「和食」タグアーカイブ

たまには快適旅のご褒美を

先週の帰国,ラッキーなことに片道だけビジネスクラスとなりました。なんとドア付き個室になります。ヘッドホン専用置き場もあって(これは地味に便利),快適。座席全体の写真を撮りたかったのですが,あまりにお上りさんっぽくて諦めました。

料理は和食,洋食を選べます。機内の洋食なんていつでも食べられるので,迷わず和食をチョイス。トレイの上に皿がきれいに並べられたように見えますが,僕が写真用にやりました。そこはDelta,にっこり無造作に置いていかれます。

メインはお肉。ってこれ和食なのかな。それに俵むすびがついております。できればおむすびにはゴマ塩をふって欲しかった。

ビジネスクラスの座席は真っ平らになるので,ほろ酔い加減の食後,そのまま熟睡。意識を取り戻したころには,着陸まであと少し。

羽田はもうすぐ。でもこの東京の位置,ちょっと変じゃないですか。

と思ったんですが,ここって新宿ですね。都庁の場所を東京と表示するんだ。世田谷区とかも,区役所の位置なんでしょうか。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

こんなものを食べてきた,その弐

大岡山にある中華料理店,そこの担々麺。野菜の盛り方と丼の縁のスープが,なんともインスタ映えしないんですが,インスタじゃないからいいか。これ,以前食べたときはパクチーてんこ盛りだったと思うのですが,入ってないぽい。というか,何も考えずに食べておりました。

ランチ基本形。コンビニのカレーパンにおにぎり。コーヒーもしくは緑茶。簡単昼食できるのが,日本の隠れたよいところ。海外でサンドイッチとコーヒーを昼食にしたら,この倍の値段します。

えっと … おやつ

そして最後は「和食」でシメました。成田のロイヤルホストでカツカレー。これぞ「和食」です。ロイホのカレー,好きなんですよね。

さて,成田発のDelta便,行き先はWashingtonの美しい町Seattle。到着直前まで爆睡し,さてあと30分ほどで着陸だというときに機長からの貴重なアナウンス。

Seattleが霧で着陸できないので,Portlandへ飛びます。

が〜ん。

進路が直角に曲がりました。

Portlandに着陸するも,そこは給油のみ。1時間後,再びSeattleへと飛びましたが,当然乗り継ぎの時間なんてありません。夕方の便が再予約され,4時間以上を空港内ラウンジで過ごしました。もっともずっと寝てたんですけど。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

こんなものを食べてきた,その壱

一週間のご無沙汰でございました。東京で仕事しつつも,ブログの更新はサボっておりました。基本仕事なので,これと言って特別な話は無いのですが,食べ物の写真だけはそこそこ撮っておいたので,ご紹介。

まずは有名なトンカツチェーンのカツ丼で昼食。ありきたりではありますが,やはり美味しいです。以前アメリカ人をこのチェーンへ連れてきたことがあるのですが,トンカツ定食は好評で,ソースかけキャベツが最高だと申しておりました(そっち?)。

これまた定番の天ざるセットでランチ。こちらも外人さんを連れてきたのですが,つゆが蕎麦用と天ぷら用の二種類,おまけに薬味の説明もあってややこしい。最後に蕎麦湯が出てきたときには,何と言って説明したらよいのやら。

そしてもちろん寿司にも行きました。ここは回らない寿司ですが,やっぱり大手チェーン店。すしざんまいっていう店だったと思います。外人さんにはセットメニューがあるほうが説明しやすいし,そもそも本場の寿司屋はこっちがビビって行けません。

注文時,店員さんが「わさびが入ってますが大丈夫ですか?」と聞いてました。確かに日本以外だと,わさびは外部補給です。中に入ってるとは知らずに食べてつ〜んとなる外人さんが多いのでそしょう。

やはり外人さんご接待で居酒屋へ。あれこれと珍しい品々が出てはきたのですが,会話が忙しくて写真撮ってる暇がありませんでした。向かい側に座っていた人の観察では,僕はかなり話し込んでたらしいので,居酒屋でも英語議論モードになってたのかも。

写真は最後のシメの炊き込みご飯。絶品です。かなり強い山椒が入っており,この味と香りに驚いておられました。英語で何と言うのか知らず,「まあ胡椒みたいなもんだ」と説明した後にググってみたら,なんと,

Japanese Pepper

そのまんまやん。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

舞茸が普通に買える生活

国内で栽培されているのか,こちらでもごく普通に舞茸が買えるようになっています。Santa FeのWhole Foodsのキノココーナーに常備,名前もそのままMaitakeです。

どうやら知ってる人は知ってるらしく,以前,キノココーナーで先に買い物していた御婦人が,ケースに残った舞茸をありったけ取られてしまったことがあります。

なので,少々お高いながらも,買うときは躊躇しない。1ポンドで$10だったと思います。日本だとどれくらいなんでしょう。

パスタに入れたり,天ぷらで楽しんだり。それにしても気になるのは,舞茸をごっそり買っていったあの御婦人。いったいどんな料理に使っているのでしょう。ピザのトッピングにしたり,ハンバーガーに挟んだり,マシュルームステーキにんしたり,とか偏見すぎか。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンなので季節の名物

この時期,ドイツ・オーストリア方面出張の最大の楽しみ,それはSpargel,巨大な白アスパラガスです。茹でて柔らかくなったものをソースで頂きます。僕は塩茹でのシンプルなのが好きなのですが,こちらはレストランで出たもの。

メニューに書かれたお値段は17Euroだったので,もうちょっとなんかこう,料理的というか,そういうものを期待してたのですが。シンプルですねえ。

そして晴れた週末の午後はホイリゲへ。つまみのような料理ばかりなのですが,ワインは安く,がぶがぶといけます。


キャラフに入った白ワインは1リットル。4人で食事して,4L飲んだ…ような気が,いや気のせいかな。

さて,こちらは別の夜の夕食。軽く食事しようと3人でワインバーへ入り,まずはワインを一本,そこへ食事をちょっとばかり注文し,それを皆でシェアすることに。そのメニューで目についた単語,それは Beef Bowl。

ビーフボウルって,直訳したら牛丼ですよねえ。ウィーンのワインバーで牛丼,これはもうインスタ映え…じゃないけど頼むしか無い。

んっと,ステーキ丼?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Hawaiiで舞妓抹茶

日本のカフェでどれだけ抹茶メニューが充実してるのか分からないのですが,ハワイに進出した舞妓さんで抹茶尽くしです。

抹茶ラテみたいな定番はともかく,この看板に出ているだけでも,チーズ抹茶,抹茶チョコレートクリームラテ,抹茶フラッペ,それになんとほうじ茶クリームラテ。

アメリカの抹茶人気,次第に広まりつつあります。New Mexicoのこんな田舎でも抹茶ラテや緑茶ラテが買えるようになりました。抹茶そのものも売ってます。もちろん本格的な茶の湯ではなくて,もっとカジュアルに抹茶を楽しもうというもの。

そう言えば,成田や羽田の国際ターミナルでも抹茶風味のお土産物が売られています。でっかい抹茶キットカットとか山積みされているので,人気なんでしょう。

ちなみにHonoluluのこの店で注文したのは,何故かぜんざい。抹茶にあんこは普通なので,ぜんざい食べても普通だと思って注文したら,どうも珍しい客だったっぽい。

少々時間がかかって出てきたのは,紙コップに入った激熱ぜんざい。ふぅふぅしながら食べた(飲んだ)のですが,ハワイでこれはちょっとないかやっぱり。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail