「北京」タグアーカイブ

短期北京滞在,通信事情

中国出張で何時も困るのが,google関連.普段からgmailをメインに使ってる身には厳しい環境です.前回の北京出張時では時々gmailがつながるという状況でしたので,臨時にyahooのアカウントを利用していました.

今回もyahooメールを使うつもりで出張に臨んだら,何とgmailにじゃんじゃんメールが来るじゃないですか.

LINEも普通の方法では使えないという話を聞いていたのに,これもそのまま使えました.

でもパソコンをホテルのWiFiに接続すると壊滅状態.

スマホの電話番号はアメリカのままです.どうやらローミングしてる携帯ならgoogleもLINEもそのまま使えるっぽい.

これは便利と思いつつも,ローミングなのでスマホ利用は控えめにしときたい.結局ネットの沙汰も金次第ということか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

短期北京滞在,落穂ひろい

北京のホテルのクローゼットの中にあった,ガスマスク? 火災のときはこれを装着するのでしょうか.写真のモデルが女性なのか男性なのか分かりません.

ホテルロビーで接客していたロボット.以前どこかでお会いしたことあるような.

ホテルのバーで一杯やったときのこと.on-the-rocksでウィスキーを注文したら,二つのグラスに分かれて出てきました.僕は氷をウィスキーに入れたのですが,回りからは「それ,逆じゃね?」の声.うーむ.

そして,空港の土産物屋で売られていたパンダ...じゃないよなあ,これは.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

短期北京滞在,言ってみるもんだ

Seattle – 北京間のフライト,flight trackerがもうめちゃくちゃになってました.アフリカ沖を飛んでたり...

地球を逆回りしてたり.

それはともかく,座席は無印エコノミー,Seattleで狭い座席に身を押し込み,10時間の辛抱かと諦めの境地に自分を無理矢理押し込みつつあったときのこと.通路を隔てた隣に赤ん坊を抱いた中国人男性が座りました.

嫌な予感は的中.離陸前から泣き叫んでいます.見かねた他の乗客が,そのおっちゃんに「こうやって抱っこすればいいのよ」と指南中.こりゃちと辛いなと,通りかかった客室乗務員さんにこっそりと「あのさ,前の方の座席に移っていい?」

もちろんビジネスにしろって言ってるんじゃありません.ちょい広めのcomfortを厚かましくも所望.普通は無理ですが,Diamond会員なのでもしかしたらと思ったわけ.

客室乗務員さん,チーフパーサーに確認した後,こっそりと耳打ちしてくれました.「いいわよ」.言ってみるもんだ.

ちなみに泣き止まない赤子を連れたおっちゃん,座ったままではどうしようもないと思ったのか,フライト中,機内を歩き回っておりました.泣き声のデリバリー,要らないんですけど.

帰路,北京発Seattle行き,運の良いことにビジネスにアップグレードしてくれました.スパークリングワイン飲みながら離陸を待ってると,アメリカ人おばちゃんが客室乗務員と何やらやりあってます.

彼女の旦那さんはビジネスクラスにしてもらったけど,彼女はエコノミー座席のまま.知らない人が隣にいるのは嫌だ.夫がこっちに来たんだから,自分もビジネスに移せと喚いてるっぽい.

無理ですよねぇ...

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

短期北京滞在,国際文化交流中心

vision hotel

北京での宿泊先,なかなか高級そうです.アメリカの某チェーンの雰囲気に似てるんですが,気のせいかも.でもそこは彼の国,楽しいことも起こります.

チェックイン時,レセプションの女性の英語が少々覚束なくて手間取ったのもありますが,まさか名前を漢字で書けと言ってるとは思いませんでした.そりゃ日本人なので漢字で書きますけど,他国の場合はどうするんだろう.

部屋にはシャワーの他にバスタブも付いていました.中国のホテルだとシャワーだけだろうと諦めていたので,これは嬉しい.早速お湯を溜めて長旅の疲れを癒そうと蛇口をひねると...

初めチョロチョロ,じゃないけど,何やらほそ〜いお湯の筋,しかもちょっと色が着いてる.

開き方が足りないのかと,目一杯回してみましたが,これが限界です.お湯はすぐに透明になりましたけど,チョロチョロは変わらない.30分経っても湯船には程遠い.諦めました.

他の日本人の話では,彼の浴槽にはじゃんじゃんお湯は出たそうです.でも栓が壊れててお湯を溜められなかったとか.

浴室はがっかりでしたが,ホテルの朝食バフェは充実していました.ブラックコーヒーが飲めるのが嬉しい.以前北京で宿泊したところは,甘いコーヒーしかなかった.

コーヒーのお代わりを取りに行くと,偶然コーヒーサーバーを持ったウェイトレスさんが通りかかりました.

「コーヒーちょうだい」と言って差し出したカップにコーヒーを注ぐも,残念ながら残り僅かだった.カップに半分だけ入ったコーヒーを見た彼女,何を思ったのか

お湯を追加

えっと...薄いよね,それ.

折角お代わりコーヒーを作ってくれたんですが,流石にお湯割りは無いので,彼女ににっこりと微笑みかけて静かにその場を去りました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

短期北京滞在,タクシーで美国不可

ご無沙汰しておりました.昨晩,北京から戻ってまりました.彼の国の滞在はたったの3日.空港から北京市内の大学へ移動,大学キャンパス内のホテル宿泊,そして空港へ移動という慌ただしい旅程です.時差ぼけする間もなく帰国です.さほど土産話も無いのですが...

北京空港に到着したのは夜8時.地下鉄で市内に出られますが面倒だったのでタクシーにしました.空港内にたむろする白タクを掻き分け,タクシー乗り場へ.行列に並ぼうとしたら,

「タクシー,こっちこっち」

と案内してくれる.空港タクシーとか書かれたカードをちらっと見せたかと思うと,No.1 Taxiとか自分で言ってるので絶対にヤバイ.無視して行列へ並びました.まさかタクシー乗り場まで白タク進出してくるとは.係員さん,何か言わないのかな.

タクシーに乗り込み,運転手というよりは大工の棟梁なおっちゃんにホテル名を告げるも,さっぱり分からない風.当然英語なんて通じない.

こういうこともあろうかと,ちゃんと地図を印刷しておきましたよ.「ここね」と紙を渡すと,しばし注視したのち,棟梁,やっぱわかんねぇよと係員を大声で呼んであーだこーだと大議論中.

うっかりしてました.こちらで印刷したので,地名が全部英語です.なんとか方角だけは分かったようで走り出したものの,10分程して何か僕に訴えています.でも中国語なのでさっぱり分からない.

想像するに,どうやら「電話」と言ってるらしい.ホテルに電話して場所確認してくれということか.でも僕の携帯はローミング中,海外では極力使いたくない.さてどうやってそれを伝えるか.紙を取り出し,

美国電話不可

と書いて見せたら,なんと通じたよ!棟梁,自分のスマホを取り出し,これを使えと.

ホテルに電話して,なんやら中国語で会話して場所が分かったらしい.棟梁,ラジオのスイッチを入れて歌いだしたのでもう安心です.

タクシーのメータは90元,1500円くらい.100元札を出したらお釣りをよこそうとしたので,いいよいいよとあげておきました.

さて,同じようにタクシーでホテルまで来た日本人が他にもおりました.運賃は大体同じ.でも...

A氏談「100元札出したのにお釣りをくれなかった

B氏談「90元の領収書の他に,別の10元の領収書を貰った

チップ込みが常識なんですかね.

到着後,小腹が空いたのでホテルのレストランへ.すでに翌朝の準備をしてましたが,まだ開いてるとのことなのでビールとワンタンを注文.

このワンタン,美味しかったです.ただ,パクチーを避けながら食べるのが困難.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

偽札を掴まされたようだ

明日から,このお札の国へ出張です.出張準備まずはコンセントのアダプタをと用意してきたのですが,以前の出張の経験からこれは要らなそう.あちらの電源ソケットの方が全ての形状に対応しておりました.

現金も必要.手持ちの人民元をかき集めてみたら,370元程あります.彼の国では偽札防止対策として新札が出たようですが,まだ使えますよね.

念のために,じ〜〜っと札を眺めてみると,ちょっと気になることを発見.

透かしになっている100の文字が明らかにずれてます.これは通貨としてはあり得ない.問題は二枚のうち,どっちが正しいのかですが,普通横に並べて印刷してあったら,揃えますよね.

さらにびっくりなのが,セキュリティスレッドと呼ばれるホログラム部分.三枚とも,場所がずれてるんですけど...

こりゃ諦めて,米ドル持っていってあっちで両替した方がよさそう.

というわけで,極寒の北京に行ってきます.ブログ更新は一週間ほどお休みします(多分).

 

追記:Seattle空港で少し両替して中国元を作りました.新札・旧札混ざっていましたが,その旧札の透かしの100はやっぱりバラバラ,セキュリスレッドもやっぱりずれてる.もしかしてそういう品質のお札なんでしょうか.空港の両替店で偽札を扱ってるとは思えないのですが.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

お土産に中国のお茶,甘醇鉄観音

中国出張のお土産は,最初からお茶と決めていました.数年前に中国訪問した際もお茶を買う積りだったのですが,お茶ショップに入ろうとする僕を北京大の学生が引き留めるんです.
「あんな所で買ったら高い!」
スーパーで買えって言うんだけど,それだったらどこで買っても同じじゃん.

今回は町中単独行動して,高級そうなお茶屋さんに入りました.最初に買ったのは福建省の「白茶」と言う変わったもので,北京の友人もそんなお茶は知らないと言っていました.

箱入りのティーバッグだったのですが,容器がかさばったのでバラバラにして持って帰ってきました.なので,写真は無し.ほんのり甘く上品な香りで,やや紅茶っぽいです.

その白茶でそこそこ満足していたのですが,普通の烏龍茶が無いかと空港の土産物屋にふらりと立ち寄ったのが事故の元(?).

店員さんが箱を開けると,そこから立ち上ってくる香りがちょっと驚きでした.これは面白い,もう買うしか無い.

甘醇鉄観音
甘醇鉄観音

で,買いますと言った後に値段を円換算して,目眩で崩れ落ちた.

福沢諭吉様がお二方分ですよ.

でもそこで怯んだら負けって思いました (何と勝負してるんだ?).

甘醇茶というようですが,鉄観音つまり烏龍茶です.いれた時の香りはさらに強く,もしかして人工香料でも入ってるんじゃないかとか... < すぐそーゆー事を言う奴.

お味も値段相応だと思うのですが,なんせ空港土産店価格です.もしかしたら同じものがスーパーで数分の一の価格で売られてるんじゃないかと,調べるのがちと恐ろしい.

くまモンパンツ
くまモンパンツ
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail