「変なもの」タグアーカイブ

計算機の中に潜むエイリアン

New Mexicoで仕事してると,宇宙人に出会うでしょう.荒野でUFOに遭遇することもあるでしょうが,僕の場合はパソコンの画面の中.

ゆらゆらとスクリーンに現れるエイリアン,こんな凶悪なのが出てきた日にゃあ,呪われて,絶対にまともな成果はでないでしょう.

こいつは何か僕に伝えようとしているのか.それは警告か,箴言か,はたまたオヤジギャグか.

画面の中,じっとして,微動だにしないエイリアン.

エイリアン,うろつかない.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

アメリカ流ギンビスアスパラガスの食べ方

Seattleで売られていたギンビスアスパラガス,これ自体は好きなお菓子なので,たまに日本で買って帰ります.でもこちらで売られている商品に印刷された「オススメ料理方法」がかなりぶっ飛んでた.

野菜スティックと一緒に食べる.これはまあいいでしょう.バーのおつまみに出てきそうです.

クルトン代わりにスープに入れる.普通かも.基本的にビスケットですから.

アスパラガスハンバーグ.フライにしてケチャップをかける??

アスパラガスマヨネーズ.マヨネーズをかけて,オーブンで焼く?????

そりゃまあ試してみたら結構行けるというのはあるかもしれません.でも試す勇気は無い.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

壁の日時計と空の8の字

日時計

一年間の間,毎日同じ時刻に太陽の位置を記録すると8の字を描く,そんな話を知ったのは数年前のことです.それをたまたま思い出し,昼食の帰り道に話題にしたところ,そう言えばそこの壁に日時計(Sundial)があるけど,あれのこと? と言われて見上げると,確かに巨大な日時計.

その8の字の名前をどうしても思い出さなかったのですが,ご丁寧に日時計の説明に書かれていました.

Analemma

Analemma,アナレンマ.ギリシャ語の「台」が語源のようです.

一生涯で何度も耳にする単語じゃないのに,たまたま話題にしたら目の間にあったという偶然.次にこの単語を口にするのは10年後くらいかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

香り付きPopsicle Forever Stamps

forever stamps

USPSが発行するForever切手.郵便料金を値上げしても,これ一枚でOKという,お得なんだか商売に乗せられてるんだかよく分からないもの.しかも色んなシリーズを出してくるので,コレクター心を擽ります.つまり買わせといて使わせない作戦.

そんなことは百も承知ながら,こんな切手を発行するもんだから,ついつい手を出してしまう.かわいいアイスキャンディーのデザインの切手,おまけに香りつき!

なんとも言えない人工香料の懐かしい香り.子供の頃の記憶をたぐると思い出すのが,香りつき消しゴムかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

なんかやばい酒だったんだろうか

何も考えず冷蔵庫から取り出し,何も考えずに栓を抜き,何も考えずにぐびっと飲む.そしてラベルを眺め,なんかえらく変な絵だなと.

葉っぱの王様か? それともホビットか.IPA(India Pale Ale)じゃなくて,HPAってなんだ? そもそも Emperorじゃなくて,Hemperor

Hemp,つまり大麻?!

もしかして大○入りビールを飲んでしまったんでしょうか.今更伏せ字にする意味ないか.

でも普通にスーパーで売られてるビールです.まあラベルのデザインだけだろうと,成分をよーく読んでみると...

Hemp,つまり入ってるわ

とは言え,ヤバイ成分は入ってないらしい.風味として大麻 が使われているんだとか.なるほど確かにこの風味は

Hemp,って,そんな風味,知りませんから!

正直に申しますと,含有に気づいたのは飲み終えた後.全く意識せずに飲んでしまいました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ある小悪魔の思い出の協奏曲

手持ちのCDをiTunesに入れ,職場や出張先で聞いています.でも大量にあるために,個々のCDのデータを完璧に保存するには至らず,特にCDのジャケット(アートワーク)はiTunesにお任せのまま.

古いCDが多いせいか,ジャケットが表示されないケースが多いのですが,中には変なアルバムを取ってきたりして笑えます.修正するも面倒なので,そのまま放置.例えば,Goreckiの交響曲第三番が,Sarah Vaughan.なんの脈略もなし.

Schubertの名曲,弦楽五重奏曲が,なんとパーティCD,なんか悲しい.

Shostakovichの11番の交響曲が,R&Bのヒット集.元の曲は「1905年」というタイトルですが,ジャケットは昭和の1953年.

もう笑うしかない,Bartokが,Battle Band.Dukeが「Bartokで行こう」.

こちらも個人的にハマったSibeliusのヴァイオリン協奏曲,ブルースなSibelius,ちょっと聴いてみたい.

「ある天使の思い出に」と添えられたBergのヴァイオリン協奏曲,でもこれじゃ天使じゃなくて,小悪魔だ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail