ.一人はうちのポスドク,他の二人はよく知った仲.でも他の一人は名前を知ってる程度,最後の一人に至っては最後まで名前すら分かりません.変なグループです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail