「出張」タグアーカイブ

年末,事務手続きはお早めに

気づけば今年の出勤はあと数日を残すばかり.年内に幾つかの事務手続きをしておかないといけないのですが,事務室のドアは閉まったまま.こりゃ一歩先に休暇に入っちゃったかね.困ったな.

来年早々の海外出張は何とか手続きを終えました.来年なんだからまだ余裕があると思ってたのですが,実際はもう1ヶ月以内.その後も会議が色々ありそう.ぼちぼち真面目に来年の予定を立てないと.

日程調整もありますが,それ以上に「お金」の問題.自分の出張費のみならず,ポスドクや同僚の旅費も工面します.例年「来年,何か行きたい会議ある?」と年末に聞いておくのですが,今年はちょっと手遅れ.もう冬休みに入ってしまったのが数名.

ま,しゃあない.年明けて考えるか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

出張中に焼きを入れる

なんともいかつい装置ですが,

自分で焼くワッフルメーカー.ホテルのロゴが入るところを見ると,特注なんでしょうか.かなりふわふわです.もうちょっとパリっとしてるほうが好きなんですが.

やっとNew Yorkでの仕事が終わりました.明日早朝,空港へ向かいます.折角の祭日だと言うのに移動に消えてしまう理不尽さ.日本だったら出張の移動なんてすぐなのに.

それにしても,どうしてこんなに出張が多いんだろう.職場の同僚には,出張なんて滅多に無いと言う人もいます.思い返すに,日本の職場でも僕は不在がちで連絡を取りづらいことで知られてたらしい.こういうのは個人の仕事のやり方で決まるのかもしれません.

さて今日の会議中,来年夏に開催されるらしいワークショップの話題が出ていてたのですが,その講演者リストに僕の名前が...

聞いてないよ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

日曜の朝,消えた一時間

つい先日New York出張から戻ってきたばかりですが,今日再びNew Yorkです.一体何やってんだか自分でも分かりませんが,行きがかり上NY二連発になってしまいました.おまけにNYへ飛んでる筈が,機首は北西を目指してるし.

朝2時起床でABQ空港まで車で下るわけですが,今朝はちょっと特別です.それは夏時間の終わり.つまり今朝の朝2時は,昨日までの朝3時,一時間だけ余分に睡眠時間を取れるわけ.これはちょっと嬉しい.夏時間の切り替わりは面倒ですが,別に難しく考える必要ありません.スマホやパソコンは自動的に時間を合わせてくれます.

朝2時にスマホのアラームをセットしてベッドに入ったものの,早朝出張の場合は緊張しているせいか,目覚ましが鳴る前に目を覚ますことがままあります.今朝もふと目覚めてスマホを見たら1時50分.

しっかりした体内時計を持ってるもんだと我ながら感心して,顔を洗い,軽く朝食を取り,歯を磨き,さて何時になったかなとスマホを確認すると,

1:15am

えっと...起きたのが1時50分.朝の支度を済ませたら1時15分?

忘れてました.

夏時間の終わりは,0時からではなくて深夜2時.つまり深夜2時になってから一時間戻る.そのタイミングの10分前に起きちゃったわけ.なんてこったい.

肘置き

一時間余分に眠れると思ってたのに,その機会を完璧に逸しました.ソファで仮眠してみたものの,顔洗って歯磨きしちゃ,もう目も覚めてます.もやもやとした無駄な時間を過ごした後,空港へ向かったものの,何とも損した気分.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

機内でランダムに鳴る目覚まし

一週間前ウィーンから戻って来たばかりだと言うのに,再び機上の人となり,ピンク提灯のJFKに降り立ちました.今回のNew York出張,都合良いフライトが見つからず,一旦Salt Lake Cityへと西へ飛び,そこから4時間かけて東に戻るという無駄.

その上,長時間のフライトにも関わらず,すぐそばの座席で幼児の叫び声が続くというオプション付き.機内で泣く子はたまに見かけますが,そうではなくて本当に突然叫ぶのです.親はなんとかなだめようとしておりましたが,効果は無かったみたい.

僕は朝2時起きだったので,この長時間フライトを爆睡で乗り切る算段でした.そのためAlbuquerque – Salt Lake City間は眠らぬ努力をし,乗り継ぎ便での夢心地に賭けておったのです.

それが,少しうとうとしては金切り声でびくっと目を覚ますという繰り返し.ヘッドホン付けて音楽でも鳴らしときゃよかった.ちなみにご両親,飛行機を降りるときに,回りの客に詫ておりました.

ビールとおつまみ

さて夕刻,ようやくホテルへ到着.近所のスーパーでビールを買ってきて一息.そのまま眠ってしまいそうですが,ここで寝たらプチ時差ぼけに陥ります.我慢ガマン.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

節約しても自分のへそくりにならないからくり

500 euro

海外出張費を現金でもらうことがありますが,それなりの金額になる関係上,札束も分厚い.高額紙幣で払って貰えば財布に優しい厚みで収まりますが,こんな500Euro札,普通の店では受け取って貰えません.

使えないままの紙幣,数千Euro分が机の引出しに眠ったまま.へそくりしてても仕方ないので,ついに銀行に持って行く決心しました.手数料は取られますが,自分の口座に入れてもらいます.

ところで,出張費が定額になってる場合,旅費をケチれば差額は自分の懐に入ります.実際,極力安いホテルを探し,食費を節約する人もよく見かけます.僕の職場の場合は実費払いなので,そういう努力は報われませんが,以前,そういう節約してる友人に

「旅費,残してお小遣いにするの?」

と聞いたら,奥さんに全部召し上げられるんだとか.差額が出るのはお見通しらしい.厳しいねぇ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

絶対にここに入れたはず

出張時は所持品リストを確認しつつ荷造りし,出発直前も何か忘れ物が無いか確認します.それでも現地到着後にうっかりが露呈することも.

会議初日はきちんとネクタイを締めていきます.先週のこと.ホテルで身支度を整え,さてネクタイピンを...あれ?

小さなものなので,ネクタイに刺したままスーツケースに入れておくか,小物入れポーチにに入れています.今回はポーチに入れたはず.それなのに見当たりません.入れたつもりになってただけか.

仕方ないので,タイピン無しで会議へと出かけました.どっかで安いのでも買ってその場しのぎにすればいいや.

とは言え,そうあちこちで売られているような物ではありません.仕事先のお土産物コーナーにあったのですが,そこのロゴを象った,だっさーいデザイン(失礼!).しかもそれなりのお値段.

タイピンなんて,無けりゃ無いで困らないのですが,それでも入れ忘れたという事実がショックです.もう一度ポーチの中身を全部テーブルの上にぶちまけました.

USBメモリや,風邪薬,電源コンセントアダプタ,絆創膏,ポケットティッシュ,カード類,ごたごた全部を取り出しポーチを空にしましたが,やはりタイピンは見つからない.諦めて物を再び元に戻していたときのこと.

あれ,ティッシュが硬い?あるまじき硬直.なんとポケットティッシュの中に潜り込んでいました.まさかこんな所に隠れていたとは.

ちなみに,何かタイピン代わりになる物がないかと探して見つけたのが,クリップ付きのUSBメモリ.なんだかスパイやってるみたいで,やめておきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

濃霧のウィーンのあやふやな観光

VIC

一週間のウィーン出張を終え,昨晩戻ってきました.濃霧に覆われたウィーンで,朝出かけるときにジャケット無しじゃ寒く,でも上着を羽織っていると蒸し暑く汗ばむ.なんだか変な天気でした.

今回の滞在ではあまり外食もせず,ホテルのラウンジでの軽い夕食ばかり.さして写真も無いのですが,そんな中からの数枚です.

Vienna Airport到着,真っ先に注目したのがこちら.なんとドアを開けたまま走ってるタクシー.

これ,停車してるんじゃなくて,徐行ながらも本当に動いています.このタクシーだけが変なのかと思ったら,他のタクシーもやってるのを目撃.何か理由があるんでしょうか.

ドア開きタクシー

続いてはAustrian Armed Forces.町中で隊員の勧誘してました.君もこの戦車に乗ってみないか,と.

戦車
ヘリコプター

一番ウィーンらしい写真はこれかも.ウィーン楽友協会.Franz Welser-Moest指揮, Cleveland Orchestraの演奏で,Beethovenの弦楽四重奏15番の弦楽合奏版,Stravinskyの「春の祭典」.楽友協会でClevelandを聴くのは,これが二回目

14と16番の弦楽合奏版はBernstenの録音が有名ですが,こちらは15番.感動的な3楽章が,さらに強く心に響きます.

そしてハルサイですが,やっぱりこのオケは上手い.超難曲ながらも,素晴らしいアンサンブルの演奏を聴かせてくれました.でもなんでウィーンくんだりまで来て,アメリカのオケを聴いているんだろう.

wien musikverein
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail