「変な人」タグアーカイブ

柔らかさは触って確認します

雲のにくきう

「変わった読み方するのね」

Saltlake City行きの機内で文庫本を読んでいたのを,隣のおばちゃんがチラ見してたらしく,話しかけてきました.Montanaへ帰るところなんだとか.

上から下へ,右から左へ.アルファベットしか知らない人には珍しいんでしょう.日本語文章はこうやって読むんだよと説明してると,

「本もおもしろいんだけど,あなたの手も気になるのよね」

手?

この手?と右の手のひらを広げて見せると,

「私の父は農業やっててね,手はもうゴツゴツ.なのにあなたの手といったら」

とか言いながら僕の手をムニムニぷにぷに.ちょっとゾワっときました.

あの...にくきうはありませんから.

そりゃ紙と鉛筆の仕事なのでフニャフニャな手なのは認めますけど,触って確かめますかねえ.おばちゃんに怖いもの無しなのは,世界共通か.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱり話しかけられやすいタイプなのか

そりゃここは赤の他人でも普通に話しかけてくるお国柄ではありますが,ヨーロッパでも何故かたまに知らない人が話しかけてきます.アジア人にいきなり英語で話しかけてきて,普通に返事が返ってくるとでも思ってるのでしょうか.

そんな体験の中でも,一番変だったもの.それは,ほろ酔い気分でウィーンのホテルに戻ってきた時のこと.

ホテルに入ろうとした瞬間,ドア横でスマホで話す男性と目が会いました.見た目30台ってとこか.

スマホ男,僕の方にぐいっとスマホを突き出すと,

「これ,俺の彼女

スマホの画面には,ラテン系の美女.

思わず彼女に向かって,「は〜い,はろー,はぅわゆ〜」なんて手を振っちゃいましたよ.彼女も笑顔で返事.

...って,一体全体なんなんだ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

おまえ,なんでここにいるんだ

つい先日,大学の後輩(女性)がたまたまこちらの職場を訪問しており,しばし日本語での昔話に花を咲かせておりました.それでふと思い出した案件.

彼女とは10年程前にもSanta Feの学会で会ったことがあります.丁度その時,こちらの別の女性と話していたこともあり,じゃあ三人で晩飯でも食いに行くかという話になりました.一応こちらは地元なので,どっかレストランに案内してやるよ,みたいなノリです.両手に花(?)ってのも悪くない.

さて今夜は何を食べようかなと算段していた時のこと.ふと気がついたら座敷童子が紛れ込んでおります.この業界では珍しくスーツをちょっと崩して着こなし,Jean Renoみたいな無精髭はやした,いかにもなオーラ全開のCalifornia野郎.

知り合いだけど,せいぜい挨拶する程度,一緒に食事するほどの仲ではない.それが,なんでおまえ,ここにいるんだ?しかもいつからいたんだ?

まあ別に悪い奴じゃないし話も面白いので,そのまま4人で食事に行きましたけど,このナンパ野郎,いつもそういうことやってるんでしょうか.物理学会でやるのは効率悪いと思うんですが.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

東京の電車で見かけたブルーメン

八重桜

電車で向かい側に座っていた男性を,思わず注視してしまいました.上から下まで真っ青です.

青い服,青いパンツ,青い靴に青いバッグを抱え,手には青いカバーのかかったスマホ.きっと下着も青に違いない.

もしかしてラッキーカラーが青なので,青で統一しているのでしょうか.

もしかしたら近くに赤とか緑の人もいて,人類の危機には5人チームで戦ってくれるのでしょうか.

統一色コーディネートと言えば,知り合いの某欧州人,襟がピンと立ったワインレッドのシャツをオシャレに着こなしていました.でも翌日も同じ色.その翌日も同じ色.

気になって注意してみていると,同じ色どころか,全く同じシャツらしい.

まさか毎日同じシャツで着たきり雀とは思えないし,可能性としては全く同じシャツを何枚も持っているということか.いやもしかしたら,それしか無いのかも.

そんな変な奴もいたなぁと一人思い出しつつ,ふと自分を省みたら青いジーンズ青いサマージャケット.自分も同じだった.でも下着は青では無かった,と思う.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

こうですか こうちがいますか そうですか

水面の花びら

ちょっと長い日本語文章を書いていたとき,滅多に使わない敬語部分に悩み,その表現で正しいのかをGoogleで検索していました.丁寧語の使い方を丁寧に解説してくれていれ,ありがたいものです.

そんなこんなでふと思い出したのが,Delta航空成田行きの客室乗務員が食事のときに放っていた,摩訶不思議な日本語.

水をあげますか?

僕があげるですか.

スープは欲しいですか?

はい,頂けるのであれば欲しいです.

キッシュ or シリアル ですか?

なぜそこに英語を混ぜる?

中途半端に日本語を覚えてしまったのでしょうか.よく「英会話なんて,相手に伝わりゃいいんだよ」と豪語される方もおられます.僕も言いますけど.

でも逆の立場で「日本語なんて,伝わりゃいいんだよ」だとこういう変な空気になるんですねぇ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ひらがなが書けないときは作ればいい

バスの窓から外を眺めていて,ふとちかん通りの文字にぎくっとしました.いや,前科はありませんよ.

よく見たららかん通り.なんだ羅漢か.

それからふと,ひらがなの「ち」との違いって何だっけと空中に指で文字を書きつつ,今度はがくっと来た.ひらがなを思い出せない.頭の中にあった「ち」は,こんなの.

変なひらがな

なんか違う.なんだっけ,「ち」ってどう書くんだっけ.

下をつなげちゃいけないんだっけ.

変なひらがな

これも違うけど,何か似てる.近い.裏返しか.

さ?

さかん通りになっちまった.スマホを開けばすぐ分かるとは思ったものの,それはすごく悔しい.ひらがなを忘れたのってかなりショックです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

夕闇に消え行く二つのスーツ姿

旧知の二人と東京で飲み会の予定です.取り敢えずホテルにチェックインして荷物を置いてくるからと言うので,そのホテルまで付いていきました.場所は蒲田,駅の地図で場所を確認し,細い路地に入っていくと...

チェックイン

えっと...

これってやっぱラ◯ホ街ですよね.そこを並んで歩く怪しい二人の影.男だけど.

そのホテルとやらへ入り,ロビー(?)で待っておりました.入った感じは極普通です.でも全く同じ名前のホテルが隣に並び,そこはご休息のサイン.

こりゃきっと元◯ブホだったのをビジネスホテルへ改装したんでしょうね.都内ではホテルが不足してると言うし.部屋の内装はどうなってんだろ.気になります.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail