「天気」タグアーカイブ

夏と冬の境界で

週末,爽やかな秋晴れの中,久しぶりに外で仕事をしようと,パソコン,Bluetoothスピーカー,アイスコーヒーの三点セットを持ち出しました。でも寒いんです。爽やかさだけでは耐えきれなかった。

日陰になると,とてもじゃないけど野外で仕事なんて優雅なこと言ってられません。毛布が欲しいくらい。で,足を日向へと延ばします。

そうすると,暑いんです。直射日光でそこだけチリチリと焼けるよう。中間が無いのです。

寒くなれば直射日光面積を増やし,暑くなってくるとじりじりと日陰へ移動。平均値が欲しいんですけど。

先週まではまだまだ夏の続きだったのに,今週から突然朝冷え込むようになりました。朝は上着を。でも昼はまだ暑い。折衷案として,半袖Tシャツにジャケットをひっかけるという,ちょい悪オヤジスタイルそのまんまで通勤しております。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

闇夜を照らす深夜の稲妻

昨夜,嵐は過ぎたものの,暫くの間,夜を稲妻が瞬間的に切り裂いていました。一瞬とても明るくなった辺りの様子が,そのまま網膜シルエットに残ります。

スマホで動画撮影して,稲妻の走る瞬間を切り出してみました。ほんの一瞬のできごとなのに,あちこちへと光が走って行く様子がわかっておもしろいです。地面に落ちるだけでなく,空へと走る雷も。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

黄金を探しに虹の麓へ

雨の季節です。真昼はそこそこ暑くなる日もありますが,雨が降ると気温も下がり,今日など寒いと感じるほど。もう8月なので,このまま秋に向けての下り坂が始まります。

夕立,雲の途切れ目から青空が覗くものの,同時に雨が降る様子が見え,そこに虹がかかります。

こちらはSanta Feへと続くフリーウェイ。強い西日に照らされた夕立に,くっきりと虹が伸びました。虹の麓には黄金が埋まっているはず。あの虹柱の根本を探さなきゃ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

降ったり晴れたり積もったり

ここまで降水量(降雪量)の多い冬は,渡米以来初めてです。去年末からのドカ雪,その後も一週間ごとに雪だったり雨だったり。ここ数日は雨続きですが,時折雪に変わります。山はずっと真っ白なまま。

そもそも雨が続くという事自体が珍しい土地柄です。雨が降るのは夏,それも一日15分降れば,あとはからっと晴天が戻るのが普通なのに,今じゃ「傘」なるものを使う有様。

職場のオフィスに,念のために置き傘しています。でも使用頻度は2年に一度程度。それがこの冬,何度置き傘出動があったことやら。不思議なことに,朝の出勤時には雨は降らないので,傘無しで出かけるのです。それが昼になると雨,下手すると,あられか雪。さらに嵐。

さて傘。需要が無いせいか,ここでは大したものは売られていません。超小型の折りたたみ式を,旅行用にわざわざ日本から買って帰ったほど。それがなんと,スーパーマーケットに傘コーナーができ,それなりに小型でおしゃれ(?)なものが売られています。急な需要に対応? 今年の夏,ドカ雨が続くのか,全くの空梅雨なのか,楽しみでもあり,恐ろしくもあり。


FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

極寒のち雨のWashington DC

Washington DCに到着したのが月曜午後。ちょっとだけ外を歩きましたが,気温マイナス6℃,おまけに北風ぴぃぷぅです。翌朝は放射冷却で更に冷えて,マイナス9℃。セーターを追加し,マフラーを巻き,さらに耳が痛いのでコートのフードまで動員。

気温だけなら,ここLos Alamosの方が低かったりします。でもこちらは日差しがあるのでさほど寒さは感じない。でもあっちの冬は本物の冬だった。

そして昨日,朝から雨です。ホテルをチェックアウトして外に出ると,なんか変な感じです。気温を確認して驚き。

セーターとジャケットを脱いでスーツケースに押し込み,シャツの上に薄手のコートのみ。会議場まで傘さして歩いたら汗かいてました。1月なのに14℃なんて。しかも前日との気温差の激しいこと。さすが政治の中心地。浮き沈み激しい。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

いろんな空模様

夕焼けにしてはちょっとぼやっとしてる.オレンジ色の光がLos Alamosの谷を柔らかく照らしていました.

西に落ちる陽が,ずっと東の先まで照らしています.秋の日差しのよう.赤とんぼが似合いそうですが,残念ながら水っ気の少ない土地柄,トンボは見かけません.

雲間が七色に輝くことも,

山の稜線を夕日が縁取ることも.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail