「創作」タグアーカイブ

クリスマス・キャロル,Los Alamos version

クリスマスイヴの夜,一人静かに酒を飲んでいると,どこからともなく老人の声が聞こえてきた.

「これから三人のクリスマスの精霊がお前に会いにくるであろう」

Strasbourg, clock

やがて,最初の精霊が現れた.それは過去のクリスマスの精霊であった.彼は静かに

「お前に過去を見せてやろう」

と言うと,手にしたビデオカメラをテレビに繋ぎ,再生モードにしてスイッチを入れた.

そこに写っていたのは,ウィスキーグラスを傾ける,数分前の自分の姿であった.

「過去ってこれか?」
「そうだ」
「どうやって撮ったんだ?」
「窓の外からこっそりと」

精霊がストーカーになる嘆かわしい時代である.3分ほどのビデオ上映を終えると,過去の精霊はキャビネットからグラスを取り出し,勝手に僕のウィスキーを飲み始め,そのうち高鼾で寝てしまった.

やがて次の精霊がやってきた.現在のクリスマスの精霊であった.珍しく美しい女性の精霊ではあったが,困ったことに酒癖が悪い.

「ちょっとちょっと,聞いてよー,あの過去のバカがさぁ...って、きゃー,こんな所で寝てるじゃない.あーははは.ばっかみたい.何よ,このいびき,うるさいわねー.あー,もうたまんない.そのタオル,ここに乗せましょうよ.きゃはははは,間違って雑巾乗せちゃったー.臭いものには蓋よねー」

こちらさんもかなり入っているようである.

「あ,そだそだ.現在を見せてあげるわねー」

そう言うと,ビデオカメラを撮影モードにしてスイッチを入れた.テレビ画面には雑巾の過去と,馬鹿笑いする現在,呆気に取られた自分の姿が写っている.なるほど現在を見ているわけである.全然おもしろくないが.

「ねえねえ,お酒ちょうだい.あ,いいや,あんたのグラスもらちゃお.ギャはは,貰っちゃったあ,全部あたしのよー」

Strasbourg, cathedral

現在が一人で大騒ぎにしている所に,まるで死神のような三人目の精霊が現れた.未来のクリスマスの精霊であった.これはちょっとした見ものである.一体どうやってビデオカメラで未来を写すっていうんだ? まさか自分を写しながら
「これが未来です」
なんてオチじゃないだろうな.

暗く沈んだ声で,未来のクリスマスの精霊は言った.

「おまえに未来を見せてやろう」

先ほど現在の精霊が録画モードにしたビデオカメラを一旦停止し,少しテープを巻き戻し、再生ボタンを押した.ちょっと前のこの部屋,一人大声ではしゃぐ現在の精霊がテレビに映し出される.

そして未来の精霊は早送りボタンを押した,画像が気忙しく動き続け,次第に現在時刻へと近づいてくる.なるほど,このまま早送りし続ければ,やがて現在を追い越して未来が映し出されるわけか.

画面は丁度未来の精霊が現れた頃である.もう少し.あとちょっとで現在が未来に取って代わられる,息を飲んだその瞬間…

突然テレビの中で高笑いする現在の精霊が消え,黒装束に包まれた未来の精霊に取って代わられた.未来が操作していたビデオカメラが床に転がり,テレビに閉じ込められてしまった未来は,何とか外に出ようと画面を叩いて必死である.

「あっはははー,未来ったらばーっかじゃないの.ったく機械に弱いんだから」

現在の精霊は,ビデオカメラを拾い上げ「停止」ボタンを押した.

「こうやって現在が未来に追いつくのを待ってればいいのよ」

テレビ画面は再び今現在のこの部屋である.全く目を覚ます気配の無い過去の精霊,ビデオカメラを手にした現在の精霊,そして自分.

やがて,画面向こう側の現在の精霊の動きが,こちら側の彼女よりも遅れているのに気づいた.こっちが未来であっちが現在である.今,自分はテレビの中にいる.

何とか外に出ようと,必死にテレビの画面を叩くが,びくともしない.向こう側の現在の精霊が,笑いながら床のビデオカメラを拾い上げ,

「あっはははー,未来ったらばーっかじゃないの.ったく機械に弱いんだから」

と笑いながら「停止」ボタンを押した.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ホワイトデーの大きなプレゼント

まめしば

何度と無く,その宝飾ブランド店の前を行き来した.店内の人影を横目で確認しつつ,店員が接客してるのなら,いきなり声をかけられる事もないだろう.まずはゆっくりとショーケースを眺め,交渉はそれからだ.

表のショーウィンドウに並ぶペンダント,指輪,どれも値段の表示は無い.デザインで選んでくれという店の強気が斥力となり,僕をさらに遠ざける.

と,そのとき,店内の暖かい空気が通りに流れ出し,刺すような空気を和らげた.にこやかに手を繋いで店から出てくる二人を脇に流すように店内へとよろめきこんだ.

「いらっしゃいませ.何かお探しですか?」

いきなりサシの勝負である.しかも美人の店員である.もう後戻りはできない.

「あの...婚約指輪を...」

「それはおめでとうございます!」

「あ,いや,まだ決まったわけじゃないんです.プレゼントと一緒にプロポーズしようかと...」

「あ~,よくあるパターンね!」

既に完全に彼女のペースである.

「サイズはご存知ですか?」
「え?サイズ?指輪にサイズがあるんですか?」
「伸び縮みしませんからね」
「ちょっと分からないんですが...」
「サイズのお直し,できますから」

そう言って,彼女の薬指のサイズをこっそり測る方法を教えてくれた.眠っている間に,糸を巻いて長さを測るんだそうである.

「あの,でも...眠ってる彼女と一緒に居たこと,ないんです」

まぁ...じゃあ」

と,彼女は次なる作戦を伝授する.

「彼女,普段から指輪をはめてない?それを冗談っぽく『ちょっと貸してよ』と言って,自分の指に付けてみるのよ.どこまで入ったか,覚えておけばいいの」

と言って,店頭に並んだ指輪の一つを僕に差し出した.それを薬指に通すと,第一関節で留まる.なるほど.

ジュエリーショップを一旦あとにし,彼女とのデートの時,自然を装いながら彼女の指輪を借りた.それを指に嵌め,大体のサイズを確認するのに成功した.そして再びあの高級宝飾店である.今回は躊躇は無い.同じ女性店員が居てくれたのは,心拍数をやや下げる効果もあった.

「未来のお嫁さんの指のサイズ,確認できましたか?」

店のドアを開けると同時に,彼女は微笑みながら,僕に話しかけてきた.あの方法がうまく行った事を伝え,まるで馴染み客のように,軽やかにカウンターの椅子に座った.

「ええ,とてもうまくいきましたよ.このサイズでお願いします」

僕はショーケースの上に足を投げ出し,右足の親指を示した.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

小さな人格としてのデバイス

stained glass

便利になったもので,今ではほとんど全ての情報が掌に乗る小さな機械を通じて手に入る.見知らぬ土地を走る時も,GPS機能が刻々と変わる現在位置を知らせてくれるし,現地のレストラン情報などもあっと言う間である.地元で有名なレストランを検索し,そのままディナーの予約.パソコン画面にへばり付いていた頃が,まるで時代劇のようでもある.

コミュニケーションの形も随分と変化する.「話す」「書く」という基本的な意思疎通手段は廃れ,この小さな機械が意思を持って,他の機械と対話する.町中でふとすれ違う見知らぬ女性.僕らはそのまま行き違いながらも機械同士のランデブーは,彼女とのディナーの予約をすでに僕らのスケジュール表に書き込んでいる.

その晩,テーブルについた僕の前にはジントニック,彼女にはキールが置かれた.ウェイトレスにオーダーを伝える必要は無い.この小さな機械は既に僕のオーダーを決め,店のコンピュータに転送済みである.ある意味,個性とか人格はこの機械に委譲されたと言ってもよい.

彼女との会話が無いわけでは無い.不必要な情報交換を,遅い伝達手段である会話で時間を無駄にする必要が無いということである.僕の機械は既に彼女の情報を取得済みであり,逆に僕のこと,つまり職業,年齢,趣味,食べ物の好み,つまりそういったプロファイルは既に彼女の手中にある.

機械ができないこと,それは「駆け引き」.

情報に基づいて最適な判断を下す.機械は単刀直入な解答を得るに威力を発揮するが,微妙な心理分析はできない.かつてはコミュニケーションと呼ばれた空間が,この隙間にある.

「データを拝見させて頂いたわ」

「うん,スコアはまずまずかな」

機械の画面には,彼女の機械が与えた僕の好感度スコアが表示されている.これはあくまでコンピュータが推定した数値であり,彼女がそこからプラスするかマイナスするか,これが駆け引きである.優雅にスプーンを口へ運ぶ姿に,僕は彼女のスコアに+2した.

「ありがとう」

「食後の期待を込めて,だけどね」

余計な根回しは必要ない.それは機械の仕事.彼らは状況を判断し,高速でデータのやり取りを行う.自分らは心が触れ合うタイミングを計ることに専念すればいい.僕の機械の画面の数値が増加した.

「お互いにもっと知る必要がありそうね」

彼女のクリームブリュレにパリッと亀裂が入り,機械では表示しきれない何かが沁み出そうとしている.

「そうだね」

僕はデザート代わりのウィスキーを飲み干して答えた.僕の機械に表示されている『支払い』ボタンにタッチし,彼女への好意度をさらに+3した.

「ごちそうさま.あなたを知るのは,私の部屋でいいかしら?」

僕が小さくうなずくと,彼女は僕の機械を持って,そのまま一人去っていった.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

傘の話

「そろそろ会社に戻らないと…」

ネクタイを閉め直しながら呟いた。営業の途中、彼女のマンションにふらりと立ち寄り、ほんの少しの時間のつもりが、今では外は雷雨。営業中に本社から割り込まれないように携帯を切っているという言い訳は、そろそろ使えない時間である。

「そうね。寄ってくれてありがとう」
「うん、また来るね。あ、傘、あるかな。持ってないんだ」
「ええ、もちろん。あなたに特別な傘を作っておいたの」
「特別?」

hands-free unbrella

「ほら、これ。柄が無いでしょ。帽子タイプにしてみたのよ。あなたいつも営業資料を沢山持ってるから、これなら両手があくわ」
「おい、また変な物、作って…これ被って外を歩けって言うのかよ」

彼女の趣味は発明である。役に立つのか全く分からない珍品を作っては、実用新案を申請している。どうやら収入もそこそこあるらしい。彼女の気持ちを傷つけるのも嫌なので、取り敢えず被ってみた。外に出たら捨ててしまえばいい。



hands-free unbrella

「これで、どうかな?」
「ええ、素敵よ。きっと皆、振り返るわ」
(そりゃそうだろう、絶対捨ててやる)

「あ、その傘の開け閉めなんだけど、自動になってるの」
「へ〜、それはすごいね。スイッチはどこにあるんだ?」
「リモコンよ。ほら、これ」
「結局は開け閉めに手が必要だな。じゃあ、それスーツのポケットに入れといて」
「ううん、あたしがしてあげる。窓から見てるわ」
「おい…」
「うん?」
「もしかして、俺が大通りに出た瞬間、ズボッと畳むんじゃないだろうな」
「わかる?」
「…何となく」

リモコン開閉傘というだけでも必要以上に凝った仕掛けなのに、まったく何を考えてるのやら。

「じゃあ、いいよ。もう傘要らないから」
「だめよ、脱いじゃ」
「町中で笑いもんになってたまるかよ」
「このスイッチ、押すわよ」
「なんだ、それ?」
電気ショック
「つけんな! そんなもん」

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail