「地下鉄」タグアーカイブ

乗客のお好みシートは左右両端

7人がけのロングシートを3:4に分断するように柱(スタンションポール)が入っています.目的はおそらく座席をしっかり7人に割り振ること.乗客の様子を眺めていると,何となく場所取りゲームの傾向が見えてきます.

ロングシートが全て空席の場合,両端がまず埋まります.3人側と4人側どちらの端が先に取られるのかは,見た目あまりはっきりしません.

次に埋まるのがポールの横.おそらく4人サイド,つまりシートの中心が先に取られると思うのですが,数えたわけでは無いので何とも言えない.乗車してきたドアから近い方という理由の方が大きいかも.

座席1,4,7が埋まれば,あとはもう袖振り合うも多生の縁,少しでもスペースに余裕ありそうな部分へ乗客が座っていきます.要は極力他人との距離を取りたいという心理.でも間にポールが入っていれば隣に人が居るのはさほど気にならないらしい.

プログラムを作って座席の埋まり方を計算してみようと思ったのですが,そんなのすでにやってる人がいるだろうと思ってやめました.大学の心理学あたりでの卒研でありそう.

さて,座席が全部埋まると,そこに現れるのはスマホ7人衆.

乗客全員がスマホ画面を真剣に眺める姿,日本帰国当初は少々奇異に感じていましたが,今じゃ日常の光景.最近ではどんなスマホカバーが使われてるのか観察するのが,車中密かなお楽しみです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

立ったまま眠れるようなら一人前

花びら

電車内,さほど混んでなかったのに間近に立っていたOLのバッグが僕の肘を直撃.どうやらパソコンが入っていたらしく,激痛です.バッグが凶器になるなんて,女性を怒らせてハンドバッグでぶん殴られて眼鏡が吹っ飛ぶというシチュエーションしか想像できません.やられたことは無いですよ.

凶器バッグと言えば,あれは満員電車での出来事.ぎゅうぎゅう詰めなので自分の足なんて全く見えませんが,太腿に何やら尖ったものが当たるのです.人口密度が増加するにつれ,その圧力が増す.もう痛いのなんのって.

なんとか当たらないように体を動かそうとするものの,自由度は殆どありません.次の駅に停車するまでひたすら我慢でした.

電車のドアが開いて隙間ができ,その突き刺していたものがハンドバッグの角だと分かりました.こんなハンドバッグ攻撃もあったとは.

ツツジ

夜,帰りの電車では,背後に立つ年配お疲れサラリーマンが,定期的に僕の背中にぶつかってきます.その周期約10秒.

うぜえなあと後ろを振り返ると,吊革にぶら下がったサラさん,大きな周期でぐわんぐわんとスウィングしています.酔っ払って立ったまま居眠り寸前らしい.ぶらサラさん,器用なもんだ.スウィングしなけりゃ意味がない.

スウィング周期を見計らって,またコチラ側に振れてきた瞬間,さっと避けてやりました.ぶらサラさん,ぶっこけそうになりました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

スペースが倍必要でも同料金

つくしんぼ

既に手垢が付きすぎた感のある満員電車ネタですが,再度おつきあいを.

とある朝のこと.おそらく横幅が日本人平均の倍はあろうかという男性が,僕に背を向けて立っておりました.この人が降りたら二人分空くなと,誰しもが考えていたことでしょう.でもそこは大人の世界.皆無言です.

丁度目の前に彼の後頭部.すごく太った人ってのは,後頭部に肉の波ができるんですねぇ.しかもそこに汗が溜まってる.俺に触れるなよ〜,触るなよ〜.

地下鉄が駅に止まると,大量の降車客に紛れて彼も降りていきました.これで二人分確保したなと,誰しもが安堵の吐息ついたことでしょう.でも彼は再び横綱の土俵入りの如く乗車してきたのです.ふぅ...

さて別の朝のこと.これまた全体サイズが日本人女性の1.5倍はありそうな中年女性が,ドア横に陣取って微動だにしない.その姿は臼杵の磨崖仏.

大量の人が降りて乗る,駅に到着するたびに繰り返されるこの大流動を物ともせず,露骨に嫌な顔をする客も何処吹く風,じっと立ったまま.しかも何だか顔が怒ってる.

てっきりすぐ次の駅で降りるからドア横をキープしてるのかと思ったのですが,結構長い間立ち尽くしておりました.通勤客に恨みでもあったんでしょうか.それとも痴漢対策か.

痴漢対策と言えば,東西線通勤プロの従姉妹から「女性の近くに立っちゃだめ,冤罪になるから」と口を酸っぱくして言われています.でも今朝は四方が女性.四面楚歌を打開するにはどうすればいいんでしょ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

無機質な都会で聞こえるありがとう

竹橋

国立近代美術館へ行った帰り,皇居周りをてくてくと歩いていたときのこと.前からやってきた外人さんに「皇居はどこ?」と聞かれました.

これだけどと,でっかい石垣を指差したら,

どっから入るの?

内部を見学できるとでも思ったんでしょうか.僕だって見てみたいもんです.取り敢えず橋があるとこまで行きゃ,門くらいは見えるからと教えると,OK, Thanksと笑って去って行きました.

地下鉄の階段をゆっくりと降りていくおじいさん,リュックのチャックが開いています.しかもその中に一眼レフのレンズが見えている.落としちゃ大変だと,追い抜きざまに「リュック,開いてますよ」と声をかけました.暫くして背後からでっかい声で,

ありがとーーー

距離があったので周りの人は僕への掛け声とは思わなかったでしょうけど,ちょっと恥ずかしかった.

桜餅

ほぼ満員電車の東西線,この日はやや人が少なめだったせいか,少々隙間があります.突然の急停車に,目の前に立っていた女子高生が転けそうになり,思わず体を支えて「大丈夫?」と言ったものの,もちろん無言.そりゃ満員電車でオヤジが女子高生に声をかけるのはご法度です.

でも彼女が電車を降りる時,こちらを向いて小さな声で

ありがとうございました

その日は何となくいい気分です.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

東西線しばらく運転見合わせ中

東西線運転見合わせ

出勤前に従姉妹からメール.東西線が止まっているらしい.それも超ラッシュアワー.そんなこともあると噂には聞いていましたが,まさか自分に降り掛かってくるとは.

地下鉄運行情報をチェックすると,8時には復旧するという表示.でも信じてよいものかどうか.それに動き出した直後は,車内がとんでもない圧縮率を誇っているはず.遠回りになりますが,バスでJRの駅まで行き,そこから東京駅に出ました.

結果的に30分の遅刻.ま,いっか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

唇を噛み締めて立つ東西線

夕日

その話題しか無いのかと言われそうですが,やっぱり東京の通勤ネタ.だってこんな体験無いんだもん.ぎゅうぎゅう状態をひたすら耐えつつ,周りの人達は何をしてるのだろうと気になって,こそこそ盗み見しています.

狭小空間を物ともせずスマホする人,虚空を眺める人,もしかして立ったまま眠ってるのかじっと目を閉じてる人.

ふと気づいたんですが,地下鉄電車内の広告って,文字が多いような気がします.身動きできないから,少々文字がたくさんあってもつい読んでしまうらしい.

予備校か学習塾の広告だと思うのですが,ふと目に付いた文章,それは
じっと唇を噛み締めて...
みたいなもの.

唇を噛み締め,乗客が減る茅場町までを耐えよと言ってるのでしょうか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ラッシュでも突然減速急停止

大きな人の流れに乗ったり抗ったりしながら歩く経験は,福岡天神地下街のみ.と言っても大した人口密度じゃないけど.それがいまや地下鉄ホームから東京駅地下街など,これが日常なのが不思議でなりません.

人があまりに多くなれば,意外と流れはスムーズになります.流れに乗って歩く以外に方法は無いわけだし.でもそのBernoulli’s principle ベルヌーイの定理がしばしば通用しません.その理由はスマホ.

前を歩く人の歩調が次第に減速,スマホ画面を見ています.

突然停止,スマホを見ています.

狭い通路に突っ立ってブロック,スマホを見ています.

あー邪魔だ,こんなところでメール見なくてもいいのにと,すれ違いざまにこっそりと画面をみたら,なんとゲーム.平和だねぇ...

さて今日の一枚.

丸棒入り口

丸棒様専用の入り口,なんだろう.

深夜,電柱が一風呂浴びに入ってくるんでしょうか.東京の闇は深い.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail