「変なもの」タグアーカイブ

ここは財宝の洞窟への入り口

不気味に虚ろな暗闇を宿すこの岩。巨人の風化した骸骨のようでもあります。そして穴があったら,入ってみたくなります。入った瞬間に,パクっと閉じられてしまいそうですけど。

天然でできた穴なのか,はたまた横穴式石室なのか,ちょっと分かりません。さすがに古墳じゃないか。住居跡に見えなくもないけど,中で暮らすにはちょっと狭すぎかもしれません。

話変わって,僕はジョギングしてるとき,汗で下がってくるのが鬱陶しいので眼鏡を家に置いていきます。巨大物体はまあ見えるので安全上問題はないのですが,走ってる僕の姿を見て知り合いが声をかけてくることがたまにあって困ります。咄嗟に誰なのか分からない。

分からないので,声かけられたら適当に返事します。今日もどこかから,「はっろ〜〜」と聞こえてきたので,条件反射で Hi と返事した瞬間,道路反対側歩道を歩いてた女性が

“Hi, how are you?”

げ,知り合い勘違いだったか。

足早にその場を駆け抜けつつ,考えていたのは,あの穴。ああ,入りたい。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

彼岸に食べてた毒入り植物

日本は彼岸花の季節です。多分。

見てないからしらんけど,きっと田んぼの畦道を彼岸花が赤く縁取りしていることでしょう。この不思議な花,曼珠沙華とも呼ばれますが,僕の祖母は幽霊花と呼んでました。それが九州特有の呼び名なのかはちょっと分かりません。

幽霊どころか,毒のある植物です。特に球根にアルカロイドを含みますので,食用にはなりません。

ところが,かつて祖母から聞いたことがあるのです。食糧難の時期にあの球根を食べていたと。

流石に毒があることは認識されており,「毒抜き」して食用にしていたと言うんですが,調べてみると毒抜きはかなり手間がかかるようです。流石に今時分,彼岸花を食べてみようという人はいないでしょうね。ウケ狙いならともかく。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

近いよ,近い,近づきすぎる

路傍の石,なんやら色が付いていたので,なんやこれと顔を寄せてみたら,これですよ。

「読めるんなら,近づきすぎ」

これ,Tシャツとかのジョークにあるやつです。ちっちゃい文字がプリントされてて,もし読めたらだめってやつ。最近じゃ,マスクに印刷されてるのもあります。つまりSocial Distancing。

油断してました。まさか石にまで距離を取れと言われるとは。健康への注意はどこでも口酸っぱく言われるようです。いし,だけに。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

自動運転車の変な未来の夢

どっかに呼ばれ,タクシーが迎えにくるからと待っていると,これに乗れと出てきたのが座椅子。

それも動く座椅子です。行き先はすでにセットされているらしく,自動で僕を乗せて行ってくれるらしい。

もちろん夢の話です。でもこんなハイテクなへんてこな夢,目覚めた後もくっきりと記憶に刻みつけられておりました。

座椅子はなんやら丘の上の施設へと走って行き,建物の前は未舗装になってそこは自分は走れないからここで降りろと言います。いや,言ったような気がします。

僕は客なんだから支払いは当然向こう持ちだと思ってたら,座椅子にいつの間にやらカード支払機,そこに$98の請求金額。うゎ,たっけぇ〜。自動運転のくせに。

やむなくクレジットカードを探しながら,あれ,チップはどうするんだろう。やっぱり5%くらい足しておいた方がいいのかな。でも無人運転なのでチップなんて関係ないよなあ...

と悩んでるところで目がさめました。きっと数年後,座椅子が走り回る未来社会になっていることでしょう。無人運転のチップの問題は,それまでに解決しておいて欲しいものです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

美味しい歯医者さん

先々月に予約していた歯医者は当然行けるはずもなく,今日に延期されていました。今月になっても感染症の状況は改善することもなく,果たして歯医者は営業してるのかと危ぶんでいたら,ちゃんと予約確認の連絡が直前に来ました。

真面目にマスク付けて受付に入ると,真っ先に熱を測られ,

「98度ね,OK〜」

摂氏だと平熱ですが,華氏で言われるとやっぱりぎょっとします。

その後,最近熱が出なかったかとか,州外に出なかったかとかのアンケートにサインしてようやくあの怖い歯医者の椅子へ。治療じゃなくてクリーニングだけですが,小一時間あ〜んしたままってやっぱり辛いです。

さて,ガリガリと歯垢落としも終わり,最後に機械でキュルキュルと表面磨き。その瞬間,歯科衛生士のおねえさん,

あ!

え?なんかまずいことあったのか?

イチゴ味にしちゃったけど,よかった?」

研磨剤なのか知りませんが,こっちのキュルキュルには味が付いてるんです。大体はミント風味なんですが,うっかりイチゴ味にしちゃったんだって。

もう取り付けちゃったんだからいいよと言うと,口の中にストロベリフレーバーが広がっていきました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

短くしすぎて分からない

相変わらず略語が反乱する世の中です。アルファベット一文字は流石に略語とは言えませんが,二文字以上になると何らかの意味を持ち始めます。そして困るのが,最も短い二文字の場合。

なんたらHDという会社が〜とかいうニュースを目にしたとき,ハードディスクの会社かと思いましたよ。ホールディングス,持株会社,そりゃ知ってました。でもHDって省略とは。

AD,アシスタントディレクタ。経費節約のためか,最近やたらとテレビの裏方さんが表に出てくるようです。ADってのが芸名みたいになってます。

BK,バリキモい。バークリウムが気の毒です。

CL,チャンピオンズリーグ。そんなん知りません。セパみたいなもんか。

OC,御中。宛名の敬称をこう略すそうです。

HK,拝啓。こちらは手紙の書き始め。

KI,この先行き止まり。外国人にも分かりやすいよう英略語表記なんだとか。

SN,さび抜き。デパ地下の寿司には,このサイン。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail