「実験」タグアーカイブ

冠禍での日本滞在,インスタントコーヒー

押入れ奥から出てきたインスタントコーヒーの瓶が8本,どれも数年前に賞味期限が切れたものです。捨てるしかないのですが,そのまま捨てるのはもったいない。まずは分別ゴミ出しのため,ガラスと蓋(プラスチック),それに中身に分けます。

ざっくりと粉袋ができあがり。さて,これをどうするかと言うと,

もちろん作りますとも,インスタントコーヒー。

コップで水を注ぐも,あっという間に吸い込まれてまったく埒が明かない。水道の蛇口から直接注水に作戦変更。

ぶよんぶよんと液状になりました。じゃあ飲んでみよう(賞味期限切れてますけど)とコップに注ぐと,

どろどろの半固形状,おまけに色が …

もうそのまんま,○○こ

シンクに流そうにも,これじゃ流れません。さらにお湯を追加するも,焼けう○こにお湯。バケツに移して(おぇ〜),庭に捨てました。いやはや化学実験するのも大変です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

実は一部の間では超有名な日本企業

小柴ふぉとまる
小柴ふぉとまる

先週末,わんこ散歩してて通りかかったアパートの駐車場に並ぶ車をつらつら眺めていたら,なんとアメ車はたったの一台,他全部が日本車で驚きました.職場の駐車場でも日本車割合は相当高いんですが,こんなに極端なのを見たのは初めて.

この2日ほど,実験系の学生やポスドクの研究発表会に出席していました.さすがアメリカ,まあどいつこもいつも口が...って言っちゃいけませんね,皆さん,発表の上手いこと.慣れないネクタイ姿が初々しいです.でも人前で喋る時は,せめてポケットから手を出そうね.

そんな講演の中で何度も出て来た日本の名前があります.それはHamamatsu.西洋人にはちょっと発音しづらい名前ですが,「はまつぅ〜」って感じで呼ばれている静岡の会社,浜松ホトニクス.こんな研究会で無くても,実験グループのミーティングに出席するとしばしば聞く名前です.この会社の製品以外に選択肢は無いというほど信頼されているらしい.

以前は日本製ノートパソコンも非常に多かったのですが,最近はすっかりMacbookに淘汰されてしまいました.今でも仕事上でよく見る日本製品は,プロジェクタや大型LCDパネルくらいなもの.なんかちょっと寂しいですね.とは言え浜ホトのような会社だってあるんだから,きっと気づかぬ所で日本企業の製品が世の中を支えてくれてるんでしょう.ウォッシュレットがこっちでもっと普及してくれば,日本で見慣れたあのロゴがもっと身近になるのに.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

当事者がここにいた

クゥ
クゥ

職場の年配の方と仕事の話を終え,雑談モードになった時のこと.トンデモ科学へと話題が飛び,ふと僕が,歯医者のレントゲン装置を使った爆弾なんてありましたよね〜と冗談半分に言うと,いきなり彼の目が輝いてきた.

「そうそう,あれは大変だったんだよ.わざわざChicagoまで実験しに行ってさ〜...」

きのこ
きのこ

話の発端はTexas大学の研究者らが実験的に観測したと言う,Halfnium(ハフニウム)同位体からの高いエネルギーの放出.これは兵器に使えるぞと沸き立ったものの,その実験に使われたのが歯科用X線装置と言うんだから,それはちょっと無いんじゃないかと物理学者らが飛びついた.

歯科用でそんな不思議なことが起こるんだったら,もっと強力な加速器を使って実験してやろうというプロジェクトが起こったんだとか.で,目の前にいる方が,なんとその当事者だった.

思った通り,実験しても何も起こらなかったので,加速器のパワーをさらに上げてもらったんだそうです.そしたら,サンプルが溶けて穴があいちゃったんだって.

それはそれで兵器に使えそうな話ですが,電気代がかかって効率悪すぎますね.

いやはやそれにしても,有名人がゴロゴロしている職場で驚きです.ちなみにこの話題に関してはImaginary Weaponsという本が出版されています.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

実験のあとはスタッフが美味しく頂きました,なのかな

子犬のにくきう
子犬のにくきう

子供の頃,冷蔵庫の片隅に必ずあったプラスチック製の箱,キムコ.活性炭を使った消臭剤,要するに小さな穴が沢山ある炭を使い,その穴の中に臭いの元を閉じ込めてしまうものです.

今も売られてるんでしょうか.ものんすごいロングセラー商品です.原理的には,そういう穴が沢山あるものを使えば脱臭効果があるでしょうから,出涸らしのコーヒー粉でも良さそうなもんだけど.

とまあ,そういう話を書くつもりでは無くて,たまたま粉末化された食品の記事を読んでいてたどり着いた,あまりに自分の専門分野からかけ離れた興味深い論文の話です.

山本さんと山口さんが書かれた「柿果皮の粉末化と食品への適用」という論文で,タイトル通り柿の皮を粉末化したものを有効利用しようという話です.

論文中に出てくる一文,

一般に、柿果実の剥皮には刃物を用いた物理的な処理が適用されるが...

こういうの,何だか好きです.刃物を用いた物理的な処理ですよ.日々キッチンにて料理される皆さん,その行為はすなわち物理的な処理なのです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail