「博物館」タグアーカイブ

どこかで見られてるCalifornia State Railroad Museum

Sacramentoで少々時間があったので,何か見るものが無いかと検索して見つけたのが,California州立鉄道博物館.ここ,めちゃくちゃ楽しいです.往年のSLがピカピカに修復され,間近に見ることができます.

実際に車内に入れるものは限られているのですが,SL本体だけでなく,客車,食堂車,寝台車,鉄道関連の展示が実に楽しい.

ところどころに人形が配置され,少々グロいけどリアルな展示となっています.

ボランティアの方々なのか,鉄分が極めて高い年配男性があちこちに配置され,汽車熱を熱く語ってくれるのも,この博物館の特徴かも.もしかするとかつての鉄道マンなのかもしれません.SLの写真を撮ってると,「どらどら,わしが撮ってやろう」と鉄研おじいちゃんが接近してきます.

少々煩わしくなってきて,鉄研じいちゃんを避けつつ見学してたのですが,ほんっとに何処からともなく現れて説明.

さらに困ったのが,そんな鉄研じいちゃんたちとマネキンたちが,時々見分けがつかなくなること.どちらも制服姿なので.

食堂車に入ってみたら,中に立っていた車掌さん人形が突然喋り始めて,びっくり.

「人形かと思った!」

うっかり彼にそう言ってしまいましたよ.すんません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Musikinstrumenten Museum Berlin

博物館・美術館巡りで一日潰してしまったBerlin滞在でしたが,実はもう一箇所駆け足で訪問しました.Berlin楽器博物館.これを外す訳には行きません.

弦楽器・鍵盤楽器・管楽器,古い楽器から電子楽器まで,見ているだけでも飽きません.でもやっぱり音を出してみたいな.

引き出し付きの鍵盤楽器.中には編み物の糸が入ってます.これはCembaloなのかな.

卓上ピアノ
卓上ピアノ

普通のCembaloもたくさん展示されています.触りたい,鳴らしたいの衝動をこらえるので精一杯.

Cembalo
Cembalo

レプリカでいいから,一つ欲しい.レプリカでも高いんでしょうけど.

Cembalo
Cembalo

ギターのようなチェロのようなArpeggione アルペジオーネ.SchubertのArpeggione Sonataで有名な楽器ですが,現代では実際に使われることはありません.

Arpeggione
Arpeggione

これは初めて見ました.二段ピアノ.これさえあれば,BachのGoldbergが簡単に弾ける...かも.

二段ピアノ
二段ピアノ

閉館までたったの1時間半しかなく,本当に駆け足で見て回りました.もっとゆっくりこの空間に身を置きたいと切に願いつつ,ここを出ようと思ったら...

楽器博物館
楽器博物館

博物館の一角で,何かの学会のポスターセッションをやってたのです.音楽理論の学際領域,そんなタイトルの会合らしく,ポスターも何だか理系のものっぽい.

そんなポスターの1枚の前で足を止めました.音楽の学会なのに数式が書かれています.

音響に関する「温度」を定義しているようなんですが,その次元が間違ってます.そのパラメータ,自乗しないと温度にならないよとポスターの執筆者に言いたかったのですが,残念ながら著者が見当たりませんでした.残念.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

薄陽さす冬のBerlinを歩く,博物館の梯子

日曜日のBerlin.今日は美術館・博物館を廻る予定で,朝はホテルルームで準備運動.博物館巡りってちょっとしたハイキングです.

と言うのも,BerlinにはMuseumsinsel博物館島と呼ばれる中洲に5つの美術館・博物館が集まったエリアがあるのです.はるばる来たからには,5つ制覇ですよ.

まずは一番北側のBode(ボーデ)博物館.ここで全部の博物館に入れるチケットを買います.何を隠そう一番人気の無い博物館,チケット売り場はガラガラです.

Bodeは彫刻や宗教画が多いのですが,中でも面白いのがコイン・メダルのコレクション.つい細かく見てしまいそうになりますが,先のことを考えて,さっさと次に進みます.

Bode Museum
Bode Museum

一番人気は,ここPergamon(ペルガモン)博物館.ギリシャ,ローマ,ヘレニズム,えっと他に何があったっけ.巨大なバビロニアのIshtar(イシュタール)門は圧巻です.何でもかんでも持ってきちまいやがって....

Pergamon Museum
Pergamon Museum

続いて旧国立美術館.古典からドイツロマン派の絵を多く収蔵します.一つだけ近代フランスの部屋があったのですが,やっぱりそこだけ人が多いという理不尽(ドイツ人からすれば).

こんなところで,こんな絵とご対面.有名な,フルートを演奏するFriedrich二世.Sanssouci宮殿で,CPE Bachがハープシコードの伴奏をしているというものです.

旧国立美術館,Friedrich II
旧国立美術館,Friedrich II

まだ続きます.新博物館.Pergamon並にここも人気.エジプトのコレクションが多く並びます.つまり棺桶とか...

超有名な「ネフェルティティの胸像」もここにあるのですが,この場所だけは写真撮影禁止でした.

それにしても,古代エジプトの芸術作品なのに,こんなにリアルで人間味あるのは不思議です.じっと眺めてるとオノ・ヨーコに見えてくるんですけど...

新博物館
新博物館

新博物館内でちょっと遅めの昼食.美術館や博物館にはカフェが併設されてることがよくあります.そこで昼食すれば時間の節約にもなるし,隠れた穴場的なレストランもあったりします.

昼食のサンドイッチ
昼食のサンドイッチ

ようやく最後の旧博物館.古代ギリシャの彫刻が多いけど,収蔵的にはちょっと地味かも.でもこっそりと古代秘宝館があったりして笑えます.隠れた観光スポットと言えるでしょう.なお写真は控えさせて頂きます.

旧博物館
旧博物館
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail