「天気」タグアーカイブ

そして目覚めて二度びっくり

朝,まさかと思いつつ窓の外を見て,やっぱりびっくり。5cmくらい積もってますよ。晩夏の湿って重たい雪です。おそらく午前中に全部とけてしまうと思っていたのですが,一日気温が低かったせいか,夜になった今でもまだかなり残っています。

この時点で午後の予報は5℃くらいですが,実際には2,3℃までしか上がりませんでした。ぶるぶる。今日は一日,長袖シャツ着てましたよ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

まだ9月なのにびっくり

9月になってまた暑い日が戻ってきました。冷房なしで十分耐えられる程度なので,日本の夏のように汗たらたらは無いのですが,ジョギングは日没近くになるのを待つほど。

それが日曜日の天気予報,

水曜日は雪?!

最低気温は4℃の予報です。31℃から4℃への急降下。全米の天気図を見ると,中央部のみ極度の寒波が突然発生しており,周辺は熱波続き。そろそろこの世の終わり?

さらにここ数日,やや霞んだ空模様です。多分近くで山火事でもあるんだろうと思っていたのですが,原因はなんとCaliforniaの山火事。ここまで煙が流れて来ているらしい。

今現在の天気は雨,気温は7℃,まるで冬です。明日朝にかけて最低気温4℃まで落ち,雨は雪へと変わる予報。もう何が何だか分からない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

赤い虹を見た

雨上がり,西に夕焼けが広がる日没時,東の空になんと赤い虹がかかっています。残念なことにあまりはっきりとは見えないのですが,赤い筋が伸びています。

赤虹という名前はあるようで,かなり珍しい現象なんだとか。なにか良いことあるかも。

空の赤と言えば火星。深夜に外に出て星空を眺めるのがほぼ習慣になっていて,スマホのアプリを使ってあれこれ星の名前を調べています。

夏の大三角形,Altair アルタイル, Deneb デネブ, Vega, ベガ。天の川がくっきり見える夜の空ですから,そこを横切るこの3つは見たらすぐに分かります。

自宅の向きの関係で南の空はちょっと見づらいのですが,そこにある赤い星がAntares アンタレス,蠍座の心臓です。知らなかったのですが,アレースが火星の意味で,そのアンチなのがアンタレス,つまり火星じゃないものという気の毒な名前。本家の火星は,やがて東の空から登ってきます。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

確実に落ちてるようです

Los Alamosの山を歩いていると,燃えた倒木をちらほら見かけます。山火事で燃えた木々は立ち並んでいるので分かりますが,こちらは単発。おそらく落雷で燃えたんでしょう。

木の内側が焦げ,空洞になっています。内部から燃えたんでしょうか。枝はそのまま残ってるし。

こちらは別の松の木の根っこ。やはり中がより燃え,外はまだ残ってる風。原っぱにぽつんと立っていたようなので,これも山火事ではなく落雷でしょう。

こうして見ると,落雷で発火というのは日常茶飯事っぽい。もちろん嵐の最中なので,雨のおかげで延焼は免れるようです。

毎日のように午後の天気は崩れ,ごろごろと唸り続けるのですから,うかうか山道を散歩するのも危険かも。

危険と言えば,こんなものも見つけました。

鹿,かな。かなりゴツい背骨なので,あるいはもちょっと大きい奴かも。大腿骨が見つからないのは,美味しい部分を誰かが持って行ってしまったのでしょう。でもそれに加えて,

頭蓋骨がない!

誰かが持ち帰って,家に飾ってるのか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

タイミングを見計らって

午後から不安定になりがちな今日この頃,ジョギングに出かけるタイミングの見極めが重要です。少しくらいの雨なら,突破しても大したことはありません。でも雨脚が強まるのか,そのままなのか,全く予測できません。

曇り空,まだ大丈夫だろうと走りに出て約100m,ぽつんと水滴が地面に。

眼鏡なしで走るので,よく見えないのですが,でも水滴にしては音が変です。落ちた辺りの地面を這いつくばって見てみたら,

氷!

雹です。これはヤバい。猛ダッシュで家へ走りました。雹の中を走ってたらタンコブだらけ。いや,タンコブで済んだらラッキーなくらい。

走り始めてすぐで助かりました。バラバラと雹が降り始め,そのまま嵐に。さほど大きな粒ではなかったようです。

なんか動画にするとなんてことない雨に見えますが,実際はかなり激しい嵐は30分ほどで終了。その後暫く曇り空に留まっていたので,慌てて走りに出ました。いやはやジョギングごときで綱渡りとは。

まあ,早朝ジョギングすればいいだけなんですが,それはそれで別の困難がありますからねえ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ほうき星を探して

毎日のように午後から曇りのち雷雨となるLos Alamosの天気。Neowise彗星を見るのは半ば諦めていました。それが今日,奇跡的に快晴。やや雲が出たものの,チャンスです。日没を待って,町はずれの真っ暗な崖っぷちへと出かけました。

事前の調査で,彗星は北斗七星と地平線の真ん中辺りに見える筈です。360度ぐるりと見渡せ,街の灯りが届かないところへ移動。次第に西の残光が薄れ,満点の星空が広がり,蠍座に赤く輝くアンタレス,織姫と彦星,その間を流れる天の川もくっきりと見えています。

北斗七星の下辺りを注視。夕日の残滓の中,次第に薄く尾を引く彗星が姿を現しました。初めは,もしかしたらあれかなあという程度。でもじきに見間違えようもないほうき星が,北西の空に浮かぶのがはっきりと肉眼で見えるようになりました。さすが標高2000mの土地柄。

1997年に接近したHale-Bopp彗星以来です。あの時は明るい福岡の夜でも肉眼でくっきり見えるほどでしたが,ネオワイズはそこまで明るくはない。町中では無理でしょう。

感動を心に家に戻り,裏庭からふたたび北斗七星を探し,あの辺りに彗星があったんだなあと眺めてみると,

家からも見えるじゃん

出かける必要ありませんでした。なんと家の庭からも彗星ははっきりと見えておりました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail