「出張」タグアーカイブ

濃霧のウィーンのあやふやな観光

VIC

一週間のウィーン出張を終え,昨晩戻ってきました.濃霧に覆われたウィーンで,朝出かけるときにジャケット無しじゃ寒く,でも上着を羽織っていると蒸し暑く汗ばむ.なんだか変な天気でした.

今回の滞在ではあまり外食もせず,ホテルのラウンジでの軽い夕食ばかり.さして写真も無いのですが,そんな中からの数枚です.

Vienna Airport到着,真っ先に注目したのがこちら.なんとドアを開けたまま走ってるタクシー.

これ,停車してるんじゃなくて,徐行ながらも本当に動いています.このタクシーだけが変なのかと思ったら,他のタクシーもやってるのを目撃.何か理由があるんでしょうか.

ドア開きタクシー

続いてはAustrian Armed Forces.町中で隊員の勧誘してました.君もこの戦車に乗ってみないか,と.

戦車
ヘリコプター

一番ウィーンらしい写真はこれかも.ウィーン楽友協会.Franz Welser-Moest指揮, Cleveland Orchestraの演奏で,Beethovenの弦楽四重奏15番の弦楽合奏版,Stravinskyの「春の祭典」.楽友協会でClevelandを聴くのは,これが二回目

14と16番の弦楽合奏版はBernstenの録音が有名ですが,こちらは15番.感動的な3楽章が,さらに強く心に響きます.

そしてハルサイですが,やっぱりこのオケは上手い.超難曲ながらも,素晴らしいアンサンブルの演奏を聴かせてくれました.でもなんでウィーンくんだりまで来て,アメリカのオケを聴いているんだろう.

wien musikverein
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

$1で働く人

数年前のこと,とある研究所をリタイアした人が「今は年収$1で働いている」と言っておりました.形式上働いている形にしておかないと,オフィスを維持するとか,職場のメールを残すとか,できないらしい.

じゃあその$1って本当に支払われてるのか,その人に尋ねたのですが,さすがにチェックなんてしてないらしい.給料なんてどうでもいいから,死ぬまで働きたいという人です.

さて話変わって現役の人.出張から戻ってくると,まずは旅費の精算します.でも出張先が全部負担してくれた場合は,精算することもない.そういう場合は払い戻しゼロでいいのかと言うと,そう簡単でもないらしい.

秘書さんが出張システムに必要経費をあれこれ入力するわけですが,システムがゼロを受け付けないんだとか.で,どうするかというと,雑費として$1入力.

そんなんでいいのかな.海外出張の場合,旅費は小切手で支払われます.でも$1の小切手なんて貰ったことありません.もしかすると$1以下の旅費は,チップとして徴収されてしまうのかも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

$1でも大切に

$1コイン

中々お目にかかれない$1コインですが,電車の乗車券販売機のお釣りで出てきます.田舎じゃ電車なんて縁はありませんが,都会に出張すると時々あります.

チケットはクレジットカードでも買えるのですが,お釣り目的で現金払い.出てきたコインは温存してしまうので,結局は損してるんですけどね.

さて$1,今のレートで110円くらいでしょうか.ちょっと円安なので,日本で買い物する時にこちらのクレカを使うとちょっと得した気分.1万円の買い物で実質1割引きみたいな感じです.

工夫すれば為替レート変動でそれなりにお金の節約ができそうなんですが,実際には貯金額の僅かな変動だけで,財布の中の札束が増えるわけではないので,あまり実感がない.

節約って努力しないとできませんね.先日の出張旅費精算でも,あの乗車券代を入れるかどうかちょっと悩みました.たかが数百円,そのために領収書を保存しておくのも面倒...とか言ってるからだめなのか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっとじゃ終わらない「ちょっと」

California出張仕事を終えての帰路.会議そのものは集中的に続いてはいたのですが,何故か会議室を抜け出してばかりだった.理由はドアが開いていたこと.

ドアが開いてるから脱走とか,そういう犬みたいな話ではありません.ドアが開いてると,会議参加者が廊下から丸見え.そうすると廊下を歩いてるローカル人に気づかれるわけ(廊下とローカルをかけてみました).

中にはずかずかと入ってくるのもいて(なんでもありなアメリカン)

後でちょっと部屋に来てよ

それが「ちょっと」で済むはずもない.会議外の議論は数時間続きます.そんなのを何人かとしてたら,瞬く間に出張期間終了.一体何しに来たんだか,となる.特別手当を払えよ.

今回の会議主催者は,「場所が悪かった」とはっきり申しておりました.もっと人目につかない会議室を取っておけば,こんな事態にはならなかっただろうに.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

スーツケースは二つ必要

とある大学教授と話していたときのこと.旅行かばんは常に二つ,何時でも出かけられるように中身も含めて用意してるんだとか.出張から戻ってきて,折り返し別の出張に出かけるとき,もう一方のスーツケースをひったくって行けばいいだけ,とのこと.

さすがにそこまで出張が接近してることは稀ですが,今年の夏はその稀パターン.

Hawaiiから本土に戻って来たのが日曜午後.そしてまた今朝6時の飛行機でCaliforniaに来ています.スーツケース二つは持ってないので,月曜夕方にばたばたと出張準備.

まだ国内の旅なので,そんなに酷くはない.もし国外出張だと,カラータイマーが消えてしまうほどにエネルギーを消耗します.

まだ福岡に住んでいたとき,ヨーロッパに一週間出張して,一旦福岡に戻り,翌週アメリカに飛んだことがあります.関空発の便で,あの時は本当にボロ雑巾のように関空の椅子で寝てしまいました.

6年前,フランスで一週間仕事して,一旦Los Alamosに戻り,翌々日再びパリに飛んだことがあります.これも,一体全体自分が何をやってるのか分かりませんでした.書類手続き上,そうなってしまったというだけで.

今週はずっとCaliforniaです.週末一旦Los Alamosに戻り,月曜日からSeattle出張.やっぱり何をやってるのかさっぱり分かりません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

コインを入れておく容器を探してます

海外旅行で溜まった小銭を全部まとめて硬貨瓶に入れています.次の出張時,瓶の中身をぶちまけ,その国のコインをかき集めます.せめて円とユーロくらい分けときゃいいんだけど,やろうやろうと思ってやらないのはよくある話...ですよね.

以前コイン入れに利用していたのは,フィルムケースでした.大量に持っていたのと気密が良いので,色んな用途に使っていました.出張時のシャンプー・リンス入れとか,小物ケースとか,ちょっと酒を入れてぐい呑にしたことも.

それが今では完璧に絶滅です.以前,何故か会議室にカセットテープが放置されていて,それを学生らに「これ,知ってる?」と聞いたことがあります.知ってはいるけど,実物を見るのは初めてとのこと.

135フィルムを見せても,同じ答なんでしょう.いやもしかして,「それなに?」って言われるかも.

という訳で,コインを分類しておく手頃な容器がない.仕方ないのでごちゃ混ぜ保存方法継続です.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

現ナマを積んでますよと宣伝中

花びら

東京は公共交通機関が充実し,何処でも簡単に行ける便利な都市だと思っていました.でもそれはどうやら中心付近のみの話のようです.

四方八方へ伸びる線路,それに沿った移動は簡単だけど,その中間に行くすべが無い.いや無い訳じゃないんですが,路線バスの旅だったりと少々面倒.

つつじ

滞在先の大学(目黒郊外)から別の東京郊外の研究所や大学を訪問するのに,Google Mapで路線を検索すると,かなりショッキングなルートが出てきます.

一旦山手線まで戻ってそこをちょいと回り,なんたら線に乗り換えろと.直線距離にすれば大したことは無い筈なのに,どう考えても三角形の二辺を辿る遠回りです.

明日の目的地も,直線距離は15kmくらいの移動なのに,電車だと倍以上ありそう.それでも信号機だらけの都会,車で移動するよりは電車の方が早いんだろうけど.

ちょっと違うんだけど,平塚にある東海大学湘南キャンパスへ行く方法をGoogleで調べたら,まず新幹線で小田原まで行って,そこから小田急で戻るっていう壮絶なルートが出てきました.

面白そうなのでやっちゃいましたが,新幹線の隣の席に座っていたビジネスマンの,早朝だと言うのに深川めしにビールという強烈な誘惑に晒されることになりました.

さて今日の一枚.

移動式ATM

銀行強盗に襲撃してくださいと言ってるようなバス.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail