「夕焼け」タグアーカイブ

水分増えてきました

先週まで晴天続きだったのに,急に天気が悪くなってきました。今週は毎日雨の予報。とは言ってもどっかで降るかもという程度の雨ですが。

雲が広がれば夕焼けも。夜8時くらいにほんの10分程度見られる,ダイナミックな夏の夕焼けです。

大地に水分も補給されたせいか,トレイルの散歩禁止もようやく解除。これからは週末散歩の行動範囲も広がりそうです。

そういえばつい先日,職場で警報メールが流れてきました。どっかにクマさんが出たので注意とのこと。水を求めて麓まで降りてきたんですかね。

この時期に珍しい夕焼け

全く雨が降らず,ひたすら晴天,時々強風吹き荒れる季節です。雲すらない紺碧の空が毎日広がってる,と言いたいところですが,何故かここ数日は曇り空。雨さえ降れば,くすぶってる山火事も根絶できそうなんですが,それは無いっぽい。

西の空に雲があれば,夕焼けが出ます。多分山火事の煙が少々混じってるんだと思うのですが,そのせいか何とも不気味な夕焼けになりました。

こちらは別の日の夕焼け。まるで空に炎が広がってるような,地獄の入り口を垣間見たような。

今じゃ夏恒例の山火事

夏になるとどこかで山火事が起こりますが,ここ数年は近隣の山でも恒例となっております。アメリカに帰国してみたら,案の定また山から煙。

幸い距離はあるようで,こちらの町まで延焼することはなさそう。でも空気は悪く,外を歩いたら喉に刺激,目もちょっと痛いです。ジョギングするのはまずいかも。

夕方,煙の方向によってはすごい夕焼けになるんですが,今日は薄やけ。それが噴水に反射してちょっときれい。

赤と青

暖かくなったかと思ったらまた氷点下,相変わらず極端な三寒四温が続くNew Mexicoです。雲ってると特に寒いのですが,ふと雲間から顔を出した太陽がなんと水色。

たまたま彩雲のこの色の部分だけが見えてたんでしょうか。青い太陽なんて不思議です。こちらへきて,日本では見られない気象をあれこれ楽しんでます。もちろん大雪で朝から雪かきなんて大変なのもありますが。

こちらは同じ日の夕焼け。まるでCGみたい。

儚い水滴の芸術

天気ネタを続けるのもどうかとは思ったのですが,今日の夕方は本当に凄かったのでご紹介。

町から見ていた山には大雨が降り稲妻が走っています。こりゃ凄いと写真撮ってる場合じゃありませんでした。雨足は速い。

走って家に戻るも,ずぶ濡れです。でも雨が上がれば虹がでる。

さらに西の空は,おどろおどろしく,

そして再び東の虹を見ると赤虹が。

太陽と水滴のショー,15分ほどで儚く消えてしまいました。

黄金色の夕焼けに飛ぶもの

ときたま不思議な自然現象を見せてくれる大自然生活です。夕方の雷雨の後,太陽が薄い雲を黄金色に照らしました。こういう現象,なにか名前があるんでしょうか。夕半焼け? マンゴー焼け?

一年を通じて雲ひとつ無い青空が広がるNew Mexicoですが,夏の午後は小さな嵐がやってきます。ダイナミックに雲が変化する時間,空を眺める時間が増えます。

New Mexicoと言えばUFOの特産地でもあります。でも昨今世界的にUFOの目撃談が減っているんだとか。宇宙人さんの訪問頻度が減ったとも考えられますが,さらに深刻なのは人が空を見上げなくなったことなんだとか。

かつてバス停や駅のプラットフォームで待つ間,ふと空を見上げればそこに飛ぶ円盤に出会ったものです。それが今じゃ待ち時間はじっとスマホ画面を注視。これじゃ宇宙人さんがつまんないやと地球を通過してしまうのも無理ありません。